2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.01.02(Fri)

【笑う門にも】 自民党は「お笑いウヨク政党」になってしまったようです 【福が来ない】 

  みなさん、あけましておめでとうございます。
  「日々是勉強」もスタート4年目に入りました。今後ともみなさんの役に立つブログであるよう、出来る限りの記事を上梓してまいりたいと思います。昨年同様のご愛読をいただけるよう願っております。

  さて、新年からなかなか面白いニュースが入ってきました。一つ前の記事で、「LEM」さんから紹介していただいたものですが、あまりにも「笑える」ので皆さんにも紹介しておきます。

「反日教組」議連が発足 自民、民主をけん制
http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121001000965.html

 日教組批判などで国土交通相を引責辞任した中山成彬元文部科学相ら自民党議員約40人が10日、「日教組問題究明議連」(会長・森山真弓元文相)を発足させた。次期衆院選前に、民主党を支持する日教組の問題点を把握し、国会論戦や演説などで民主党をけん制するのが狙い。

 中山氏は国会内で開いた会合で「日教組や自治労が幅を利かしている民主党に日本は任せられないと訴えることが自民党の勝利に結び付く」と強調。坂本剛二党組織本部長は「攻めの選挙をするための材料を議連で提供していきたい」と指摘した。今後、週1回のペースで勉強会を開き、日教組関係者との会合や学校視察を実施する方針だ。

 これに関し日教組出身である民主党の輿石東参院議員会長は都内での日教組会合であいさつし「日教組をPRしてくれると思い、自民党の動きを歓迎しよう」と皮肉を込めた上で「どちらが国民の信頼を得るかが勝負だ」と述べた。


>日教組

  以前さんざんこの団体を叩く記事を書いていたアホネット右翼だったのは、何を隠そう私です。旧ブログを見ると、そういう記事がいくらでもありますので、よかったらご覧になって下さい(笑)。
  今はどうなのかというと、たいして興味がないので、好きか嫌いかと聞かれても「どっちでもない」としか答えようがありません。そんなことより、ブログで書くべきことはたくさんあるのです。
  あと、最近になって分かったのですが、「きもい」連中を本気になって構うというのも、端から見ていて十分気持ち悪い行為だということです。
  それを、一般人が無料で暇つぶしや憂さ晴らしに利用するブログでやるならまだしも、国民の税金から歳費をもらって活動している公務員の人びとがやるわけですから、もうこれはお笑い以外の何者でもないでしょう。

>国会論戦や演説などで民主党をけん制する

  民主党の議員が委員会質問で「労働者派遣制度の見直しを検討すべきじゃないんですか」と発問したら、麻生さんや舛添さんが「日教組に支持されている民主党にはそのようなことを言う資格がない」と反撃・・・全然反論になっていません。

>日教組や自治労が幅を利かしている民主党に日本は任せられない

  自分たちが貧困化を助長するような仕組みを進んで作っておいて、そのことに対して批判が高まると「民主党よりマシだ」と言い出す。もうほとんどネット右翼です。ここまで来たら中山さんご自身も、「中山成彬blog~我が国・日本を愛する!!」みたいなタイトルのブログを作って、政治ブログランキングに登録するといいんじゃないでしょうか。

>攻めの選挙

  ・・・まさか、今年の9月に予定されている衆院選挙で、上のような発言を自民党の候補者や応援演説する幹部クラスがぶちかますつもりなんでしょうか?
  それに、「攻めの選挙」というのもなんかおかしい感じがします。自分たちは政権を担っているわけですから、その政策の正当性や、今後直すべき点をきちんと述べればいいだけの話です。
  それが出来ないというのは、自分たちがやっているグローバリストや某超大国への利益誘導が、明らかにまともでないと自覚しているのでしょう。精神病で言うところの、「病識はある」という状態のようです。病気を直すつもりはなさそうですが・・・。
  
>日教組関係者との会合

  まともに会合をもってもらえると思っているあたり、ずいぶん性善説に立っている人びとだなと感心します。
  実現しても、どうせ水掛け論をやっておしまいになるのでしょうが、その様子を動画共有サイトにでもアップしてもらいたいものです。「右も左もバカなんだなぁ」という感想を持つ人が増えてくれると、私としても嬉しい限りです。

