2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.05.27(Fri)

こんな労組に組合費を払わない方が労働者の権利が守られるんじゃないか 

連合 原発推進方針を当面凍結
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110526/t10013137891000.html

連合は、中央執行委員会で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、原子力発電所の建設計画を着実に進めるとしていたこれまでの方針を、当面の間、凍結することを決めました。

民主党の支援組織である労働組合の連合は、去年8月にまとめた見解で、原子力発電所について、安全の確保と地域住民の理解を前提に建設計画を着実に進めるべきだとしていましたが、今回の東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、構成組織の中から見解の見直しを求める意見も出されたことから、26日の中央執行委員会で対応を協議しました。

その結果「事故の検証結果などを見極め、改めて方針を議論すべきだ」という認識で一致し、現在の見解を当面、凍結することを決めました。

これについて古賀会長は「安全の確保などの前提条件が確保されにくい状況であり、事故の収束向けた道筋や事故の検証の進捗(しんちょく)状況などを踏まえ、今後改めて議論していきたい」と述べました。

また古賀氏は、民主党に自民党が提出する見通しの内閣不信任決議案に同調するような動きがあることについて、「東日本大震災の復旧途上で、不信任決議案が可決して衆議院を解散するような状況は、あるべき姿ではない。今の政治情勢は国民不在になっているのではないか」と批判しました。


>原子力発電所の建設計画を着実に進めるとしていたこれまでの方針

別に建設計画を進めるのは政府や一般電気事業者(電力会社)であって、労働組合なんかではないと思うのですが、それはともかく、この団体も原発が建設されることでいろいろおいしい思いをしているようです。

>民主党の支援組織

こことも関わってくるのですが、実は連合の中でもとりわけ強力な(要するに、カネをもっている)のは●電力総連です。そこから出てくる票や献金のことを考えると、民主党(特に、組合に厄介になっている菅グループ、旧社会党グループ)が歯切れが悪いのも頷ける話です。

他方、東京電力という会社は経団連にも加盟しています。経団連は長年自民党に多額の献金をしてきた団体です。

要するに、二大政党は原発マネーが手放せない中毒患者だということです。以前からこのブログは、二大政党はどちらもグローバル経済派のバカの集まりだと断じてきましたが、国民に直接危害を与える場面でもその真骨頂を発揮しています。

しかも、往生際が悪いというか、

>当面の間、凍結

などと言っていて、ほとぼりが冷めたらまた原発推進をしようという腐った魂胆がミエミエです。

そういえば、●このブログの過去の記事でも取り上げましたが、連合は消費税増税にも大賛成だったりします。

私は連合なんかのお世話になっていないので好き勝手言えますが、こんな上部団体を持っている組合の組合員さんがかわいそうになってきます。

最後になりますが、一番最後の方の連合会長の発言が個人的にはサイコーでした。



>今の政治情勢は国民不在になっているのではないか



おまえが言うな。

むかし、田村隆一という詩人が、「巨大なものは全て悪である」と言いました。以前は「まさかそこまで」と思いましたが、日本国政府、経団連、経済同友会、電気事業連合会、東京電力に続いて、連合までこのザマでは、田村の言うことも一理あるなと思わざるを得ません。

財界の御用組合と化してしまった連合には、速やかにくたばってほしいものです。


★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。




スポンサーサイト
EDIT  |  00:38 |  経済とグローバリゼーション  | CM(1) | Top↑

Comment

●官公労叩きのなれの果て

 皆さん、今晩は。ろろさん、お疲れ様です。

 連合は、官公労叩きのなれの果てに生まれた労組です。
 現在の劣悪な労働条件を見ると、官公労=悪玉、民間労組=善玉論がまっかなうそであったことは明らかです。

 官公労にはいろいろな批判はあったものの、労働条件の向上には一定の役割を果たしたと思っています。

 加えて、我が国の保守本流(吉田茂氏に始まる旧自由党系)は、官公労を中核とする(左派)社会党・総評ブロックを上手く使うことで、アメリカの圧力から国益を守ったり我が国の戦前回帰を阻止したりしてきました。
 私は、社会党・総評ブロックは、アメリカや財界の暴走を抑えてきたという点で、我が国にある程度の貢献をしたと思っています。そして我が国の政治を担ってきた保守本流も、社会党・総評ブロックの「光」の部分を見抜いていたのではないかと思っています。

 しかし、大手民間単産労組に支えられている社会党西尾派(旧社会大衆党系。後の民社党)と密接な関係にあった芦田均氏の流れをくむ中曽根康弘氏による官公労潰しの後、我が国はアメリカと財界のやりたい放題になっています。今回の原発事故は、やりたい放題の末の悲劇です。

 私はそういう意味では、社民党は連合の大手民間単産に見放されて却ってよかったのかもしれないと思っています。社民党を支持してくれる連合系労組は官公労だけになったので、財界の縛りがなくなったのですから。

 ネットなどで官公労叩きをやっている人たちは、そのつけが自分に回ってくることを覚悟してほしいものです。
国道134号鎌倉 | 2011年05月29日(日) 18:24 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。