2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01.01(Tue)

【新年】2008年は動乱の年になるか?【予想】 

  ろろです。新年あけましておめでとうございます。

  2005年3月に始まったこのブログも、今年で丸3年になろうとしています。「世の現象を少し上から眺める」ということをテーマに今年も精力的に執筆していきたいと思っています。

  さて、私が思うに、2008年という年は、大きな動乱の年になりそうです。

  その要因はいくつかあるのですが、まず一つは自民党の売国の加速化です。
  昨年の参院選で大敗した自民党・公明党は、今後3年間の間に政権を民主党などの野党に奪われることが確実になっています。重要な法案も、参院をなかなか通らないという状況が生まれています。それならば衆議院の解散総選挙を行い、民意を問うべきだとも思うのですが、まさか自分が負けるに決まっている戦いをわざわざする人間はいません。
  どのみち衆議院の任期満了は2009年9月にやってきます。それまでの残り1年半が、自民党に残された好き勝手にやれる時間というわけです。
  自民党という政党は、小泉政権以来本格的に「外資を中心とした金融資本」「商社」「輸出依存企業」「新興IT企業」といった勢力、すなわちグローバリストの利便を図る方向で政策を実現してきました。すなわち、国内経済を徹底的に破壊し、日本の経済を外需依存にし向け、国内の購買力平価を引き下げて(デフレ政策)、輸出競争力を強化することを目指して「カイカク」を行ってきたのです。
  その馬脚が出たのが参院選でした。地方の有権者が自民党を見放した結果ということですが、どうやら自民党は離反した支持層の利益を図るという考えはないようです。相変わらず財政支出は否定していますし、国民全体の購買力を高めるという風にも見えません。
  そうだとすれば、残り1年半で徹底的に売国を行い、飼い主であるグローバリストへの利益誘導を完成させようとするのは当然の帰結でしょう。
  ポイントになるのは、経済財政諮問会議が打ち出している構想です。この会議は●こちらの記事でも紹介しましたが、政府閣僚と「民間議員」なる怪しい人々の集まりです。会議録などを見ると、どうやら彼らが狙っているのは「農業の大規模化」「混合診療の解禁」あたりのようです。これに加えて、行革担当大臣などというわけのわからないポストを設けて取り組んでいる「公務員改革という名の代大リストラ」があります。
  日本をグローバリストと飼い犬である自民党の自由にさせないためには、こういう政策についてマスコミが発信する情報に惑わされないことです。グローバリストの狙いは自己の利益の極大化であり、大多数の国民の利益にはなりません。グローバリストはマスメディアのスポンサーでもありますから、彼らが発信する「改革が必要だ」「日本は遅れている」という情報に踊らされてはいけません。
  おそらく、農業関係者、医者、公務員といった人々を、既得権益にしがみつく大悪人のように描くような報道や特集が、どんどん発信されることでしょう。そういうものは一切信じるなということです。「今の俺が恵まれないのはこいつらのせいだ」とバッシングに走るのは愚の骨頂です。中国や朝鮮を叩いていれば日本がよくなると思っているバカと同レベルだと言えるでしょう。
  そして、何しろこのような売国をとどめるには、選挙で自民党と公明党を敗北させることです。その上で、野党に対して、国民を粗末にし、グローバリストへの利益誘導をするような政策は許さないという意思表示をし続けるしかありません。民主党が自民党の代わりになるようではいけませんから、国民新党や共産党、さらには結成が噂される平沼赳夫氏による保守系の新党のような第三勢力を伸ばすことです(平沼新党は、自民党の補完勢力になる危険があるので、注意が必要)。そうすることで、与党による議会運営が慎重になり、簡単には売国できないようになります。

