2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12.17(Mon)

「排出権取引」というビジネス 

  最近、語学の勉強をかねて、週に2、3日は英字新聞を読むようにしているのですが、日本語のメディアが取り上げない記事がたくさん出ていて、なかなか面白いです。
  そんな記事のひとつを取り上げます。原文は英語ですが、必要な部分は和訳しますのでご安心下さい。

Controlling pollution by profiting from it; Hong Kong looks at emissions trading
(「もうかること」で大気汚染をコントロール;香港、排出権取引開始を模索)

As this city struggles under a daily cloud of noxious fumes belched from a
combination of local traffic and factories and power plants across the
nearby border with mainland China, the Hong Kong Stock Exchange is con-
sidering using its financial muscle as part of a solution.

The board of the exchange is due to weigh a proposal Wednesday for a
pollution emissions trading system that could serve as a financial platform
for mainland China and other Asian countries entering a burgeoning new
business.

A feasibility study delivered to the board this week charts the way for
Hong Kong to gain a share of the fast-growing international market in
trading greenhouse gas emissions, implicated in global warming, and the
types of local industrial pollutants that turn the skies here murky gray
for most of the year.

For one of the region's leading financial centers, emissions trading is
a potentially valuable new kind of product. Estimates of the size of
the global emissions trading market by 2010 vary between $40 billion
and $100 billion.

But it might also make a significant contribution to solving the city's
alarming air quality problem in a way that suits its love affair with
the free market and helps to develop an effective emissions trading
system in China, now thought to be the world's leading emitter of
greenhouse gases.

The global emissions trade has to date been dominated by the United
States and Europe, which have leading players like the Chicago Climate
Exchange and the European Climate Exchange.

A team of consultants, led by the law firm Mallesons Stephen Jaques,
worked on the four-month feasibility study for the Hong Kong Stock
Exchange. They say the city's financial strengths and its proximity to
the mainland mean it has the potential to become a regional, and
possibly global, leader in emissions trading.

''Hong Kong is sitting on the doorstep of a major, major player,'' said
Roger Raufer, a consultant engineer with the International Environmental
Trading Group, an American firm that advised on the study. ''It could be
very, very significant business.''

He added: ''Asia has an environmental problem and everyone recognizes
the market has to be part of the solution. You have got to have
economics driving the cleanup.''

Raufer, who has advised the United Nations and World Bank, said there was
compelling evidence from around the world that putting a price on
pollution under an emissions trading program hastened the speed and
efficiency of the environmental cleanup.

''The main point is that you accomplish environmental goals at a lower
cost,'' he said. ''Because you put a price on the pollution, these economic
instruments force you constantly to think about ways to get rid of
pollution. By using resources efficiently, the government can afford to
be more aggressive in terms of protecting the environment.''

There is no doubt that Hong Kong has a huge problem. Roadside pollution
on an average day in the busiest parts of the city is several times the
levels deemed acceptable by the World Health Organization.

Anthony Hedley, professor of community medicine at the University of
Hong Kong and one of the report's authors, said there were few days in
the year ''where you could put your hand on your heart and say it's
safe to breathe.''

Hedley said the scale of the damage to public health and the burden
placed on the health system required the government to adopt mand-
atory restraints on emitters.

He said that, from a public health perspective, emission trading might
be part of a long-term solution ''but here and now the immediate need is
for radical action to reduce individual exposures.''

Still, the advocates of emission trading say there is ample evidence that
using free market incentives to reduce air pollution lets governments
demand cuts to emissions faster and more effectively than by simply
imposing limits on emissions in isolation.

Under a typical emissions program, a power plant or factory is issued an
allowance for emissions up to a mandated cap. If it does not use all its
allowance, the remainder can be sold to other emitters. Failure to have
sufficient allowance to cover all annual emissions results in a fine.

The biggest emerging market for emissions is in carbon dioxide, driven by
global efforts to reduce greenhouse gases. But emission trading has
proved effective in dealing with local problems of smog - emissions of
particulates, sulfur dioxide and nitrogen oxides.

