2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.14(Wed)

「日米交流強化のためのイニシアチブ」を、少し斜めに読んでみる 

  さて、今からニュースを一つ紹介します。このニュースが日本にとって持つ意味をちょっと考えてみてください。

福田首相:日米交流強化へ人材育成 首脳会談で表明へ
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20071114k0000m010161000c.html
--------以下引用--------
 福田康夫首相は13日、ワシントンで16日に行うブッシュ大統領との日米首脳会談で、日米同盟の土台を担う人材を育成する「日米交流強化のためのイニシアチブ」を表明し、日米両国の人的交流を一層深化させる必要性を訴える方針を固めた。

 イニシアチブは(1)知的交流(2)草の根交流(3)日本語教育--の3本柱。知的交流分野はブルッキングス、戦略国際問題研究所(CSIS)など米国の政策に強い影響力を持つ主要シンクタンクと長期にわたって連携、安全保障、経済、環境などのセミナーを開催する。

 草の根交流分野は在米総領事館を中心に在日米軍OB、米日協会などを組織化するなどの交流を活発化させる。また、日本語学習ブームに着目、大学で日本語を学ぶと飛び級をしやすくするなどの施策を働きかける。

 これに関連して首相は首脳会談後、シンクタンク研究員、日系人、日本語教師ら約30人との懇談を予定している。
--------引用以上--------

  さて、このニュースが持つ意味です。

  0点の答えを先に紹介しておきましょう。

  「日米同盟の強化のための布石」
  「アメリカとの関係強化によって国際政治をやりやすくする」

  申し訳ありませんが、こういう答えをすぐに出してしまう人は今後の世界情勢や国際関係について論じるのはやめた方がいいです。メディアや相手国の公的発言に簡単に騙されて、ババをつかまされることは間違いないからです。

  あくまで私の考えですが、外国が何かをするというのは、その国の利益になるからです。
  この法則に、ほとんど例外はありません。唯一例外と言えそうなのは、不平等条約を結んでいるなど、外国が当該国に支配を受けている場合だけです。この場合でも、被支配国は支配国に害を与えられないように振る舞っているのがほとんどですから、マイナスを打ち消すという意味での利益は得ていると言えます。
  こういうのは、ある意味、人間というものを徹底的に信用しないドライな視点ですが、この程度の考えも出来ない人間が国際関係だの外交だのを論じる資格はありません。希望的観測を現状認識より優先させる人間、要するに「こうあってほしい」という感情で物事を眺める人間のは、こと国際政治というものを考えるべきではないということです。

  そういう点を踏まえて、今回のニュースを見ると、どんなことが見えてくるでしょうか。

  思うに、何とかイニシアチブと呼ばれる措置(たとえば、●いわゆる「年次改革要望書」)をいくつか拾い上げて眺めてみると、全て日本においてアメリカもしくは米国企業が活動を拡大するための措置になっていることが分かります。
  これに対して、「日本は規制が多すぎるからカイカクが必要だ」という反論をしても全く意味がありません。何とかイニシアチブによって、米国企業が日本での活動を活発化させていることは現実に起こっていることであり、これを「カイカクが必要」という価値判断で否定することはできないからです。
  この、「価値判断と現状認識をごちゃまぜにする」というのは、日本の政治当局や評論家、知識人が陥ってしまう一番典型的な間違いです。みなさんも、くれぐれも注意してください。
  上のような「現状認識」から、合理的に推測します。そうなると、今回の「日米交流強化のためのイニシアチブ」も、何らかの形でアメリカや米国企業にとって有利に働く措置が盛り込まれているのだということになります。

