2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.10.26(Sun)

【発想の】イヌだけでなく、ネコも好きになってあげてほしい【転換】 

  たまには、「センセー」らしいことを書きます(笑)。

  中学校の三者面談が近いということで、塾でも保護者の方をお招きして進学相談みたいなものをやっています。その時に決まって出てくる悩み、というか愚痴に、

  「うちの子は言ってもきかない」

  というものがあります。
  別に、家に戻らずほっつき歩いているとか、親に暴力を振るうとか、そういう深刻な類ではありません。入試がだんだん迫ってきているのに、せっついて勉強している様子がなく、それを指摘すると馬耳東風だったり、「うるさいなぁ」と逆ギレされたりするということです。
  面談をしていると、男子生徒のお母さんの場合、ほぼ100%この話になります。女子生徒もごく一部を除いてそういう話をすることが多いですが、イライラの度合いは男子生徒に対するものの方が高いのが一般的です。どうも、女性の親には、男の子の行動というのがどうしてもがさつで我慢ならないものに写るようです。上にお姉さんがいたりすると余計にそのアラが目立ってしまうようで、いきおい本人への怨嗟の声(笑)も勢いが増します。
  かわいそうなことに、真面目な親御さんは、本人のためを思って言っているのに、なんでちゃんと聞こうとしないのか、困惑してしまうようです。
  私はそういう話を毎年何十人と聞かされているので、全く心配しないのですが、それを言ってもなかなか納得していただけません。よくあるケースなのですが、親御さんも自分の子供が世の全てという視点を捨てきれないようです。
  私も、そういうもんですよ、とか、普通ですよ、みたいな当たり障りのないことを言ってなだめすかしてきたのですが、最近いい比喩を思いつきました。

  「お子さんのことをワンちゃんみたいにきちんと言うことをきく動物だと思うからイライラするんですよ。ネコだと思って話してれば、頭に来ません」

  別に、受けを狙って言っているのでもありませんし、苦し紛れの言い逃れをしているのでもありません。本当に、こう思った方が自分にも相手にとっても良いことだと思うのです。
  ネコの行動をイヌと比べてみると、よくわかります。イヌ派(笑)の言い分に、「イヌは主人の言いつけを守ろうとするし、かわいがるとなついてくれる」というものがあります。たしかに、綱をつけないと行方不明になってしまうイヌというのは、あまり聞いたことがありません。散歩している犬を見ると、しょっちゅうご主人様の顔色をうかがっていて、歩くペースも揃えようとしているのがわかります(もちろん、しつけは必要なのだが)。
  他方ネコは、一緒に散歩すらできないほど散漫な行動をとる動物です。よくなついている飼い猫でさえ、勝手に家の外に出ていって、知らないうちに帰ってきているということが多いです。綱を付けておこうにも、首の辺りの骨格が華奢で気の毒になります。家の中にいればいるで、棚の上に上がって置物をひっくり返したりします。外見的なものや偏った好みを全く抜きにして考えれば、ネコの行動というのはあんまり可愛くありません。

  しかし、人間というのは、どちらかというとネコに近い動物なのではないかと思います。

  いつまでも親が飼い主のごとくエサをやったり散歩に連れて行ったりするわけにはいかないのです。子供の頃はイヌ的な行動をとっている子供が多い(筆者はすでにネコ的だったが)のですが、人間はいつかネコ的な行動(人の言うことを聞くのではなく、自分で行動してエサを取ったり伴侶を見つけたりする)を取らざるを得なくなります。その方が、生きていくには好都合だからです。
  もちろん、一番いいのは、普段はイヌ的に人と接していて、いざというときはネコになるような「かしこい」子供なのでしょうが、そんな子供はほとんどいません。「ドラえもん」のしずかちゃんや出来杉くんみたいな子供は、世の中には存在しないと思っておいた方がいいと思います。