  次に、日本の周辺国の情勢が非常に不安定になる可能性が高いということです。
  昨年中何度か指摘したことではありますが、ここで復習をしておきましょう。あえて、日本を取り巻く関係については触れずにおきます。
  東アジアの国際関係は、冷戦期に日米韓vs中ソ朝という単純な対立構造だったですが、1971年の米中国交回復と1991年のソ連の崩壊という二つの事件で完全に崩れ、「中国の台頭」という結果を招きました。そして、ソ連の極東でのプレゼンス(存在感+影響力みたいな意味の言葉)が減少したことで、陸地では中国と北朝鮮が正面からぶつかり合う可能性が高まりました。これが結局は北朝鮮による核開発(と、アメリカによる黙認)につながるわけです。
  つまり、この地域の最大の焦点は「中国と北朝鮮の冷戦」なのです。それを抜きにして、個別の問題(北朝鮮国内の人権や、拉致問題、さらには日本国内での在日朝鮮人の引き起こす諸問題)ばかりを取り上げてもあまり意味がない、ひどい場合は政治的な判断を誤ることになります。
  現状を確認しますと、北朝鮮は核保有国になりました。これを北京に落とすためのミサイルもあります。まだ技術的な難点はありますが、しばらくすれば核弾頭の搭載も可能になるでしょう。
  これに対して、中国側は「高麗も中国の王朝である」と主張し始め、北朝鮮との国境に空港を作ったり、三本もの高速道路を建設するなど(●こちらのニュースを参照)、いざというときは直接侵略で押さえにかかるという構えを崩していません。
  このように、非常に厳しい対立があるわけです。
  もっとも、北朝鮮を武力で制圧するとなると、中国側にもかなりの打撃があります。特に、先進国からの対中投資が鈍るのは必至で、中国としてはなるべくこれを避けたいと思うところでしょう。
  そうだとすれば、北朝鮮を直接攻撃するのではなく、その背後にある韓国を間接的に侵略するというのが中国にとって合理的な選択だと考えるべきです。●「韓国が中国に飲み込まれる日」という記事でも述べましたが、韓国の貿易相手国は輸出・輸入とも中国であり、相互依存が強化されています。韓国企業が資金不足であり、政府が中国に強く出ることができないので、中国資本による韓国企業の買収も相次いでいます。中国朝鮮族の流入も続いており、韓国の一流銀行の幹部クラスに中国朝鮮族が食い込むようなできごと(●こちらの記事を参照)も起こっています。これが間接侵略でなくて何なのでしょうか。
  朝鮮半島が完全に中国の手に落ちるとなれば、日本は対馬海峡をはさんで直接中国軍と相対しなければなりません。これは日本にとってかなりまずい事態です。日本海まで警戒しなければならないのですから、軍事的負担は著しく増大するでしょう。
  そうならないように日本としても行動を起こさなければなりませんが、たとえば北朝鮮をアメリカを通さずに適宜支援する(国交正常化では駄目、巨額のインフラ整備を強いられ、そのうえレアメタルなどの利権はみんな欧米に持っていかれる)ような方策を思いつき、実行に移せる政治家がいるのかどうか・・・。
  おりしも、自国通貨であるウォン高と経済的無策があいまり、韓国経済は破綻寸前の状態になっています。破綻があれば、中国のカネが今以上に韓国に流入するという事態が考えられます。そうなれば、さらにこの地域の不安定要素は大きくなります。このあたりは覚悟しておくべきかもしれません。

  上記二つのポイントについて、このブログでは他所と違う観点で扱ってまいりたいと思います。重ね重ね、今年もよろしくお願いいたします。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

当ブログは「自エンド」(自民党壊滅キャンペーン)を提唱中です
「自エンド」バナー「自エンド」バナー「自エンド」バナー


【PR】生活破壊を許すな~郵政民営化見直しを
ストップ!郵政民営化ストップ!郵政民営化ストップ!郵政民営化


スポンサーサイト
EDIT  |  02:53 |  お知らせ  | TB(1)  | CM(16) | Top↑

Comment

ときどき覗いていましたが初めて書き込みいたします。

これまでの流れと今後の展望について、
非常に分かりやすくまとまっていて頭の整理になりました。

今後も分かりやすくまとまった記事に期待し応援しています。





憂国皇子 | 2008年01月01日(火) 03:33 | URL | コメント編集

●>>憂国皇子さん

  コメントどうもありがとうございます。三輪さんのところで名前はお見受けしておりますよ。

>これまでの流れと今後の展望について、
>非常に分かりやすくまとまっていて頭の整理になりました。

  そういっていただけると嬉しいです。
  実は、私自身のためでもあるのです。正直、いくつかの記事(特にgoo時代のもの)はよく考えず記事にしている面があり、今になってみると少々恥ずかしかったりします。しかし、拾っているモノはきちんとつながっているようです。こうして定期的にまとめておくと、冷静に先行きを俯瞰できていいですね。
  
