2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.12.03(Wed)

馬鹿野郎、要するに企業に農場経営をやらせたいだけかよ 

  ●前回の「企業への農地貸与解禁」のニュースの続報です。庶民の負担(消費税増税)や、企業の利益独占につながることなら、何よりも迅速に行うのが現在の自民・公明党政権だということが、またぞろ浮き彫りになりました。

農業営むなら企業にも農地賃貸、経財会議に改革プラン提出
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081203-OYT1T00749.htm

 石破農相は3日開かれた経済財政諮問会議に「農地改革プラン」を提出した。

 企業も原則自由に農地を借りることができるようにして参入を促すことが柱だ。農地を農業以外の用途に使う「転用」については規制を強化し、農地減少に歯止めをかける。

 農林水産省は農地法など関連法案の改正案を来年の通常国会に提出する。

 農地の所有や賃貸は現在、農家と農業生産法人に限られている。耕作放棄地に限っては企業が賃借して農業を営むことができる。

 今回の改革では、すべての企業が場所を問わず、農地を借りて農業を営むことができるようにする。当事者が同意すれば民法の規定を超える20年超の長期賃貸もできるようにする。

 また、農家や法人の経営面積を拡大するため、農地をまとめて貸し出したり、農地の売買を仲介したりする機関を、全市町村に設ける。諮問会議の民間議員が主張していた、民間企業による仲介は見送られた。

 一方、農地の転用については、都道府県が行っている2ヘクタール以下の農地の転用許可について、国が必要な指示を行う。政府の地方分権推進委員会の5月の勧告では権限を地方自治体に移譲するよう記されていたが、不適切な転用が多い実態を踏まえ、逆に国の権限を強めることにした。

 違反転用に対する罰則も強化する。不適切な転用を防ぎきれていない農業委員会については、改革を先送りした。


  (経済財政諮問会議がどういう集まりかは●こちら●こちらの記事を参照)

  なんとか農地を企業に開放して、「チュウゴク人奴隷農場」を実現したくてたまらないようです。農家への所得補償を謳っている民主党などの野党に政権を奪われることが確実ですから、いよいよ売国が加速させてきたということでしょうか。

>農業委員会については、改革を先送りした。

  現在、農地の売買には、農地法3条に基づいて農業委員会の許可が要ります。農業委員会をなくして、農地の売買を自由化しようということなのでしょう。
  作り手である国民の保護など全く考えていないのは、所得補償を一度たりとも俎上に上げたことがない与党と諮問会議の姿勢から見て明らかです。

  そうやって野菜だの米だのを作れば、「安心・安全の国産」などと言って大々的に売り出す・・・という辺りまで想定しているのでしょう。チュウゴク産に対する国民の警戒心が強いのを見て、国内にチュウゴク人やフィリピン人を招き入れる方へ方向転換したわけです。
  国籍法など改正しなくても、季節労働者を大量に入れることはできます。農家や農場主となった企業の要請とあれば、平気で法改正するでしょう。そういうものです。「何処で作るか」ということばかりギャーギャー騒いで、「誰が作るか」「どうやって作ってもらうか」ということを考えて政治を見ないから、こういう事態を招くのです。

  やれ失言だの、定額給付金の支給制限がどうだの、騒いでいるうちにこういうことをやるのが今の自民・公明政権なのです。もう、こいつらには出来る限り早く退場してもらうしかないでしょう。
  これでもまだ、一部の国家主義的な議員に期待して、「民主よりマシ」だとか言っている人は、私には理解できません。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:59 |  自END(自民党追放キャンペーン)  | TB(0)  | CM(10) | Top↑

Comment

●これが日本の農政だ

小泉政権以降、与党の政策は吐き気のするものばかりですね。
これだけ好き勝手にやっても国民は他人事なんですよね。
なんでも政治家は信用できないが自分の生活を守るだけで手一杯なんだそうです。
「教えて!goo」で興味深い質問があったので、転載します。

