2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09.26(Wed)

「またもや小泉傀儡政権」福田内閣を叩き潰せ!! 

  先日、突然退陣した安倍晋三首相に代わって、福田康夫元官房長官が自民党総裁、もって日本国の首相に選ばれました。

  まだ正式に発足したばかりの内閣ですが、早速私の評価を下しておきましょう。それは、

  「福田内閣は一日も早く退陣すべし」

  というものです。理由は簡単で、福田政権は安倍政権と全く変わりがないからです。

  北朝鮮に対してアプローチに違いがあるかとか、格差是正について福田本人が発言しているとか、そういうことは問題ではありません。福田のバックにいるのが「清和会」(町村派)、すなわち小泉純一郎を中心とした勢力である限り、安倍だろうと福田だろうと、根本的には何も変わらないからです。
  
  そもそも、事前には麻生太郎前自民党幹事長が本命だろうと思われていたにもかかわらず、なぜ福田が自民党総裁になったのかという点も、非常に簡単です。

  あの、そこの「派閥間の談合」といっているあなた。

  はっきり言いますが、それは間違いです。福田が総裁になるかどうかを決めたのは「清和会」もっとはっきり言えば「小泉純一郎」であり、各派閥が談合したのはそれに従っただけです。

  ここで、清和会(清和政策研究会)という団体について簡単に見ておきましょう。

  この派閥はもともと福田の父である福田赳夫元首相が組織した派閥です。
  福田赳夫が首相にもなった時期もありましたが、基本的には二番手に甘んじてきました。党内の主流が福田と対立する田中角栄率いる田中派(のちの竹下派→橋本派→津島派)だったからです。 田中派の権力基盤は「土建政治」などとも言われるように、地方の建設業者や農家でした。つまり、地方の保守的な人々が自民党の主流だったわけです。
  これを突き崩したのが2000年に清和会の会長になった小泉純一郎でした。小泉は、既得権益の網を切り裂き、公的機関を民営化し、様々な規制を緩和すれば日本はよくなる、という「カイカク路線」を全面に打ち出しました。今になってよく考えてみれば、田中派の権力基盤になっている地方のしがらみを破壊することに主眼があったのでしょう。
  そして、小泉のカイカクに異論を挟む議員は「抵抗勢力」だとみなし、それと闘う自分の正当性をアピールしました。中曽根政権の時代から規制緩和がいいことだと喧伝してきたマスコミも、小泉をカイカクの闘士として祭り上げてきました。理由は単純で、その方がおもしろおかしく記事を書けるからです。
  この路線が大ブレイクしたのが、2005年の衆院解散総選挙でした。小泉は、以前から郵政民営化を唱えてしました。アメリカの関与などはとりあえずおいておくとして、田中派の支持基盤であり、地方の保守勢力の一翼を担っていた「特定郵便局長会」をつぶすことができる手段として有望だったからだというのが本当のところでしょう。そして、選挙で大勝し、ついに郵政民営化を決定しました。
  小泉は一貫して財政再建を唱えて地方への補助金を削減する政策をとっていましたから、それと相まって旧来の自民党の支持層だった「建設業者」「農家」「地方公務員」「特定郵便局長会」といった勢力は総崩れになりました。小泉本人の言うとおり、自民党をぶっ壊すことに成功したわけです。
  この過程で、清和会は衆議院議員60名を有する最大派閥となりました。派閥ではありませんが、2005年の衆院選で当選した議員の集まりである「83会」という組織は小泉チルドレンというカイカク支持派の集まりであり、議員の集まりも「カイカク」支持派ですから、実質は清和会だといえます。もっといえば「小泉派」です。
  戦後最年少の安倍首相というのも、この清和会に属していたからこそ選ばれたのです。それ以上の理由はありません。もっとも、彼を首相にしても世論が反発しないように、拉致問題や人権擁護法案がらみで保守本流だという印象操作はされていましたが・・・。

