2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.11.12(Thu)

「国産」の置かれている地位 

  私は今現在、塾講師をやっているので、昼下がりの出勤時間まで時間の余裕があります。
  そこで、今日はある展示を見ようと思い、農林水産省まで出掛けました。

  中央省庁は、みなさんもご存じの通り、千代田区の霞が関という区域に集中しています。地下鉄を利用して霞ヶ関まで行くと、農水省の周りが工事中で、目当ての展示場所に行くまでえらい時間がかかりました。
  その「北別館」という場所には、農水省の食堂があります。本当は3箇所あるらしいのですが、二つが先月末に閉店していたため、1階の蕎麦屋だけが開いています。どうやら、国産の材料を使用したメニューもあるらしいという話を聞いていたので、何かのネタになるかと思い、蕎麦を食べることにしました。
  まず、券売機でチケットを買うのですが、ここでハードルがありました。

           80円増し

  食糧自給率アップを宣伝している省庁のくせに、国産のそば粉・小麦粉使用の場合は80円増ししないと買えません。値段が高いのはいいとして(笑)、どうせなら全部国産にして、少しでも国内の生産者を助けてやれよ、と、釈然としないものを感じながら、野菜そばとかき揚げ、それにこのチケットを購入しました。
  その後、セルフサービスということでカウンターに並ぶのですが、ここでも「特別扱い」が待っていました。

           国産はこちらで

  なぜか別の窓口に並ばされてしまいます。
  その後、なぜだかはよく分かりませんが、やたらと待たされます。後ろのフツーの蕎麦うどんを頼むお客さんは長蛇の列をなしていたのですが、どんどん注文の品が出てきます。私だけ一人でポツンと「国産はこちらで」の札の前に並んでいるので、いい晒し者になった気分でした。

           野菜そば+かき揚げ

  これが我慢を重ねて(笑)たどりついた国産の蕎麦です。自体はまあなかなかイケると思いましたが、若干つゆがぬるかったのが残念でした。昼時の殺人的な忙しさもあったので、仕方がないでしょう。

  しかし、なんというか、自給率向上の旗降り役の役所が、ここまで「国産」を特別扱いしているのには正直ガッカリしました。
  それもそうでしょう。そば粉の主な輸入相手はあの中国ですが、値段に直すと国産の半分くらいで取引されているそうです。それに、農水省としては、外部の業者に食堂の営業を委託しているのでしょうから、その業者が利益を上げるにはチュウゴク産を使う方が合理的ではあります。
  まして、チュウゴク産の蕎麦の実からは基準を超える農薬や殺虫剤が検出されたこともないそうですから、なおさら国産を積極的に選ぶ理由がなくなります。むしろ、含有量が多い小麦の方が、殺虫剤やポストハーベスト農薬(収穫後に保存するために用いる農薬)の危険があるほとです。

  それはそうと、私の後ろに並んでいた農水省の職員の方々も、ほとんどが国産でない蕎麦を注文していました。それが自然でしょう。同じ蕎麦を食べられるなら、安い方がいいに決まっています。だいいち、外食する時に、どこ産のそば粉だとか、どこ産の小麦粉だとか、いちいちチェックしたりするなんて面倒でやっていられません。
  食糧自給率は、高い方がいいに決まっています。何か外国とトラブルがあった時でも、飢えずに済むからです。農林水産省の職員の方々も、それは同じ気持ちでしょう。
  しかし、実際に賃金労働者として、外でご飯を食べてくるとなると、口に入った時うまい(少なくとも、まずくはない)もので、安ければそれでいいという発想になってしまうのです。昔の私は、そういう人びとをなんとまあ警戒心の足りない人たちだろうと嘲っていましたが、今はそうは思いません。
  カネという抽象的な価値を通せば、誰が作ったとか、どこで作ったとか、どんな風に作ったとか、そういうことはほとんど忘れ去られて、ただ「いくら」であるかという一点にのみ価値判断が集中してしまうのです。それが貨幣経済であり、都市化であり、文明化というものです。
  前にも言いましたが、人間の行動や思想を決めているのは、その人や集団が置かれている物的条件です。物的条件というのは、人間の生存を規定しているあらゆる外部的条件のことです。自然環境や地理的条件、利用できる財やサービス、人間関係、法制度などです。
  もちろん、好ましくない物的条件というのはあるわけで、チュウゴク産が猖獗を極めている(そして、我々がそれを様々な場面で選ばざるを得なくなっている)というのも好ましい物とは思えません。
  しかし、中国が憎くて憎くてたまらないバカウヨクやバカ保守が言うように、チュウゴク産を叩き出して国産に切り替えろ、と言うだけではどうしようもありません。嫌なら食うなと言ったら、食べるものがなくなる場合さえあります。そういう意味で、彼らの発言は物的条件を無視した荒唐無稽なものであり、現状を変えていく力は皆無と言ってもいいでしょう。

