2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.11.10(Mon)

【孫子の】 「毅然とした外交姿勢」以前にやるべきことがある 【兵法】 

  勇ましい主張を掲げて、敵をぶっ倒すというのは、はたから見ていて格好いいものですが、現実はなかなかそうはいかないようです。
  古代中国の思想家だった孫武という人物は、かの有名な著書『孫子』でこう述べています。

  「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり」

  どういうことなのか、他の国がやっていることを具体的に見てみましょう。

タイ:タクシン元首相、英国が入国拒否 ビザ取り消し
http://mainichi.jp/select/world/news/20081109ddm007030085000c.html

 英政府は、タクシン・タイ元首相夫妻に発給した査証(ビザ)を取り消したと各航空会社に通知した。タイの空港当局者が8日明らかにした。元首相が先月、汚職防止法違反罪で実刑判決を受けたため、入国拒否を決めたとみられる。

 06年9月のクーデターで政権を追われた元首相は英国を拠点に事実上の亡命生活を続けている。現在は中国に一時滞在しているとみられる。今後は中国などを生活拠点としながら、タイ政界に水面下から影響力を行使し続けていくとみられる。


  タクシン首相は、●2006年のクーデターで失脚し、それ以降英国などで亡命生活を送っています。いまでも、相当数の支持者が国内にいるようです。

  ところで、、上の引用記事を読んで、何かひっかかったところがありませんか?

  たとえば、ここです。  

>今後は中国などを生活拠点としながら、タイ政界に水面下から
>影響力を行使し続けていくとみられる


  なんで中国が出てくるんだ?と思った方は、鋭いです。このタイ王国の元首相は、実はこういう人物です。

タクシン派8万人集結、タクシン元首相が国際電話
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/081102/asi0811020016000-n1.htm

 タイの親政府組織「反独裁民主連盟」(DAAD)の支持者約8万人が1日、首都バンコクの国立競技場で大規模集会を開き気勢を上げた。会場には、英国で亡命生活を続けるタクシン元首相から国際電話によるメッセージも寄せられた。

 8月に事実上の亡命生活に入って以来、タクシン氏が国民向けに直接のメッセージを送ったのは初めて。同氏は「タイ国民のために帰国したいが、最高裁から国家汚職防止法違反で有罪判決を受けるなど、自分の周辺には問題が山積しており今はできない。当面、金融危機で揺れる中国の経済問題のアドバイザーとして過ごす。皆さんには新たなクーデターから国を守ってほしい」と述べた。



  他にもいろいろ「裏情報」的なものはあるのでしょうが、これだけでもう十分ですね。そうです。タクシン元首相は、中国のエージェント(代理人)です。
  なんで中国がこの地域にエージェントを仕込んでいるのかというと、短期・中期的には経済権益の拡大です。中国と、タイを含めた東南アジア諸国連合(ASEAN)は、●2005年にFTA(自由貿易協定)を締結しています。これを結べば、WTOを通さずに二者間交渉で無関税貿易が可能になりますから、産業競争力に差があると、強い方が弱い方を経済的に支配できる可能性が高まります。日本や欧米より、有利な立場に立てるわけです。
  そして、長期的には、この地域を政治的・軍事的に支配するという狙いもあるでしょう。中国の最大の弱点は、日本同様、エネルギー資源を中東に依存していることです。そして、それをカバーするためには、中東までの海上輸送路(シーレーン)を独力で確保するしかありません。
  そのために、もっとも重要なのは、太平洋とインド洋の間に位置する●マラッカ海峡です。その先端にあるシンガポールは、19世紀以降欧米が支配しており、いまだに金融資本がここを拠点に東南アジアを経済的にコントロールしています(同地は香港と並ぶ金融センターでもある。●こちらを参照)
  今回イギリスが「中国の犬」をなぜ突然入国拒否にしたのか(イギリスの情報収集能力なら、その前から怪しい人物だと言うことは分かっていたはず)、私には分かりませんが、中国と何らかの駆け引きをしていて、一枚カードを切ったというところでしょうか。ひょっとすると、シンガポールや香港を巡る水面下での戦いが始まっているのかも知れません。

  しかしまあ、●毒インゲンの事件といい、産経新聞は、本当に中国の側面支援が好きだなぁ、という気がします。サッカーW杯のサポーターを彷彿とさせる見栄えのいいトップの写真と、新たなクーデターを憂慮するセリフで、民主的なリーダー像をしっかり宣伝しています。
  我が国の「保守」とか「右寄り」を売りものにしているメディアの、底の浅さや腐った魂胆がかいま見える・・・というのは考えすぎでしょうか?