  そして、今回の福田総裁選出も、安倍前首相のときと同様、清和会と小泉チルドレンの支持があったことで大勢は決定しました。たったそれだけの話です。

  ところが、一つだけ予想外だった事態がありました。総裁選出の投票で、麻生氏が予想以上の健闘を見せたことです。

自民新総裁に福田氏 得票62%、麻生氏も善戦
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200709240074.html
------------以下引用------------
 自民党総裁選は二十三日午後、党所属国会議員と各都道府県連代表者による投開票を行い、福田康夫元官房長官(71)が投票総数の62・5%に当たる三百三十票を得て大勝、第二十二代総裁に選出された。麻生太郎幹事長(67)も予想を上回る百九十七票を獲得し善戦、一定の影響力を確保した。福田氏は二十五日の衆院本会議で安倍晋三首相(53)の後継となる第九十一代首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる。福田赳夫元首相の長男で、初の親子二代の首相となる。

  (中略)

 麻生氏は会見で「反対勢力、抵抗勢力になるつもりはない」と述べ、挙党態勢構築に努力する考えを強調。都内の病院に入院中の安倍首相は両院総会にメッセージを寄せ、退陣で政治空白を招いたことを陳謝、引き続き議員として活動する意向を明らかにした。

 総裁選は国会議員の三百八十七票、各都道府県連三票ずつの百四十一票の計五百二十八票で争われた。麻生派を除く八派閥から支持を得た福田氏は、共同通信の調べで議員票で二百五十四票を獲得、地方でも半数を超える七十六票を得た。麻生氏は議員票で百三十二票を取り、地方でも都市部を中心に六十五票を積み上げた。無効票は一票で白票だった。総裁任期は、退陣する安倍首相の残り任期の二〇〇九年九月までの二年間。
------------引用以上------------

  ここで重要なのは、最大の派閥である清和会の「既定路線」に逆らって麻生氏に票を投じた議員が132人もいたということです。
  麻生氏を支持したということは、以下のような麻生氏の「方針」に共鳴したということでもあります。

麻生氏「党立て直し最優先」 自民三役など決まる 野党と政党間協議重視
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/e20070827010.html
------------以下引用------------
 自民党の新三役に就任した麻生太郎幹事長、石原伸晃政調会長、二階俊博総務会長は27日午前、党本部でそろって記者会見に臨んだ。この中で、麻生氏は党の立て直しを最優先課題に掲げた。また、参院選で与党が過半数を割った状況を受け、新三役はいずれも野党との政党間協議を重視する姿勢を強調。さらに構造改革路線を堅持しつつ、都市と地方の格差の解消に向けて取り組む姿勢も示した。

 麻生氏は会見で、「自民党をぶっ壊すという人を選び、その人は事実ぶっ壊した。ぶっ壊された自民党をどう立て直すかが、われわれ3人に与えられた役目だと自覚している」と述べた。

 参院選敗北の一因とされる格差問題については、「改革は急激に進めば、いろいろな既得権益の破壊が起こり、痛みが出てくる。急激(な痛み)ならば、ある程度の注射や輸血もいる」と指摘し、格差解消に積極的に取り組む意欲を示した。
------------引用以上------------

>自民党をぶっ壊すという人を選び、その人は事実ぶっ壊した。
>ぶっ壊された自民党をどう立て直すか


  要するに、今までカイカクを進めてきた小泉を、麻生氏は批判したわけです。麻生氏自身もその受益者であることは確かですが、さすがにこのままカイカクが暴走すれば自民党全体が危機に陥ることを悟ったのでしょう。

  これについて小泉が何を思ったのか知りませんし、マスコミも記事にしようとは思わなかったようですが、おそらく激怒したでしょうね。「衆議院であれだけの議席を取った俺をなんだと思っている。おまえも俺のしたで、カイカクに賛成し続けていたじゃないか」と。
  自分に逆らう人間に刺客などと称する候補者を送り込んで血祭りに上げないと気が済まない小泉が、黙っているわけがありません。そこで小泉一派が仕組んだのが「麻生が安倍の不在を狙ってクーデターを仕掛けた」というデマの流布です。
  以下のブログで、興味深い記事が上げられています。