  具体的に検討します。

>米国の政策に強い影響力を持つ主要シンクタンクと長期にわたって連携

  米国の政策立案についての情報を提供してもらうつもりなのでしょうが、現実はそうはならないでしょう。日本にとって正しい情報を与えればアメリカが不利になるという場合、アメリカ側がそのような情報を与えるわけがないからです。
  それどころか、「こうすれば日本のためになるのだ」という、誤った情報や提案を授かる可能性すらあります。そうすれば、政府の公的声明という形すら通さず、直に日本政府をコントロールできるからです。
  上の二つの考えは、「アメリカはアメリカの利益を考える」という原則、というか公理に乗っ取って考えれば、全く無理はありません。
  アメリカ側に100%日本にとって有益な情報を出させるには、日本側に何らかの担保が必要です。しかし、日本にはバーターに出来る情報もありません(すでにCIAが入手しているだろう)し、そのようなバーター取引をしようとする人材もいません。100%アメリカ側の善意に期待するしかないという形になっているのです。

  断っておきますが、私は別に民族感情など交えてはいません。アメリカの立場に立てば当然そうなるという論理的帰結を述べているだけです。

>在米総領事館を中心に在日米軍OB、米日協会などを組織化
>するなどの交流を活発化させる。

  これは、活発化させたあとの結果を考えてみるといいでしょう。こういう団体が、日本に対してロビー活動を行いやすくなるという結論が出てきます。
  「日本のシンパをこういう団体の中に作り出せばいいのだ」と考えた方がいらっしゃったら、繰り返しになりますが、もう貴方は国際政治とか外交について考えるのをやめてください。米軍OBというのは退役軍人省から年金をもらっている人たちなのです。日本のために動くマリオネットになることに何の利益もありません。

  私が外務省の担当者だったらこんなことをしません。軍人なら、帰化移民の軍人、それもイスラム系の元軍人だけを狙います。団体であれば米日協会ではなく、マイノリティが組織している団体(ヒスパニック、ムスリム、黒人など)との交流を深める方を選びます。
  こういうやり方で次々と外国を侵略していった国があります。イギリスです。インドでは、イスラム系のムガール帝国を潰すためにヒンドゥー教徒のラージプート族を使い、分割統治に成功しました。日本に対しては、江戸幕府に薩摩長州をぶつけて倒幕に成功させました。中国に関しては、そんなことをする必要もなく、勝手にアヘンという害毒を摂取してくれましたが・・・。
  マイノリティーは現状に不満を持っており、外国と提携してもマイナスがありません。だから、協力してくれる可能性が高いのです。

  こういう話は、道義的に正しいかどうかとか、あの民族は好きだとか嫌いだとかいう価値判断と全く別の話です。

>日本語学習ブームに着目、大学で日本語を学ぶと飛び級を
>しやすくするなどの施策を働きかける。

  日本語を学ぶ人間が多くなると、日本を好きになってくれて、アメリカが日本にとって有利な政策を選んでくれるようになる。この何とかイニシアチブを立案した人間は、そう思っているのかもしれません。そういう日本人がかなり多いからです。
  こういう因果関係を頭の中で作り上げることができるというのは、ある意味幸福です。ただし、その幸福さは、日本という国の利益とは全く結びついていません。ていうか、有害です。
  今の政府は「日本は財政危機だ」(国債があれほど低金利なのに)とか言っているのですから、そういう活動につかう無駄金は日本にはないはずなんじゃないでしょうか?
  
  だいいち、日本語ブームというのも怪しいものです。向こうの当事者から伝えられたこと(たとえば、捏造したした日本語学習者数増加のデータ)を、よく調べもせずに政策に取り込んでいる可能性があります。
  そうしてしまう時点で、外国との交渉や条件闘争に従事するには不適切です。
 
  このように、何とかイニシアチブの例に漏れず、アメリカが日本をおいしく食べるための調味料だというのが正解のようです。
  福田首相が訪米に当たって、このような「手みやげ」を持参した理由は何となく分かります。あまり頭のよろしくない前任者が、アメリカを差し置いて中国韓国を訪問したことを、福田はよく覚えているのでしょう。だから、まずアメリカを手みやげ持参で訪問し、飼い犬としての優秀ぶりをアピールしておきたかった・・・そんな感じでしょう。
  もしかしたら、交換条件やブラフもなしに、そうやってアメリカに尽くしておけば、あとで見返りが返ってくると思っているのかもしれません。よく、親米保守やそれに近い立場の方のブログを見ると、「アメリカはロシアや中国と違って約束を守る」とかいう言葉が出てきます。

  では、そういう方におききしたいのですが、日本はアメリカに具体的に何か約束をさせているのですか?