  今後ともこちらのブログをよろしくお願いいたします。
ろろ | 2008年01月01日(火) 16:29 | URL | コメント編集

●保守層の育成

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくご指導の程よろしくお願いいたします。

保守層の組織化と育成・発展させる法整備の獲得が急務と思われます。
保守が日本をリードすることにより売国派は結果的には楽になり、自己欺瞞から解放させられ転向すると思われます。

みのやん | 2008年01月01日(火) 20:44 | URL | コメント編集

●>>みのやんさん

  今年もよろしくお願いいたします。

>保守層の組織化と育成・発展させる法整備の獲得が急務

  自民党が急進的な革新政党になってしまっている以上、かなり難しいでしょうね。
  麻生氏だとか中川昭一氏に期待して裏切られる・・・私は、もうそういうのは安倍前首相の時で懲りています。小泉や竹中のやったことを見直しもせず、こんなことhttp://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071217/stt0712172304005-n1.htmを今更やってどうしようと言うんでしょうかね。
  どうしても保守を結集するなら、その中核は国民新党にすべきだと思います。
ろろ | 2008年01月01日(火) 23:10 | URL | コメント編集

ろろさま、皆様、明けましておめでとうございます。
自民党を終わらせなければならないとして、そのまま政権を民主党に渡すべきなのでしょうか?
それとも小沢氏を中心に自民・民主・国民新党で政界再編すべきなのでしょうか?
党としては自民と民主も信用できませんし…
最近、このことばかり考えてしまいます。


む~ | 2008年01月02日(水) 07:52 | URL | コメント編集

●>>む~さん

>自民党を終わらせなければならないとして、そのまま政権を民主党に
>渡すべきなのでしょうか?
>それとも小沢氏を中心に自民・民主・国民新党で政界再編
>すべきなのでしょうか?

  民主党が郵政民営化凍結法案を出したことは、この問題と大きく関わっていると思います。
  自民党が野党になったら、おそらく離党者が続出します。福田総裁に賛成した議員の多くが、清和会を恐れていたり、おこぼれにあずかろうとしていたりで、自民党の政策を積極的に支持しているわけではありません。
  そのときが政界再編のチャンスでしょう。同じタイミングで、政界追放確実の小泉や森も動き出します。確実に何かが変わるでしょう。ただ、この隙をついて、財務や総務といった売国系の官僚が妙な政策を実行させる可能性があります(たとえば消費税率アップ)。そこだけは注意が必要です。
  現状としては野党を応援して、与党が通そうとする法律のほとんどに抵抗させるべきだと思います。
ろろ | 2008年01月02日(水) 12:52 | URL | コメント編集

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
昨年からこちらのブログや三輪様、喜八様のブログを読むようになってから、「考えながら」新聞などを読むようになりました。前提としての善悪感をすり替えたり固定されたりしないように日々勉強していきます。
ウヰスキー | 2008年01月03日(木) 16:30 | URL | コメント編集

●ろろさま

お返事ありがとうございます、失礼にも挨拶が遅れましたが、あけましておめでとうございます。

ろろさまの再編の詳しい考えは、過去のエントリーで読まさせて頂きましたが、大胆ですが実がある内容でした、議員に関しては詳しくなかったのでちょうど良かったです。
む~ | 2008年01月05日(土) 12:17 | URL | コメント編集

あけましておめでとうございます。
ろろさんのブログは、他のブログでは読めない斬新な内容が多々あるので、非常に勉強になります。
今回も「中国と北朝鮮の冷戦」という見方は私的には目からうろこでした。
これからも宜しくお願いします。

