2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08.28(Tue)

「日々是勉強」おすすめの閣僚リスト 

  安倍政権が「内閣改造」を行ったようです。

首相官邸HP・閣僚名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/abedaijin/070827/index.html

  私の結論は、「引き続き安倍内閣を不支持」です。

  理由は、ここだけを見れば十分です。

>国土交通大臣  観光立国担当  海洋政策担当

>冬柴 鐵三 (ふゆしば てつぞう) 衆院  


  以前から、私は安倍政権の方向性がグローバリスト政権であると言い続けてきました。
  グローバリスト(利益の極大化のため、国内への影響を顧みることなく国家間の垣根を取り払おうとする勢力。商社や金融資本、輸出企業が代表例)の狙いは、「日本と中国を一体化させて利益の極大化を図る」ことです。そのために、「東アジア共同体」の実現を目指しています。安倍政権は、●アジア・ゲートウェイ構想を打ち出して、この流れを強化することを公式に宣言している政権です(詳しくは●こちらの記事を参照)。
  冬柴大臣がどんな仕事をしているか、以下にいくつか例を挙げます。

日中韓「三角運航」中国当局と合意…冬柴国交相
http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_07030922.cfm
--------以下引用--------
 冬柴国土交通相は9日の閣議後の記者会見で、日本、中国、韓国を貨物航空便で結ぶ「三角運航」の実現について中国当局と合意したことを明らかにした。

 日本国内2地点と中国2地点を韓国・ソウル経由で結ぶ航空貨物便を、週4便まで運航できるようにする。

 7日から中国・武漢で行われていた日中航空交渉で日本が中国に提案し、合意した。日本と韓国の間では、すでに三角運航を認める協定があり、日本貨物航空が就航を検討している。日中韓の効率的な航空輸送が可能になる。
--------引用以上--------

冬柴国交相が中国国家旅遊局長と会談、訪日観光の制約要件解消への取り組みを報告
http://www.kankokeizai.com/backnumber/07/03_31/kanko_gyosei.html#01
--------以下引用--------
 冬柴鐵三国土交通・観光立国担当相は3月17日、広州市内のホテルで邵偉国家旅游局長と会談した。冬柴大臣は、検討課題となっている少人数グループへの査証(ビザ)発給をはじめ、訪日観光の制約要件解消への取り組みなどを報告。邵局長は日本側の調整に期待したほか、「4月の温家宝首相の訪日を観光交流拡大の契機にしたい」と述べた。 

 中国からの訪日観光査証では、一定規模の団体に制限されている発給要件を少人数グループにも認めようと関係省庁が検討を進めている。冬柴大臣は、実現に向けた調整に意欲を示す一方、失踪者対策などの課題があることも指摘した。

 これに対し邵局長は「査証発給の要件が緩和されれば、訪日客はさらに増えるはず。失踪者対策は、中国側も十分に配慮している。両国が協力して課題の解決にあたりたい」と語った
--------引用以上--------

共通の交通ICカード検討 日中韓、外国客も共同誘致
http://mediajam.info/topic/142165
--------以下引用--------
 日本と中国、韓国の観光交流拡大を話し合う第2回観光担当相会合が26日、中国・青島で開かれ、旅行者の利便性向上に向け、3カ国で公共交通用のICカード共通化を検討する方向で一致した。

 来夏の北京五輪など、3カ国で行われるイベントに合わせて、歴史遺産を周遊する旅行商品の開発や、外国からの観光客誘致に共同で取り組むことでも合意。観光統計改善や観光分野での環境保護も推進する。

 冬柴鉄三・国土交通相、中国の邵●偉・国家観光局長、韓国の金鐘民・文化観光相が出席。北海道釧路市で昨年開いた第1回会合では3国間の観光交流規模を2010年に1700万人以上にすることなどで一致したが、今回はより具体的な協力案を協議した。

