2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.06.28(Sun)

【小泉王国】 もうあなたには「前方への逃避」しか残っていません 【崩壊寸前】 

33歳吉田氏が初当選、小泉元首相応援の現職破る/横須賀市長選
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjun0906775/

任期満了に伴う横須賀市長選は28日投開票され、無所属新人で元市議の吉田雄人氏(33)が、現職の蒲谷亮一氏(64)、弁護士の呉東正彦氏(49)の2人を破って初当選した。吉田氏は県内の現職首長で最年少、全国の現職市長で3番目に若い。36年間続いた官僚出身の市長に終止符が打たれた。

 厳しい状況にある地元経済の活性化のほか、人口減少対策、3100億円に上る市債残高を抱える市財政の再建などが争点になった。激しい選挙戦が繰り広げられ、組織に頼らず草の根選挙を展開した吉田氏が制した。

 吉田氏は「チェンジ」を旗印に、市民の声を反映させる市政の実現を訴えた。勝手連的に集まった大勢のボランティアの後押しで政策本位の選挙戦を展開。無党派層を中心に、民主や自民の支持層まで食い込んだ。

 全戸配布したマニフェスト(政権公約集)では、目標期間を定めて地域経済活性化や財政再建策などを提示した。蒲谷市政に飽き足らない有権者の受け皿として支持を広げていった。

 蒲谷氏は、小泉純一郎元首相や支援する自民、公明、民主など30人を超す市議に加え、県議、連合系民間労組がそれぞれの組織を固める作戦を中心に臨んだ。1期4年の実績に基づく政策実現能力の高さを訴え、支持拡大に努めた。しかし、現状からの変化を訴える吉田氏の勢いを止められなかった。


  比較的恵まれている神奈川県の自治体ですら、こういう意思表示をするようになったことは、国民の意識に変化が生じている一つの証左かもしれません。
  しかし、だからといって、国政レベルで小泉一派(自民党町村派+山崎派+小泉チルドレン)の影響力が消えたわけではありません。窮鼠猫を噛む、と言います。自らの衰勢を否定すべく、小泉や彼の仲間が乾坤一擲の賭けに出る可能性もあります。
  それが、以前から指摘している「小泉新党」です。
  ●以前の記事で予測したとおり、聚落の一途を辿る自民党は、東国原・宮崎県知事を自陣営に取り込みに来ました。おそらく、橋下大阪府知事にも水面下で打診をしているのでしょう。
  東国原は「自分を総裁候補にしろ」「知事会の主張をマニフェストに入れろ」と、足下を見た要求をして味噌をつけたようですが、自民党という「旧来型の政党」では無理だとしても、小泉が後見人となって作る新党であれば、そういう大転換が可能だということです。郵政選挙も、そういう小泉の大ばくちと、それを全面的にバックアップしたメディアの力が相まって空前の大勝利になったことを忘れてはなりません。
  横須賀市長選の結果は、小泉カイカクというデフレ政策が、地元ですら受け入れられない代物だということを示してはいます。しかし、それをもって「もう小泉は終わった」などと即断するのは早急に過ぎるでしょう。今回の結果は、ただ単に党派色の強い候補が嫌われただけという見方もできなくはないからです。
  よしんば、小泉の首を取ったとしても、小泉カイカクの「成果」が具体的に覆されない限り、日本国民の苦しみは続くということを忘れてはなりません。我々が戦わなければいけないのは、分かりやすい偶像ではなく、その背後で蠢いているメカニズムそのものなのです。
  むしろ、今後は民主党が妙な動きをしないか、特にデフレを継続する政策を採らないか、注意深く監視する必要があります。
  どのみち民主党が政権を担当しても、中央銀行が発行する減価しない貨幣に基づいた近代経済システムの弊害について、根本的な解決はなされないでしょう。それでも、現野党がここで粘ってくれないことには、次の段階に行くまでに日本が崩壊してしまいます。
  次の衆議院選挙にあたっては、野党の議員、ならびに候補者の方々には、必勝を期す気構えで臨んでほしいものです。