  さて、このタクシンという人物ですが、よく知られているように、中華系タイ人です(小平と同じ客家系)。
  華人といわれる中国系の帰化人は、全世界に5000万人ほどいると言われています。大なり小なり、本国と結びつきを持って暮らしている人たちですから、中にはかなりの数の中国のエージェントがいるでしょう。日本にいる中国人だって例外ではないはずです。
  中国は、そういう民族的な利点を生かして、各国の情報収集や、世論工作を行うことができます。そういう時に使える現地協力者を、●「第五列」とか「細胞」とか呼んでいます。そういう仕込みをやっておくと、直接戦う前から相手をコントロールできる可能性が高くなります。

  翻って、我が国日本は本当にこの「細胞」や「第五列」の仕込みが下手です。

  これは、多分に日本人の潔い性格から来ているということができます。上のような中国のやり方を見たら、「あいつら、きたねえなぁ」などと思うのが普通の日本人ではないでしょうか。  
  ヘーワ主義、ジンケン尊重のサヨクはいうに及ばず、愛国や保守を名乗る人びとの国際政治に対する認識も、非常にナイーブです。彼らは中国や朝鮮を過剰に敵視しますが、想定している場面は常に日本がやられる側です。「核武装しろ」とか「竹島を武力で奪還しろ」とかいった、過激な方策だったりします。中には、現地住民をドン引きさせるような「デモ」に名を借りた騒動を起こしている人たちもいますね(笑)。これらは全て、『孫子』からすれば、下策中の下策です。
  これも、対外関係をリアリズムで考えられないという、日本人の悪いクセの現れなのかも知れませせん。それだけ平和に暮らしてきたということですが、世界中で日本企業が活動していて(筆者は別に肯定しているわけではないが、現実はそうなっている)、様々な国と関係が出来ている以上、いつまでも「人のいいおじさん」ではまずいわけです。

  せめて、日本人が人種的ハンデ(白人の国で活動するのはまず無理)を抱えることなく活動できて、なおかつ我が国の防衛に欠かせないような国や地域で「細胞」や「第五列:」を作っておきたいところですが、日本人には、それすらも無理なのでしょう?

  そんなことはありません。

  実は、日本の歴史上、そういった「細胞」や「第五列」の育成のみならず、諜報活動において一定の成果を上げた例があるのです。次回は、その辺を紐解きながら、日本にとっての「善の善なる」安全保障のあり方について考えてみます。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

  
スポンサーサイト
EDIT  |  00:10 |  地政学・国際関係  | TB(0)  | CM(12) | Top↑

Comment

●すごいブログですね

 一国民がここまで国際情勢を分析できるなんてすごいと思います。それもブログ更新の頻度も高いにもかかわらず内容が深い。
 話し言葉というのもごまかしがききません。以前は簡単なことをいかに難しく話したり書いたりするかがインテリの主流だったように思います。その意味では小林よしのり氏の登場は衝撃的で、世の中の自称知識人達からかなりの攻撃に会いました。しかし、本当は難しいことを平易に「話し言葉」で伝える方が何倍もの「知力」が必要だと思います。
 ろろさんのブログはとてもわかりやすい。わかりやすいのは伝える側の「知力」が半端ではないからです。
 私は最近友人などと「勉強会」を始めました。地方紙の記者であっても、全国紙やテレビのつまらなさに辟易としていて、ネットの情報を選別して分析する方がはるかに面白く感じています。
 勉強会を通じてこの社会の本当の「敵」に迫ってみたいと思います。ろろさんの「話し言葉」を時々引用させていただくことをどうかお許し下さい。ネットを見ないで大手マスコミの情報のみを受けている人々に覚醒を促していこうと思っています。
kisha | 2008年11月10日(月) 01:13 | URL | コメント編集