  今日の食堂の一件で、農水省は本気で国内の一次産業について考えていないということはなんとなく分かりました。財務省や総務省みたいな売国的活動が目立つ省庁に比べれば頑張っているとは思いますが、結局は自分の守備範囲や天下り先の範囲内というだけなのでしょう。
  やはり、近代国家の役人達に自分の生命を預けっぱなしではいかんという思いをますます強くしました。

  なお、目当てだった展示(有機農業が開く未来、みたいな感じのやつ)はいつ予定が変わったのか、私が単に見間違ったか分かりませんが、すでに終わっていて、代わりに展示会場にはピーナッツの宣伝が入っていました。こちらもガッカリしました。もっとも、今度の土曜日にその展示に出ていた農園に見学に行くので、そちらを楽しみにします。

  次の記事は、籾殻ハウス作りの続きを書きます。お楽しみに。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
EDIT  |  23:15 |  生活(環境・エネルギー・衣食住)  | TB(0)  | CM(12) | Top↑

Comment

>中国がーウヨク
自分自身がいまでも中国(研修生とか)と聞くと引っかかってしまいます
ただ、そんなものをコケにしても食べるものや着るものが出てくるわけでもないですし(きっと中国に依存して楽しようとしているところが残っている

>農園に
もし良ければそちらの話も聞きたいです

いまはキクイモに注目しています
実家の近くに自生していていますが、繁殖能力がものすごい雑草にしておくにはもったいないような気がしてーー
これ、個人で感じていることにすぎないのですが、鳥インフルエンザとかは大規模農場とかで育てると出やすい感じがするのですがどうなのかーー
かいねこ | 2009年11月13日(金) 01:33 | URL | コメント編集

キクイモ
ただし、繁殖能力がアレなので生態系を破壊しない程度にしておいた方がいいと思います
名前未入力 | 2009年11月13日(金) 01:41 | URL | コメント編集

お久しぶりです。

このブログでは久しぶりのコメントです。

かなり遅いですが、私は結局、8月の総選挙では、絶対に死票になるのは分かっていましたが、城井崇には入れず、共産党の候補に入れました。ちなみに私も城井崇の顔は苦手です(笑)。

私も食品に関しては、買う時に表示を見て、出来るだけ国産のものを選ぶように気を付けてます。前は中食が多かったのですが、最近は自分で作る割合がかなり高くなりました。
ただ、衣服や家電製品に関しましては、日本産は殆ど店にも置いてないですし、高くて中々買えないというのが現状です。
父が病気で仕事が出来なくなり(50代ですが今年、亡くなりました。)最近は生活保護家庭以下の家計収入(貯金をやや崩しながら生活している)という状態ですので…。
土地を持っている訳でもないのですので、自分で何かを作るというのも難しいかもしれません。
マシュマロ | 2009年11月14日(土) 02:33 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>かいねこさん

今日その農園に向かっています。順次アップしますわ。

>>マシュマロさん

うーん、私から何か申し上げてよいかわかりませんが、お返事申し上げます。

>衣服や家電製品に関しましては、日本産は殆ど店にも置いてないですし、高くて中々買えないというのが現状です。

仕方がないと思います。私も探すのですが、本当に少ないです。それを買わないからといって「努力が足りない」とするのは、あまりにも暴論でしょう。

それでも食べ物はなるべく外国ものを避けるべきでしょう。販路を作るという意味がありますし、精神的にグローバリストに屈しないというのは大切です。

>土地を持っている訳でもないのですので、自分で何かを作るというのも難しいかもしれません。

土地を所有しなければ作れないものでしょうか?市民農園とか、農家と行政がやっている園芸講座とか、プランターでの野菜栽培とか、やれることはずいぶんありますよ。

別に農作物だけではなく、竹かごを編んだり、服を縫ったり、何でもよいのです。バスや電車でなく自転車で通勤してもいいかもしれません。

一番怖いのは、無抵抗に社会の現状を受け入れてしまうことですね。その上で今までどおり有権者としての行動だけで世の中が変わるように願う方が「楽」ですが、おそらく暮らし向きがますますひどくなるだけで、ポジティブな変化はないと思います。