  なお、衆議院選挙の際は、最高裁裁判官の国民審査も行われます。裁判員制度に反対される方は、この制度を最高裁事務局時代に立案した「竹崎博允」最高裁長官に×印をつけましょう。
  
★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。


  
スポンサーサイト
EDIT  |  23:48 |  小泉新党  | TB(0)  | CM(16) | Top↑

Comment

●45%ってのが、

45%ってのが、横須賀市民の民度を表していると言いたくなります。

雨が降った投票日ですが、まぁもう少し参加してほしいですよね。

これじゃB層言われてもしょうがないです。

ただ、千葉県知事選と異なり、今回の結果ってのは、新市長のこと良く知りませんが、

ただ、意外と僅差でしたが、私は結果に、スカッとしました。

これからは、隣の市長みたいな裏で何考えているか分からないような松下政経塾のような生き道をいかないで、まっとうに馬鹿正直にやってもらいたい感じです。
仕事人 | 2009年06月29日(月) 03:17 | URL | コメント編集

●>>仕事人さん

  なんか、いろいろハンドルネーム変えるのお好きなんですねぇ。

>45%ってのが、横須賀市民の民度を表していると言いたくなります。

  市長選の平均は53%くらいらしいですが、都市化している地域にしては普通なんじゃないすか。
  この前やった青森の田子町は78%だったそうです。せめてこのくらいは欲しいですが、こればかりは部外者がどうこう言う問題ではないと思います。

>これじゃB層言われてもしょうがないです。

  一番最近で投票率が高かった国政選挙では、まさにそのB層という人びとが小泉自民党に投票した結果、あの衆院の異常な議席配分が生まれています。そう一概に言えないと思いますよ。
  投票率上げるために、橋下や東国原に出馬してもらいますかね(笑)。
  
ろろ | 2009年06月29日(月) 06:25 | URL | コメント編集

●TBです

「小泉総理と竹中大臣は売国奴」 005&まとめ
http://sun.ap.teacup.com/souun/2394.html
早雲 | 2009年06月29日(月) 22:03 | URL | コメント編集

●民主党の得点になっていない

 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。
 横須賀市長選挙、私にとってはむしろ予想外の結果でした。現職市長批判派が割れてしまい、現職が逃げ切ると思っていましたから。
 いままで地域活性化とは無縁でいられた神奈川県でも、三浦地区や西湘地区など地方色が強い地域では他の地方と同じ問題を抱えているように見えます。

 しかし、今回の横須賀市長選挙、民主党には何の得点もありません。
 なぜなら、民主党はせっかくの政治決戦だったのに自民党や公明党といった国政与党と相乗りする道を選らび、連合の民間労組も追随したからです。10月に行われる川崎市長選挙や鎌倉市長選挙でも、民主党は与党支持の現職に相乗りするのではないかといわれています。

 次期総選挙の予測の大半が民主党有利と伝えていますが、神奈川県は例外的に自民党が踏みとどまるという予想が主流です。
 神奈川県の民主党の地方政治における実績は、神奈川県や横浜市の様に自民党以上に大企業を優遇する行政か、その他の地域の様に自民党と相乗りしているかのどちらかです。これでは神奈川県の民主党は自民党小泉一派と同類に見られても、麻生首相の方がましだと思われてもやむを得ないでしょう。全国的な民主好調の流れに乗れないのもむしろ当然です。

 神奈川県でも、横浜、川崎、鎌倉、逗子などの様に東京勤務者の割合が大きいベッドタウン地域では、裕福な住民の比率も高いので、小泉・竹中路線や松下政経塾路線でも通じるでしょう。
 しかし、横須賀や小田原の様に、他の地方都市と同じく停滞している地方では、小泉・竹中路線や松下政経塾路線に対する批判が噴出しているように思えます。小田原市長選挙や横須賀市長選挙で自民党及び民主党が支持した候補者が敗北したのは、住民の反発の現れでしょう。

