2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.10.22(Wed)

【東シナ海】 近い将来、海の上で「二正面作戦」を採らざるを得ない日に備えよう 【日本海も】 

  ※津軽海峡に関する部分を若干訂正いたしました。
 
  洒落では済まない事態です。  

中国の軍艦が津軽海峡通過 防衛省確認
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20081021AT3S2001520102008.html

 防衛省は20日、中国海軍の駆逐艦や最新鋭フリゲート艦など4隻が青森県北端の竜飛崎から西南西約37キロメートルの日本海公海上を北東に向けて航行しているのを確認したと発表した。海上自衛隊の哨戒機P3Cが19日午後5時ごろ発見。4隻はその後、津軽海峡を通って太平洋方面に抜けた。中国戦闘艦による津軽海峡通過の確認は初めてという。

 4隻は公海上を通っており、領海侵犯はしていない。統合幕僚監部は「中国海軍は潜水艦を含め動きを活発化させ、大陸周辺だけでなく太平洋側にまで活動範囲を広げつつある」と動向を注視している。

 4隻のうち最新鋭フリゲート艦「ジャンカイ2級」と補給艦の2隻は対馬沖を航行しているのを海自が17日に発見。駆逐艦「ソブレメンヌイ級」とフリゲート艦「ジャンカイ1級」の2隻はロシアを親善訪問した後に合流したとみられる。



>津軽海峡を通って

>4隻は公海上を通っており、領海侵犯はしていない。


  どうやら、津軽海峡は●「国際海峡」になっていて、一定の区域であれば航行の自由が保障されているようです。
  それでも、国際海峡は「継続的かつ迅速な移動」(たとえば、タンカーが物資を定期的に運搬するような場合)しか許されておらず、公海上と異なり、調査活動等は認められていません。軍艦が、何の意図もなしにこんな場所を通るというのはどう考えても変です。
  このような行動に抗議しないとすれば、我が政府は主権防衛に関する意識が決定的に低いと言わざるを得ません。平和ボケとかそういうレベルではありません。仕事の放棄です。私が「志望校合格なんてどうでもいい」と言い出しているのと同じレベルの背信行為です。

  それは一旦置いておくとして、私が常々口にしている「中国と朝鮮(韓国+北朝鮮)の冷戦」●こちらの記事など参照)で、中国側が圧勝してしまうと、どういう事態が起こるか、この記事はよく物語っているといえます。
  以前から、東シナ海で中国海軍の潜水艦が活動しているということは、よく指摘されています。最近も、こういう事件がありました。

中国潜水艦2隻、米空母威嚇狙う 海自が東シナ海で探知
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/187495

 中国潜水艦が今月上旬、東シナ海に展開しているのを自衛隊が探知していたことが16日、分かった。潜水艦は2隻で、1隻は2004年11月に日本領海を侵犯したのと同型の漢(ハン)級攻撃型原子力潜水艦とみられる。この時期、横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されたばかりの米原子力空母ジョージ・ワシントン(GW)が韓国に向けて周辺海域を航行しており、海上自衛隊は、中国側がGWを待ち伏せし、GWのデータ収集や示威行動を行おうとしたと判断、P3C哨戒機による監視飛行を強化している。

 防衛省によると、漢級のほかのもう1隻は通常型潜水艦とされる。自衛隊が2隻を探知した地点は日本の領海外で、領海侵犯などはしていない。

 GWは通常型空母のキティホークに代わり、先月25日、横須賀基地に配備。今月7日に韓国・釜山沖で開かれた韓国海軍の記念式典に参加するため、1日に横須賀基地を出港していた。

 中国は新型の建造など潜水艦戦力の増強に伴い、潜水艦の活動も活発化させている。東シナ海では米軍艦艇に連動して活動するケースが多い。GWの配備を控えた先月14日には、海自のイージス艦が高知県沖で国籍不明の潜水艦の潜望鏡らしきものを発見。クジラを誤認した可能性も残るが、潜水艦であれば中国かロシアとみられるという。

 今回の中国潜水艦は横須賀から釜山までの航行ルートを予測して待機し、GWの音響データなどを収集しようとしたとみられる。(以下略)



