2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.03(Sat)

商人の歴史(2)~日本と中国ではどうか 

  更新が滞っていて済みません。今日は時間の関係もあって、短めにすませます。

  さて、●前回は、商人は御用商人として生まれてきたのではないか、という話をいたしました。今回は、それを具体的に、日本や中国で見てみましょう。

  まず我が国からですが、我が国は商業というものが出てくるのは相当遅れています。
  その理由はわかりませんが、理由に近いものだったら言えます。日本では「都市」というものが形成されるのが非常に遅かったということです。
  都市というのは、商人の住処です。ちょっとそれは乱暴すぎる定義じゃないかと思われるでしょうが、そういってしまった方がわかりやすいと思いますし、それほど本質から外れてはいないと思います。
  前回の記事で紹介した「フェニキア人」というのが典型的ですが、海外では都市住民というのは、一次産品を生産していないんですね。その代わり何をしているのかというと、都市の真ん中に住んでいる権力者の周りにいて、そのおこぼれをもらっている(笑)。たとえば、権力者の仕事の一部を代行したり、身の回りの世話をしたり、お城や屋敷の周りを警備したりしています。つまり、ごくごく原始的な形の都市の住民というのは「公務員」なんですね。もちろん、権力者が彼らを養えるのは、それだけ余剰生産物があるからです。
  そうすると、そこから需要が生まれてきます。権力者の周りにいる人たちのために、サービスや物を提供する人たちも集まってくるわけです。そうやって、都市というのは成長していったのだと考えています。

  日本では、そういう都市が形成されたのが、おそらく飛鳥時代くらいですね。それ以前にも九州北部あたりにあったのかもしれませんが、記録がありません。都市とおぼしき遺跡もありませんから、おそらく農村に権力者が直接居着くという形で来たのでしょう。
  しかし、飛鳥時代になると、中央集権化を目指すという近畿地方の勢力の方針もあって、権力者の周りに公務員が集まってきます。これも推測になってしまうんですが、おそらく渡来人の影響だと思うんですね。農村にバラバラに豪族が住んでいるより、真ん中に集めた方が効率がいいよということを、当時の天皇家、近畿地方の大権力者にアドバイスしたんじゃないでしょうか。あるいは、そういう渡来人系の人間が直接権力者になり、大陸式のやり方で国を作り始めたのが飛鳥時代だったのかもしれません。
  このへんは、その前の古墳時代の史料があまり残っていなかったり、古事記・日本書紀に依拠しているところが大きいので、なかなか正確なことがわかりません。皇室の出自とも結びついている問題なので、触れたがらないのかもしれません。私は、飛鳥地方の王朝というのは、渡来人が大きく関わっている気がしますね。
  で、そのとき人を集めるために使われたお題目が「仏教」だったのだと。当時の仏教は平地に寺があります。日本で山寺が建設されるようになるのは、密教を最澄・空海が持って帰ってきてからです。つまり、当時の仏教はある中心を作ってそこに人を集める名目としては非常に有力だったわけです。
  だから、仏教推進派の蘇我氏は渡来人で、中国にならって中央集権を進めようとしたんじゃないかと睨んでいるのです。まあ、もうこうなってくると妄想に近くなってきますが(笑)。でも、そう考えると何もかもすっきりするんですよね。
  そういうわけで、飛鳥時代に仏教をテコにして都市が形成され始めます。完全にそれが定着するのは、「大津京」です。私は高校で日本史をやっていなかったのでこんな言い方をしてしまいますが、用語としては「近江大津宮」というのが正しいようです。いわゆる計画都市で、中国式の大都市でした。
  これが何で出来たのか、日本書紀にも書いていないんでよくわからないんですが、やはり渡来人の影響だと思います。大津宮遷都の前に、「白村江の戦い」という対外戦争があり、そこで朝鮮半島の日本権益は全て新羅に奪われることになります。新羅に滅亡させられた百済の遺臣たちが、みんなそろって日本に逃げ込んできて、天智天皇を動かしたのかもしれません。
  余談ですが、天智天皇というのは、白村江の戦いにしても、お母さんの斉明天皇が急死したにもかかわらず外国遠征を決行した人です。それプラス大津宮が渡来人の発案だったとすると、ずいぶん外国人の言いように利用されている人だということになりそうです。
  このあとまた都が飛鳥に移ったり、京都府南部に行ったりと、いろいろありますが、そういう飛鳥時代の末期に「富本銭」と「和同開珎」という二つの貨幣が造られているのは非常に注目に値します。つまり、単なる物々交換や権力者からの分配を超えた経済がここで成立し始めたということです。「富本銭」は出土も少なく、厭勝銭、つまり「おまじない」用のお金の可能性があると言われているんですが、和同開珎については間違いなく交換機能を持った貨幣と言えます。
  こういうものはもちろん、都の遺跡で発見されていますが、注目すべきなのは和同開珎が渤海王朝の遺跡でも発見されているということです。当時の技術からすると、銅は相当数が少なく、貴金属みたいなものだったので、外国との取引でも使われていたのでしょう。
  そして、こういう貨幣を用いて物をやりとりしていたのは、おそらく権力者のそばにいる御用商人だったと推測できます。和同開珎なら、和銅(不純物の少ない銅鉱石)の鉱脈が今の秩父市で見つかったのを記念して年号を「和同」にしたという経緯があります。そういう感じですから、発行したのも権力者、すなわち朝廷で、それを使って物を買いつける役割を果たした人たちがいたはずなんですね。
  貨幣がないと、なかなか商業は発達しません。物が持っている価値を抽象的に表すことができるのが貨幣というものの利点です。持ち運びや保存が楽だから、物を右に左にいちいち動かすのが面倒になった(笑)権力者がこういうものを使うようになったのでしょう。
  