 最後に、今回の横須賀市長選挙で自民党の候補者が敗れたことが次期総選挙における小泉進次郎氏の選挙に影響するのではないかといわれています。
 私は、ほとんど影響しないと思っています。
 なぜなら、今回の横須賀市長選挙では民主党も敗れた現職を応援しており、敗者である点は自民党と同じだからです。要は、小泉進次郎氏が民主党の横粂勝仁氏を圧倒しているという力関係は、横須賀市長選挙でも動かなかったということです。

 横須賀市長選挙で吉田雄人氏と蒲谷亮一氏の得票が逆になり、吉田氏の惜敗という結果だったら、次期総選挙にも影響したかもしれません。
 横須賀市を中心とする衆議院神奈川11区では、横須賀市の有権者が全体の8割を占めます。市長選挙で自民党支援の現職にわずか4500票差まで肉薄した33歳の候補者がいれば、その人は小選挙区でも自民党の候補者に対抗できるといえるでしょう。民主党も市長選挙のことは水に流して、落下傘候補で支持が低迷している横粂勝仁氏を降ろして地元出身の吉田雄人氏に切り替えるという手もあったはずです。吉田雄人氏が小泉進次郎氏の対抗馬として出ていたら、小泉進次郎氏の脅威になっていたでしょうね。

 しかし、吉田雄人氏は横須賀市長になったので、解職されない限り最低4年は国政に出ることはありません。今回の横須賀市長選挙で強力な対抗馬が一人消えたので、小泉進次郎氏は皮肉にもむしろ助かったとさえ思えます。

 今回の横須賀市長選挙に対する私の考えは、Yahoo掲示板の選挙カテゴリー、「無党派の存在について」のNo.6189及びNo.6194に述べてあります。URLは以下の通りです。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835561&tid=l5edegia4nb8badfa4ka4da4a4a4f&sid=1835561&mid=6189
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835561&tid=l5edegia4nb8badfa4ka4da4a4a4f&sid=1835561&mid=6194

>市長選の平均は53%くらいらしいですが、都市化している地域にしては普通なんじゃないすか。
>この前やった青森の田子町は78%だったそうです。せめてこのくらいは欲しいですが、こればかりは部外者がどうこう言う問題ではないと思います。

 地方在住者に伺った話では、投票率が高いことは必ずしも喜ばしいことではないようです。当選後の仕事の約束を担保に動員をかけることも高投票率の原因といわれています。
 詳しくは、同じく「無党派の存在について」で宮城県石巻市にお住まいの方の書き込み(No.1529)を御参照ください。URLは以下の通りです。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835561&tid=l5edegia4nb8badfa4ka4da4a4a4f&sid=1835561&mid=1529

 長文を御清読下さり、誠に有難うございます。
国道134号鎌倉 | 2009年06月30日(火) 00:25 | URL | コメント編集

●桶狭間は二度ない

新自由主義派は、関ヶ原の合戦時の島津義弘みたいに撤退するんですね。そのまんま東、橋下とタレントをそろえて又もや奇襲をしますかね。テレビを見ているとマスゴミも政治家も劇場型を狙っているようですね。
ケーキ屋 | 2009年07月01日(水) 13:43 | URL | コメント編集

●情報統制国家日本

マスゴミが収賄と言えるほど悪質な与謝野大臣をほったらかして、鳩山代表への総攻撃の様相となってきました。やはり岡田代表就任はま諦めていなかったようです。このまま押し切られないことを祈りますが…

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/06/post_300.html
東京新聞は小沢氏と同様に献金を受けていた自民党議員の調査報道をしたことで、検察から3週間の出入り禁止処分を受けていたことが、ニューヨークタイムズ5月28日付の記事で明らかになっている。
うに | 2009年07月01日(水) 18:42 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>早雲さん