>クジラを誤認した可能性も残るが、

  ネット右翼・自称保守ご愛用のizaのニュース記事なので、産経新聞が元だと思うのですが、これだけ書いておいてクジラ云々はないだろう、と、思わず笑ってしまいました。やはり、どの新聞もスポンサー様(経団連企業)の愛するチュウゴク様には一定の配慮を示さないといけないのでしょう。
  それはいいとして、●尖閣諸島の問題もあるので、すでに東シナ海では自衛隊と海上保安庁がかなりの緊張状態を強いられています。この事件も、きちんと探知しているからこそ判明したことで、その点では海上自衛隊は優位に戦いを進めているといえるでしょう。
  しかし、これに加えて、もし中国軍が朝鮮半島の東海岸の港(羅先か清津)を拠点として手に入れれば、日本海側も大忙しになるということです。あまり歓迎できない事態ですが、そう遠くない将来、そういうことが起こる可能性はあります。
  こうなると、日頃少なからぬ日本国民が唾棄すべき存在としてみなしている北朝鮮の存在が、どれだけありがたいかということに気づくでしょう。北朝鮮こそは、ランドパワー中国を外洋に進出させないための防護壁だということです。
  だからといって、永遠にたかられ続け、何の見返りもない「国交正常化」をしろという意味ではありません。北朝鮮との国交回復への動きは、小泉純一郎元首相が活発に発言している(●こちらの記事を参照)ということからも分かるように、アメリカが日本に「要請」しているものです。
  そうではなくて、我が国が(アメリカに気づかれぬよう、あるいは何らかの手打ちをして)北朝鮮を独自に支援することが必要です。アメリカによって設定された冷戦時代の枠組みから一歩踏み出して、北朝鮮と真摯に向き合い、毅然として交渉すれば、拉致被害者も帰ってくる可能性が高いといえます。

  もっとも、大陸での力関係からいって、やはり中国が朝鮮を圧倒しているのは事実です。今のところは北朝鮮が北京に届く核兵器を持っているために、均衡状態が続いていますが、いろいろな条件(たとえば、在韓米軍の撤退)が整い、なにかのきっかけで北朝鮮の核武装が解かれれば、間違いなく朝鮮半島は中国の手に落ちます。
  そうなってから、慌てて防衛力の強化に着手しても仕方がないので、我が国の政府は、以下のような対策を今から打っておくべきでしょう。

★防衛費の引き上げ(GDP比1%では少なすぎる)
★対馬の防衛能力の強化
★日本海側の港へイージス艦の配備など、防衛上のてこ入れ


  対馬については、韓国人が大量に入り込んでいるので、朝鮮が中国の軍門に下れば中国側のサポートをする可能性があります(そうでなくても、朝鮮族のスパイや工作員が紛れ込む可能性がある)。●以前の記事で紹介した、防衛特区のような対策を執るべきでしょう。継続的な需要が発生する軍事組織の誘致は、過疎が進む地域では歓迎されます。米軍と違い、地元住民との軋轢が少ないのも利点です。
  また、日本海側に関しては、新潟や福井のような、コメの自給率が高い地域に新たに陸上自衛隊を増員します。地元で食糧を調達するようになれば、まさに「地産地消」です。余分に人員を配置して、農業に従事させてもいいかもしれません。
  平時には災害対策としても期待できます。北陸や新潟は近年大きな水害や自身に襲われており、ただでさえ豪雪地帯でもあるので、心強い味方になることでしょう。もちろん、バカな隣国や、国内のアホな「ヘーワ主義者」への言い訳にも使えます。

  さて、一介の塾講師ですらこの程度のことは考えているわけですが、「自由と反映の弧」などという地政学的な概念を唱え、内外にタカ派として知られている現在の首相閣下は、こういう場で「おたくの海軍はちょっとおかしいんじゃないのか?」と、ちゃんと中国に抗議してくれるんでしょうか?
  