●ご参考

中国共産党「日本解放第二期工作要綱」
http://sun.ap.teacup.com/souun/56.html
早雲 | 2008年11月10日(月) 01:19 | URL | コメント編集

●>>kishaさん

>その意味では小林よしのり氏の登場は衝撃的で、世の中の
>自称知識人達からかなりの攻撃に会いました。

  ええ、よくある村社会的な妬みですね。
  私は、別に村社会自体を否定してはいません。そういう方が、狭い地域で社会の安定を保つのに役に立つからです。しかし、笑ってしまうのは、そういう文化を唾棄する「都市生活者」たちが、実は一番閉鎖的な精神の持ち主だということです。
  ネットの登場で、一番割をくっているのは、文系の知識人じゃないかと思っています。

>わかりやすいのは伝える側の「知力」が半端ではないからです。
 
  お褒めいただいて恐縮ですが、ほとんど江田島さんたちの受け売りですからね(笑)。
  ただ、自分なりに理解するのは大変でした。

>地方紙の記者であっても、全国紙やテレビのつまらなさに辟易としていて、
>ネットの情報を選別して分析する方がはるかに面白く感じています。

  全くですね。事実をピックアップする役割は誰かがやらなくてはいけないとはいえ、その後のよけいな編集や解釈がせっかくの材料を腐らせています。
  大手メディアと文系アカデミズムとの互助会みたいな関係は、もう救いようがないくらい腐っています。別の次元で行動を起こした方がいいです。kishaさんたちの勉強会も、そういう動きにつながっていくような気がします。

>ろろさんの「話し言葉」を時々引用させていただくことをどうかお許し下さい。

  どうぞ。
ろろ | 2008年11月10日(月) 01:26 | URL | コメント編集

●>>早雲さん

  そんな話題までカバーしているとは・・・「晴耕雨読」は、日本海溝のようなブログですね。挙がっている項目について、簡単にコメントさせてください。

第3.政党工作

        3-1.連合政府は手段
        3-2.議員を個別に掌握
        3-3.招待旅行
        3-4.対自民党工作
          A.基本方針  B.手段
        3-5.対社会・公明・民社各党工作
          A.基本方針  B.手段
        3-6.「政党工作組」で統轄

  ここで、民社党が挙がっているのは非常に興味深いです。あの政党は、西村真吾がいたくらいですから、どちらかというと、国家社会主義右翼だったはずです。

       第4.極右極左団体工作

        4-1.対極右団体工作
        4-2.対極左団体工作

  ちゃんと「極右」が入っていますね。民社党同様、ここには大きな意味が隠されています。

       第5.在日華僑工作

        5-1.華僑の階級区分
        5-2.工作の第一歩・・逃亡防止
        5-3.工作の第二歩・・青少年把握
        5-4.国籍の取得
        5-5.中国銀行の使用を指定
        5-6.政治・思想教育
        5-7.「華僑工作部」で統轄

  韓国には相当の朝鮮族が入りこんでおり、中国銀行の支店が中国人集住地域に開設されています。よって、5-5の段階まで工作が進んでいることがわかります。
  工作資金の出所や、華僑が大きな事業をやるときの資金的バックグラウンドになりますから、我が国も、中国側の金融機関の設置には最大レベルで警戒をしないといけませんね。
ろろ | 2008年11月10日(月) 01:34 | URL | コメント編集

難しい問題ですね。
ただ他国に下手なチョッカイかけるとやぶ蛇になって日本が悪の汚名をまた着せられ、外国の軍需産業を設けさせて、資本家達はここぞとばかりに儲けて、日本国内が新しい核の実験にまた選ばれる恐れがあるんですよね。
苦しみ死ぬのは日本国民だけです。もうこれには嵌りたくありません。