  元県知事にも、見所のある人がいるんですね。福田議員が政治資金規正法で検察に刺されないか心配です(笑)。

>>国道134号鎌倉さん

  いつも長文お疲れ様です。あんまりご無理をなさらなくても結構ですよ。
  中田宏や松沢成文は例の京大出身だけが取り柄のバカよりもなお一層松下政経塾チックな人材ですからね。こういう言い方はなんですが、神奈川県民はどちらかというと現在進行形の小泉カイカクでは傷が浅い方ですから、もう少し痛い目に遭わないと分からないかもしれません。
  そうなる前に、なんとかしたいと思っているのですが、正直都市型のインテリが多い地域は石油が枯渇して餓死する人間が出るまで大事なことに気づかないかもしれないという諦めも感じています。

>>ケーキ屋さん

>テレビを見ているとマスゴミも政治家も劇場型を狙っているようですね。

  そっちの方がネタに困らなくて済みますし、憶測で記事が書けるから楽なんでしょう。最近の新聞の政治面なんて、解散がいつになるかばっかりです。しかも、それがことごとく外れています。書くことがないなら新聞なんて刷らなけりゃいいし、テレビだって放送し泣けりゃいいと思うんですが・・・。
  詳しくはうにさんへの返事で書きますが、今回の「上」の連中の落としどころは橋下劇場・東国原劇場ではないと思っています。あるとしたら、2010年以降です。来年の3月から、ある法律が発効するのをご存じですか・・・?

>>うにさん

>東京新聞は小沢氏と同様に献金を受けていた自民党議員の調査報道をしたことで、
>検察から3週間の出入り禁止処分を受けていた

  裁判員制度見直し、取り調べの可視化だけは絶対に阻止しようという検察側の執念を感じますね。
  思ったのですが、今回の衆院選に限っては、小泉劇場のリバイバルではなく、政治不信を徹底的に煽って、無党派層を投票に行かせない方向で「上」が動いているのかもしれません。
  マスコミは徹底的に「自民党か、さもなければ民主党」という構図を煽っています。麻生はあらかじめ沈めるポンコツの戦艦だったとして、民主党も道連れにすれば、なにが起こるでしょうか。
  ええ、そうです。投票率の低下です。
  そうなると、固定支持層を持っている自民党は、僅差で逃げ切れなくはないのです。なにしろ創価学会と統一協会がついているわけですし、ネット右翼やヤスクニ教信者、なんとかゼリーのおっさん一味(笑)といった人びと必ず自民党に入れるでしょう。逆に、民主党は都市部はやはり浮動票頼みなので、東京や大阪で思ったほど議席数を伸ばせません。
  野党側が勝つにしても、クリンチを執拗にしかけて体力の消耗させれば、次のラウンドでは判定で勝てると思っているということです。なにしろ、自民党側には橋下や森田健作のような手駒が残っていますし、いざとなれば前原一派を寝返らせればいいわけですから、泥仕合上等といったところではないでしょうか?一番怖い小沢は、一線を退いているわけですし・・・。
  しかし、野党党首の献金云々に、プロジェクトチームまで作るとは・・・自民党はどこまで落ちぶれてしまったんでしょうね。角栄さんや善幸さんが見たら泣きますよ。

  

ろろ | 2009年07月01日(水) 23:34 | URL | コメント編集

●お気遣いくださり、ありがとうございます。

 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。

>いつも長文お疲れ様です。あんまりご無理をなさらなくても結構ですよ。

 ろろさん、お気遣いくださりありがとうございます。
 長文になってしまったのは夏季たことが山ほどあり、整理がつかなかったからです。別に疲れてはおりませんので、御心配なさらないでください。
 ろろさんこそ、御多忙の中、勉強になる文章を書いて下さり、お世話様です。

>>東京新聞は小沢氏と同様に献金を受けていた自民党議員の調査報道をしたことで、
>>検察から3週間の出入り禁止処分を受けていた

 うにさん、貴重な情報ありがとうございます。これで、小沢氏の第一秘書の逮捕は国策捜査ではないかという確信を一層強めました。
 検察の態度は言論弾圧の域に達しています。
国道134号鎌倉 | 2009年07月02日(木) 00:12 | URL | コメント編集

●必殺新自由主義詐欺の裏ワザ

>2010年以降です。来年の3月から、ある法律が発効するのをご存じですか・・・?