※●は、王ヘンに其
--------引用以上--------

  この人は、●こういう人々を日本に招きたくてしょうがないのでしょう。

  冬柴氏の所属している政党については、もう多くを申し上げません。少しネットで検索すれば、実態と思しきものはつかめるでしょう。そういう政党です。
  
  こういう人物を二期連続(政党としては三期連続)で、観光や運輸を司り、不法入国を防ぐ海上保安庁を所轄する省庁のトップにつける・・・安倍首相は、中国朝鮮との一体化を止めるつもりがないということです。愛国心教育だの日教組潰しだのをやっても無意味です。流入する毒が大きすぎます。
  冬柴氏の政党(というかそのバックにいる宗教団体)の選挙協力に対する返礼だとしても、こんな危ないことをしているのを放置していれば、安倍首相も同罪です。
  今度の組閣でこの盲腸のような連中を安倍氏がどう扱うか見ていたのですが、まあ、従来通りで行くということです。安倍政権のアジア(中国)重視は変わらずということです。

  言いっぱなしではダメだと思うので、閣僚ポストについて対案を出しておきます。与党野党は考慮しません。一部落選中の政治家の方もいらっしゃいます。

 ◇総務相 堀内光男(自民党)

  石油公団を解体した真の改革者。NHKを解体してもらう。
  郵政民営化反対組。

 ◇法相 瀬戸弘幸(新風)

  維新政党新風の広報委員。外国人の不法就労に詳しい。

 ◇外相 城内実(所属無し)

  外務官僚出身者に珍しい郷土愛のある人。
  郵政民営化に森派(現町村派)でただ一人反対。落選。

 ◇財務相 亀井静香(国民新党)

  国民新党の公約である「累進課税の強化」を実現してもらう。

 ◇文部科学相 伊吹文明(自民党)

  教員の数を増やすと言っているのは良い。考え方も悪くない。
  後に出ている古屋氏でもよい。

 ◇厚生労働相 自見庄三郎(国民新党)

  混合診療など医療改悪反対派。参院選で復帰。外資の天敵。

 ◇農相 中川昭一(自民党)

  自由化反対派。ただし、今すぐ自民党を離党せよ。
  本当は故・松岡氏にやってもらった方がいい。

 ◇経済産業相 古屋圭司(自民党)

  副大臣経験有り。外資ともやり合える。郵政民営化反対組。
  文部科学大臣なら、ここは小林興起(国民新党)で。

 ◇国土交通相 綿貫民輔(国民新党)

  土建屋を多少食わせるため。今の大臣よりは誰がやってもまし。

 ◇防衛相 亀井久興(国民新党)

  ここは難しい。人権擁護法案反対派+郵政民営化反対組から。

 ◇官房長官 後藤田正純(自民党)

  サラ金規制で頑張った。マスクもいい。将来の首相候補。 

 ◇沖縄・北方担当相 鈴木宗男(新党大地)

  →やっぱり廃止。宗男氏には「つつき役」の方が似合う。

 ◇経済財政担当相 志位和夫(共産党)

  売国のできないポジションで、グローバリスト叩きをやらせる。

 ◇金融・行政改革担当相 ポスト廃止

 ◇少子化担当相 ポスト廃止

 ◇拉致問題担当大臣 安倍晋三

  ライフワークを心おきなくやらせてあげたい

  ・・・あれ?首相はどうしたんだ?とお思いの方へ。

  私が推すのは誰か、是非当ててみてください。しばらくしたら追記に入れます。まあ、だいたいこの流れからすれば想像が出来ると思います。ご意見はコメント欄にどうぞ。

  歴史上の人物もいろいろ考えたんですが、いちおう現存する国会議員にしました。もちろん、安倍晋三さんではありません(笑)。

※現内閣、首相の熱烈な支持者、単なる反特定アジアの方、うすっぺらい愛国心を振りかざす方、ユーモアのない方はコメントしないで下さい。見つけ次第削除します。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