安倍殺しの真犯人(或る浪人の手記)
http://restororation.blog37.fc2.com/blog-entry-915.html

  まず、小泉側はマスコミ受けする失言の多い片山さつき衆院議員(83会のメンバーで、清和会入りを希望して拒否された経緯あり)「これはクーデターです。 支えると言いながら後ろから刺した人がいる」と発言させます。このことの真偽は問題ではありません。とにかく「麻生」と「クーデター」が新聞や雑誌の見出しになる状況が生まれればいいのです。この二つの単語が頭に残れば、麻生氏に対してマイナスイメージを植え付けることが出来るからです。この手は、「抵抗勢力」や「造反組」でも使った手で、小泉が反対派を潰す時によく使う手です。
  案の定、麻生氏サイドの弁明があったにも関わらず、「麻生」と「クーデター」が併記された記事が新聞雑誌の紙面を飾りました。麻生氏のことをよく知らない人や、若者受けする発言をもともと快く思っていなかった人たちは、これで麻生不支持に回ったことでしょう。有権者の意思というのは、そういう側面があります。
  小泉は、おそらく安倍前首相の退陣前にこの計画を策定したに違いありません。上にリンクしたブログで、片山が、

私は、小泉さんと実はさしで、10、11、12とお会いしてるんですけども、ずっと、見ててああ たぶん 彼の選択肢は福田さんだと思ったら13日の午前中にぐらいにそういうお話があった

  と発言しているからです。安倍首相が辞意を表明したのは12日の昼であり、麻生氏だけが安倍辞任を知っていて、それを利用して権力を一手に握ろうと画策したという前提が崩れるとともに、この時点で「反小泉・反カイカク」を表明した麻生氏を叩き、自分の言いなりになる福田を自民党総裁に就けようと小泉が考えたと言うことは、容易に推測が可能です。
  そして、小泉が福田支持の意思を明らかにすると、各派閥がいっぺんに小泉の方針になびきました。麻生氏を謀略で潰そうとしたこともあいまって、自民党の各派閥は「麻生を支持したらうちまでやられる」と心底震え上がったことでしょう。それでなくても郵政選挙の時の、異論を挟む人間に対する苛烈な仕打ちを目の当たりにしているわけですから、清和会=小泉の方針に従わざるを得ないのです。
  そういう意味では、小泉=清和会の方針に逆らった議員が132人もいるということは、ある意味驚きであり、国民にとっても一縷の望みだということができます。

  そうは言っても、小泉・安倍路線が参議院選で強烈に否定されたのだから、福田は少しは修正に動くのではないか?と、考えている人も多いことでしょう。テレビや新聞もそういう風な意見を次々と表明しています。
  しかし、私は断言します。福田が小泉・安倍と続いてきた「コーゾーカイカク路線」を改めることは絶対にありえません。

  もちろん、国民に優しく見えるような政策を少しは混ぜてくるでしょう。福田は障害者自立支援法の見直し(共産党がずっと主張している)を公言しています。福祉関係者の方たちは、これを見て福田は小泉よりずっといいと思うでしょうし、マスコミもおそらくそのように扱います。
  しかし、福田が絶対に変化させないどころか、今後ますます強化していくことが容易に推測できる事柄があります。それが「グローバリスト路線」です。
  もうしつこいくらいこのブログで出てきていますが、グローバリストというのは「利益の極大化のために、国内への影響を考慮せずに積極的に海外に進出し、国家間の垣根を取り払おうとする勢力」のことです。ソニーのような輸出依存企業、国家間取引でマージンを上げている商社、各国の資産をアメリカドルで買い叩こうとしている金融資本などがその例です。
  グローバリストの最大の関心事は「国際競争力の強化」と「国家という枠組みの解体」です。そうすれば、利益を最大化するような国際分業を実現できるからです。それを邪魔する勢力、たとえば「農民」「官僚」「利権政治家」といった人々は、グローバリストの天敵です。
  そして、行き詰まった国家の再生のためという名目で、天敵=保守勢力排除する方便が「構造改革」だったというわけです。だから、小泉政権は地方への補助金を打ち切って田中派(現津島派)を追い詰め、安倍政権は公務員カイカクを進めようとしました。アメリカ政府や経団連、外資金融会社や「ホリエモン」のような人種が小泉を礼賛したのは当然でしょう。
  こんなことをいくらやっても、利益を得るのはごく一部(特に外資系)企業と清和会とつながりのある金持ち(朝鮮系資本が多い)、それにコーゾーカイカクに盲従した一部の省庁(総務省や国交省)くらいです。天地がひっくり返っても、ネットで愛国だの保守だの靖国だのわめくのが生き甲斐になっているブロガーにはお鉢は回ってきません。
  そういうブロガーたちが大好きな安倍晋三は、「アジア・ゲートウェイ構想」という政策を掲げていました。この構想がどんなものか、●官邸メルマガから抜粋してみましょう。

