2017年03月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.11.16(Sun)

野党は、「食の安全」「食糧自給」に絞って政府・与党を締め上げろ 

  面白い調査結果が出ました。

「国産品選択」、89%に上昇=食の安全意識高まる-内閣府調査
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2008111500323&j1

 内閣府が15日発表した「食料・農業・農村の役割に関する世論調査」の結果によると、食料品を購入する際に国産と外国産のどちらを選ぶかという問いに、「国産」「どちらかというと国産」と答えた人は計89.0%に達し、同様の設問があった8年前の調査に比べ7.1ポイント上昇した。
 国産志向の理由では「安全性」を挙げた回答が最も多く、中国製冷凍ギョーザ中毒事件などを機に、食の安全に対する国民の意識が高まっていることが改めて浮き彫りとなった。
 将来の食料輸入については「非常に不安がある」「ある程度不安がある」が計93.4%を占め、2年前の前回調査(76.7%)から急増。国際的な需給逼迫(ひっぱく)に伴う小麦などの穀物価格高騰が影響したとみられ、先進国で最低水準の食料自給率(40%)に関する初の質問でも、「高めるべきだ」「どちらかというと高めるべきだ」が計93.2%に上った。


  こういう結果が出ているので、自民・公明党政権もなにやら「対策」らしきものをやっているようです。

中国に「食の安全」担当官=外務省
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200811/2008111300849&rel=j&g=soc

 橋本聖子外務副大臣は13日の記者会見で、中国製食品の安全性に対する不安が広がっていることを踏まえ、北京の日本大使館に「食の安全」担当官を置いたことを明らかにした。
 窓口を一元化することで、情報収集を効率化し中国政府との調整作業を迅速化するのが狙い。今後、米国やオーストラリア、カナダ、タイ、欧州連合(EU)など食品の対日輸出が多い国や地域でも、在外公館に順次担当官を任命していく。



>「食の安全」担当官

  多分、他の業務をやっている外務省職員が兼任して片手間でやることになったのでしょう。専任の職員が派遣されるなら、仕事をやっているPRになるので、そういう風に明記するはずです。
  それにしても、そういう問題ならなぜ農林水産省から出向させないのでしょうか?

>中国政府との調整作業を迅速化するのが狙い

  専門知識も、中国側とのコネもなくて、一体何をするんでしょうか。中国側に是正を求める役割はないのでしょうか?

  まあ、このニュースでも明らかなように、政府は「食の安全」など本気で対策しようと考えていません。
  経団連やグローバリスト企業、外資、アメリカ政府といった自民党の支持団体の意向は、「人件費引き下げによるデフレ促進」です。購買力平価の引き下げといってもいいのかもしれませんが、それを達成するためには食料価格の引き下げが必要であり、安い輸入食品は欠かせません。
  もう一つの与党である公明党は、常に一定の組織票が取れるので、世論など気にする必要がありません。創価学会員向けに、雑誌の中吊り広告でテキトーに美辞麗句を並べておけばいいだけです。
  そうはいっても、この問題は最大の与党である民主党もあまり熱心に取り組んでいません。理由は明白で、いざ自分たちが政権を取った時、輸入品に頼っている企業や商社にそっぽを向かれては困るからです。もちろん、中国寄り(旧社民党)やアメリカ寄り(前原・野田・岡田グループ)の議員もいます。
  誤解している人が多いのではっきり言っておきますが、私が民主党、というより小沢代表の方がマシだと言っているのは、「農家への戸別所得補償」と「裁判員制度の見直し」を公約に掲げており、今後自民・公明党政権が続くよりは良い結果を残せると考えているからです。それ以上の理由はありません。民主党政権が実現したからと言って、すぐに食の安全が実現されるなどと考えるほど既成の政党に期待していません。
  