農家から離れていくJA(農協)
私の田舎では金融出来高の小さい農協支所をJAの中央の指示で次々と廃止しています。
*赤字・黒字は関係なしです。

農協は「農業従事者」の為の物だったと思いますが、田舎や地方に多い農業従事者から離れた町にだけに存在する農協になりつつあります。
農協支所は唯一の金融機関である私の地区でも廃止で大もめしています。
周りの地方の農協支所は一部を除きほとんど廃止されたそうです。
農協サイドは「これは中央の指示で、やらなければ我々も危ない」と言っています。

皆さんの地区でも、この現象は起きているのでしょうか?
[転載終わり]

ただ、戸別所得補償については懐疑的です。
私の場合は小沢も小泉と同じ匂いがするので、あれの言う事はなんでも懐疑的なんですが、普通に考えたら戸別所得補償よりも価格保証の方が生産性は上がると思うのです。
ビンモハマド | 2008年12月04日(木) 02:04 | URL | コメント編集

●>>ビンモハマドさん

>私の場合は小沢も小泉と同じ匂いがするので、あれの言う事はなんでも懐疑的なんですが

  小沢氏は少なくとも新自由主義経済は信奉していません。その分だけ、小泉よりマシです。
  某掲示板でも私のことを小沢信者だと誤解している理解力の足りない方がいらっしゃるようなので、ここではっきり言っておきますが、おそらく小沢氏もたいしたことはできない気がします。しょせん旧来型の政治家ですし、田中角栄ほどのビジョンはないでしょう。
  しかし、農村に人を呼ぶ、もしくは流出を防ぐためには、最大野党がそういう政策を掲げているということが重要です。自民党は、そういう政策をひとつでも出していますか。最悪を避けるという選択も、必要だと思っています。そして、今の自民・公明政権は「最悪中の最悪」です。あれよりひどい政府は、アメリカのブッシュ政権くらいしかないでしょう。
  補助金というのは、砂漠に水をやって植物を育てるようなものです。だから、いずれうまく行かなくはなるでしょう。そうなったら、地域通貨でやっていけばいいのです。そのためには、今の段階でエネルギーと肥料の自給率を増やせばいいと思っています。
  共産党は価格保証を公約にしていますが、私もそれには賛成しています。戸別所得補償も、生産量や作物とリンクさせればいいのではないでしょうか。韓国が所得補償を「票取りのためのばらまき」にしてしまって大失敗しているので、それを研究しておくといいと思います。
ろろ | 2008年12月04日(木) 12:14 | URL | コメント編集

●はい?

>チュウゴク人奴隷農場

だれもそんな事言ってねえしw妄想が病的すぎませんか?

>「民主よりマシ」だとか言っている人は、私には理解できません。

はいはいミンスマンセーwミンスマンセーw
これが言いたかっただけですよね、わかりますwww

アメ工に日本の金貢ぎ続けてた小沢さん信者は年季がはいってますな~
麻生 | 2008年12月04日(木) 13:56 | URL | コメント編集

●農村の破壊は文化の破壊ですね。

上の「麻生」とかいうものの記事は削除願います。目が汚れるので。(笑)
 競争がそぐわないところへ無理矢理競争を持ち込むのですからどこかで歪みがでます。それが農薬まみれの農作物と低賃金の外国人労働者ですね。それ以外に利益の上げられる方法があるのでしょうか。会社組織は意外に組織を維持するためだけにコストがかかるものです。住農一体となった今までの農家のあり方の方がコストかからない。それでも生産性が上がらないのが現実でしょう。
 ところで、ろろさんはコメントで「肥料の自給率」を言われていますが、どのような「肥料」をお考えなのでしょうか。「配合飼料」などではないと思うのですが。肥料のアミノ酸に寄ってくる害虫駆除のために農薬が必要で、肥料+農薬のセット商法が農協の伝統だと思うのですが、それから脱却できる方法があればいいのですが。
kisha | 2008年12月04日(木) 17:34 | URL | コメント編集