EDIT  |  00:00 |  新党二十一世紀  | TB(1)  | CM(19) | Top↑

Comment

●これは面白いですね

拝啓

お邪魔致します。貴殿の考案した閣僚ポスト、相当面白いですね。

良いと思います。新風の瀬戸さんを抜擢するなんて通好みです。

鈴木宗男氏をロシアに接近させない条件で採用したのには、うけました。

残念ながら、現職議員から首相を捜すことが出来ませんでした。敬具
和尚 | 2007年08月28日(火) 17:48 | URL | コメント編集

●自由に人事が組めたら良いですね

ろろ様、こんにちは。

国民新党の議員さん方が多いですね。となると特別会計にメスを入れていただきたいと思います。

法相・瀬戸さん・・・人事が自由にできるとこういう適材適所が可能となり、日本国民にとってプラスになるんですけどね。

経済財政担当相 志位和夫・・・省庁横断的に厳しい対応が期待されます。

欲を言えば、情報相という新しいポストを作って佐藤優さんなんかどうでしょうか。日本はインテリジェンスがなさすぎます。

首相は平沼さんではないですかね。

ナルト | 2007年08月28日(火) 18:11 | URL | コメント編集

私も首相予想は平沼赳夫に一票

で、私見を加えれば、沖縄・北方担当相は廃止です。私の頭の中では鈴木宗男とロシア、喜納昌吉と北朝鮮は互いに剥がせないものという認識です。

代わりといってはなんですが「科学技術・新産業政策担当相」を提案します。
民間からサプライズ人事で田坂広志(多摩大学大学院教授)
http://www.jsef.jp/sekai/tasaka.shtml
http://news.goo.ne.jp/article/nbonline/business/nbonline-116261-01.html
これからの内閣には科学者の観点から政策運営できる人が欲しいです。田坂先生は日本総合研究所の設立メンバーですが、中小企業向けのメッセージ発信が多いので信頼できると思います。

>◇拉致問題担当大臣 安倍晋三
>ライフワークを心おきなくやらせてあげたい

この一言にろろさんの優しさが伝わってきました。

情報相は、江田島孔明氏。あ、これはルール違反ですね(笑)
佐藤優は微妙にロシア・キリスト教由来の危険な香りがしますので、私ならパスです。
花ブナ | 2007年08月28日(火) 18:55 | URL | コメント編集

佐藤優はKGBに篭絡されています。情報相にするには危険すぎます。あるいは、それを知って、対KGBディス印フォーメーションに使う??
孔明 | 2007年08月28日(火) 20:46 | URL | コメント編集

首相はだれだろ? 私は思い浮かびませんでした。

外相のコメントに泣けてきました。
本来なら人一倍郷土愛がなくてはいけないところではと思いますが、間違ってますかね?
GATA | 2007年08月29日(水) 00:22 | URL | コメント編集

皆さんコメントされてる平沼赳夫が順当でしょうが、小沢一郎に一票!
いろいろと問題な活動もありますが、彼の真意と外交手腕が如何なものか、みてみたいものですね。
単なる大東亜主義なら斬ってすてればいい訳ですし・・・
拉致担当・・・安部晋三
なんか微笑ましいですね。
はやぶさ | 2007年08月29日(水) 00:30 | URL | コメント編集

もう一票!
失念してました。
三輪耀山氏に太鼓判!
はやぶさ | 2007年08月29日(水) 00:37 | URL | コメント編集

えっ、三輪さんは経済財政大臣じゃないんですか?
首相はここだけの順当なところで平沼さんで。
奥さんも写真でみたら背の低いかわいらしい日本美人だし。
ときどきブログみています。
わかりやすいのでとても参考になります。
ひな | 2007年08月29日(水) 01:15 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

  首相は、今夜には発表します(笑)。
  予告ですが、「歴史上の人物で作る内閣」という記事を9月初めに上げます。ご期待下さい。

>>和尚さん

  一応憲法に国会議員という資格が定められているので、国会議員から選ぼうと思っています。歴史上の人物編が上がったら是非コメントください。

>>ナルトさん

  特別会計へのメスですか?亀井静香氏ならやるでしょう。国民新党の時期にアピールさせまくって、就任したときに「話が違うじゃないか」という批判をしやすくしたいものです。
  まあ、一番話が違うと思うのは、主張する外交と言いながら慰安婦が性奴隷だと公式に認めてしまった首相と、それを止めずにEPAと漫画に夢中になっている外務大臣ですが。