  約束が破られた時、どうやって担保するのですか?

  そういうことを考えない、考えようともしないのは、貴方が現状認識よりも希望的観測(アメリカは日本と同じ民主主義国家だから、中国や北朝鮮よりも丁寧に扱ってくれるはず)を優先してしまっているからです。
  そんな貴方にはっきり言っておきましょう。「その程度のものの見方で、偉そうに国際関係や外交を論じるな」と。
  そういう自分が嫌なら、●こちらのサイトや、●こちらのブログで国際政治を動かしている法則なり傾向をきちんと勉強すべきです。
  念のため言っておきますが、「日本とアメリカはシーパワー同士だから仲良くできる」という希望的観測なんかしないように(笑)。

  さて、今回の記事をまとめておきましょう。

「ある国は、その国の利益だけを考えて動く」
「そのような国に自分の要求を呑ませるには、交換条件が必要」
「外国を動かしたいなら、主流派でなくマイノリティーを狙う」


  そして、何より、

「希望的観測を現状認識に優先させない」

  勉強になった・・・と思っていただければ幸いです。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。


【PR】生活破壊を許すな~郵政民営化見直しを
ストップ!郵政民営化ストップ!郵政民営化ストップ!郵政民営化



当ブログは「自エンド」(自民党壊滅キャンペーン)を提唱中です
「自エンド」バナー「自エンド」バナー「自エンド」バナー

スポンサーサイト
EDIT  |  10:53 |  地政学・国際関係  | TB(3)  | CM(8) | Top↑

Comment

●TBです

トーマス・ブレーク・グラバーが産んだ大日本帝国とその壮絶な終焉
http://sun.ap.teacup.com/souun/1233.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/1234.html
早雲 | 2007年11月14日(水) 20:25 | URL | コメント編集

●日本語教育

日本の企業にアメリカ人が入りやすくする為の施策ですか?ってのが第一印象です。

日本語教育で日本語堪能なスパイが出来上がってしまう可能性だってあるのに…

まぁ「まだカイカクが足りない」なんて言ってる人が居るんですから、まだまだこういう政策は出てくるんでしょうね。

個人的には「マイノリティを狙う」って件が特に勉強になりました。
KJ。 | 2007年11月14日(水) 22:05 | URL | コメント編集

●用意周到

こんばんは。久々の書き込みです。
いつも他で読めない視点で書かれたエントリーを楽しみにしています。
早雲様のTBされた記事中のグラバーに関しては、
もう既に読まれたかもしれませんが以前加治 将一氏が「石の扉」や
「あやつられた龍馬」等の著書で扱っており、面白くまた興味深く
読みました。

アメリカは戦後、復興援助の建前でフルブライト留学生という形で媚米派を
育成して自国の国益に利用していましたし、日銀のエリートの留学先は
新自由主義者の総本山であるシカゴ大学でしたな。
他国にコントロールの効くアメリカのシンパを置いてアメリカの国益に
誘導するやり方は本当に周到です。
>「希望的観測を現状認識に優先させない」
全くその通りですね。相手の要望を全て聞き入れたならきっと相手は
日本の立場を斟酌してくれる筈だ、という媚米、媚中双方が持っているで
あろう希望的観測は根拠が無い物だとそろそろ気が付いてほしいものです。
伊藤彰紀 | 2007年11月14日(水) 22:38 | URL | コメント編集

拝啓
本日も勉強させて頂きました。
恐らく殆どの人は、このニュースを見聞きしても、その裏側に隠された思惑に気付かないのでしょう。
見渡せば、笑顔を装う外資系企業ばかりです。その内に、近所の駄菓子屋までナンとかザラスになってしまうと危惧しております。敬具
和尚 | 2007年11月15日(木) 09:27 | URL | コメント編集

