2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.09(Fri)

商人の歴史(3)~中国と国際貿易 

  ここのところ更新が滞っていてすみません。忙しいのもありますが、ちょっと個人的にゴタゴタしていました。今週いっぱいで山を越えますので、もう少しお待ち下さい。

  前回は、中国の商業の歴史を見ているといろいろ分かるという話をしました。今回は、「地政学」に入れても、「経済とグローバリゼーション」のテーマに入れてもいいような中身です。しかも、尻切れトンボになっています(笑)。まあ、ペースの遅い学校の授業だと思って聞いてください。
  
  さて、秦の始皇帝が「半両銭」という全国共通の貨幣を使ったということは前回言いました。

  これは、コメントでしょうたさんがご指摘されたことと関連しますが、経済を支配しようと思ったら、貨幣の発行権を握るのが一番手っ取り早いのです。
  16世紀から17世紀にかけては、スペインの銀が一世を風靡しました。新大陸、具体的に言えばボリビアのポトシ銀山でインディオを牛馬のごとく酷使して得た銀を、世界中にばらまいたのです。
  ちなみに、日本もその後を追っかけるみたいな形で銀をばらまいています。今度世界遺産に登録される●「石見銀山」がその証拠です。いつかお話しようと思っていますが、そのせいで日本は叩きつぶされました。秀吉の朝鮮遠征がそれだと思っています。
  18世紀から19世紀にかけては、イギリスのポンドです。日本はこれを手に入れるために、必至こいて「殖産興業」というのを行うんですね。理由は簡単で、ポンドで鉄鋼と武器を買うためです。
  最近で言えばアメリカドルがこれに当たるんでしょうか。1944年のブレトン・ウッズ会議で決まった方針です。しかし、石油の高騰と、ロシアの台頭で、どうもうまく行かなくなっています。●こちらの「或る浪人の手記」さんの記事が面白いので、是非ご覧下さい。
  こうやってみると、時代の主役というのは、貿易決済用の通貨の発行権を握っていた国だと言えそうです。

  では、なぜ事実上の貿易決済通貨ができるのかといえば、その国がたくさん輸出入をするからです。実は、中国というのは、歴史的に見ると、長い間そういう国でした。
  
  もちろん、今のアメリカみたいに、ドル札を刷ればどんどんものを買えるというほど自由だったわけではありません。
  しかし、中国の歴史を見てみると、我々が今日当たり前だと思っている、というか、思わされているような「国際分業」だとか「相互依存」といった状態が、かなり早い時期から存在していることに気づきます。
  まず、紀元前3世紀から紀元1世紀にかけて栄えた漢王朝(前漢)です。この国は、「大秦国」という国と貿易をしていたことで知られています。この大秦国というのは、実はローマ帝国のことです。中国の北部、黄河の中流域あたりから、カザフスタンやウズベキスタンを抜けてイランにいたり、ヨーロッパへ向かう交易路があったということが知られています。いわゆる「シルクロード」です。
  養蚕技術は、この時代は中国の専売特許でしたから、ローマやイランではかなりの人気だったようです。ローマ帝国なんて、絹織物禁止令を出しているくらいです。なぜかというと、貿易の決済に金や銀を使っていて、貿易赤字が膨大になってしまったからというのがその理由のようです。ちなみに、中央アジアの人たちからは、絹の代わりに馬をもらっていたみたいです。

  まるで、日本の自動車とアメリカドルの関係を見ているようですね。そういう問題は、実はもうこの時代から存在していた訳です。歴史を学ぶ意義はここにあります。今地球上にある問題の多くは、実は世界や日本の歴史のどこかで繰り返されていることなのです。
  歴史の知識について、細かい間違いの指摘や学説の対決を、専門家がやることには意義はあります。そういうものを何十年という大きな単位で眺めると、ある一つの流れになっていくからです。最近中学校の教科書でも、江戸時代はエコロジーだったとか取り上げられるようになってきたのは、そういう成果でしょう。
  しかし、史学科以外の学生や、一般の歴史好きな人がそういうことをやってしまってはいかんと思います。歴史というのは、知識を学ぶと言うよりも、そこに出てくる一定の法則を見抜いて、現在の政治や経済や生活に生かすことにあると思うのです。このシリーズというのは、そういう観点で書いています。