  まとめますが、このニュースを通じて分かるのは、結局「自民党って全然余裕がないんだなぁ」ということだけです。
  佐藤栄作や田中角栄が首相だった頃の、ふてぶてしいまでの「横綱」っぷりとは隔世の感があります。今の自民党は、立ち会いで変化をしたり、はたき込みで勝ってばかりいるくせに、その体たらくを指摘されると逆ギレするようなアホ横綱としか思えません。
  それでも、相撲界みたいに横綱審議会だとか親方連中が指導したり、後援会が批判をしたりすればいいのですが、「さすが中山先生は国士だ!」とか「民主党は反日政党!消去法で自民党しか選べない!」などという盲目的な信者ばかりというのも頭が痛いところです。今回の一件が前面に出てしまうと、自民党が一部の異常者向け政党だという印象を持つ有権者が増えてしまうのは仕方がないでしょう。
  まさか、麻生首相にご自身のカイカクを否定してほしくないライオンみたいな髪型の御仁や、その手下の最大派閥の元締めで移民を1000万人入れようとか提案している彼あたりが、「おい中山、ちょっと騒ぎを起こして麻生の邪魔をしてこい。新党が出来たら幹事長ポストやるから」などと手を回していたりするのでしょうか?自分たちは新党を結成するから、自民党は麻生の代で沈めてしまえ・・・という感じで。
  麻生さんも、景気対策で頭がいっぱいなのは分かりますが、手下の行動をもう少しきちんと管理した方がいいんじゃないかと思います。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:41 |  自END(自民党追放キャンペーン)  | TB(1)  | CM(10) | Top↑

Comment

●あけましておめでとうございます。

 本年も記事を楽しみにしています。
 昨年はおかげさまでイデオロギーからなんとか抜け出ることが出来たと思います。
自分は保守という立ち位置は変わらないのですが、こういう日教組問題云々に邁進する自民党にシラ~っとした感情しか持てなくなったのも貴ブログのおかげです。言い換えれば、イデオロギーから離れることで感情を抑えることができたんじゃないかなと思います。
 今年は、右や左の旦那様達に、あなたち、扇動されているんじゃないですか?と熱くなっている人たちに伝わる言葉を探してみようと思っています。
 今年もまた時々書込みさせて頂きますね。
kisha | 2009年01月03日(土) 00:53 | URL | コメント編集

●あけましておめでとうございます。

挨拶が遅れて申し訳ありませんが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

ろろさまの記事をお待ちしております。


エントリーについてなのですが、田母神氏や中山氏を使ってメディアは戦前のような狂信的なウヨクを間接的に増やそうとしてるのでは無いかとさえ思う様になりました。
メディアの企業批判も「精神論」ばかりですし、本当に戦前の状況に近いのでしょう。
む~ | 2009年01月03日(土) 07:25 | URL | コメント編集

●遅くなりましたが

 あけましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願いします。

 なるほど、日教組批判も、ただやればいいというものではないのですね。

 確かに、「政策論争」をしなければいけない政党が、おかしな集団の批判だけしていて、それで選挙対策だと称しているのはおかしな話です。
尊野ジョーイ | 2009年01月03日(土) 10:15 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年01月03日(土) 12:22 |  | コメント編集

●明けましておめでとうございます。

 みなさん、今日は。国道134号鎌倉です。
 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年もよろしゅうお願いいたします。

 自民党は露骨に反日教組で動いているようですから、断末魔の状態にあるのかも知れません。

 そもそも、景気や雇用の悪さを考えれば、日教組がああだこおだ言っている暇はないと思うのですが。もし本気で反日教組運動に首を突っ込んでいるのなら、自民党の代議士先生は実はかなりの暇人ですね。
 選挙が厳しくて、自暴自棄になっているからこんなことをやっているのかもしれませんが。
国道134号鎌倉 | 2009年01月03日(土) 13:26 | URL | コメント編集

新年あけましておめでとうございます。
今年も貴ブログを愛読させていただきます。

海洋覇権国家・中国1~3、本記事を拝見しました
中国一国での海洋覇権の確立は不可能にちかいこと、納得しました。
勝手な妄想ですが、中国の次の一手は日米同盟の分断(表面上の米中の友好関係がよくなる)を狙ってくるのではないかと思ってます。次期オバマ政権と中国共産党の距離感に注視していきたいです。日本だけがむしられないこと願っています。

・・・でこんな大切な時期に日本の政治家さんはこんなもん。大笑いです、自民党は速やかにレッドカーペットをスライド退場してください。
国民に憎悪・嫉妬・不安を与えず、希望・優しさ・誠に対する正当な評価を与えるのが政治家の仕事でしょう。国民をなめていると思います。

