2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.05.23(Mon)

今はっきりさせておくべきこと 

福島第一原発の事故について、ある記事が出てきたので紹介しておきます。

福島第1原発:海水注入と中断は東電の判断 官邸は知らず
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110522k0000m040075000c.html

 炉心溶融を起こした東京電力福島第1原発1号機で3月12日夜、炉心を冷やすために始めた海水注入が55分間中断した問題で、政府・東京電力統合対策室は21日の会見で経緯を説明した。12日午後7時過ぎに注入を始めたのも中断したのも東電の判断によるもので、その事実を官邸は最近まで知らなかったとした。中断が冷却作業に与えた影響について経済産業省原子力安全・保安院は「現時点では分からない」としている。

 説明によると、海水注入は12日午後7時4分、発電所長らの判断で始まった。前後して、官邸に詰めていた東電の武黒一郎フェローが現地と連絡を取り、官邸で核燃料の再臨界の可能性について検討中であることを伝えた。現地は「政府の判断を待つ」として同7時25分に注水を中断。その30分後、菅直人首相の注水指示が出たのを受け、同8時20分に注水が再開された。

 官邸では午後6時ごろから海水注入の検討を始め、内閣府原子力安全委員会の班目春樹委員長の指摘に基づき、再臨界を防ぐホウ酸を投入するなど防止策を協議していた。その間に東電が海水注入を始めたことは官邸には伝わっていなかったという。ホウ酸投入は同8時45分に始まった。

 細野豪志首相補佐官は会見で「当時は現地と連絡を取るのにも時間がかかった。政府内では、午後7時半ごろまでは注水は困難という前提で議論しており、7時4分に海水注入が行われていたことも後日知った」と強調した。

 政府の原子力災害対策本部の資料で、午後6時に首相が「真水での処理をあきらめ海水を使え」と指示したとの記述があることについても「正確ではない」と否定。「午後6時の時点では『(海江田万里)経済産業相が東電に海水注入の準備を進めるよう指示した』というのが事実だ」と釈明した。

 1号機では12日早朝には核燃料の大半が溶融、同日午後3時36分には水素爆発が発生した。原子炉を海水で冷やすという決断がどのような経緯でなされ、事態の悪化にどう影響したかは、今後の検証の焦点になるとみられる。


みなさんは、これを見て何を感じたでしょうか。

「なんでこんなニュースを取り上げるんだ?」と思った方は、なかなか鋭いです。なぜなら、この記事が本当にどうでもいいことを扱っているからです。

確かに、海水の注入が遅れたか否かによって、原子炉の燃料(棒状になって束ねられている)が溶けてしまうタイミングは変わってくるでしょう。

しかし、本当に問題なのは、そういうことではないのです。

原子炉が爆発するというケースは、極端な話ひとつしかありません。炉心を冷却できなくなった場合です。

ものすごい雑ぱくな言い方をすれば、原子炉の内部で起きている現象は、ボールがどんどん加速するビリヤードみたいなものです。だから、ほっとくといつまでも(燃料が寿命を迎えるまで)核分裂が続きます。途中で止めるには、特殊な物質で出来た制御棒というものを突っ込んで中性子を吸収させる他ありません。

その反応が続くと熱が大量に発生します。福島第一原発のような軽水炉の場合は、原子炉内部で水を循環させて熱を奪い、その奪った熱で水蒸気を発生させてタービンを回しています。

その冷却水を循環させる機能がなくなり、緊急炉心冷却装置も作動しなければ、あとは燃料棒の温度がどんどん上がり、やがて炉心が溶けてしまうわけです。

そうだとすると、そもそも初めに冷却機能が失われたのは何故か、というところを徹底的に解明しなければいけません。電源が喪失しただけの問題なのか、電源は生きていても配電設備が死んでしまったのか、それとも配管がやられて冷却水が溢れてしまったのか、その辺をはっきりさせないといけないのです。

そうなると、あとから海水を注入してうまくいったかどうかは二の次であり、その海水注入作業が中断したかどうかというのはさらに後に出てくる問題だということになります。

だから、斑目とかいうオッサンがどんな発言をしたのかとか、菅直人が海水注入を中断させたどか、そういうことは正直言ってどうでもいい話といってもいいと思うのです。



どうも、最近の原発関連の報道を見ると、原発事故を「過去の出来事」にしようとしているような気がしてなりません。

それどころか、こういう些末な論点でメディアを賑わせておいて、肝心の原子力事業の持つ問題点(たとえば、万全の地震対策は無理だということ)を隠しているのではないかとすら思います。



私が思うに、今回の原発事故に関して、とりあえず今の段階ではっきりさせておかなければいけないことが二つあります。

一つは、原子炉の冷却機能が失われた原因が、地震によるものかどうかはっきりさせることです。

東京電力や、電力会社にカネをもらって研究をしてきた学者達は、当初から「津波による想定外の事故」というフレーズをやたらと繰り返してきました。簡単な話で、巨大津波のせいにしてしまえば、自分たちが地震対策をしていなかった、もっといえば、地震国の日本で原子力発電所を安全に運営していくのは根本的に無理だということを、国民に知らせずにおくことができます。