昨今の民主党のハリキリぶりと、それに的はずれな批判しかできない自民党の没落ぶりを見ていれば、その辺はお分かりだと思います。亀井さんは本当によく頑張っていますし、彼があの地位で抵抗することには大きな意味がありますが、彼の党がこれ以上勢力を伸ばせるとは考えにくいです。
ろろ | 2009年11月14日(土) 10:11 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年11月14日(土) 15:49 |  | コメント編集

すみません
もう一言だけ

これからもグサッともう言って下さい
そして、これからもよろしくお願いします
かいねこ | 2009年11月14日(土) 15:55 | URL | コメント編集

>>マシュマロさん
>土地を持っている訳でもないのですので、自分で何かを作るというのも難しいかもしれません。
食糧や生物材料に関しては作る他に都会でも出来る狩猟採集って手もありますよ。
最もそういった隙間狙いで細々やって行くスタイルを続けにくくなるような方向に法律とか社会が誘導されてるのも感じますが。
東京湾の埠頭なんかも、楽に美味しい魚介類が手に入る場所がどんどん封鎖されてましたし。
元山師 | 2009年11月14日(土) 21:05 | URL | コメント編集

●公務員もその正体は消費者

だということですね。ま、公務は公務、それ以外は私人ですからね。自分の金で何を買おうがそこは自由でしょう。ただ、少し寂しい気持ちは拭えません。

それと少し疑問に思ったのは、なぜ、農水省の食堂に特別扱いの国産メニューが存在したのか、ということですね。食堂は業者の委託なのかどうかは知りませんが、ろろさんが長く待たされたというのは(その日はたまたまかもしれませんが)準備も出来ていなかったことが伺われ、そこから推測されるのは食堂の側が積極的に提供しようと考えたメニューではないのではないか、ということです。(その食堂で手打ちをしていたわけではないでしょうし)

もしかしたら、公務として食堂に要請した、とか? 

ま、公務は公務、ですからね。
愚樵 | 2009年11月15日(日) 06:39 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>元山師さん

>最もそういった隙間狙いで細々やって行くスタイルを続けにくくなるような方向に
>法律とか社会が誘導されてるのも感じます

  大麻の取り締まりもそうですが、自分たちに許可も得ずカネも払わず物事を済ませようという「自発的」な行動を、近代国家は一番嫌います。
  個人プレーでこれに対抗するには限界があります。連携していかなければいけません。

>>愚樵さん

>食堂の側が積極的に提供しようと考えたメニューではないのではないか、ということです

  委託契約に国産食材の提供を条件として入れているのでしょう。
  いずれにしろ、もうああいう役所に何かやってもらおうと思うのが間違いだと思い直すきかっけにはなりました。
ろろ | 2009年11月15日(日) 11:12 | URL | コメント編集

●>>ろろさん&元山師さん

返信&アドバイスありがとうございます。

植物を育てたりするのは割と好きな方ですし、出来そうなことから頑張ってみます。
マシュマロ | 2009年11月15日(日) 22:15 | URL | コメント編集

●>>マシュマロさん

>植物を育てたりするの

いいですね。

私もいろいろ見て回ってやった気になってたけど、プランターで野菜作るの忘れてました(笑)。そろそろやります。時期的にはネギかな?
ろろ | 2009年11月15日(日) 23:02 | URL | コメント編集

●こんばんは

ろろさん、ご無沙汰しておりました。
非常に面白い(といっては失礼ですが・・・)ろろさんの近況ですね。
興味深くブログを拝読させていただきました。

以下、コメント欄トラックバックで失礼します。

「国際オペレータ通話を存続させよう!(2)」
http://kihachin.net/klog/archives/2009/11/evolva091105_2.html

たまたま縁があって、巨大企業「KDDI」と戦っているユニオンの女性たちを応援しています。
これは文字通り命懸けの戦いです。
私も本気で応援しています。

今後ともよろしくお願いします。
喜八 | 2009年11月17日(火) 21:47 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。