自民党の売国の加速については、あまりにも非常識な売国行為が当たり前のように多々行われているので、何を書くべきか迷いますが、やはり食が人間にとっていちばん重要だと思うので、「農業の大規模化」に関して気になる事をひとつ書きます。
2008年は急激に物価が上昇し(今年4月から小麦が20%値上げ、その他関連商品も軒並み値上げ)、格差問題が更に深刻になるそうですが、お米だけは値上げしないそうです。(森永卓郎談)
個人農家は07年の新農政で補助金を打ち切られ、その上物価上昇時にお米を値上げできなければ、離農するしかありませんね。
こうして日本の農地が格安で外資の手に落ちていくのですね。
国民の多くが個人農家と直接契約すれば、日本の農業も守れるのかと思ったり・・・
でもやはりしっかりした政治家が上に立ってくれないと駄目ですね。
日本ではろろさんの仰るとおり、国民新党辺りだと思うのですが、なんせ力も無ければ人気も無い。
民主党が政権を取ったらヤバイなぁと思いながら、モンモンとする毎日です。
ビンモハマド | 2008年01月06日(日) 16:33 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

  返事が遅れて申し訳ありませんでした。

>>ウヰスキーさん

>昨年からこちらのブログや三輪様、喜八様のブログを読むように
>なってから、「考えながら」新聞などを読むようになりました。

  どういたしまして。御両名と同じ列に名前が出てくるというだけで光栄ですね。

>前提としての善悪感をすり替えたり固定されたりしないように
>日々勉強していきます。

  細かい情報がいろいろ入ってくる時こそ、基本に帰るというのが大切ですね。入試と同じかも知れません。今後ともよろしくお願いします。

>>む~さん

>大胆ですが実がある内容でした、

  そうですか。あれも、マスコミの言うとおり既得権益を叩いたり、自民党清和会を「親米保守」だという情報を鵜呑みにしたりしている人からしてみたら、暴論もいいところなんでしょうね。
  日本をまともにしようと思ったら、国民新党に行った議員を中心にしていくしかないと思います。小沢氏が、そこを分かってくれるといいのですが・・・民主党の若手議員が、自分たちのカイカク路線が信任を受けたと勘違いして暴走するのが心配です。特に、裏で小泉や防衛利権とつながっている「前原誠司」と「枝野幸男」あたりは要注意です。
  正直まずいなと思っているのは、小沢氏や国民新党の幹部クラスがいなくなってしまったら、前原や枝野、さらに安倍晋三あたりに対抗できる国民経済重視の議員がほとんどいないことです。可能性があるとすれば中川昭一ですが、いまだに小泉カイカクを否定できないようでは、もう大きなことはできないでしょう。
  上に挙げた「ましな」政治家たちが元気なうちに、カイカクの間違いをさらけ出し、アメリカにも中国にも隷属しない若い世代の政治家に出てきてもらわなければなりません。

>>ビンモハマドさん

  どうも初めまして。本年もよろしくお願いします。

>今回も「中国と北朝鮮の冷戦」という見方は私的には目からうろこでした。

  ありがとうございます。もっとも、「アカシックレコード」というメルマガの著者の方も予測していましたね。分かる人には分かるのかもしれません。

>国民の多くが個人農家と直接契約すれば、日本の農業も
>守れるのかと思ったり・・・
  
  民主党(というより小沢氏)が打ち出している「農家への所得補償制度」は有効です。地方の離農者が減少するため、グローバリストどもにとってはかなりの打撃でしょう。私が小沢氏を「使える」と判断しているのはそこです。
  もっとも、民主党が単独過半数になったら、上に挙げたような前原のようなバカが「我こそは真のカイカク派」とかいいながら小泉以上の暴政を敷く可能性があります。それを防ぐには、民主党の足を引っ張る勢力を育てておくしかありません。
  近日、南北朝鮮に見る生存戦略というのを紹介するつもりですが、私は国をグローバリストの思い通りにしないためには、「見せかけの分裂・対立」しかないと思っています。小沢氏が郵政民営化凍結法案を国民新党と一緒に提出したのがその例です。今の衆議院のようになったら、ユダヤやアメリカの思うつぼです。
  


ろろ | 2008年01月08日(火) 00:21 | URL | コメント編集

●う~ん?