  そもそも、子供というのは、イヌのように言うことをよくきくから可愛いものなのでしょうか。上司と部下という関係だったらイヌみたいな部下の方がやりやすいのでしょうが、親子はそういう、後天的に獲得された関係、というか、人工的な関係ではないはずです。
  ネコが家を出て行って、行方不明になることもよくあるようですが、それでも大抵のネコは、食器を床に落としたり、発情期にブーブー鳴きながら外に飛び出していったりしながらも、ちゃんと飼い主のところに戻ってきます。一緒にいれば愛着が湧かないはずがありません。
  受験で結果を出すのは、本人の仕事です。それを客観的に見て手伝いをするのが我々塾講師(というか教師)の役割です。
  親御さんの役割は、そんなに小さいものではありません。ネコにとっての飼い主の自宅のように、本人にとっての最後の拠り所となることです。
  本当にピンチになれば、子供は私なんか頼りません。親御さんに泣きつくはずです。神社仏閣じゃないんだから、困った時だけ拝みにこないでほしい、という気持ちは分かりますが、子供はネコみたいなものなのだから、それでいいのです。ていうか、この世の中で最終的な庇護者という役割を代わりにやってあげられる大人はいません。そういう振りをして近づいてくる悪い奴はたくさんいますが・・・。
  ほっぽらかしにせず、何か声を掛けること自体は全く構わないのですが、それを本人が聞かないからといって絶望したり、イライラする必要はありません。ネコに「お手」とか「おすわり」を教えて、できないから落ち込む飼い主がいたら、笑いものになります。
  しかし、ネコにトイレの仕方くらいは教えるはずです。ネコにとってのトイレが、人間の道徳とか社会常識だと思っておくといいのです。それ以上のこと、たとえば「上手な生き方」や「出世の仕方」は、親御さんが教えることではありません。別に話すのをやめろとはいいませんが、ネコがそれを聞かないのは当たり前とでも思っておかないといけません。
 
  「こどもを一人の人格者として扱って」とか、「おとなには教え導く権利などない。ともに学んで逝くだけ」とか、まるで日教組みたいな美辞麗句を唱えている人ほど、子供をすばらしい存在だと勘違いしているようです。そんな発想を貫徹出来るのは、マザー=テレサみたいな超が10個くらい付く人格者だけですから、一般人にはなんのプラスにもなりません。せいぜい「でかいネコ」程度に思って接するべきです。
  そうすれば、時たますり寄ってくるとかわいく思えるはずです。

  「子供はイヌではなく、ネコである」

  子供が思春期になったら、ぜひ思い出してください。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  08:48 |  教育や勉強の話題  | TB(0)  | CM(15) | Top↑

Comment

●>>「子供はイヌではなく、ネコである」

政治ブログらしくない、生活感のある話題で楽しかったです(^^)

わが家でも中3、小6、小3と3匹のイヌ(全て♂)を養っているつもりでおりました。
最近中3のイヌが、反抗期とやらで生意気になってきた!
と、少々持て余し気味でしたが、ろろさまの言われるように
自我が育ってネコ化してきたものと理解し、
あまり親子べったりを期待しないよう!心掛けることにします!!

とは言いつつも、一緒に暮らしているとついつい小言が絶えない親になってしまいます(^^ゞ
3年後に高校を卒業すれば、みずからの進むべき方向を見つけていってくれるものと期待したいのですが、平成の大恐慌はどんな収拾となるのでしょうか!??
このままでは日本の将来に期待は持てません。

今後とも、真のこの国のありさまを示していただき、明るい日本の将来を作っていくために、勉強させてもらいたいと思います。
もう少し先かもしれませんが、親子で勉強できたらいいかも!?
と、期待しています!!
caccyo313 | 2008年10月26日(日) 15:22 | URL | コメント編集

●HNは犬ですが……

長く居ついたペットはネコのほうですので。

いまはとっくにいなくなってしまって、ネコの効用というものを今更ながら噛みしめています。

まずは飼いネコ。私が生まれるか生まれないかの頃に、母が実家の近所で生まれた子ネコの一匹をもらいうけたものだそうです。爾来18年、私が高校3年に上がる直前の2月頃、本人、いや「本猫」にとっては悔いが残ったでしょうが、夜中に突然足腰が立たなくなり、かねてから用意してあった「ネグラ」のダンボール箱に入れられておとなしくなったのですが、朝見に行ったら絶命しておりました。

その間、ろろさんのおっしゃるとおり、首輪がないのをいいことに、ほとんど「メシ、(フロは入らなかったが)、ネル」だけが我々家族に対する「意思表示」でしたね。家の庭にはたくさんの木々が植わっていたこともあって、鳥をハントしたり、当然のことながらネズミに対する睨みも効いていました。

飼いネコが去った後も、近所の野良ネコが結構けたたましく鳴き喚いていたころは、それはそれでうるさかったりしたのですが、やはりネズミに対する睨みが効いていたのでしょう。その野良ネコたちがいつも間にか居つかなくなったと思ったら、我が家はネズミの巣窟になってしまったのです。そうなったおうちの方は痛いほどお分かりでしょうが、飼いネコよりインベーダーたるネズミどもの方が、はるかにタチが悪い。近頃は、タヌキも我が家の床下に出入りしているらしい。