  このへんが、日本における商人という職業が生まれてきた経緯じゃないかと思っています。

  さて、上で私は何度となく「渡来人」という言葉を出しましたが、何が言いたいのかというと、商人が生まれるきっかけになった「都市」の形成、そしてその後の「貨幣」の鋳造、この辺は全て、渡来人が中国側でやっていたことをそのまま持ってきた仕組みじゃないかと思っているんです。そういう意味で、中国における商人の誕生とその発展というのは非常に重要なテーマです。
  中国というのは、農民が多い国です。昔は75%くらいが一次産業に従事していました。今は50%くらいにまで落ち込んでいるようですが、それでも日本の10%前後よりは多いです。
  しかし、中国の「都市」の歴史は古いです。舜堯の時代は神話みたいなものですからよくわかりませんが、周王朝や秦の始皇帝の時代にはもう「咸陽」という都が存在しています。春秋戦国時代に書かれた「論語」や、この時代の故事成語にも、都市の存在を伺わせる記述があります。
  同様に、中国の貨幣の歴史も古いです。ごく初期では、貝をお金の代わりに使っていたのではないかと言われています。財産の「財」、貯金の「貯」でも分かるように、お金を示す字には貝が使われているのがその証拠です。でも、これは正直地域でバラバラで、今の貨幣と言うよりは、●直近の記事で書いた「地域通貨」に近いものだったと思われます。
  全国的な貨幣が使われるようになったのは、秦の始皇帝の時代です。始皇帝の業績として、世界史の教科書なんかには必ず「度量衡の統一」が出てきますが、中国全土の統一に伴って、貨幣の統一もやっています。半両銭というお金です。
  きたねぇなあ、と思うのは、実はこの半両銭は統一前の秦で使われていた貨幣なんですね。つまり、自分が好きなだけお金を作って、それで物を買いまくるということができるようになったと(笑)。こうなると、当然御用商人の活動も活発になったでしょう。

  実は、中国の話はこれからかなり長く続きます。なぜそんなに中国のことを扱うんだ、このブログの管理人は中国が嫌いなんじゃないのか(笑)と思われるかもしれませんが、私が思うに、中国の歴史をきちんと追いかけると、今の日本および世界経済がメチャクチャな様相を呈している理由もわかってくると思うからです。
  そういうわけでこのシリーズはまだまだ続きますので、おつきあいよろしくお願いします。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  11:17 |  話し言葉で歴史を語る  | TB(2)  | CM(11) | Top↑