しかし、最近になってさすがに無理な筋書きだということが分かってきたらしく、東京電力は●原子炉内の圧力が冷やしすぎて急激に下がったので、手動で冷却装置を止めたと言っています。

それも、マニュアルに従った行動だったようですが、起動と停止を繰り返すうちに冷却装置が作動しなくなったのではないかという説明にひっかかりを感じます。

「地震によってすでに冷却装置そのものや、炉内の配管や配電設備が壊れていた」ということなら、冷却装置が動かなくなったことの説明が簡単に付きます。あれだけ津波津波と繰り返しておいて、急に手動で装置を動かしたせいだと言い出したのですから、安易に信用はできません。そこを、公の場ではっきりさせておくことです。

地震対策が取れなかった、そもそも地震対策が原理的に無理だということになれば、想定外の天災だから賠償額は限定する、などという論理も通用しなくなりますし、その後の原子力政策の参考にもなります。これは、原発はやっぱり必要だと考えている人びとにとっても必要なことでしょう。



もう一つは、平成23年3月11日のどこかで地震によって冷却機能が失われてから、翌12日に水素爆発によって放射能が大量に拡散するまでにかかった時間をなるべく正確に調べ、国民に知らせることです。

あまり考えたくないのですが、もし他の地域で原発事故が起きた時のためです。近辺の住民や、放射性物質を含んだ空気が到達する地域の人びとが、いつまでに逃げればいいのか、もしくはコンクリートで出来た建物の中にいつまで退避していればいいのか、日本にあるのは原理の違いこそあれ、全て軽水炉の原発なので、かなりの程度参考になるでしょう。


そういうことをしないで、ただ何となく事故が終結したような雰囲気を作ることには、断固として反対すべきです。


その辺を曖昧にして、今後原発をどうするのか、エネルギーをどのように作っていくのか、なんとなくお茶を濁して先に進んでしまえば、どうせまた同じような事故が起きます。

今回は日本で一番東にある原発で起きた事故だから、まだ放射性物質を含んだ空気が西風に乗って海に流れていくということで済みました。しかし、福井県(敦賀や美浜、高速増殖炉もんじゅ)や佐賀県(玄海原発)で起きたら、ほぼ日本全土が放射性物質の被害に遭うことだって出てくるわけです。

考えてみれば、戦後もそういうことがありました。軍部を隠れ蓑にして、全体主義的な政策を推し進めて戦時体制を純化していった「革新官僚」は、戦後も日本の官庁の中にいて国家体制作りに大いに力を振るいました。彼らの代表である岸信介はのちに公職に復帰し、首相にまでなりました。

そして、選挙の洗礼を受けない偏向したエリート達が国家を動かす体制が、今の今までずっと続いてきたわけです。いまだに原発の海外輸出にこだわっている経済産業省や、子供の健康より学校運営の方を優先してとんでもない放射線量の基準を作っている文部科学省などに、その残滓を見ることができます。

それもこれも、きちんとした反省をせず、一億層懺悔という訳の分からない言葉で反省したつもりになってきたから起こった事態だと言えます。

今度こそ、お上まかせにせず、我々自身も真剣に今後のことを考え、行動しましょう。


★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。




スポンサーサイト
EDIT  |  00:22 |  生活(環境・エネルギー・衣食住)  | CM(2) | Top↑

Comment

●未来への願い

こんちは。僅かな事実が見い出されると、すぐに嘘で覆い隠す…変わらないこんな社会構造の中で、真実を追求しようとする人が次第に増えています。ただ、知れば知るほど、自分達が如何に底辺に属した存在なのかを思い知らされます。自分達の得ている事実とは、末端の…真相からは程遠いものなのかもしれません。が、底辺の私達の知ろうとする言動によって、このしくみを変えたい…そう思いいます。表舞台で動いている政治家や人物の行動には、常にシナリオがあり、未来に計画している事への前振りでしかないようです。浜岡原発の停止や、福島の立入禁止区域、報告されているモンジュの状態…挙げればきりがありません。ただ、表に現されるものとは違うところに真実が有るように思います。真実が知りたいです。
あや | 2011年05月23日(月) 07:56 | URL | コメント編集

●>>あやさん

>知れば知るほど、自分達が如何に底辺に属した存在なのかを思い知らされます。

そうですね。

本丸に近いところで真実を知って何か行動すると、石井紘基議員のような末路をたどってしまうのでしょうし、難しいものです。

そんなときこそ、時代や風潮がどうであろうと変わらないものを追求すべきです。たぶん、それは「真実を知る」ことではないと思います。

表面に出てきたことでも、それを知って何をするかということが一番大事で、知ること自体に単独の価値があるとは思いませんる
ろろ | 2011年05月23日(月) 09:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。