>>花ブナさん

  江田島氏入閣は本気で考えました。しかし、彼は日向に出してはいけません。参謀役に徹してほしい方です。表に出て新自由主義者と戦う役は、三輪耀山氏に委せます。
  確かに、沖縄北方大臣は要りませんね。それに、鈴木宗男と中川昭一を同じ閣内に入れてしまうことはあまりにも危険だと気づきました。そういえば、宗男の真価は「質問主意書」を出しまくるゴキブリ並みの生命力にあります。在野にいる方が彼には合っているようです。

>この一言にろろさんの優しさが伝わってきました。

  半分皮肉ですが、半分本気です。まあ、かみそりの入った壺が送られてきて、それに本人がびびってしまうという結末が一番ありそうですが。

>>孔明さん

  佐藤氏は、あれだけマスコミに取り上げられているという時点で胡散臭いです。しかし、御説のようにディスインフォメーションとして使うならありかもしれません。

>>GATAさん

>外相のコメントに泣けてきました。
>本来なら人一倍郷土愛がなくてはいけないところでは
>と思いますが、間違ってますかね?

  いえ、それが正しいです。

  小泉さんという政治家を見ていると、横須賀育ちなのに三浦海岸の匂いがしないし、日本人という感じがしないんです。あえていうなら、香港映画に出ている俳優という感じがします。格好はいいが、根無し草ということです。織田信長も、あんな感じだったんでしょう。中曽根康宏氏もそんな感じです。
  小渕さんは群馬の人(の息子)で日本人のオッサンだなというのが一目瞭然でした。宗男氏が人気があるのも、道産子の匂いがするからでしょうね。中川一郎なんてヒグマや屯田兵そのものです。
  地域性がある中にも、日本という共通項を持っている・・・そういう人物が好ましいと思います。その土地が好きなら、常住しなくてもそういう匂いが漂ってくるんですけどねぇ・・・小泉さんは、本当にそういう感じがしないです。

>>はやぶささん

>単なる大東亜主義なら斬ってすてればいい訳ですし・・・

  自民党という強力な野党が、それを攻撃すればいいんです。だって、保守政党なんでしょう?
  そうではなくて、小沢に政権を取らせたら終わりだと嘆いている連中は、自民党が中国べったり、グローバリストべったりだということをよくわかっているのでしょう。今度の内閣に北京オリンピック推進団体に籍を置いている方がもう沢山いらっしゃるので、浪人さんの言葉を借りれば、安倍首相の北京五輪に対する意気込みが伝わってきますね。(「或る浪人の手記」のトラックバック記事が秀逸)

>>ひなさん

  三輪さんには、偽保守や新自由主義者とガチで戦うための補佐官役を委せてみたいです。志位さんの保佐兼監視役がよいでしょう。内閣の意を汲んで、思う存分暴れていただけるポジションです。
  冗談抜きで、政府の中に彼のようなメッセンジャーがいたら、マスコミも動揺しますよ。
ろろ | 2007年08月29日(水) 06:18 | URL | コメント編集

>面白い発想さん

  間違ってコメント削除してしまいました。すみません。
ろろ | 2007年08月29日(水) 23:15 | URL | コメント編集

>>ろろさん

首相予測あたりましたね。
こういう企画はユーモアがあってなかなか楽しいです。

>宗男の真価は「質問主意書」を出しまくるゴキブリ並みの生命力

確かに(笑)

>半分皮肉ですが、半分本気です。

あ、やっぱり(笑)

>>孔明さん

>佐藤優はKGBに篭絡されています

ですよね。


現役政治家ではありませんが、情報相に奥山氏はどうですか。
http://geopoli.exblog.jp/

若く知識も人脈もあって、ハートも強そう。

『ユダヤ』を批判するユダヤ系人脈とハイブリッド型日本人地政学者の関係はなかなか刺激的です。

人脈を利用するのか、されるのか常に紙一重とおもいますが、最後は結局ハートだと思います。
花ブナ | 2007年08月30日(木) 12:21 | URL | コメント編集