●>>kishaさん

>上の「麻生」とかいうものの記事は削除願います。

  いえ、残しておこうと思います。今の麻生さんの支持者、もしくは自民党のネット上の支持者というのは、こういう突っ込みしか出来ないという良い証拠になりますから。
  それは、ともかく、

>どのような「肥料」をお考えなのでしょうか。

  まず、堆肥ですね。生ゴミや食物残滓を活用すべきです。都会でやるのは難しいので、まず地方からやればいいでしょう。しかし、これでは現在作られている作物の施肥をまかなうことは到底不可能です。
  そこで、肥料そのものの使用を少なくしてしまうという方法もあります。

育種学会:少肥料栽培できるイネを作出
http://tech.braina.com/2008/1029/bio_20081029_001____.html

  品種改良の方向性を、味や生産性から、省資源という方向へ移すわけです。また、

>肥料のアミノ酸に寄ってくる害虫
 
  これは「肥毒」というものだと思いますが、逆転の発想で対処できます。

究極の自家採種/無肥料栽培の驚異!
http://noguchiseed.com/hanashi/Muhiryou/muhiryou.html

  これ、多分慣行栽培の農家の方が見たら、嘘をついていると思いますよ。でも、本当です。糖度や「きれいさ」という価値をある程度犠牲にすれば、こういうこともできるわけです。
自給的な栽培にも向いていると思います。
  
ろろ | 2008年12月04日(木) 23:21 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年12月04日(木) 23:35 |  | コメント編集

見た目をある程度犠牲にすれば、野菜程度は少しの畑があれば簡単に自給できます。
見た目を求めるためにとっても苦労してるわけですが、多くの作物が長時間・長距離輸送する事を前提としていますので、今のままだと見た目重視になってしまいます。
自宅やその近所で流通が完結してしまうなら見た目重視ではなくても良いのですが、1人あたりの栽培面積が広くなればなるほどそれが難しくなります。

無肥料栽培は・・・簡単ではありませんね。簡単な作物もあるのですが、全体的に収穫量を伸ばすには長い時間がかかると現在は感じています。
これ1本でやるには最初が非常にきついですから、有機栽培と無肥料栽培、2つを並行してやるのが一番だと思います。
rcp | 2008年12月05日(金) 00:01 | URL | コメント編集

●喜ぶべき客

そもそも保守とは、儀礼を尊ぶものでありましたが、昨今によれば、低俗な物言いしかできぬ輩多く、とくに安倍・麻生支持者辺りはその傾向を極めて強く感じます。


かつては左翼の専売特許だったとも言える、理屈抜きの感情論。


このような愚かなる民が増えていくことによって、これを見て、ますます学ぶことも出てくることでしょう。


言葉ばかりの八紘一宇、八百万の神々尊重。人は発言ではなく行動を見るものです。

非常に良い方向へ行っていると思います。汚いものがあるからこそ綺麗なものもありますからね。
大坂佳巨 | 2008年12月05日(金) 05:48 | URL | コメント編集

●民間議員、名を名乗れ

こんにちわ。いつも拝見しております。

この「くそ改革プラン」は何としても阻止しなければなりませんね。
自公政権を打倒し、経済財政諮問会議を消滅させれば、当面の時間稼ぎにはなるでしょか。

遺伝子組み換え作物もそうですが、この「農業生産法人」なるものの、グローバリスト達の搾取システムとしての位置づけを、日本の保守はもちろん、農家の方々自身が理解しなければならないと、余計な心配(賢明な農従者の方々は分かっている?)かもしれませんが、そう思ってしまいます。グローバリストの手先「経団連」とそれに従うばかりの自民党に対して、はっきり否と、多数意見として言って貰わなくてはならないからです。

