2017年03月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.05.01(Fri)

「ボーリング議連」などというふざけた集まりを組織するアホどもが、何か企んでいるようです 

  自分に注目してくれないと「私自殺しちゃうかも」などと言い出す変な友達がいたらたまりませんが、周囲が寂しくなるとマスコミにエサを撒いて注目を集めようとする困った人がいるようです。

「もう追い込まれ解散にしかならない」小泉元首相
http://www.asahi.com/politics/update/0501/TKY200905010292.html

 「もう追い込まれ解散にしかならない」――。衆院の解散・総選挙について、自民党の小泉純一郎元首相が、麻生首相は早期解散の機を逸して任期満了近くの「追い込まれ解散」になる、との見方を周辺に語っていたことがわかった。

 関係者によると、小泉氏は先月30日、東京都内で武部勤元幹事長や小池百合子元防衛相、小野次郎衆院議員ら1年生議員数人と会食。衆院の任期満了が残り4カ月余と迫り、新型インフルエンザが発生した影響などについて触れたうえで、「ここまで来ると、政策やテーマを設定し、(首相が)積極的に解散権を行使して信を問うことはできなくなってきた。『追い込まれ解散』にしかならない」などと語ったという。


  どうも、●この記事の一件以来、お二方の仲はよろしくないようですね。

「個人のご意見はいろいろある」 小泉発言に麻生首相
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090501/stt0905012022003-n1.htm

 麻生太郎首相は1日、小泉純一郎元首相が4月30日夜に、自民党議員との会合で新型インフルエンザ問題のため「追い込まれ解散になる」との見通しを示したことについて、「個人のご意見というのはいろいろとあるんだと思っている」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 小泉氏は4月30日夜、中川秀直、武部勤両元幹事長、小池百合子元防衛相らとの懇談で、「もう選挙はできないな。追い込まれ解散になったな」と語ったという。出席者が1日、明らかにした。


  個人的にはあまり好きではないテレビ局のTBSが、他とは違う取り上げ方をしているので、見ておきましょう。

小泉氏「総理には解散権ないのと同じ」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4122368.html

 政局に関する発言は一切しないとしていた小泉元総理ですが、また封印を解きました。衆議院の解散時期を巡り、小泉氏は先月30日夜、懇意の議員らに対し「麻生総理は結局解散できず追い込まれ解散になる」という見通しを示しました。

 先月30日夜、小泉氏は自分が顧問を務める「ボーリング議連」の会合に参加しましたが、出席した議員によりますと衆議院の解散時期を巡り「麻生総理は解散権は自分が持っていると言って、もてあそんでいるかもしれないが、ここまで来てしまうと解散権はないのと同じ」と指摘しました。

 その上で小泉氏は「結局は解散できずに追い込まれ解散になる」と述べたということです。

 また、低迷していた麻生内閣の支持率が回復していることについて、小泉氏は「政権が支持されているからではない。小沢問題で民主党が対応をとれないから上がっているんだ」と分析。郵政民営化に賛成ではなかったと弁解した麻生総理と距離を置く姿勢を改めて示しました。

 「個人のご意見はいろいろあるんだと思っています」(麻生首相)

 総理大臣の最大の武器「解散権」を行使することはできないと指摘された麻生総理。記者団に淡々と応じましたが、胸中はどうだったのでしょうか。


>政局に関する発言は一切しないとしていた小泉元総理ですが

  他のメディアと違って、なかなか皮肉が効いています。
  しかも、他が「懇談会」としている集まりの正体も、ちゃんと指摘しています。

>「ボーリング議連」

  どんなものか見てみましょう。

ボウリング振興議員連盟発足
http://jarba.web.infoseek.co.jp/tayor037-7.html

4月23日、東京千代田区・衆議院第二議員会館において、ボウリング振興議員連盟の設立総会が開かれた。日本ボウリング評議会武部勤会長が呼びかけ人となり、約30名の議員参加の下発足した。振興議連設立は、“ファミリ-スポ-ツ”“スポ-ツボウリング”“生涯スポ-ツ”として、ボウリングを通じて「健康つくり」「コミュニティつくり」を推進、「ボウリングの五輪種目入り」を目指し、ボウリング界の発展を支援する ことなどを目的としている。

ボウリング振興議員連盟の役員人事(敬称略)
最高顧問   森  喜郎   小泉 純一郎
顧問      山崎 拓    臼井 日出男
会長      武部 勤
副会長     田中 和徳   岩屋 毅    吉田 六左エ門
幹事長     御法川 信英
幹事       飯島 夕雁   小野 次郎   亀岡 偉民
         木原 稔    近藤三津枝   篠田 陽介
         牧原 秀樹
事務局長   安井 潤一郎