こういうことをみるにつけ、やはり、飼いネコというのは、身勝手に思えても、家族の一員としての責務をちゃんと果たしているのだなと思わせられます。大きな同類(トラ、ヒョウなど)と同じ存在感を、住宅地に生息する他の動物たちに対して漂わせているのでしょう。我々がティーンの頃は、オヤジが「メシ、フロ、ネル」、どら息子が「メシ、カネ、ウルセェ」の3言で済ませていたと、妻又は母親に愚痴らせていたようですが、多分大半の夫や息子は、「一旦緩急アレバ」頼りがいのある存在になって、家族の危機をのりきっていったのではないかと思います。なにせ、「ネコ畜生」にもできることですので……。
のらくろ | 2008年10月26日(日) 23:31 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>Caccyo313さん

>政治ブログらしくない、生活感のある話題

  うちはもともと「政治」ブログではないのですが・・・。
  そう見られるような原因を作っているのだとしたら、反省しなければなりません。

>自我が育ってネコ化してきたものと理解し、
>あまり親子べったりを期待しないよう!心掛けることにします!!

  そうすることが、お互いのためなのではないかと思いますよ。

>一緒に暮らしているとついつい小言が絶えない親になってしまいます

  無理もない話ですが、それを子供がきかない→絶望というサイクルに陥らなければいいのだと思います。小言自体に問題はありません。

>平成の大恐慌はどんな収拾となるのでしょうか!?

  しばらく大変な時期が続くとは思いますが、そういう時期でも冷静になることでしょうね。このブログがずっと言ってきていることですが、恐慌や不況のときには、「満蒙は日本の生命線」みたいな極端な政策がまかり通りやすいです。そういう流れを作るのはマスコミです。そこに注意すればいいと思っています。
  マクロ経済を素人が何とかするというのは無理です。政府や大企業が考えを改めなくてはいけません。そのためには、少しずつでも声を上げていくほかはないんじゃないかなという気がします。
  余談ですが、政策の要望などは、自民党よりも民主党に出す方がいいでしょうね。自民党はあと長くて10ヶ月でおしまいですし、あんな調子では飼い主の要望を受け入れるだけで精一杯でしょう。

>>のらくろさん

>飼いネコというのは、身勝手に思えても、家族の一員としての責務をちゃんと果たしている

  そういう視点が大事ですね。
  目に見える「家庭サービス」や「目標に向けた勉強」ばかり要求していたら、いざというときにエネルギーがなくなってしまいます。
  まあ、しっかりした女性はそのへんは分かっていますが、マスコミという強力なバカ増幅装置があるので、油断は禁物です。

>多分大半の夫や息子は、「一旦緩急アレバ」頼りがいのある存在になって、
>家族の危機をのりきっていったのではないかと思います。

  私もそうだと思います。そういうことを、もっと多くの女性が分かってくれるといいのですが、最近はどうも性差を敵対心に変えようとする奴(スイーツとかいう言葉を連発するバカなど)が多くて困りますね。
  右にも左にもキムチな人が大量に入り込んでいますから、右からは男尊女卑、左からはジェンダーフリーを煽り、内紛を起こさせて子供を産ませないようにする戦略があるのかもしれません。冗談抜きで、某ツボ売りカルトの動きなどを見ていると、そう思えてきます。
ろろ | 2008年10月27日(月) 11:51 | URL | コメント編集

●ご参考

「左右」のグローバリズムとフェミニズムの根底的誤り
http://sun.ap.teacup.com/souun/486.html
「右翼」や「左翼」について
http://sun.ap.teacup.com/souun/487.html
「階級対立」とフェミニズムの「性的対立」は、“彼ら”が生み出した「盾」であり「防御壁」である
http://sun.ap.teacup.com/souun/1953.html
早雲 | 2008年10月27日(月) 13:27 | URL | コメント編集

●政治ブログ

私は歴史ブログだと思っていました。
商人と帝国の関係は傑作だと思います。

思春期の子供は犬ではなく猫。これも格言ですね。先生。
ケーキ屋 | 2008年10月27日(月) 20:46 | URL | コメント編集

でも飼い犬のろろ君は可愛いですね。
ケーキ屋 | 2008年10月27日(月) 20:47 | URL | コメント編集

●『ろろ』って愛犬の名前だったんですか!?

うちの愛犬は『コロ』でした!!