年明け早々の駄文失礼しました。

ウヰスキー | 2009年01月03日(土) 14:10 | URL | コメント編集

ろろ様、お世話様です。

正月早々引きつった笑いしか出てこない自民党のギャグですが(笑)

記事を読めば読むほど「この程度の人間に日本を任して大丈夫なのか?」という不安ばかりが募りますね。
精神論を強調したとして、そこまで精神の強い人間がどれほどいようか?貴方たちはそこまで精神が強いのか(いや、面の皮が厚いだけ??)と問いたいです。

今後ともよろしくお願いします。
PNW10 | 2009年01月03日(土) 22:16 | URL | コメント編集

●今年も期待しています!

ろろさま!今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

貴ブログを愛読するようになって早や1年が過ぎました。
21世紀になって、年々厳しさが増すばかりの生活実感とはうらはらに、
グローバル経済の浸透という厳しいの流れの中で、
【輸出企業をけん引役とする史上最長の好景気!?】
との報道に、なんとも腑に落ちない思いを抱きつつある自分でしたが、

①カイカクの本当の内容
②グローバリストの本性・目的
③メディアリテラシー
などの切り口を通して、

現在のわが国日本の政治や経済政策はじめ諸政策が、
決して『我々日本国民の幸せ』の最大化のために為されているのではない!

ことを知らされ、愕然たる思いで、日々勉強させてもらいました。

そして昨年、915から始まる米金融資本主義経済の崩壊と、グローバル企業の脆弱さをに驚き、またそこから引き起こされたハケン労働者など非正規従業員の解雇・契約解除により、職も住まいも無くすという悲惨な実情を目の当たりにした時、
ここで学んだことが決して間違いではなかったことを、涙ながらに実感しました。

昨年1年間の交通事故死者は5,155人だったそうですが、年間の自殺者はこの10年以上にわたり30,000人を超えているとか!?
国民に『バラ色の未来』なんぞ約束してくれなくてもいいけれど、
『絶望の淵』に突き落とすような政治だけはやめて欲しいものです!!!

勝ち組だ!負け組だ!と、
情け容赦ない自由競争に国民をさらし、
『勝ち上がってこれなかったらおしまいよ!』
『厳しい生存競争の時代なんだから!!』
と、マスゴミあげて洗脳しまくり、
『負けた人は自己責任なんだから、貧困も差別もみなアンタ自身の責任!』ってか!?

でもそんな国民貧困化政策が、国内の購買力を押し下げ、企業の売上不振を招いて悪循環となっていることにもっと早く気づかせることはできないものか!??
一番の処方箋は、税負担見直しによる利益分配の見直しでしょうか!?
消費税率アップによるこれ以上の逆累進化は、最悪の政策ですね!
ろろさまご提唱の地域通貨制度も画期的で是非実現させて欲しいです。


さていよいよ新年を迎え、
ろろさまにはますますのご活躍を期待せずにはいられません。
なんせ今年は、
①正月過ぎればいつ衆院選があるやもしれない!?
②その結果次第では、もしくは選挙前後にも、大政界再編がおきるかも!?
③オバマ民主党政権発足で日米中のバランスに変化ありや!?
④経済政策、カイカク路線の見直しへ大胆な舵取りができるか!?
⑤年末からの中東情勢如何では原油価格再高騰や多極化の進行も!?

などなど2009年は昨年以上に激動の1年になりそうな予感です。
ろろさまの精力的な執筆心待ちにしております!!!
長文失礼しました。

caccyo313 | 2009年01月04日(日) 01:27 | URL | コメント編集

●明けましておめでとうございます。

ろろ様、皆様、本年も宜しくお願い致します。
与党の断末魔の叫びが訊けて嬉しいです。郵政民営化に異を唱えることすらできない連中ですから、当然の報いなのでしょう。
はやぶさ | 2009年01月05日(月) 13:21 | URL | コメント編集

●お返事遅くなりました

お返事遅れて申し訳ありませんでした。

何はともあれ、今年もよろしくお願いいたします。
ろろ | 2009年01月25日(日) 00:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

渡辺喜美は第二の小泉純一郎か

本日、2本目の記事を投稿。ああ、時間があるっていいな(泣)当記事も、内容は前エントリーと同じく、メディア報道への疑惑。今、政局がら...
2009/01/10(土) 12:23:28 | 愚樵空論
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。