In the United States, an emission trading plan has allowed authorities to
impose aggressive pollution caps to tackle the acid rain problem, limiting
the annual allowance of sulfur dioxide to 50 percent of 1980 levels.

Environment officials in China have noted such success and embarked
on several emission trading pilot projects. This year, the governments
of Hong Kong and adjacent Guangdong Province moved to set up a pilot
emission trading plan that aims to reduce the amount of sulfur and other
pollutants pumped into the skies of the Pearl River Delta.

Last month, the South China Morning Post, a Hong Kong newspaper,
reported that the China Beijing Equity Exchange had well-advanced plans
to set up the mainland's first national exchange for trading pollution
quotas, providing potential
competition for Hong Kong.

''We have finished initial research and consultations with overseas
emissions trading bourses concerning the proposed Beijing Climate
Exchange,'' the newspaper quoted Peng Zhiyuan, the exchange's general
operating director, as saying.

But industry representatives and analysts say there has been slow
progress in China to a full emissions trading system because of
institutional weaknesses like poor enforcement and monitoring.

K. K. Chan, the managing director of renewable energy at the Hong Kong
electricity company China Light and Power, said that in order to set up an
emissions trading system that linked the mainland and Hong Kong, govern-
ments would have to ensure a ''level playing field.''

''Hong Kong and the mainland have different standards,'' he said. ''They
even have different standards in terms of monitoring pollution. So the
starting points are quite different.''

That might pose some challenges to any ambitions the Hong Kong Stock
Exchange might have to offer emissions trading.

Raufer said an emissions trade that started by focusing on the air quality
problem facing Hong Kong and its neighboring region on the mainland was a
potential stepping stone.

''It might well be that you start locally because there is real problem here
locally,'' he said.

''If you get these markets up and running, ultimately you can move into
carbon, which as a global commodity is going to be huge. Some people say
carbon is the next oil in terms of commodities.''


(ヘラルドトリビューン12月12日分より)



  題名の通り、何やら香港で、「排出権取引」なるものを始めようとしているようです。

>The board of the exchange is due to weigh a proposal Wednesday for a pollution emissions trading system that could serve as a financial platform for mainland China and other Asian countries entering a burgeoning new business.

  the boardというのは、「香港証券取引所」の役員会のようです。そこが、「汚染物質排出枠の取引システムに関する提案を重点を置いて」おり、それが「大陸中国や他のアジア諸国に新しいビジネスを売り込むための枠組みになるだろう」ということです。

>For one of the region's leading financial centers, emissions trading is a
potentially valuable new kind of product. Estimates of the size of the global
emissions trading market by 2010 vary between $40 billion and $100 billion.

  香港は「アジア地域の金融センターの一つ」ですが、「排出権取引(emission trading)」はその新しい商品になるだろうと行っています。この取引の「地球規模での取引高が2010年までに400億ドルから1000億ドルになる」と言われているからです。
  排出権取引というのは、工場などが大気中に放出してよい気体の量を、排出量が少ないところが多いところに売るという形で売買することです。排出というのは、多くの場合「温暖化ガス(二酸化炭素など)」を指していますが、後で見るように、硫黄などの大気汚染物質についても行われています。日本円に換算すると、だいたい4,4兆円から11兆円ですから、かなりの市場ですね。そして、今後このような取引の規模はどんどん増えていくでしょう。
  実際問題、すでにシカゴとロンドンには「気候取引所(Climate Exchange)」などというものが設立されています。シカゴ気候取引所については●こちら(PDF)を、ヨーロッパ気候取引所については●こちらのリンクをご覧下さい。


>A team of consultants, led by the law firm Mallesons Stephen Jaques, worked
on the four-month feasibility study for the Hong Kong Stock Exchange. They
say the city's financial strengths and its proximity to the mainland mean it
has the potential to become a regional, and possibly global, leader in emissions trading.

  「メイルソン・ステファン・ジャックス」という法律事務所のコンサルタントたちによると、香港は「排出権取引については、アジア地域の、もしかしたら地球規模で排出権取引の主導権を握ることができる」かもしれないということです。

>Raufer, who has advised the United Nations and World Bank, said there was
compelling evidence from around the world that putting a price on pollution
under an emissions trading program hastened the speed and efficiency of
the environmental cleanup.