●どんな法律でしょう?勉強不足で分かりません良ければご教授下されますか?

ケーキ屋 | 2009年07月02日(木) 22:29 | URL | コメント編集

投票率低下作戦はひしひしと感じます。さらに潔癖で無知な若者に白票を投じるように仕向けるような書き込みも散見されるようになってきましたし。そんなもの何の意味もないのに。

民主党は橋本にあおられてマニュフェストの300自治体から道州制に鞍替え、更に国民新党すら議員定数削減とか比例区廃止とか、改革合戦の兆しを見せてきているのが心配です。鳩山でも岡田でも、あまり変わりはなかったんですかね…。

あとゼリーのおっさんってなんでしょう?
うに | 2009年07月02日(木) 23:57 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>ケーキ屋さん

  これです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81%AE%E6%94%B9%E6%AD%A3%E6%89%8B%E7%B6%9A%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

>>うにさん

>鳩山でも岡田でも、あまり変わりはなかったんですかね…。

  言論界が完全にそうなっていて、官僚すらそういう主張をするようになってしまいましたからね。中曽根政権から始まった洗脳がついに完成したということで、ニューズウィークやロイターに日本バッシングをやらせている連中からしてみればほぼ安心できるところに来たんじゃないでしょうか。
  今の政治に関しては、私は物事を良くするという期待は全く持っていません。破壊を少しでも遅らせれば十分です。近代国家として来るところまで来てしまったのでしょう。

>ゼリーのおっさん

  こういう人です。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51617256.html
http://d.hatena.ne.jp/dj19/20080509/1210299953

  こんな人に比例の一票を投じたのかと思うと、我ながら情けなくなります。
ろろ | 2009年07月03日(金) 07:17 | URL | コメント編集

大変お久しぶりです。いつも新鮮かつ重厚な記事、大変勉強になります。

>2010年以降です。来年の3月から、ある法律が発効する

一般の方は9条に注目されていますが、本丸は、参議院の廃止にあると考えています。
それも、怨嗟渦巻く公務員削減及び「地方分権」と絡めてです。
その趣旨は、地域代表の排除→地方分権という名の地方補助の廃止
→地方の水林の切り売り→疲弊した地方への移民といった点にあると考えています。
無知なしかも大雑把な考えなので、はずれているとは思いますが、
どうも9条は目くらましで、奴らの狙い目は他にあると思います。
米国は、我が国が軍事的に独立することは絶対に許す訳がないからです。

ケーキ屋さんとの会話に突然邪魔したこと、ろろさん並びにケーキ屋さん
お許しください。
大一大万大吉 | 2009年07月04日(土) 00:25 | URL | コメント編集

私が行う新自由主義非難に対して

某JCで私は変人扱いを受けております。

しかし、日本人の権益が次々と掠め盗られる現状を素直に警告しているだけなのですが・・・

いつの世も先駆者はいつも悲しい想いをして闘い世俗から疎んじられ後の世が評価してくれると信じるしかないですね。
ケーキ屋 | 2009年07月05日(日) 13:09 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>大一大万大吉さん

  なるほど、参議院廃止ですか。
  そのへんを絡めて、今度二院制の意味について書いてみますかね。

>>ケーキ屋さん

  前の時代の呪縛から抜けられない人が多いのでしょう。
  まあ、武部センセーがご落選なさったら、少しは考えを変える人が増えてくるのではないかと思いますよ(笑)。
ろろ | 2009年07月06日(月) 04:29 | URL | コメント編集

●TBです

亀井静香「尾行 張り込みが日常的に行われている」創価学会
http://sun.ap.teacup.com/souun/2415.html

をupしたら弊ブログのアクセスが不能になりました。
??
早雲 | 2009年07月08日(水) 23:42 | URL | コメント編集

●>>早雲さん

連中に都合が悪いんじゃないですか。

自民党が盾になってくれているという面は、少なくないと思いますよ。ネット上では逆に公明党が囮になってくれているとか・・・。
ろろ | 2009年07月09日(木) 11:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。