Comment

●はじめまして。

ろろさん、はじめまして。

昔のwebの時代から記事を拝見させていただいています。

自分は経済学部で、やはり学校の授業でもグローバリゼーションを信奉する(笑)教授の勢力が強いので、こちらの記事は興味深く読ませていただいています。

今回の記事に関してですが、
秦の始皇帝が度量衡を統一した際、貨幣は秦の通貨をそのまま使ったという点。
戦後、ドルが基軸通貨になって、事実上ドルは無制限に発行することが出来る体制と非常に似ているなあと感じました。
しょうた | 2007年11月04日(日) 20:16 | URL | コメント編集

●>>しょうたさん

  どうも、初めまして。

>自分は経済学部で、やはり学校の授業でも
>グローバリゼーションを信奉する(笑)教授の勢力が強い

  「国際分業」「自由貿易」を理想に掲げる近代経済学の終着点が、グローバリゼーションですからね。そうなるのは仕方がないと思います。
  せっかく大学で勉強なさっているのにこんなことを言うのは恐縮ですが、経済学を真面目に身につけようと思えば思うほど、リカード(ユダヤ系オランダ人!)や彼に金を出して本を書かせた連中の思うつぼになってしまうでしょうね。話半分で聞いておいて、とりあえず学部試験で「優」「可」を取ればいいんじゃないでしょうか(笑)。

>秦の始皇帝が度量衡を統一した際、貨幣は秦の通貨を
>そのまま使ったという点。
>戦後、ドルが基軸通貨になって、事実上ドルは無制限に発行
>することが出来る体制と非常に似ているなあと感じました。

  素晴らしいですね。全くその通りです。

  今度書き上げる予定の「漢」「唐」「宋」という各王朝でそれぞれ顕著になっていくのですが、中国というのは今日の世界経済の縮図なのです。アメリカを中国統一王朝に置き換えてみると、すっと理解できることがあったりします。
  私は経済に関しては門外漢ですが、その辺の直感には自信があるので、なんとかがんばって書いてみたいと思っています。

  最後に、貴君のような鋭い学生さんがいらっしゃるなら、日本はまだ大丈夫だと思いました。今後ともよろしくお願いします。
ろろ | 2007年11月04日(日) 23:38 | URL | コメント編集

天智天皇を主役にして大河ドラマをつくってほしいものです。俳優は小栗旬でもいいです
孔明 | 2007年11月05日(月) 01:40 | URL | コメント編集

●>>孔明さん

古代を題材にした大河ドラマはあまりないですよね。

私としては、天智・天武の年が離れた兄弟と大友皇子の三人を出したいですね。天智が唐沢俊明、天武を古代史ファンの岡田准一、大友を小栗旬でいかがでしょう?
ろろ | 2007年11月05日(月) 11:33 | URL | コメント編集

お返事ありがとうございます。

僕は、ろろさんが指導されている中学受験組で、
現在は慶應の経済学部に通っています。

グローバリゼーションを志向するT中さんは同門なので、
ろろさんのお話を色々読んでいると、耳が痛いです(笑)

中には、グローバリゼーションは否定しないが、日本の社会・経済の仕組みとして、自由競争・弱肉強食路線が強すぎるのは、日本の文化的に合わないので、
もっと、協調に重きを置いたかつての日本の社会・経済の仕組みへ戻すべきだ。
と主張される教授も居ます。
 

>「国際分業」「自由貿易」を理想に掲げる近代経済学の終着点が、グ>ローバリゼーションですからね。そうなるのは仕方がないと思いま>>す。
>せっかく大学で勉強なさっているのにこんなことを言うのは恐縮です>が、経済学を真面目に身につけようと思えば思うほど、リカード(ユ>ダヤ系オランダ人!)や彼に金を出して本を書かせた連中の思うつぼ>になってしまうでしょうね。話半分で聞いておいて、とりあえず学部>試験で「優」「可」を取ればいいんじゃないでしょうか(笑)。