>今や「世界の成長センター」であるアジアは、
>東アジア共同体構築の名の下に、非常なスピードで変化を
>続けている。

> 少子高齢化の中で人口減少の局面を迎えた日本でも、
>社会の開放のスピードを加速化し、近隣諸国との絆を強化することで、
>アジア諸国と繁栄を共有することができる。

>「アジア・ゲートウェイ構想」は、アジアなど海外の活力を
>取り込むため、人・モノ・資金・文化・情報の流れにおいて
>日本がアジアと世界の架け橋となることを目指す戦略として、
>安倍政権の政策の柱の一つに位置づけられている。


  「社会の解放のスピードを加速」「日本がアジアと世界の架け橋となる」・・・こんなことを口にする保守政治家などというのは、キリストよりマホメットが優れていると公言しているカトリックの神父のようなのものです。
  このアジア・ゲートウェイ構想の一部はすでに実現しています。航空自由化という点で言えば中国との定期便が大増強され、さらに関西国際空港がアジア向け航空輸送に特化する方針を打ち出しています。また、大学の国際化については、●アジア人材資金構想という形で具体化しています。東南アジア諸国とのFTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定)締結を促進してもいます。
  そして、今度首相に就任した福田は、この路線を強化することは間違いありません。上記メルマガでも触れている「東アジア共同体」という経済ブロック結成に、日本で一番熱を入れている政治家が福田だからです。
  すでに、官房長官時代からこんなことをやっています。

http://www.asahi.com/politics/update/0317/008.html(リンク切れ)
------------以下引用------------
 韓国訪問中の福田康夫元官房長官は17日、ソウルで開かれた日韓・韓日協力委員会の合同総会で講演し、「アジア共同体構想」について「主導的役割をどこがとるかは難しいが、少なくとも日本、韓国、中国の連携は必要だ」と述べ、3国間の関係改善が不可欠だとの考えを強調した。アジア外交の立て直しで積極的な発言をし始めた福田氏の動きは、今秋の自民党総裁選に向けて党内の駆け引きに微妙な影響を与えそうだ。
------------引用以上------------

  総裁選の公約でも、東アジア共同体について触れています。

http://today.reuters.co.jp/investing/FinanceArticle.aspx?type=economicPolicies&storyID=2007-09-16T091918Z_01_TK0018341_RTRIDST_0_ZHAESMB05505.XML
------------以下引用------------
福田康夫元官房長官(71)は16日、自民党総裁選挙の出馬にあたり、「希望と安心の国づくり」と題した政権公約を発表した。外交において国連重視を明記するとともに東アジア共同体の実現を目指すとし、経済成長戦略では「改革と成長」路線の継続を表明した。

 国づくりの基本理念として自立と共生の社会、ストック型(持続可能)の社会、男女共同参画の社会を掲げた。年金や地域・企業間格差などの諸問題に対して「丁寧に対応」するとし、国民の意見が的確に反映される社会の構築、国際的に尊敬と信頼を得られる国家の実現を目指す。

 個別の政策では、外交について「国連重視、日米同盟堅持、アジアの一員たることを基軸とする外交」を掲げ、「拉致問題の解決と朝鮮半島の非核化、東アジア共同体の実現を目指す」とともに、「国際的なテロ対策を推進する」とした。

  (中略)

 経済政策では、「改革と成長」路線を継続し、科学技術・知財戦略を拡充するなど、経済成長戦略を推進する。

 格差問題との関連では、地方再生策として「地方への企業立地促進税制など頑張る地方が自立できる税制・交付税を検討」するほか、中小企業の振興策として事業承継税制と技術高度化支援を拡充。農山漁村の所得・雇用の増加を図る施策を充実する

 年金問題については「与野党の壁を越えて国民が納得できる年金制度を構築する」とし、同問題に対する与野党間の協議が不可欠と位置付け、少子化・人口減少対策として「産科医・小児科医不足を解消し、子育て支援策を拡充」する。
------------引用以上------------