  話を戻します。ローマ帝国側もこれではいかんと、産業スパイ(笑)を派遣して中国の養蚕技術を盗もうとしていたみたいですね。それに成功したのは、6世紀の東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌスです。なんでも、キリスト教の宣教師を使ったみたいです。これ、重要ですね。戦国時代や、敗戦直後を見ていてもそうですが、キリスト教の宣教師って、スパイだと思って見ていた方がいいみたいです。公安も、日本共産党なんかより、上智大学を見張った方がいいんじゃないかと(笑)。
  そのおかげで、東ローマ、今のギリシャやトルコあたりで、養蚕が一大産業になります。そのくらい、絹織物というのはいい商品だったということです。
  当然、その過程で中国には貴金属や他国の商品が流れ込んでいます。しかし、面白いことに、前漢以降の中国は、ごくわずかな時期を
のぞいて分裂状態に入ります。
  おそらく、これは中国が大変広い国土を持っていたことと関係があります。中央権力が何かをやろうとしても、命令が行き届かないし、すぐに自立されてしまうんです。
  貨幣についても同じで、漢の時代に鋳造された五銖銭という貨幣がずっと用いられます。これは別に漢の作った貨幣が優れていたとかいうのではありません。諸国が分裂したので、貨幣を造って全国に流通できるほど強力な政権ができなかったということです。

  しかし、これが隋・唐という二つの王朝の時代を境にして完全に変貌します。この時代は重要です。私は、世界の歴史で重要だったと思われる国を一つあげろ、といわれたら絶対に「唐」と答えます。そのくらい大事です。

  ・・・というところで、明日、絶対に記事を挙げるので、ここでいったん切らせてください。なんか、「続きはCMの後で!」みたいな感じがして嫌ですね・・・(笑)。

  どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

  
スポンサーサイト
EDIT  |  10:14 |  話し言葉で歴史を語る  | TB(1)  | CM(6) | Top↑

Comment

●こんにちは。

ろろさん、こんにちは。

記事を楽しみにしていました。

>話を戻します。ローマ帝国側もこれではいかんと、産業スパイ>(笑)を派遣して中国の養蚕技術を盗もうとしていたみたいですね。>それに成功したのは、6世紀の東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌ>スです。なんでも、キリスト教の宣教師を使ったみたいです。こ>れ、重要ですね。戦国時代や、敗戦直後を見ていてもそうですが、キ>リスト教の宣教師って、スパイだと思って見ていた方がいいみたい>です。公安も、日本共産党なんかより、上智大学を見張った方がい>いんじゃないかと(笑)。

これって、美辞麗句を並べて、自分達のスタンダードを布教しに着ていると解釈すると、
現代のグローバリスト達は、第二のフランシスコ・ザビエルならぬ、宣教師軍団に見えてきました(笑)
しょうた | 2007年11月09日(金) 18:35 | URL | コメント編集

●>>しょうたさん

>現代のグローバリスト達は、第二のフランシスコ・ザビエルならぬ、
>宣教師軍団

  鋭いですね。全くその通りだと思います。

  だいいち、愚かしいと思うのは、神や来世など毛頭信じていないような科学的現代人(笑)が、宣教師どもが下心を持っていたということを前提に歴史を教えていないことです。
  おそらく、日本人が外から入ってくる工作員を拒絶しないように、外国のいろんな団体が文部科学省に圧力をかけて世論工作しているんでしょう。その最たるものは、鎖国をやっていた江戸幕府を陋習にとらわれた島国根性の持ち主として描いていることです。
  もっとも、最近教科書の記述がずいぶんましになってきました。大アジア主義者の集まりである「つくる会」も一応役に立ったのかもしれません。歴史研究をする人たちの中で、江戸時代の価値が見直されてきているのは感じます。
  あとは、もう一歩踏み込んで、宣教師はグローバリストであり、金を儲けるためには人身売買や死の商人にまで手を染めた連中だと説明する機会が増えればいいのですが。
  
  あと、これは余計なことかもしれませんが、しょうたさんのコメントの引用部分の改行がうまく行っていないのか、少々見づらいような気がします。
ろろ | 2007年11月10日(土) 09:12 | URL | コメント編集

  鋭いですね。全くその通りだと思います。

  だいいち、愚かしいと思うのは、神や来世など毛頭信じていない  ような科学的現代人(笑)が、宣教師どもが下心を持っていたと  いうことを前提に歴史を教えていないことです。
  おそらく、日本人が外から入ってくる工作員を拒絶しないよう   に、外国のいろんな団体が文部科学省に圧力をかけて世論工作し  ているんでしょう。その最たるものは、鎖国をやっていた江戸幕  府を陋習にとらわれた島国根性の持ち主として描いていることで  す。
  もっとも、最近教科書の記述がずいぶんましになってきました。  大アジア主義者の集まりである「つくる会」も一応役に立ったの  かもしれません。歴史研究をする人たちの中で、江戸時代の価値  が見直されてきているのは感じます。
  あとは、もう一歩踏み込んで、宣教師はグローバリストであり、  金を儲けるためには人身売買や死の商人にまで手を染めた連中だ  と説明する機会が増えればいいのですが。