そのために自分に何かできることはないか、毎日考えていますが、空回りするばかりです。農村に移り住んで、そこから何か見えるか、というところから始めるぐらいしか思いつきません。

ろろさんのブログ凄過ぎて、コメントなんて付けれないと、常々思っていましたが、今回のニュースには感情的になってしまい、勢いで書いてしまいました。ご無礼、お許しください。

地政学の記事が特に勉強になります。これからも益々のご活躍を期待しております。
muchomejor | 2008年12月08日(月) 07:48 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>rcpさん

>自宅やその近所で流通が完結してしまうなら見た目重視ではなくても
>良いのですが、1人あたりの栽培面積が広くなればなるほどそれが難しくなります。

  やはり、どれだけ生産と消費が近くなるかというところが鍵ですね。
  単に物理的な距離だけではなく、人的な距離感も近いことが必要ですね。近くにたくさん畑があるのに、ジャスコでアメリカ産の果物を買うような状況が、どうして生じてしまうのか・・・その辺を考えなくてはいけません。
  私は当面の間、大店法の規制強化で乗り切るべきだと思います。もちろん、このやり方だと、いずれグローバリストに巻き返されてしまいますから、その一方で経済の仕組み自体を変えていくことが必要です。
  残念ながら、今の政界にはそういう発想が出来る人がいません。できる人間が出来る場所からやっていくしかないでしょうね。

>>大坂さん

>かつては左翼の専売特許だったとも言える、理屈抜きの感情論。
>このような愚かなる民が増えていくことによって、これを見て、
>ますます学ぶことも出てくることでしょう。

  ふと思ったんですが、それって単に、今まで左側にいて自分以外の日本人を馬鹿にしていた連中が、右側に移動しただけなんじゃないでしょうかね。
  反日マスコミを疑えと言いながら、そのマスコミが発信する「ヤスクニ問題」や「キョーイクカイカク」などに感化されているんですから、本当に愚かです。
  私も浅ましいところや愚劣なところはありますが、自分の手持ちの知識で全てを解釈できるほど賢い人間など一握りしかいないということは知っています。だからこそ「日々是勉強」です。

>非常に良い方向へ行っていると思います。

  そうですね。やはり、大多数の人にとっては、生活することが第一なわけで、愛国心だとか国際競争力だとか、そういうもので善導しようとする人間に愛想を尽かすのは当然だと思います。

>>muchomejorさん

  どうも、はじめまして。

>グローバリスト達の搾取システムとしての位置づけを、日本の保守はもちろん、
>農家の方々自身が理解しなければならないと、余計な心配(賢明な農従者の
>方々は分かっている?)かもしれませんが、そう思ってしまいます。

  WTOのルールに抵抗している農家がほとんどなので、農家の方々は大丈夫でしょう。しかし、農業の位置づけや、食糧生産に対する考え方がいかんせん戦後の農協方式なので、そこをグローバリスト側につけ込まれてしまっているのです。
  農家や農協の側に、きちんとした戦略を立案できる人材が必要です。このままだと、一部の大規模農家を豊かにして、分断工作をしかけられたら簡単にやられてしまいます。

  「保守」については、何も期待していません。今保守を謳っている論客やブロガーの中に、農家の保護や現行の経済システムの矛盾を指摘している人がどれくらいいるでしょうか。ほとんどの人間が、保守というより、強い国や外国人の排斥を第一義にした「国家主義者」なのが現実です。
  積極財政を主張している人びとにも期待していましたが、農業やエネルギー問題にまできちんと目を向けている人はほとんどいません。「経済コラムマガジン」の筆者の方くらいですね。グローバリストなのは、カイカク派も積極財政派も変わらないと思っています。
  私たちが訴えかけたいのは、イデオロギーとは無縁の所にいる人びとです。そういう方の方が、実利で動いてくれますから、話が早いと思っています。
ろろ | 2008年12月11日(木) 22:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。