  こんな人間の好きなようにやらせたら、中国との一体化がますます進むことは間違いありません。そうなれば「さらなる企業の中国移転」と「中国人労働者の導入」に至ることは間違いなく、これがさらなる雇用の悪化、購買力の低下につながり、輸出依存企業以外の国内企業はさらなる業績の悪化を招くでしょう。おまけに、中国人犯罪者の大量発生で社会不安も増大します。
  この東アジア共同体の樹立は、いわばグローバリスト政策の最終到達点というべきものです。中国との一体化を進めて、人件費を極限まで押し下げ、国民の生命の維持は安価な輸入食品で賄わせ(そのためにEPAが結ばれようとしている)、内需を徹底的に破壊しながら、中国やアメリカ、インドへの輸出によって利益を出し続ける。その過程で株価は低迷し、それを狙って優秀な企業を外国資本が買い叩く・・・。
  グローバリストの目的である「利益の極大化」を考えれば、これが一番合理的なのです。
  もちろん、彼らの利益が極大化した暁には、日本社会は阿鼻叫喚の修羅地獄になっていることでしょう。そうしたら、グローバリストは公言するはずです。

  「それなら、中国かインドに移転する」

  と。

  そういうことをわかっているのかいないのか、福田を叩いている「愛国」「保守」「右寄り」ブログはたくさんあるようです。
  しかし、彼らも福田個人の資質に還元してしまっています。そうではないのです。今の自民党、特に清和会=小泉・安倍ラインはグローバリストの代理人なのです。そして、グローバリストの意図に忠実に従って実行したのがコーゾーカイカクであり、それが日本の内需志向の経済を徹底的に破壊したというのが真実です。
  なんでも福田は自分の内閣のことを「背水の陣内閣」などと称しているようですが、冗談も休み休み言えと言いたくなります。瀬戸際に立っているのは日本の国民経済であり、日本人なのです。

  もうこれ以上、グローバリストの犬である清和会と、それに盲従する人々の集まりである自民党を生かしておくわけには行きません。徹底的に叩き潰すべきです。

  まず国民にできそうなことは、小泉・安倍・福田の売国路線に従う議員を選挙で落とすことです。清和会の議員(●こちらにリストがある)など絶対に投票してはいけません。「消去法で清和会」は地獄行きの車にガソリンをくれてやるようなものです。
  逆に、麻生氏を積極的に支持した議員については、自民党からの離党を促すべきです。たとえば、麻生氏を中心に新しい政党を作るとか、国民新党に合流するとか、場合によっては民主党に鞍替えしてもかまいません。
  清和会の自民党支配は、自派閥と小泉チルドレンを軸に、シンパである「古賀派」「高村派」「山崎派」をポストを餌にして釣り上げ、「麻生派」「谷垣派」「津島派」「伊吹派」を押さえこむことで成り立っています。もっとも、清和会とシンパ、それに公明党だけでは国会を安定的に運営していくことはできません。だから、後ろ三派を切り離せば、清和会が力を発揮できなくなるのです。
  今回麻生氏を総力で支持した麻生派、派閥会長である伊吹文明幹事長の号令を無視して大量の麻生支持議員が出た伊吹派は、もう自民党では主流になることはないでしょう。
  そこで、まずはこの二つの派閥と、郵政造反組を自民党と切り離すのです。民主党や国民新党が工作に動いてくれれば早いのですが、支持者や選挙民としても、「これ以上福田自民党にいるなら支持しない」という声を電話なりメールなりで届けるといいでしょう。参考までに、両派閥の議員と選挙区を挙げておきます(★は狙い目の議員)。  

伊吹派(志帥会)

衆議院議員(19名)

伊吹文明(8回、京都1区)
中川昭一★(8回、北海道11区)
谷津義男(7回、群馬3区)
河村建夫(6回、山口3区)
萩山教嚴(6回、比例北陸信越)
柳本卓治(5回、比例近畿)
小島敏男(4回、埼玉12区)
中野清(4回、埼玉7区)
西川公也(4回、栃木2区)
西川京子★(3回、福岡10区)
増原義剛(3回、広島3区)
吉田六左エ門(3回、比例北陸信越)
宇野治(2回、比例近畿)
谷公一(2回、兵庫5区)
松浪健太★(2回、大阪10区)
鍵田忠兵衛(1回、比例近畿)
松本洋平(1回、東京19区)
山本朋広(1回、比例近畿)
中森福代(1回、比例北関東)