  しかし、それでも野党、特に「国民新党」や「共産党」に勧めたいのは、

  「食の安全に絞った現政権追及キャンペーン」

  です。

  敵を攻めるときは、「絶対に反撃できない弱点」を徹底的に突くべきです。グローバリストやアメリカ、中国の信任を受けている現政権は、「輸入食品を減らしてその分国産を増やします」などとは口が裂けても言えません。ここを突っつかれると、まともな反論ができないわけです。
  しかも、政治資金や公職選挙法がらみのネタだと、民主党にも弱みがたくさんあるので、自民党からカウンター攻撃をくらう可能性がありますが、こと食糧問題に関しては、党として政権についたことがない民主党(これも情けない話だが)には弱みが一切ありません。あえて言うなら、●アメリカとFTAを結べなどとほざいてる京都出身のバカとその取り巻きの妄言くらいでしょうが、いざとなったら国民新党と平沼一派を取り込んでこいつらを放出すればよいのです。
  自民党が何かボロを出すと、それに追随する形で追及のネタをコロコロ変えるというのは実に愚かな戦術です。「新聞やテレビを信用するな」と言いながら、毎週日曜日の報道番組を逐一チェックして、いちいち脳みそを沸騰させているネット愛国、自称保守(笑)みたいなもので、支持者を確実に広げることはできないでしょう。
  食の安全を追及すれば、自然と国産品の増産という方向へ話が行くわけです。そこに、「農家への戸別所得補償」や、「食料の輸入規制」(●共産党が掲げている)、あるいは「自給率の高い米粉や飼料米の活用」(国民新党が提案している)などを合わせて主張すれば、自民党は何も反撃できません。「輸入品だって安全だ」などという、全く裏付けのないデマを吐くのが精一杯でしょう。
  できれば、野党としては「国産品だって安全じゃない」などという逆ギレを、麻生首相ほか口の軽い閣僚から引っ張り出したいところです。そうすれば、自民党がメンツや輸入業者や中国の利益ばかりを大事にして、国民を顧みていないという事実が明らかになるからです。
  野党の皆さんも、そうやって国民の支持を取り付けて、早期の政権交代を実現してもらいたいものです。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

当ブログは「自エンド」(自民党壊滅キャンペーン)を提唱中です
「自エンド」バナー「自エンド」バナー「自エンド」バナー


スポンサーサイト
EDIT  |  12:53 |  自END(自民党追放キャンペーン)  | TB(0)  | CM(11) | Top↑

Comment

●食べ物はやっぱり国産!

職場の同僚や母親が百姓の出でして色々農作物の話をしますと面白いことが判ります。

「キュウリは曲がっているのが正解、まっすぐなのが異常」
「虫の食べてないキャベツは危険、虫が食べるほど美味しいキャベツ」
と言うことだそうです。

ろろ様はすでにおわかりでしょうが、実際こういった知識にしても知らない人が増えてきています。地産地消のお店にキュウリが~とか、キャベツが~という苦情を寄せた消費者がいると以前NHKでやっていました。
食育も大事ですが、食べ物に対する知識をより深めていくキャンペーンも併せて行って欲しいですね(笑)

後は、農家への支援を強化。それと農業へ従事する人間を養成することも大事だと思います。
PNW10 | 2008年11月17日(月) 18:46 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>PNW10さん

>「キュウリは曲がっているのが正解、まっすぐなのが異常」
>「虫の食べてないキャベツは危険、虫が食べるほど美味しいキャベツ」

  農薬がたいして使われていないからこそ、虫が食っているということですね。

>食育も大事ですが、食べ物に対する知識をより深めていくキャンペーンも
>併せて行って欲しい

  その通りですね。

  農薬も、多少なら使っても構わないと思っています。洗ったり湯通しすれば落ちますし、それによってバカ高いコストになれば、地産地消がきちんと根付いていない現状では非常に大きな混乱をきたしますからね。
  そういう意味では、やたらと国産だの有機だのと煽り、生産者の置かれている現状を知ろうともしないメディアには、大いに反省してほしいですね。

>>削除したコメントの方

  ウェブ署名を悪用している団体の存在を知っている以上、ご協力いたしかねます。他の場所でやってください。
ろろ | 2008年11月18日(火) 01:40 | URL | コメント編集

国民としては食の安全を願うのは当然のことでありながらも、それに気づいてないのが政府だけっていう情けない状況がどうかしてると思いますね。

野党にしても、右と左にそれぞれ売国奴が座ってる民主党だけじゃ、この手の議論は絶対に進まないから、ご指摘のように国民新党と共産党には頑張ってもらわなければと思います。
愚民太郎 | 2008年11月18日(火) 13:05 | URL | コメント編集

●ご参考

キューバ農民 農業生態系重視 伝統農法の回復で食料生産に大変革
http://sun.ap.teacup.com/souun/1802.html
《なぜ『雪印』が狙い撃ちにされたのか》
http://sun.ap.teacup.com/souun/1956.html
NAFTA、WTO、FTAが輸入食品の安全性を脅かす
http://sun.ap.teacup.com/souun/1134.html
早雲 | 2008年11月18日(火) 16:12 | URL | コメント編集

日本ってのはどうも何か変化があると極端にふれやすい感じがしますね。農薬が重用されたのが一転して無農薬や有機栽培がもてはやされるとか。
やはり確かな情報と知識が重要です。国民新党や共産党は追及したり政策として推すだけでなく、情報提供の一助も担ってほしいですね。特に共産党は赤旗という“飛び道具”もありますから。

削除したコメントは見てないのですが、もしかして国籍法改正のweb投票の件ですか?
個人情報悪用の恐れだけでなく、右のプロ市民とでも言うのでしょうか、そういう煽りも紛れているかもしれないので用心ですね。
Masaya | 2008年11月18日(火) 23:25 | URL | コメント編集