はじめまして。
前から気になって何度か読ませてもらっていました

政治に疎くてドコに入れようかいつも迷っています
福田(自民)を応援する気にもなれないし、民主党は民主党で日本の利益を
ちゃんと守るのか不安です。

所得税の引き上げ(法人税の引き下げ)も今の日本企業の置かれている状況では、
他とのハンデを背負わない程度に変える必要があると思っています。
ろろさんならどのように考えていらっしゃるのでしょうか?是非ご意見を聞きたいです。
えこー | 2008年01月08日(火) 04:52 | URL | コメント編集

●>>えこーさん

  以下のリンクが参考になると思います。

「自民党は野党よりましだ」と思っている方へ
http://blog.goo.ne.jp/roro_football-lover/e/b5b6c6d2b70642f6d32b30430a99a3e3
【参院選】自民ダメ、民主ダメ・・・ならばどうする?
http://blog.goo.ne.jp/roro_football-lover/e/bdd0a9b34663c21f154816696e87df26

  もっとも、「維新政党新風」に関しては、選挙後に支持者におかしな人が多く、党自体も相も変わらず国家主義的なイデオロギーにしか興味がないことが分かりましたので、今は支持すべきではないと判断しています。

  その上でちょっと意地悪なことを言わせてもらいますが、

>福田(自民)を応援する気にもなれないし、民主党は民主党で日本の利益を
>ちゃんと守るのか不安です。

  政党は民主党と自民党しかないのでしょうか。

  「福田(自民)」という書き方をなさっていますが、もしかしてまだ自民党自体は「まし」な政党だと思っていらっしゃるのかもしれませんね。そうだとしたら、かなりまずいと思います。

>所得税の引き上げ(法人税の引き下げ)も今の日本企業の
>置かれている状況では、他とのハンデを背負わない程度に
>変える必要があると思っています。

  失礼ですが、会社経営をなさっているお方ですか?それとも、毎朝欠かさず「日経新聞」をお読みの方ですか?
  勤労者の方が、自分からそのようなことをおっしゃるというのは、私のような人間からはちょっと信じられないのですが・・・。
  もしよろしかったら、新旧の拙ブログで「グローバリスト」というキーワードで記事を検索してみてください。それらをお読みになったら、多少お考えが変わるかもしれません。
  
ろろ | 2008年01月08日(火) 12:21 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年01月09日(水) 03:18 |  | コメント編集

ずいぶん遅いですが、あけましておめでとうございます。

私も今年は、動乱の年になるだろうと思います。
ろろサンが書いていたとおり、様々な局面でほころびが見え、同時に、マスコミ不信が決定的になったのが昨年なのではないか。と思います。

とりわけ注目すべきは、ドル基軸通貨の崩壊(放棄)時期や、日本における大連立がいつ実現するか?でしょうか。
そして、「どうする?」がみんなの関心事でしょう。

るいネットでは、今年を占う内容として、「なんで屋劇場」で扱われた“市場拡大の基本構造”や“金貸しの構造”~経済は局は来るのか?といった内容が投稿されていますので、是非一読してみて下さい。(連作モノなので4投稿とも読まれるほうが理解が進むと思われます)

→なんで屋劇場『金貸し支配とその弱点、'08経済破局は来るのか』4    ~基軸通貨体制崩壊後の世界 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=168431