●再度

>>面白い発想さん

>間違ってコメント削除してしまいました。すみません。

というわけで再度。

孔明様

> 佐藤優はKGBに篭絡されています。情報相にするには危険すぎます。

KGBに籠絡されているとは、どのあたりわかるのでしょうか。もし根拠があればご教授願いたいです。個人のバイアスを見抜く方法ということでぜひ知りたいと思います。

http://www.teamrenzan.com/archives/writer/mineyama/landpower.html

ここにも同様のことが書いてあります。
面白い発想だが | 2007年08月30日(木) 20:57 | URL | コメント編集

●>>花ブナさん

>こういう企画はユーモアがあってなかなか楽しいです。

  今度は歴史人物編でもやってみたいと思います。

>情報相に奥山氏はどうですか。

  彼も研究畑にずっといるようですが、こちらで政治に携わる気はないのでしょうか?中川八洋氏よりもバランスが取れている気がして好感が持てるのですが・・・。

ろろ | 2007年08月30日(木) 22:22 | URL | コメント編集

>>ろろさん

>今度は歴史人物編でもやってみたいと思います。

楽しみにしています。

>彼も研究畑にずっといるようですが、こちらで政治に携わる気はないのでしょうか?

どうなんでしょうね。少なくとも博士号を取得するまで研究して、関連人脈もしっかりと作って、仮に政治に携わるとしてもそれからではないでしょうか。ああいう業界は頭ももちろんですけれど、留学時代に人脈をきちんと作ることがとても重用だと思いますので(実際彼が最近の記事で書いているように)。

人脈の大切さやいわゆる陰謀論的なものの見方の是非については、ジャパンハンドラーズさんが良い記事を書いていますね。
http://amesei.exblog.jp/5991976/
>>>>>>>>>>>>
自己啓発本というビジネス本のジャンルは侮れない。なぜなら、これらの多くは「イメージ」の重要性と「ネットワーク」の重要性について力説しているからです。欧米の権力者たちは、自分で世界を作り替えるイメージを持っていて、そのイメージを「仕組み」化して、それをネットワークを通じて広めていく手段を持っている。

アングロ・アメリカンが強いというのは、そのような「システム構築力」でしょう。それをユダヤ人のパワーといっても良いのですが、とにかく彼らは最初にシステムを作り出すのが上手い。ヘゲモニーをそうやって奪っていく。そう考えると、今のイスラムやアジアは、システム構築力という点で欧米に負けてしまうでしょうね。
<<<<<<<<<<<<<

上記の奥山さんについて私が興味を抱くのは、単に相手の戦略を知り、ネットワークを得ようとするだけでなく、それを東洋思想と対比させながら、常に包んで越えることを目指しているような姿勢がうかがえるからです。


>>面白い発想だがさん

孔明さんでなくて申し訳ありませんが、私が佐藤優氏について上記のように判断した根拠は、言葉にできないものも含め色々ありますが、ごく簡単に言って下記のブログにあるような指摘を支持するからです。
http://blog.goo.ne.jp/shiome/e/85f7347665eaef2522b8bdb736dd61c1

私は篭絡されている人の言というのは、一つの特徴があると思っています。それは、現状解説や分析レベルにおいては妥当な論理を構築しておきながら、最後の結論や予測の段になると微妙にそれが変化したり、前提が崩れていたりすることです。9割方が丁寧に組み立てられた論理だからこそ、「ずれている部分」が気になってしまうのです。これは左脳的な論理分析とはちょっと違います。

ただ、あまり深く考えずとも例えば以下のような論文を見るとやはりと思うわけですが、どうでしょうか?
http://www.business-i.jp/news/sato-page/rasputin/200708220015o.nwc

佐藤氏以外にも「妙な旋律の論文」を書く人はいますね。
田中宇氏です。彼はChinaと親China系アメリカ人脈のシンパでしょう。

頭の良い詐欺師というのは、騙す対象の好みの価値観・知的レベルに合わせて語りかけてきます。リスク回避においては、彼らの「9割の正しさ」に安心、依存するのではなく、辻褄の合わない1割がなぜ残っているのか、その違和感こそが重要かと思います。「直感は誤らない、誤るのは判断である」とどこかの誰かが言っていました。

ま、私の言うこともあんまり信用はできませんけど(笑)
花ブナ | 2007年08月31日(金) 23:40 | URL | コメント編集

●>>花ブナさん

  リンク先にある北極海の資源「争奪戦」の話は、今度取り上げます。ある記事を読んだら、相当胡散臭い感じがして、ネタとして面白いと思ったからです。
  ただ、「フジサンケイ」ビジネスアイに連載していて、しかもそれおタダで公開している、という辺りで、もう既に何か変な臭いがするのは私だけでしょうかね。
ろろ | 2007年09月01日(土) 00:10 | URL | コメント編集