その通りだと思います。最近、右翼とか左翼とかはアメリカが日本の考えを混乱させるために作ったんじゃないかとすら思えるんです。幕末の攘夷派とか開国とかだって日本国内の言論を一致させないようにして、日本人同士で争わせるために煽り、外国が日本を美味しく戴く狙いを隠して自分達のいうがままに操るのに使ったんではと思ったのです。
狙った国の国民をお互い争わせ、武器を売りつけ国内を荒廃させいいなりにさせるって西洋諸国の常套手段だったんで左翼や右翼もその一つなのではと。本来は外国にいいなりになる人物と日本は外国のいいなりにならずにすませたいというのが実態だと思います。これを隠す隠れ蓑が右翼とかかなと。
日本の為になるかならないかというその視点が大事ですね。
中国の歴史シリーズ面白いですね。続き楽しみにしてます。
商人が自分達の利益をあげるために政治に関わるのは今の財界人がいい見本です。彼らが今までの歴史を動かしていたというのは、今までの価値観は流通させることのメリットがあったということで、今現在、反対にあうのは不合理が目立つため価値観がかわるということなのかなと思いました。いい例が英語です。英語は十年位前はかっこいいイメージがあり、身に付ければ素敵みたいなイメージがありましたが、今はノバのように倒産?する位習う人が少ないということです。つまり、英語の魅力が前ほど感じられないのでしょう。アメリカのドル覇権が揺らいでいるのに関係あるのかはわかりませんが、アメリカのイメージがジャイアンに変化したのと関係あるとは思います。これは逆にいえば、英語圏の権力が揺らいでるのだろうか?と考えてしまいました。
諸行無常の響きありですね。
幸未来願 | 2007年11月15日(木) 21:54 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

  長い間放置してすみません。

>>早雲さん

  早速読ましていただきました。なんかもう・・・こういう人ってどこでこの洞察力を磨いているんだろうか?と思います。
  グラバーや宣教師の話をすると、子供はおもしろがって聞きますね。晴耕雨読は私の宝箱です・・・ほんとに。

>>KJ。さん

>日本の企業にアメリカ人が入りやすくする為の施策ですか?
>ってのが第一印象です。

  そういうのもあるでしょうね。「NOVAの失敗は、日本語を習わせなかったことだ」とか、総括しているのかも知れません。タイミングが良すぎます。

>日本語教育で日本語堪能なスパイが出来上がってしまう
>可能性だってあるのに…

  まあ、そうしなくても、小泉元首相や竹中平蔵氏みたいなのがいれば十分でしょう。どうも、戦後10年くらいに教育を受けた連中には、自分はアメリカ人だと思っている変な(有害な)人が多いですね。

>>伊藤彰紀さん

>いつも他で読めない視点で書かれたエントリーを楽しみにしています。

  そう言っていただけると、本当に励みになります。

>相手の要望を全て聞き入れたならきっと相手は
>日本の立場を斟酌してくれる筈だ、という媚米、媚中双方が
>持っているであろう希望的観測は根拠が無い物だと
>そろそろ気が付いてほしいものです。

  至言ですね。

  ビジネスの世界に置き換えたら、口約束を信じて無担保無利子の融資を継続しているわけですから、媚米や媚中の連中は阿呆の極北にいるといっても過言ではありませんね。

>>和尚さん

>見渡せば、笑顔を装う外資系企業ばかりです。その内に、
>近所の駄菓子屋までナンとかザラスになってしまうと危惧しております。

  そう考えると、我々はいろんなものを失っていることに気づきますね。それらの始まりは実は明治維新だったのですが、まあ、多くの人がそれに気づくことは当分の間ないでしょう。
  目が覚めそうな人を起こすくらいでいいのかなと思います。目が覚めたつもりでラリっている「ネット右翼」だとか「地球市民」は、もういいです。こっちに迷惑かけないなら別にいいから、勝手に踊ってろと(笑)。