  International Environmental Trading Groupというアメリカ企業のコンサルタントであるローファーという人物は「国連や世界銀行にもアドバイスしている」ようですが、彼によると、「排出権取引の仕組みのもとで汚染物質に対価がつくことによって、環境の浄化が効率よく進むことになる」のだそうです。

>There is no doubt that Hong Kong has a huge problem. Roadside pollution
on an average day in the busiest parts of the city is several times the
levels deemed acceptable by the World Health Organization.

  「香港が(環境に関して)大きな問題を抱えていることは疑う余地がな」く、たとえば「もっとも車の往来の激しい市街での大気汚染の度合いは、世界保健機構が許容範囲だとしているレベルを数倍も上回っている」ということです。
  香港がこれですから、上海など揚子江河口の地域もものすごい大気汚染なのでしょう。●こちらの国立環境研究所のウェブページにある画像を見てもらえれば、その大気汚染が上空の偏西風に運ばれて、酸性雨という形で日本を襲っているのがよくわかります。
  こういうことに文句を言えないから、私はグローバリゼーションに反対だと言っているのです。

>Still, the advocates of emission trading say there is ample evidence that using
free market incentives to reduce air pollution lets governments demand cuts to
emissions faster and more effectively than by simply imposing limits on
emissions in isolation.

  どうせなら即効性のある排出規制をしたらいいではないか、という声もあるのですが、「排出権取引導入に肯定的な人びとによると、フリーマーケットの元では大気汚染を削減するというインセンティブ(導因)が働くため、ただ規制を課すよりも速く、効率的に汚染物質の排出をカットすることになる」ということです。

>Environment officials in China have noted such success and embarked on
several emission trading pilot projects. This year, the governments of Hong
Kong and adjacent Guangdong Province moved to set up a pilot emission
trading plan that aims to reduce the amount of sulfur and other pollutants
pumped into the skies of the Pearl River Delta.

  中国当局によると、どうやら「試験的に排出権取引をいくつかの場所で始める」ということで、「今年は香港と隣にある広東省が排出権取引の試験的導入を行い、そこでは珠江デルタ地域における硫黄などの大気汚染物質の削減を目指す」そうです。
  日本語でこの辺を知りたい方は●こちらのリンクをご覧頂くと概要が出ています。

>Last month, the South China Morning Post, a Hong Kong newspaper, reported
that the China Beijing Equity Exchange had well-advanced plans to set up the
mainland's first national exchange for trading pollution quotas, providing
potential competition for Hong Kong.

  しかし、どうやら香港ばかりでなく、北京でも「中国全域での排出枠の取引所」が設立されるようで、「香港の競争相手になりうる」ようです。●こちらの北京週報の記事を見ていただくと、国連の機関であるUNDP(国連開発計画)もこの北京取引所設立に絡んでいることがわかります。
  私は家にテレビがないのでわかりませんが、こういうことが、日本のメディアではきちんと報道されているのでしょうか?まあ、私は「国際化」などというものを素晴らしいものだとは少しも思っていませんが、こういう記事を読むと、日本で一番国際化が遅れているのはマスメディアだということを実感します。
  人にグローバル化だの国際競争力だの洗脳めいた言論をふりかざすなら、まずはてめえがグローバル化に対応しろ、と言いたくもなるというものです。

>But industry representatives and analysts say there has been slow progress
in China to a full emissions trading system because of institutional weaknesses
like poor enforcement and monitoring.

  「しかし、産業界の代表やアナリストによると、中国では排出権取引導入のスピードが遅い」ようで、その原因は「限度枠を履行させたり、排出量をモニターしたりする機構が弱い」からなのだそうです。
  ようするに、排出権取引で儲けたがっている人びと(=国際金融資本)が、中国に「もっとちゃんとした検査やモニタリングをやれる部署を作れ」と言っているのです。

  こういう時に、中国という国なら何を考えるかわかりますか?