確かに、宗ぐらいまでは、世界の覇権を握っているのは中国(東洋)が多いですよね。

度量衡の統一の話も、軍事的・政治的に覇権を握った国が、
自分達の基準を押し付けているだけですよね。
グローバルスタンダードとは名ばかりのアングロサクソンスタンダードの会計・商慣行を押し付けているだけの昨今と、非常に似ている気がします。

それは、各国・地域が違った商慣行の中で経済発展してきたわけで、
いきなり、統一ルールを作るから従えといっても、すぐに対応できないのは当たり前だと思います。

むしろ、意図的に会計・商慣行をおしつけたのは、
制度の変更からいきなり不良債権・赤字企業になってしまった資産や企業を買い叩くためなのでは?
といったうがった見方もしてしまいます。

>今度書き上げる予定の「漢」「唐」「宋」という各王朝でそれぞれ顕>著になっていくのですが、中国というのは今日の世界経済の縮図なの>です。アメリカを中国統一王朝に置き換えてみると、すっと理解でき>ることがあったりします。
>私は経済に関しては門外漢ですが、その辺の直感には自信があるの>>で、なんとかがんばって書いてみたいと思っています。

>最後に、貴君のような鋭い学生さんがいらっしゃるなら、日本はまだ大丈夫だと思いました。今後ともよろしくお願いします。
しょうた | 2007年11月05日(月) 22:27 | URL | コメント編集

●大河ドラマは

高橋克彦の「火怨」でやって欲しいです。

東北の隠されたの歴史と独特の文学や芸術、祭の謎が、ヲシテ文献などから辿る「律令」以前・以後の日本の姿の変容に見出すことができると考えています。かなり直感的ですが、妄想の類ではないと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/banabuna/e/c1b3840d5b3639723596e505fb2ef6fb

次世代を考えるときに、日本(とくに東北)は律令以前の「先進的精神」で運営するのが良いだろうと思います。

進化の螺旋が遠回りをして、やっと縄文の上のステップに来ているかもというイメージ。いや、これは妄想かもしれませんが。
花ブナ | 2007年11月05日(月) 23:13 | URL | コメント編集

持統天皇の「天上の虹」も大河化してほしいです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E4%B8%8A%E3%81%AE%E8%99%B9
孔明 | 2007年11月05日(月) 23:23 | URL | コメント編集

日本が真に偉大なのは、東北の蝦夷は、渡来系の大和朝廷に征服されつつ、深層では、彼らを支配したことによります・・・
この精神の二重構造こそが、今日の日本の危機を克服する最後の砦です
アメリカ人もインディアンに征服された点、同じです。土地を征するものは、地霊に支配されるのです
孔明 | 2007年11月06日(火) 00:43 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>しょうたさん

>グローバリゼーションは否定しないが、日本の社会・経済の
>仕組みとして、自由競争・弱肉強食路線が強すぎるのは、
>日本の文化的に合わないので、もっと、協調に重きを置いた
>かつての日本の社会・経済の仕組みへ戻すべきだ。
>と主張される教授も居ます。

  なるほど、「良心」がある文系知識人の方もいらっしゃるというわけですね。たとえば、マクロ経済を重視するこの方http://www.niwa-haruki.jp/のような方もその一人でしょう。
  そういう教授さんたちが、「国際分業」や「相互依存」を否定してくれれば頼もしく感じるのですが、さすがにお金をもらって学問をなさっていると無理でしょうね。
  グローバリストの論理は、現行のアカデミズムで克服するのは無理だと思います。上に上げたような、グローバリストに都合のいい「公理」があり、これから演繹している以上、彼らの論理には合理性があるからです。
  国際分業や自由市場という、もはや公理にすらなってしまった概念を疑うところから始めるべきです。これは、学問としての経済学や、近代国家の前提そのものを疑うことでもあるので、近代国家システムの中で知識人としてお金をもらっている方々に強いるのは酷です。
  だからこそ、「晴耕雨読」様のようなブログが存在するのだと思います。私も、末席ながらそういう流れに参加していきたいと思っています。