12月に福岡で日中韓首脳会談 政府、中韓に打診
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20081022AT3S2100R21102008.html

 日中韓3カ国と東南アジア諸国連合(ASEAN)は、北京で開催するアジア欧州会議(ASEM)に合わせて、24日に首脳会談を開催する方向で調整に入った。外務省幹部が21日、明らかにした。世界的な金融危機がアジア経済にも影響を及ぼしつつあることから、日中韓3カ国を中心に対応策などを議論することにした。

 政府が12月6、7日、麻生太郎首相の地元に近い福岡市で日中韓首脳会談を開催できないか中国、韓国に打診していたことも明らかになった。実現すれば日中韓の3カ国首脳が国際会議と切り離した形で一堂に会する初めての機会になる。



>金融危機がアジア経済にも影響を及ぼしつつある

  すでに影響は及んでいるのに、何を甘いことを言っているんだ、と思いますが、日経新聞としては、(経団連のお得意様である)中国や韓国が危機になったら、日本のカネで救済するような枠組みの設定を望んでいるのでしょう。
  しかし・・・前任者のチンパンジーくんがサミットで「アフリカ向けODAを2倍にする!」と大盤振る舞いをしたり、その前の安倍チャン(笑)が●「東シナ海ガス田は中国と共同開発をする!」と申し出たり、自民党の首相というのは「内政は放って置いて外国に媚びへつらって権力を維持する」というのが暗黙の前提となってしまっているのでしょうか?
  どうも、先々に備えて防衛上の策を講じるとしても、周辺諸国のちょっとした「懸念」に配慮してしまいそうで怖いです。
  かといって、日本で防衛に興味がある政治家というのは、●こんなのばっかりというお寒い現状があります。
  現場の防衛官僚の方々に、勝手に仕事を進めてくれることを期待するしかないのでしょうか。もう少し、戦略というものがわかる人がトップに立ってほしいものです。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

当ブログは「自エンド」(自民党壊滅キャンペーン)を提唱中です
「自エンド」バナー「自エンド」バナー「自エンド」バナー

スポンサーサイト
EDIT  |  09:39 |  地政学・国際関係  | TB(2)  | CM(10) | Top↑

Comment

●津軽海峡について

私も気になったので、津軽海峡について調べてみました。
津軽海峡は、国際海峡であり、日本の領海法で、特定海域として扱われます。
特定海域は、沿岸から3海里が「領海」扱いとされるため、津軽海峡の一部は「公海」として扱われます。
今回の中国の軍艦は、日本の沿岸3海里以内に入らなかったということで、「領海侵犯はしていない」という記述になったのではないでしょうか?
SARU | 2008年10月22日(水) 17:40 | URL | コメント編集

●TBです

色分けが違います
http://sun.ap.teacup.com/souun/1622.html
朝鮮半島における日本の“国益”
http://sun.ap.teacup.com/souun/1377.html
早雲 | 2008年10月23日(木) 00:03 | URL | コメント編集

●>>SARUさん

  ご指摘ありがとうございます。国際海峡について、若干の訂正をおこないました。
ろろ | 2008年10月23日(木) 00:15 | URL | コメント編集

はじめまして。

この産経新聞の記事の場合、そもそも領海侵犯という記述をしていること自体がおかしい
と自分は思います。
たしかに、中国軍艦の津軽海峡の通過は我が国にとっての安全保障上の脅威ですが、国際法上、航空機による領海及び領土の上空である領空侵犯は問題であるものの、領海についてはたとえ外国の軍艦であっても、無害通航は認められているからです。
(無害通航については、海洋法に関する国際連合条約第19条参照)
海洋の区分については、慣習法、公海に関する条約、領海及び接続水域に関する条約、海洋法に関する国際連合条約等を根拠として、内水、領海、接続水域、排他的経済水域、公海と区分されておりますが、慣習法として領土と同様の沿岸国の管轄権が認められている内水(港内、湾内、河川等)と異なり、領海では航行船舶に対する沿岸国の管轄権は限定的にしか認められておりません。
そして、航空機と異なり、船舶の領海内への進入は、たとえ外国の軍艦であったとしても
単純に”領海侵犯”とは言えないこととなります。
行動派一号 | 2008年10月23日(木) 00:46 | URL | コメント編集

●追記

なお、我が国の領海は、原則沿岸の領海基線から12海里となっておりますが、宗谷海峡、津軽海峡、大隅海峡、対馬西水道、対馬東水道については領海法に定める特定海域とされており、領海法施行令において領海の範囲が定められています。(原則領海基線から3海里だが、すべて領海基線から3海里というわけではない)