  このブログをご覧になっている皆さんなら、だいたい想像がつくでしょう。そうです。そういう面倒くさい役割は「日本にやらせる」ということです。
  中国への環境対策目的の援助というのは、こういう文脈で行われているのです。つまり、国際的な金融資本が中国で合法的に金を搾取する枠組み作りを、技術を持っている日本がやらされるというわけです。
  これで儲かる日本側の経済主体は、技術導入や設備投資を取り次ぐ「商社」だけです。そいつらの利益は、結局日本人の税金によって支えられるわけで、こんなにばかばかしいことはありません。外国への援助というのは、商社や輸出企業、さらには外国資本を儲けさせるための「バラマキ」にすぎないのです。
  税金が還流するので100%日本人が受益者になれる日本国内での「バラマキ」を、まるで極悪犯罪人のように敵視する人がいますが、そういう人は完全に踊らされています。いい加減目を覚ますか、もっと海外で行われていることに目を向けてください。まあ、そういうことができないから、マスコミや小泉政権が設定した「敵」を叩くことしかできないのでしょうが・・・。

  まあ、何しろこういうニュースを見て、私は「京都議定書って、こういうことのために作られたんだぁ」と、妙に納得してしまいました。

  自然を大切にしようという気持ちが他の諸国に比べて断然高いレベルにある日本人には、みんなで我慢すればすむ排出量削減を、いちいち金儲けの道具にしてしまう感覚は理解できません。一部の人間(日本では「役人」と「商社」)だけを利するような枠組みには参加せず、「燃料電池」「海洋温度差発電」さらには「森林破壊や水資源枯渇を招かないバイオマス」といった、本当に地球や人類のためになる技術の発展に力を入れるべきです。

<参考記事>

●大地と水と人を殺す「バイオエタノール」は不要だ!!


★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
  
スポンサーサイト
EDIT  |  10:39 |  生活(環境・エネルギー・衣食住)  | TB(2)  | CM(4) | Top↑

Comment

●TBありがとうございます

バイオ燃料補助金廃止を求める 温室効果ガス削減には非効率、生態系損傷も:OECDの研究
http://sun.ap.teacup.com/souun/1135.html
早雲 | 2007年12月17日(月) 13:10 | URL | コメント編集

●ご参考

新技術開発の代わりに熱帯林破壊防止がカギ
http://sun.ap.teacup.com/souun/692.html
環境問題 気候変動は二酸化炭素が原因か? 
http://sun.ap.teacup.com/souun/41.html
早雲 | 2007年12月17日(月) 20:06 | URL | コメント編集

●お久しぶりです

コメント欄ではごぶさたです。
排出権取引って一見減ったように見えるけど、要は出してる国と出してない国の辻褄合わせで、根本的な削減にはならないんじゃないかと思っていたところです。
取引よりも本当に削減する技術や方法ですよね。
Masaya | 2007年12月18日(火) 22:28 | URL | コメント編集

●>>Masayaさん

  コメントありがとうございます。

>排出権取引って一見減ったように見えるけど、要は出してる国と
>出してない国の辻褄合わせで、根本的な削減にはならないんじゃないかと
>思っていたところです。

  京都議定書を離脱しているはずのアメリカに、「シカゴ気候取引所」なるものが存在するのが全てを物語っていますね。要するに、手数料を取れれば何でもいいんです。
  みんな知恵がついてきたから、もうそのくらいしかむしり取るものがないのです。常に最先端の詐欺の手口を考えなくてはいけない辺り、国際金融資本ていうのも大変なんだなぁと思います。
ろろ | 2007年12月19日(水) 00:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

死刑のコスト問題とベーシックインカム

ベーシックインカムという概念がある。単純に訳すると基本収入。すべての個人に所得保障をしようという社会構想だ。
2007/12/18(火) 06:47:31 | 愚樵空論

【支那畜】売国環境ビジネス利権【清和会】

ODA事業分の温室ガス排出枠を買い取り、日中で大筋合意  京都議定書の温室効果ガス削減目標達成のため、日本政府や企業が対中円借款...
2008/01/04(金) 00:53:44 | 或る浪人の手記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。