>>花ブナさん

  トラックバックありがとうございます。そちらの記事にコメントしておきます。

>>孔明さん

>天上の虹

  なかなかよい漫画ですね。中大兄皇子と大海人皇子をつなぐ人物としての持統天皇の存在をすっかり忘れていました。
  やはり、高校で世界史しかやっていないとこういうところでボロが出ますね。

>渡来系の大和朝廷

  どうも、最近律令=グローバリゼーションではないかという気がしてきました。中国が魑魅魍魎の住処に変貌していくのは、唐の時代からです。次回の記事でこの辺は突き詰めます。
  奈良時代以降の日本がなぜ中国化しなかったのか・・・それはやはり、地霊の存在故でしょうね。そして、その声に忠実に従った菅原道真のような偉人がいたことかと。
  
  みなさんのコメントに触発され、よい記事が描けそうです。本当に感謝いたします。
ろろ | 2007年11月06日(火) 00:43 | URL | コメント編集

●TBです

被統治者に真実の像を結ばせないこと
http://sun.ap.teacup.com/souun/1207.html
早雲 | 2007年11月06日(火) 16:30 | URL | コメント編集

●>ろろさん

>なるほど、「良心」がある文系知識人の方もいらっしゃるというわ>けですね。たとえば、マクロ経済を重視するこの方http://www.ni>wa-haruki.jp/のような方もその一人でしょう。
>そういう教授さんたちが、「国際分業」や「相互依存」を否定して>くれれば頼もしく感じるのですが、さすがにお金をもらって学問を>なさっていると無理でしょうね。
>グローバリストの論理は、現行のアカデミズムで克服するのは無理>だと思います。上に上げたような、グローバリストに都合のいい
>「公理」があり、これから演繹している以上、彼らの論理には合理>性があるからです。
>国際分業や自由市場という、もはや公理にすらなってしまった概念>を疑うところから始めるべきです。これは、学問としての経済学
>や、近代国家の前提そのものを疑うことでもあるので、近代国家シ>ステムの中で知識人としてお金をもらっている方々に強いるのは酷>です。
>だからこそ、「晴耕雨読」様のようなブログが存在するのだと思い>ます。私も、末席ながらそういう流れに参加していきたいと思って>います。


僕も、現実的に自由市場・グローバリズムへの流れは不可避だと考えますが、雇用・労働・賃金等の仕組みにしても、そのままアメリカ型を取り入れても日本にはなじまないと思います。

例えば、継続的に日本経済は右肩上がりではなくなるでしょうから、
従来の年功と連動した賃金ではなく、成果に連動した賃金体系にならざるを得ないと思いますが、助け合い・相互扶助といった日本の文化を活かした、新しい道が開けないものかと考えていたりします。

それを考えると、ろろさんが以前指摘されていたように、
現代版の鎖国をするのが、日本にとって最善の道なのではと思います。

現に、江戸・徳川期にしても、対外交流を限定していた時代のほうが、内政は栄えていますよね。
しょうた | 2007年11月06日(火) 17:17 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

基地外事大主義者の妄言録を読み解く

 さて、昨日の続きとなる訳ですが、本日はまず、強欲な餓鬼界からの侵略者の要求に応える為にポチどもが創設した会議、規制改革会議の連中の「方針」とやらを見ていく事にしましょう。第2次答申に向けた取組方針-がんばっ
2007/11/03(土) 18:39:13 | 或る浪人の手記

「思い出すこと」による革命

長い時間をかけ、日本という「風土」に帰化し、土着豪族のサルタヒコと自らの祖をともに伊勢におまつりし、北方のニギハヤヒ系とも同じ天孫(騎馬民族)の血筋として手を携えて日本を治めていた天皇家(大和朝廷)が、飛鳥以降の「近年」になって半島や大陸からの遺臣・棄民
2007/11/05(月) 22:39:59 | 減価する通貨が導く近代超克への道
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。