参議院議員(6名)

中曽根弘文(4回、群馬県)
矢野哲朗★(3回、栃木県)
椎名一保(2回、千葉県)
中川義雄★(2回、北海道)
衛藤晟一★(1回・衆院4回、比例区)
秋元司(1回、比例区)

麻生派(為公会)

中馬弘毅(9回、大阪1区)
麻生太郎★(9回、福岡8区)
鈴木恒夫(6回、神奈川7区)
森英介(6回、千葉11区)
山口俊一★(6回、徳島2区)
岩屋毅(4回、大分3区)
河野太郎(4回、神奈川15区)
桜井郁三(3回、神奈川12区)
松本純★(3回、神奈川1区)
井上信治(2回、東京25区)
薗浦健太郎(1回、千葉5区)
赤間二郎★(1回、神奈川14区)
鈴木馨祐(1回、比例南関東)

参議院議員(3名)

鴻池祥肇★(3回・衆院2回、兵庫県)
浅野勝人(1回・衆院3回、愛知県)
塚田一郎(1回、新潟県)


  ★は、自民党のEPAを軸とした農業政策で不利益を被るおそれの大きい地域や、麻生氏の支持に力を入れていた都道府県から独断で付けました。
郵政造反組の動向については、●こちらのブログがよくまとまっています。もっともおすすめできる議員は、造反組の希望の星(笑)平沼赳夫議員や国民新党と近い「古屋圭二」「古川禎久」の両氏です。
  また、造反組でも当選に極めて近い「森岡正之」氏や「小泉龍司」氏も面白いでしょう。民主党の公認枠は、彼らのために空けてあるのかもしれませんね。
  こうした議員は応援していくべきです。逆に、郵政民営化、安倍総裁選出、そして今回の福田総裁選出と、全ての局面で清和会におもねってきた「古賀誠」「山崎拓」や古賀派、山崎派の議員には、有権者の鉄槌を下してやるべきです(福岡という都市部ではコーゾーカイカクの痛みを感じにくいかもしれないが・・・)。
  
  このブログは今後とも徹底的に福田を批判し、即刻の退陣を要求していきます。

  有害な中国製品を拒否する運動を「チャイナフリー」と言うようですが、それと同じくらい日本の庶民にとって危険なのが福田の母体である清和会なのです。みなさんも一緒に「清和会フリー」の日本を目指しませんか?

自民党を叩き潰せ!~「自エンド」キャンペーン
「自エンド」バナー

●或る浪人の手記様より)

※自エンド・トラックバックセンターは●こちら

★人気blogランキングへ←「清和会消えろ!」「自エンドだ!」怒りのクリックを!


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

EDIT  |  14:07 |  自END(自民党追放キャンペーン)  | TB(1)  | CM(2) | Top↑

Comment

●TBです

郵政民営化と「経済力が衰退した将来の日本の姿」 上
http://sun.ap.teacup.com/souun/547.html

郵政民営化と「経済力が衰退した将来の日本の姿」 下
http://sun.ap.teacup.com/souun/548.html
早雲 | 2007年09月26日(水) 17:25 | URL | コメント編集

●>>早雲さん

  だんだん国民経済の息の音が弱くなってきているように感じます。それに反比例して、東京に外国人がどんどん増えている感じも・・・。もうすでに、そちらのブログではかなり前からその事態を予見していたのですね。

  グローバリスト政権など絶対に許しません。一緒に抵抗しましょう。
ろろ | 2007年09月27日(木) 00:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

福田「俗悪」内閣、発足

 国民の奮戦も虚しく、昨日、森・小泉の我欲と目先の事しか考えられない卑俗な自民党議員達の手により、日本の優秀な社会インフラを完全破壊し、庶民から富と幸福を吸い上げ、外資と一部財界人と森・小泉一派だけで国富を独占する
2007/09/29(土) 01:37:18 | 或る浪人の手記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。