日本が求めるものは何か?
公平な税制と裁判。ある程度の生活を営む状況。他国・自国変わらず民間人や民間機に被害を加えたら公平な裁判で裁くことの出来る国、消費税のような不平等な制度でなくちゃんと大企業・宗教からもまともに公平にとれる税制、 他国が日本国内で変な工作(誘拐・変な食品等)したらちゃんと告発したり、農業だろうとサラリーマンだろうと漁業だろうとある程度の生活出来る状態にすることだとおもうんです。
それを維持したり、現在出来てない所を直す為にはどうすればいいのか?これを根底に考えてみるべきかと思ってます。

これが出来る究極の方法は「世界に敵を作らない」なのではないでしょうか?
世界最高の軍事力を持ったアメリカだってイラクや911の工作はバレました。世界の民衆が見破ったらアメリカの軍需産業とドル防衛、石油利権と後で理由が見つかりましたがアメリカが悪いと世界の国々が思いアメリカの権力を白い目で見るようになったんです。
アメリカが失敗した工作を現在アメリカの犬の日本が出来るとは思えないんですよね。ただでさえこの点では明治以降外国に翻弄されっぱなしです。
ならアメリカだってかなわないものである世界と上手くやる方が日本にも世界にも良いように思われます。以前アメリカは中東等の権力者を金で懐柔したけど国民は金貰ってないから反発した経緯があります。なら日本は他国民にいい印象を持ってもらえる政策を考える。金以外で。そして世界の国々と上手く出来れば、日本を侵略しようとした国を悪という状況にもっていけば他国が日本に侵略出来ない状態にもっていける可能性ないでしょうか?
前に早雲さんが書いた石原完爾の3つの理想はこれを目指したんではないかと思います。
孫子の兵法の戦わずに目的を達するにも当てはまると思います。
が、行動が難しいでしょうね。理想論と思われるかもしれませんね。
幸未来願 | 2008年11月10日(月) 02:48 | URL | コメント編集

●敵の敵を作り出していくしか?

素晴らしい記事ですね、本当にいつも感心して読んでいます。

外交関係をコントロールするには「敵の敵を作り出すことでしょうか。」
中国が増長するのであればインドやロシアと手を結ぶ。極東の「公平な仲裁人」というポジションになるしかないです。これはビスマルクの受け売りですが。

まあ、どんなことがあってもアメリカ一辺倒の現状ではほとんど絶望的ですが(汗)

私が幕僚長批判をブログで書いたのは、今のうちは自制して外国を刺激せずに将来的に経済力や防衛力を付けようという意味でした。そうしないと弱腰の部分だけが顕在化してしまいますので。

日本もそれこそ昔のように「~~機関」とか作ったりして、明石元二郎のような人物が再び現れるようになれば良いんですが…。
PNW10 | 2008年11月10日(月) 15:09 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年11月10日(月) 20:44 |  | コメント編集

●kishaさんへ

1国民じゃないです。もはや外務大臣なんで、、、m(__)m
名前未入力 | 2008年11月11日(火) 13:02 | URL | コメント編集

●TBです

Re: 近代的政治理念と「大日本帝国」 : 近代化とその戦争からわれわれは何も学んでいない
http://sun.ap.teacup.com/souun/1863.html
自分たちの立場と姿を幻想を排して見るということ
http://sun.ap.teacup.com/souun/1236.html
早雲 | 2008年11月11日(火) 18:52 | URL | コメント編集

●TBです

国際金融家が演じている“マジック・ショー”:革命が失敗しても“ノーリスク”
http://sun.ap.teacup.com/souun/607.html
早雲 | 2008年11月13日(木) 17:18 | URL | コメント編集

●安保闘争の背景についての疑念

初めまして、美月と申します。
ここ最近「地政学」なるモノに興味が湧いて、にわか読者しております。
(貴ブログの存在は、日比野庵さまのブログリンクを通じて存じ上げておりました)

2008.9.7-2008.9.18の韓国崩壊シリーズ(1)~(5)のエントリは、特に驚愕の思いで拝読致しました。今まさに、流血と動乱の時代に突入している事が、じわじわと感じられました。これから到来するであろう「死の時代」を懸念しております。