来年度の年次改革要望書では農業分野でも遺伝子組み替え食品を食えとか多少の農薬や添加物なんか大目に見ろといってきていますが、やはり自民党政権のままでは全てを丸呑みすることになるでしょう。任期満了までやられたら危険かもしれません。
http://news.livedoor.com/article/detail/3894981/

遺伝子組み換え作物が国内で生産できるようになれば、アメリカの企業が特許を持つ非選択性除草剤と耐性種子のセットを将来増やされるであろう農業法人に使わせることができます。それを大量栽培させれば、自給率を上げながらもアメリカに貢げますから。

自給率向上の最終兵器である大麻がここ最近マスコミから総攻撃されているのがどうにもきな臭いと思う今日この頃です。もちろん嗜好品としては認めませんけども。
うに丼 | 2008年11月19日(水) 00:01 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>愚民太郎さん

>国民としては食の安全を願うのは当然のことでありながらも、
>それに気づいてないのが政府だけっていう情けない状況

  気づいてはいると思います。しかし、ベクトルをいまさら変えるわけに行かないのでしょう。スポンサーや特定の外国への配慮の方が、国民の健康や生命に優先するんですよ。

>右と左にそれぞれ売国奴が座ってる民主党だけじゃ、この手の議論は絶対に進まない

  おっしゃるとおりです。アメリカの脅威はスルーする前原グループ、狂牛病は大騒ぎしてチュウゴク産の危険性にたいしてだんまりを決め込む旧社民党、どちらもダメです。
  国民新党や共産党の存在感を示すには、決まり切った政治姿勢ではなく、国民のニーズを的確に捉えた政策発信が一番だと思います。今でも良い線は行っていますが、もう一つパンチ力がほしいですね。

>>早雲さん

  以前拝読して、キューバの記事には感動しました。しかし、それがアメリカの経済制裁=グローバリゼーションからの脱落の副産物だったとなると、日本がそのまま実行に移すのは無理でしょう。自治体単位でやるしかないですね。

>>Masayaさん

>日本ってのはどうも何か変化があると極端にふれやすい感じがしますね。

  戦中は鬼畜米英、戦後は自虐史観というのも、そういう感じですね。
  特に、メディアの影響を受けやすいインテリ~準インテリ層が危ないです。

>削除したコメント

  ご想像の通りです。このブログはそういう盲目的な追随を呼びかけるものは徹底的に拒絶します。


>>うに丼さん

  なるほど、確かにそうですね。
  緑資源機構が松岡農水大臣とともに葬られたのも、水源林を外資が略奪するための布石だと思います。なにしろ、米英豪といったダニどもの住処はことごとく水資源が枯渇しています。そうなると、連中は日本を目指すしかないわけです。

>自給率向上の最終兵器である大麻がここ最近マスコミから総攻撃されて
>いるのがどうにもきな臭い

  なにしろ、大麻の栽培を奪ったのは占領時代のアメリカ当局ですからね。
  本当に、ストーカーやDV夫のような連中ですよ。景気対策を謳っている新しい大統領ですから、またぞろネタを見つけてたかりに来るでしょうね。

  本当に鬱陶しいです。
ろろ | 2008年11月19日(水) 00:19 | URL | コメント編集

麻はヘンプや種子を輸入してますし、輸入なら良い、栽培はダメってのもおかしな話ですね、誰も指摘しませんね。
麻を使った料理屋が以前NHKか何かで紹介されていましたし、尚更です。

麻薬と繊維や種子を収穫するのとでは栽培法が違うようですし、指定した業者や農家に厳しく監視して栽培させても良いはずです。
エコエコ騒いでるなら麻には二酸化炭素を地中に戻す性質もあるそうですし、品種改良で麻薬成分を無くすなど出来れば尚良いとも思います。
む~ | 2008年11月19日(水) 10:10 | URL | コメント編集

●>>む~さん

  お返事遅れて申し訳ありません。

>エコエコ騒いでるなら麻には二酸化炭素を地中に戻す性質もあるそうですし、
>品種改良で麻薬成分を無くすなど出来れば尚良いとも思います。

  「大麻特区」もそれをテコにして導入にこぎ着けたようです。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080807_hokkaido_hemp/

  「環境にいい」というのは、はっきり言ってどうでもいいことであり、二酸化炭素に値段をつけて売りたい詐欺師の口上です。しかし、そこを逆手にとれば、新エネルギー開発にも使えそうな気がします。
ろろ | 2008年11月24日(月) 00:11 | URL | コメント編集

●TBです

タイ 農業を増大する失業者の受け皿に 金融危機が促す家族農業の見直し
http://sun.ap.teacup.com/souun/2057.html
早雲 | 2008年11月24日(月) 17:37 | URL | コメント編集

●上記早雲さんのトラックバック記事

  素晴らしい記事ですので、是非みなさんもお読み下さい。
ろろ | 2008年11月25日(火) 23:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。