『政治ブログ』は失礼しました。
地政学はもっと深めたいと思っています。
東アジアのパワーオブバランス!!
混迷する経済問題もどんどんご教授いただきたい。
ハケン問題は絶対に放置しておけない大問題!
政治経済全般に日本を支配するアメリカの影!!
そんなことをここで学ばせてもらっているつもりです。

経済も社会も全ては『政治』のありようによって変わってくるものであり、
そんな意味も含めて『広義』の政治ブログと理解しています。
決して、『右だ!左だ!』と騒いでいる
『狭義』の政治ブログと一緒にしてはおりませんのでご理解ください。

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
caccyo313 | 2008年10月27日(月) 22:09 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>早雲さん

  なるほど・・・世の中には、左右の対立のように、「彼ら」の所行を見えにくくする煙幕がたくさんあるようですね。

>>ケーキ屋さん

>私は歴史ブログだと思っていました。

  そう思っていただけると嬉しいです。

>でも飼い犬のろろ君は可愛いですね。

  彼は、ネット上でたまたま出会ったわんちゃんです(笑)。

>>Caccyoさん

>経済も社会も全ては『政治』のありようによって変わってくるものであり、
>そんな意味も含めて『広義』の政治ブログと理解しています。

  そういうご理解を頂けるならいっこうに構いません。
  ただ、最近ここを政治ブログだとか、反米保守だとか、妙な勘違いをする人が増えていましてね・・・イデオロギーから出発しているんじゃないと、なんど言ったらわかるのかなあと思っています。
  私にとってみれば、子供はネコだという考えも、学校はカルト養成所だという主張も、宝くじは貧乏人ほどのめり込むという話も、地政学も、グローバリスト批判も、全て同じ根っこから出ているんですが、世の中には楽しむより先にレッテルを貼りたがる人が多いですね。

  ちなみに、ちょっとプロフィールをいじってみました。
ろろ | 2008年10月28日(火) 01:23 | URL | コメント編集

●大臣

なるほど。

ろろさんは教育者ですけれども政治経済に明るいときている。専門分野にとらわれず、総合的な見方ができる方だと思います。

外務大臣、財務大臣、文部科学大臣、経済産業大臣のうち、なれるとしたら何がいいとお考えですか?
大坂佳巨 | 2008年10月28日(火) 04:50 | URL | コメント編集

●難しい選択ですね

>外務大臣、財務大臣、文部科学大臣、経済産業大臣

  外務は基本的には貴族やお公家様の仕事ですし、財務官僚はアレですから、やはり文部科学大臣じゃないでしょうか。留学生の補助に向けている部分を、文部科学を説得して理系の才能ある連中に突っ込みます。留学生を入れてもクソの役にも立ちませんが、理系の天才がいれば宇宙開発や深海開発でリードできますからね。
  本当なら、農水大臣をやりたいんです。所得補償や地産地消クーポンを強硬に推し進めて、速攻辞任にならないといいんですが(笑)。
ろろ | 2008年10月28日(火) 08:22 | URL | コメント編集

●官房長官あたりか!?

初入閣は広い視野を持って、首相を支える官房長官ってところでしょうか!?
そこで能力を認められればどこでも、そして信頼を勝ち得た暁には…

あっ、ろろさんの希望を尋ねてみえたんですね!?(^_^;)
caccyo313 | 2008年10月28日(火) 08:37 | URL | コメント編集

●松岡現農相

文部科学大臣ですか。やはり教育者であることが第一義のようですね。

農林水産大臣室には松岡霊がまだおりますんで、やはり江原啓之あたりを入閣させにゃあいかんでしょう。

財務大臣は確かにアレですけれども、外務大臣てのはお公家さんの仕事ですか。
大坂佳巨 | 2008年10月28日(火) 11:19 | URL | コメント編集

●打診願

実は打診だったことがバレてしまいましたんで正直申し上げますとあの4つからお選び下さい。官房長官が読み上げるのを待ってますから。

できれば外相でお願いします。

他には全く適任者が不在なんで。

内容は政策提言ですから今までの活動とあまり変わりないと思いますが、今後は連携型で普及速度を早めようということですが、何より一番の理由は「体裁」です。
大坂佳巨 | 2008年10月29日(水) 01:52 | URL | コメント編集

●>>大坂さん

それなら、外務の方をやらせていただきます。

どこまで力になれるかは分かりませんが・・・。

ろろ | 2008年10月29日(水) 02:02 | URL | コメント編集

●感謝

ありがとうございます。助かりました。今のところ、外務、農林水産、国土交通、防衛、官房が承諾をもらい埋まりました。

また追って連絡しますが他の記事のコメントにも参りますのでよろしくお願いします。
大坂佳巨 | 2008年10月29日(水) 02:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。