地政学についてまだ理解度に自信が無い状態ですが、微妙に疑問が出てまいりました。
それは、わが国の安保闘争(1960年代)が、何故あのタイミングで爆発したのか?という事です。

反米感情が突然に盛り上がった(らしい)ところも、不思議です。
最近、狂牛病問題などで反米感情を露わにしていた韓国事情と重ね合わせて想像すると、何やら思想・情報操作などの背景が似てくるようで、不吉な感じが致します。

地政学の理論(情報操作など)を使って、わが国における安保闘争の発生プロセスも説明できるのでしょうか?もし、安保闘争があのまま、時のわが国の政府の転覆または改造に成功していたら、2008年の韓国と類似の、奇怪な運命を辿る事になっていたのでしょうか。

地政学の観点から安保闘争を論じた過去エントリがありましたら、
是非読みたいと思っておりますので、ご紹介いただけますでしょうか。
ご多忙なところ大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。

-----
※既に過去のものとなっている安保闘争の背景が気にかかったのは、(4)で紹介された朝鮮半島の戦時統制権移譲についての話題が、妙に引っかかったからです。

1.米国側は朝鮮半島の戦時統制権の「2009年返還」を韓国に持ちかけた
2.韓国側は「2012年返還」を主張してこれを退けた
3.米国と韓国は2009~2012年の返還タイミングを決める交渉で相当に揉めた(らしい)
4.最終的な合意内容:「(2009年10月15日から)2012年3月15日(までに)返還」(らしい)

正確かどうかは分かりませんが、日取りを調べて詰めてみました。

もし、将来に有事が起こるのであれば、その第1波は2009年の秋…ちょうど1年後の今頃、或いはそれよりちょっと早いタイミングなのかな、と想像しております。

麻生首相の任期満了日は2009年9月10日だそうなので、いずれにせよ半島有事をさばく羽目になる可能性のある首相は、すでに麻生氏では無いかも知れない…とも想像しておりますが、政治空白期を作るのはさすがにまずい(?)でしょうし、政治関係者の間で適切な体勢の構築に入っていることを願わずにはいられません。
美月 | 2008年11月22日(土) 10:14 | URL | コメント編集

●>>美月さん

>わが国の安保闘争(1960年代)が、何故あのタイミングで爆発したのか?

  岸内閣の憲法改正潰しじゃありませんかね。あのまま岸内閣が存続していれば、保守合同の本懐とやらが達成できていた可能性もありますから。
  誰が得をするかというと、結局、「日本以外の全ての国」ですね。社主が衆議院議員をやっていたどっかの新聞社なんて、アメリカから原子力のPRを一手に引き受けていたから、その辺の片棒を担いだ可能性があります。
  私は岸信介という人物が大嫌いで、聖書を読みながら魔女狩りという名目で財産没収や強姦をやっていたカトリックの坊主並みの悪人だと思っていますが、アメリカと中国になんとしても復讐してやろうという執念があったという点では面白い人物だと思います。
  安保闘争後、野に下って韓国との国交回復に尽力したというのも、満州人脈を糾合して経済版「大東亜新秩序」を作ろうとしたと考えることができます。しかし、それもアメリカの米中国交回復で潰されました。三度も潰されたら、さすがにもう立ち上がれないでしょう。その後、某カルト集団に自派閥を乗っ取られてしまったのも無理はありません。
  まあ、岸の構想で日本が「一等国」になったとしても、色の黄色いイギリスができるだけで、国民は幸せにはならなかったでしょうが・・・。

  答えになっているかはわかりませんが、そんなことを考えました。

>麻生首相の任期満了日は2009年9月10日だそうなので、いずれにせよ
>半島有事をさばく羽目になる可能性のある首相は、すでに麻生氏では
>無いかも知れない

  すぐに有事はありませんが、その前に「日朝国交回復」をどうするかという難題が待っています。
  アメリカの言いなりになって、単なるATMになる可能性が高そうですが、少しでもアメリカ相手に押し戻すような人が首相になってほしいものです。
ろろ | 2008年11月24日(月) 00:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。