●>>ろろさん

>もう既に何か変な臭いがする

ええ、もうおっしゃるとおりです。
「そう言うもの」として見るなら、ネタとして面白いですよね。
花ブナ | 2007年09月01日(土) 01:38 | URL | コメント編集

佐藤優や竹中がその筋の代理人であることの根拠を示せ?
冗談ではない。その程度のことが見えないようでは、戦略を語る資格なし
議論の前提にすらならない初歩的事項。
高山右近や尾崎なんかの例をみれば、奴等のやり口は一目瞭然
真の戦略家はそのような敵の間諜すら利用する。
孔明 | 2007年09月01日(土) 02:19 | URL | コメント編集

●ありがとうございました

孔明様

> 佐藤優や竹中がその筋の代理人であることの根拠を示せ?
冗談ではない。その程度のことが見えないようでは、戦略を語る資格なし
議論の前提にすらならない初歩的事項。

これは失礼しました。私の頭では自明ではなかったもので、申し訳ありません。花ブナ氏からわかりやすい解説を受けましたので、そちらを参考にしました。竹中氏は、以前ジャパンハンドラーズのBLOGでわかりやすく解説していましたので、そちらを参考にしました。

花ブナ様

わかりやすい解説ありがとうございました。

> 私は篭絡されている人の言というのは、一つの特徴があると思っています。それは、現状解説や分析レベルにおいては妥当な論理を構築しておきながら、最後の結論や予測の段になると微妙にそれが変化したり、前提が崩れていたりすることです。9割方が丁寧に組み立てられた論理だからこそ、「ずれている部分」が気になってしまうのです。これは左脳的な論理分析とはちょっと違います。

> 頭の良い詐欺師というのは、騙す対象の好みの価値観・知的レベルに合わせて語りかけてきます。

これはとてもわかりやすいです。仰る通り、巧妙な扇動というのは9割方正しく、残り1割でバイアスをかけるくらいが「配合」としてはもっともいいかもしれません。さらにいうと、当人が籠絡に関して「悪意」か「善意」なのかはたまた全部は知らないだけなのかという問題もあります。情報に中身がなかったとしてもバイアスが一定だと、そのバイアスをかけている元の情報源としては価値があります。仰るとおり、田中宇氏はなかなか巧妙です。

> 欧米の権力者たちは、自分で世界を作り替えるイメージを持っていて、そのイメージを「仕組み」化して、それをネットワークを通じて広めていく手段を持っている。

> アングロ・アメリカンが強いというのは、そのような「システム構築力」でしょう。それをユダヤ人のパワーといっても良いのですが、とにかく彼らは最初にシステムを作り出すのが上手い。ヘゲモニーをそうやって奪っていく。そう考えると、今のイスラムやアジアは、システム構築力という点で欧米に負けてしまうでしょうね。

近代という時代が上のような仕組みで、できあがってきたとさえ言えるでしょうか。しかしながら、現在では全体に行き詰まり感がありながら、次の時代の方向性は全く見えないです。こんなときは「辺境」や今までにこうした時代にもっとも適合しなかったところから次の時代への準備がされるのですが、先を見通すのは私の頭では難しいです。
面白い発想だが | 2007年09月01日(土) 20:47 | URL | コメント編集

篭絡された人間を使いこなし、利敵行為を行っているという自覚すら持たせないのが、真のインテリジェンス・・・・細胞の作り方・・・日本は伝統的にここが弱く、ミイラ取りがミイラになる。外務、公安が危ないんだよ
孔明 | 2007年09月01日(土) 21:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

斜陽内閣への鎮魂歌

 参院選における歴史的と言っても過言では無い大敗北を受け、慌てふためいて「内閣改造」に着手していたご存知「安倍政権」ですが、発表が行われた模様ですので、感想をば述べたいと思います。安倍内閣 閣僚名簿内閣総
2007/08/29(水) 01:06:57 | 或る浪人の手記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。