かつて、海洋政策研究財団のセミナーで、領海法の草案を作成した実務担当者である柳井元駐米大使の講演の際に、現在の領海法は我が国が”海洋法に関する国際連合条約”の国内法化の一環として、1カ月程度で急ぎでつくったものだという話を聞きましたが、
その際には領海法の特定海域の説明はありませんでした。
しかし、一般的に特定海域とは、それらの海峡を我が国領海とするならば、ソ連等の核兵器を搭載した外国潜水艦の通過に対して、我が国が非核三原則の立場から何らかの措置をとらねばならなくなることを避けるためであったといわれています。
行動派一号 | 2008年10月23日(木) 01:08 | URL | コメント編集

●>>行動派一号さん

  どうも。その辺りは本文中に引用してあるリンク先に書いてあります。
ろろ | 2008年10月23日(木) 01:24 | URL | コメント編集

●国際海峡とは

今回の中国軍艦の航行の状況がわからないのですが、もし無害通航の要件を満たしているならば、仮に津軽海峡がすべて我が国の領海であったとしても、同艦の航行は国際海峡の制度とは関係なく合法といえます。

国際海峡の制度は、1973年の第三次国連海洋法会議の際に、領海の範囲は沿岸12海里以内とするという国際的合意がなされた際、ジブラルタル海峡等の海峡が特定の国の領海となり、外国船舶は無害通航しかできなくなることを各国が問題視したためできた制度だといわれています。

特に各国が問題視したのは、潜水艦が潜水したまま海峡を通過できなくなることです。(海洋法に関する国際連合条約第20条で、無害通航の要件として海面上を航行しその旗を掲げることが定められている)

そこで、国際海峡の制度が設けられ、そこには無害通航権より強い通過通航権という権利が設定されました。通過通航権に基づき、外国領海であっても潜水艦が潜水したまま通過できることとなりましたが、これが国際海峡の制度が制定された特に大きな理由といわれています。

行動派一号 | 2008年10月23日(木) 10:20 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年10月24日(金) 10:34 |  | コメント編集

言い換えれば、"緩やかな鎖国"という選択しかないのでしょう。
少子高齢化社会が如実にかたってます。それは日本があらゆる面でコンパクト化し、デフレで市場規模が収縮して、地方都市などは更地と空きテナントが凄い勢いで増えています。

これに逆行し市場拡大政策を執ると…ろろ様が云うように戦争の選択しかなくなるのでしょう。
はやぶさ | 2009年04月13日(月) 17:40 | URL | コメント編集

●>>はやぶささん

>戦争の選択しかなくなるのでしょう。

  今だって、自民党と民主党の旧社会党系を除く議員達が大連立し、宗教票をフル活用すれば、憲法改正だって夢ではないのです。横路氏や鉢呂氏は好きな政治家ではありませんが、小沢代表同様、日本がおかしな方向へ行かない重石としては役に立っていると思います。
  これは、イデオロギーなど関係ありません。
  大陸に打って出ることが何らかの形で決定した時点で、日本は終わります。あとは、戦前と同じベクトルで突き進むだけです。近代経済システムには、その暴走を止めるメカニズムはありません。
  個人的に勝負は2010年だと思っています。なんといっても、この年から国民投票法が施行されるのです。ここで自民公明側が勝てば、民主党内の自民党寄り勢力が脱走し、憲法改正が可能になる公算が出てきます。なんとしても止めなければなりません。
ろろ | 2009年04月13日(月) 23:12 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

『「改革」にダマされるな!』から

関岡英之先生(作家)と和田秀樹先生(精神科医・作家)の共著『「改革」にダマされるな!』PHP(2007)から、城内実さんに関する部分を引用させていただきます(同書200-201頁)。 ...
2008/10/22(水) 20:46:07 | がんばれ城内実(きうちみのる)

10月31日とうとうダライラマが来日。11月7日まで滞在。

以前よりお伝えして参りましたがとうとうダライラマが来日なさいました。 日本国内に於ける滞在日程は以下の記事の通りになっております。 ダライ・ラマ14世が来日、出迎えに笑顔で合掌 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20...
2008/11/04(火) 02:46:16 | 帝國ブログ
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。