武部会長は、会長就任挨拶の中で、「今後は、ボウリング・ルネッサンスの活動を通じて、社会を明るくしていきたい。近々、発足記念のボウリング大会を開く予定で、小泉元首相もぜひ参加して投げたいと言っている」と語った。


  あれれれれれ、ネット右翼、自称ホシュの方々が「北朝鮮の手先」「エロ拓」と罵る山崎拓さんが、なぁんと対北朝鮮強硬派である小泉純一郎さんと同じ団体でボウリングを盛り上げようと頑張っていらっしゃるじゃありませんか(笑)。
  さらに、●こちらのリンクには詳細な役員名簿があります。日教組大好きな「中山成彬」さんや、ブログが憂国のコメントで常時炎上中と噂の「戸井田とおる」さんのような、ウヨクやホシュなみなさんに大人気の議員さんもいらっしゃいますねぇ。
  もうひとつ見てみましょう。

自民ボウリング議連:小泉元首相や「上げ潮派」が結束大会(毎日新聞)
http://www.asyura.com/08/senkyo52/msg/553.html

 自民党のボウリング振興議員連盟は13日、東京都内のホテルで大会を開いた。最高顧問の小泉純一郎元首相は持参したボールでストライクやスペアを連発し、議連会長の武部勤元幹事長や経済成長を優先する「上げ潮派」の中川秀直元幹事長らを沸かせた。内閣改造・党人事で改革派が冷遇されたため、後ろ盾の小泉氏を中心に結束を確認したようだ。

 大会には「小泉チルドレン」の1回生議員や報道陣らが参加。中川氏は「日本がガターにならず、上げ潮が迎えられるようにお願いする」とあいさつした。小泉氏は34人中11位の成績で、存在感を示した。


>小泉氏は34人中11位の成績で、存在感を示した。

  11位で「存在感」だそうです。凄まじくオーバーなお世辞です。私が普段から指摘しているように、反日だの朝鮮寄りだの右寄りブログで罵られているマスコミが、いかに小泉が好きかよく分かるというものです。
  まあ、小泉が「反日」であり「朝鮮寄り」だというのは決して間違っているわけではありませんが・・・(たとえば●こちらの記事を参照)。

>日本がガターにならず、上げ潮が迎えられるようにお願いする」とあいさつした。

  「おまえらの存在自体がガターなんだよ」と、思わず声に出してしまいたくなります。
  で、豚だかAだかなんかのインフルエンザで騒ぎになったり、消費者物価が1年半ぶりに下落に転じた(=深刻なデフレ開始の兆候)、失業率が4,8%になったりで、国民は正直毎日の生活をしていくのにもウンザリしているのに、「ボーリングをオリンピック競技にしようぜ!」という会合なんかを開いているわけです。まったく、ふざけた話です。

  麻生首相、9月以降も政権を掌握したいなら、こういうのはどうですか。

  どうせ、カイカク派の総元締めである彼とは仲直りできないのですから、いっそのことこの連中を「抵抗勢力」と名指しして、9月の選挙には公認をつけずに「刺客」候補を送ってリンチしてやったらどうでしょう?
  地方の有権者は、補助金や交付金の還流をストップさせた小泉カイカクを恨んでいる人が多いと聞きます。彼らが民主党に流れたのが一昨年の参院選だったわけです(自民党は1人区24選挙区中6選挙区しか取れず惨敗)。そうやって一度自民党から離れた支持者を引きつける、最も効果的な方法は「逆小泉劇場」しかありません。
  まず、●空気が読めないことでは定評のある鳥の名前が付いているあの大臣に、「国民が困っているのに、ホテルの地下のボウリング場でヘラヘラ笑ってるなんて絶対に許さない、絶対にだ。恥ずかしいし、最低の人間だ。」 とか言わせるのはどうでしょうか。さすがに泥酔して六本木の公園で素っ裸になってしまった芸能人と同列に扱われていい気になるのは、山本一太センセーや安倍チャンくらいでしょうから、いらだって暴発してくれるかも知れません。
  もし、麻生首相がそんな「聖戦(笑)」を戦うというなら、私も全力で応援します。

  あと、民主党を始めとする野党の皆さんへ。
  こんな感じで、自民党も決して一枚岩ではないのですから、9月の選挙までにきちんと準備をしておいて下さいよ。水資源問題に詳しい上に、自分の判断で活動するためにパージされてしまった中川昭一さんあたりに、国民新党経由で声をかけておくことも忘れずに。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
EDIT  |  23:35 |  自END(自民党追放キャンペーン)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。