僕自身、中学受験の際に初めて歴史(日本史)を習っていますが、基本的に事実の羅列を暗記することに重点が置かれていますし、
ネットが無く、既存のメディアしかなければ、今のような認識はできていなかったと思います。

基本的に日本市場のパイを狙いたいのであれば、閉鎖的なこと(対外交流を限定していること)は悪いこと。というイメージをつける必要がありますよね。
既得権益は悪→改革が必要という最近の流れと似た匂いを感じるのですが(笑)

  あと、これは余計なことかもしれませんが、しょうたさんのコメ  ントの引用部分の改行がうまく行っていないのか、少々見づらい  ような気がします。
  

改行に関してですが、投稿確認時にはうまく表示されているのですが、実際コメントが反映されると、区切りが変わってしまいます。

コメント編集を使って、レイアウトしなおそうとしているのですが、何故か反映されないんですよね。

どうしてでしょうかね?
しょうた | 2007年11月10日(土) 10:59 | URL | コメント編集

●>>しょうたさん

>基本的に日本市場のパイを狙いたいのであれば、閉鎖的なこと
>(対外交流を限定していること)は悪いこと。というイメージをつける必要がありますよね。

  日本に鎖国政策、すなわち、対外関係の適正管理を行われたら困る人々がいるんですね。、高度な騙しのテクニックを駆使しているので、普通に生きていたら見破るのはとても難しいです。非難しても、もう一つの罠である「左翼ムーブメント」に取り込まれてしまうからです。

>コメント編集を使って、レイアウトしなおそうとしているのですが、
>何故か反映されないんですよね。

  難しい場合はヘッダ(>)を引用部分の先頭だけにつけていただければわかると思います。よろしくお願いします。
ろろ | 2007年11月11日(日) 17:09 | URL | コメント編集

●>ろろさん


>>基本的に日本市場のパイを狙いたいのであれば、閉鎖的なこと
(対外交流を限定していること)は悪いこと。というイメージをつける必要がありますよね。

>日本に鎖国政策、すなわち、対外関係の適正管理を行われたら困る人々がいるんですね。、高度な騙しのテクニックを駆使しているので、普通に生きていたら見破るのはとても難しいです。非難しても、もう一つの罠である「左翼ムーブメント」に取り込まれてしまうからです。


しかし、左翼に関してはあまり知識はありませんが、
自分の国や文化を(意図的に)貶めて何が面白いんでしょうかね。

まあ、本当に帰属している国が日本で無い場合には理解できなくも無いのですけどね。

それとも、ドMなのでしょうか(笑)

個人的には、中国から欧米へ覇権が移った時期や理由が気になります。
ろろさんの以前の記事から推測すると、フランス革命辺りには既に欧米に主導権があるように感じられます。
しょうた | 2007年11月13日(火) 04:29 | URL | コメント編集

●>>しょうたさん

>左翼に関してはあまり知識はありませんが、
>自分の国や文化を(意図的に)貶めて何が面白いんでしょうかね。

  一種のルサンチマンという側面があります。自己の現状に対する不満を、社会が悪い、日本が悪いという方向に転嫁して、人格の改変から逃げているのです。
  あと、現状に対して正しく怒れていないというのもあります。グローバリストや彼らの傀儡であるアメリカの横暴は、地球市民だの平和的連帯だのという形をとっても、何も解決しません。
  こういう人種は理念馬鹿であり、彼らの仮想的である「現実にはありえないほどの暴虐を働く政府のイメージ」や「体制派の右翼」と戦うだけで満足しているんです。インターネットを見てみると、右も左もその程度で満足していることがよく分かります。
  このブログは、どちらの方向にも与しません。

>個人的には、中国から欧米へ覇権が移った時期や理由が気になります。

  間にイスラム圏というのもありますから、単純には言えないと思いますが、唐以降の中国の王朝は「ぬけがら」です。ヨーロッパが力をつけ始めるのは、資本蓄積が始まる16世紀からです。
  その辺も、今後このシリーズで扱っていきます。
ろろ | 2007年11月14日(水) 11:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

狂気の世界の幕開け

 さて、我が日本国においては、まだ「小沢ショック」とやらが列島全土を駆け回り、挙句の果てには「テロリストの友達の友達」のお兄さんが「大連立の話が復活する可能性が出てくる」と、小沢民主席が消した火をもう一度再燃さ
2007/11/10(土) 00:25:01 | 或る浪人の手記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。