>>幸未来願さん

>最近、右翼とか左翼とかはアメリカが日本の考えを混乱
>させるために作ったんじゃないかとすら思えるんです。

  貴君は鋭いですね。私もそういう風に考えていたのです。

>英語は十年位前はかっこいいイメージがあり、身に付ければ素敵
>みたいなイメージがありましたが、今はノバのように倒産?する位
>習う人が少ないということです。つまり、英語の魅力が前ほど
>感じられないのでしょう。

  教育の業界にいると分かりますが、英語が目的化してしまっている状況はまだまだ根深いものがあります。
  これだけ学校があるのですから、一つくらいは国語力の増進や古典の理解を掲げる学校があってもいいのでしょうが、パンフレットを見ると判で型を押したように「国際的視野」だの「グローバルな人材」だのという美辞麗句が並び、おきまりのように充実した英語教育という文句が続きます。まだまだ「需要」はあるように思います。ノバうさぎの「異文化コミュニケーション」同様の幻想ですが・・・。
  ノバの倒産は、単純に自転車操業に限界が来たことと、多店舗過ぎて人材が枯渇したこと、授業料のダンピングが横行したこと、そもそも若年層に購買力がなくなってきたことが原因だと思っております。
ろろ | 2007年11月18日(日) 01:19 | URL | コメント編集

●こんばんは。


このエントリを事前に読んでいて、先日の日米首脳会談のニュースを聞いて、希望的観測を事実認識より優先させてはいけない。というろろさんの文章が頭に浮かびました。

ブッシュに対して、「拉致問題に関して忘れることは無い。」という発言を取り付けてきたことが、拉致問題に解決に関して前進だ。という論調(のように自分は感じる)で報道がなされていましたが、これってまったく契約は取り付けられていないんですよね。

むしろ、忘れないで居るけど何もしない。という悪質(と自分には感じる)な対応の可能性も考えられなくは無いわけで。

もちろん、単一民族で長い間村社会での論理で過ごしてきた日本人にとっては、口約束でも信頼関係が築かれる土壌があるとは思いますが、外国や国際社会では意思表示しないことは、受け入れてしまったことと同義ですよね。



しょうた | 2007年11月19日(月) 02:46 | URL | コメント編集

●>>しょうたさん

>ブッシュに対して、「拉致問題に関して忘れることは無い。」という発言を
>取り付けてきたことが、拉致問題に解決に関して前進だ。という論調
>(のように自分は感じる)で報道がなされていましたが、

  私もそう思っています。

>これってまったく契約は取り付けられていないんですよね。

  単なる口約束ですね。

>むしろ、忘れないで居るけど何もしない。という悪質(と自分には感じる)
>な対応の可能性も考えられなくは無いわけで。

  今までもおっしゃるような「悪質」な対応でした。

  むしろ、どこぞかの頭の中がウツクシークニの戦う政治家さんの言うように、拉致云々が国家主権についての問題だったら、自国の力で解決すべきです。アメリカの協力ありきで話を進めようとする点、その政治家も、彼の支持者もちょっと変です。
  今の政権もそうですが、小泉以降の内閣は、基本的にパチンコ資本を初めとする在日朝鮮人上層部にいいように利用されているだけです。こちらが利用するくらいの気持ちがなくて、何が主権国家でしょうか。
ろろ | 2007年11月20日(火) 07:54 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

国際関係 の情報を最新ブログで検索してみると…

国際関係に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
2007/11/14(水) 16:41:00 | マッシュアップサーチラボ

死の海と食糧問題

 支那人という理性を持たない狂気の群が近現代の技術を手にして以来、急速に、大地は枯れ、水源は腐敗し、大気は汚染され、魔の属性を持つ生物のみが生息する事を許された魔大陸へと変貌していっている支那ですが、そんな魔
2007/11/14(水) 20:36:37 | 或る浪人の手記

言いたい放題

この記事少し気になるんですよね・・・。「改革まだ足りない」小泉元首相、活動活発化の意向 11月13日21時9分配信 読売新聞 【シンガポール=実森出】自民党の小泉元首相は13日、訪問先のシンガポールで講演し「日本は
2007/11/15(木) 19:56:08 | 復活!三輪のレッドアラート!
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。