では、今年もよろしくお願いします。

遊撃手 | 2008年01月10日(木) 21:56 | URL | コメント編集

●各政党の特色のためには

民主党の一番の武器は数で、国民新党は正道(国民側を向くという意味、農業、中小企業、反グローバル化他)、共産党は真相究明、社民党は雇用(派遣等)を重視する差をだすやり方とかだといいような気もしてます。でも、まだ危ないというのもわかります。昭和初期や明治維新後に現在は似ているに同意なんですが、もう一つ不安な未来があります。幕末です。薩長同盟で江戸幕府を倒し、内乱や暗殺などでそれなりの人物をなくして、イギリスの傀儡だけにし日本が貧しくなっていく時代。薩長同盟=民主党と国民新党とし江戸幕府=自民党(経世会)を倒した後、邪魔な(日本の為に動く民主党と国民新党の政治家)を廃し、民主党と国民新党の若手でアメリカの傀儡が同じく傀儡の自公勢力と次世代の政策をアメリカの為に行う平成維新です。(明治維新を経た生き残った人は若手が多い為)これは絶対避けたい未来なんですね。だから民主党と国民新党の若手はなるべく国民と選挙活動を通じてでもいいから中小企業や農家など一般の人間と触れ合う状態が必要だと思います。昔の自民党がそうしていたように。というかもう少し政党が多いほうがいいのかもしれません。
ただ明治維新も昭和初期も幕末も全て日本負けてますから、勝った鎌倉幕府(元冦)や戦国時代みたいなので合わせたいんですよね。(明治を作った者達が、後醍醐天皇の3日天下の状況を恐れ神武天皇?の政治状態に戻すのを目指した?みたいな話がありました)やはり勝った時代に如何に似せる状態にするかを考えたほうが上手くいくような気がします。
もう外国の為に日本が戦争したり貧しくなったりしながら利用されるのはウンザリです。
グローバル化を推進した者たちがこれを捨てるためにはグローバル化は損すると思わせる状況を作ることだろうと思います。
別のエントリーの話ですがオーストラリアは国章がカンガルーと鳥(すみません名前忘れました)だそうです。何故彼等?を選んだかというと前しか歩けないから(後ろにいけない)というのを聞いたことがあります。多分オーストラリア人は後ろを見たくない、前しか見たくないと思ってるのでしょう。何かから逃げてる自画像を上手く描けない国家は利用し易いと自画像がまともにかけて悪知恵が働く国家は思うかもしれません。自画像を上手く書けないという点は日本も同じ(ごまかした)ですね。早く自画像をちゃんと描ける国になるといいですね。
幸未来願 | 2008年01月11日(金) 23:27 | URL | コメント編集

●追加させて下さい

すみません。また追加させて下さい。政党のことですが大地は実は飛躍的に数を増やす策があると思うんです。北海道の北方領土を重視してますが、これって視野を広げれば領土問題を重視させる政党になるし、日本は島国だから漁師とかが安全に仕事出来るようにさせ、拉致など起こさせないようにする領土問題を重視する政党になれば、北海道だけでなく日本全国に広がるようにできるんではとも思います(竹島とかありますし)。新党日本は国民新党と同じく正道を歩んでもらいたいなとも思います(国民新党だけ正道ってのも心配なので、でも郵便局や格差、福祉とか重視でも充分ですが)。
野党は良い特色を出して次回の衆議院では人数を増やしてほしいですね。
自公政権でどれくらい日本に被害がでたかをちゃんと検証できる時代が必要です。
しかし、先ほどのコメントでオーストラリアの国章のこと書きましたが、よく考えれば日本のはわかりませんでした(笑)菊でしょうか?そういえば国旗って明治と今と同じなんでしょうか?確か太平洋戦争の時、日の丸に線?がついたのありました。あれはどんないわれがあったんでしょう?国を表すものに歴史や国民性が出る場合ってあるんですよね。

因みに鎌倉時代初期の話ですが北条氏が比企氏と衝突して勝ってます。比企氏は藤原氏の血をひいてるみたいです。北条氏としては比企氏にいいようにやられたら京の二の舞になると思ったのではないでしょうか?彼等は鎌倉幕府にとって京に通じる者と思われた可能性あると思います。
あと奥州藤原氏って頼朝に攻められてあっさり負けてますが実は豊かさも前もしくはその前々の領主が豊かにさせていて奥州藤原氏は乗っ取っただけで実は人望がなく、義経に人が集まらないのも義経の後ろに嫌われた奥州藤原氏がいたからって可能性ないでしょうか?頼朝に人が集まったのは後ろに北条氏がいて藤原氏の影響が薄いと思われたからだったとか、天皇家の血をひくものだから、京との間にたてるとか思われたからではないかとも思いました。
幸未来願 | 2008年01月12日(土) 01:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

終わりの始まり

中国からの穀物輸出ストップ? 緊急「輸出」関税  【北京=福島香織】中国財政省は30日、2008年1月1日から12月31日までの1年間、小麦、トウモロコシ、コメ、大豆...
2008/01/01(火) 14:54:32 | 或る浪人の手記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。