2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.09.01(Mon)

【福田首相辞任】頭のすげ替えだけで済むと思っているのか? 

福田首相が辞意を表明
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008090100887
--------以下引用--------
 福田康夫首相は1日夜、退陣する意向を固めた。同日午後9時半から首相官邸で緊急記者会見し、表明する。求心力低下が指摘される中、12日召集予定の臨時国会を乗り切るのは困難と見て、自らの退陣により、事態の打開を図る必要があると判断したとみられる。
 首相は8月1日に内閣改造を断行、人気のある麻生太郎氏を自民党の幹事長に起用したが、低迷する内閣支持率に大きな変化はなく、党内からは「福田首相では次期衆院選は戦えない」との声も漏れていた。また、臨時国会の日程や懸案の新テロ対策特別措置法の延長などをめぐり、公明党との関係もぎくしゃくしていた。一方、民主党は、臨時国会で福田首相を衆院解散に追い込むことを目指し、徹底対決する姿勢を鮮明にしていた。
 自民党は、福田首相の辞意表明を受け、速やかに総裁選を行い、後継総裁を選出する見通し。麻生氏を軸に後継選びが展開されることになりそうだ。
--------引用以上--------
  
>公明党との関係もぎくしゃくしていた。

  ここが辞任決断の大きな要因です。以下のニュースが参考になります。

公明党県本部:定額減税「政治の役割」 政経懇話会に700人
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20080901ddlk17010240000c.html
--------以下引用--------
 公明党(石川)県本部は31日、次期衆院選に向けた「政経懇話会」を金沢市のホテルで開き、公明、自民両党の国会議員、支持者ら約700人が参加した。

 会では公明党の太田昭宏代表が「未来に責任を持つ政治」と題して講演した。能登半島地震直後に現場入りしたことなどを挙げて、「生活現場主義」を強調。29日に政府・与党が決定した定額減税について「『バラマキ』『財源がない』というが、無駄は削る。しわ寄せが来ている庶民や中小企業に感情を寄せ、手を打つのが政治の役割だ」と訴えた。

 会場には、森喜朗・元首相ら連立政権を組む自民党議員も勢ぞろい。公明党県本部の庄源一代表らは「総選挙勝利に向かって今日からがスタート」などと気勢を挙げた。
--------引用以上--------

  別に公明党を支持するつもりなど120%ないのですが、この問題に関しては、ちゃんと取り組まなければ次の選挙で勝てないということを、公明党の方が遙かによく理解していると言えます。
  もちろん、自民党としても、公明党(というか、その支持母体である創価学会)の選挙協力がないと次の衆院選は大敗が確定なので、公明党に大幅に譲歩したいところなのですが、そうは行きません。自民党政権には、アメリカ以外に、国内にも「ご主人様」がいるからです。

定額減税、政府が物価高対応で緊急措置必要と判断=杉本財務次官
--------以下引用--------
 杉本和行財務次官は1日、総合経済対策に定額減税が急きょ盛り込まれたことについて、価格転嫁にタイムラグが発生し国民生活を圧迫する懸念があるため、政府による一種の緊急措置が必要と判断したとの見方を示した。

 杉本次官は当初、政府・自民党が慎重姿勢を取っていた定額減税が総合経済対策に盛り込まれた背景について、29日に発表された消費者物価指数(CPI)が2%を超えるなど「物価高が進展し、それに対してどういう施策を講じるかという議論がされたと思う」と述べた。

 その上で「資源や食料の高騰に起因する物価高は、本来、製品価格や賃金への転嫁の円滑化で対応されるべき。しかし、転嫁のタイムラグがあるので、国民は生活水準切り下げのリスクに直面している」とし、「こうした中で、政府が財源状況も勘案しながら、一種の緊急的な措置を講じることが必要かつ適切ということが、与党間の議論を踏まえて考えられたと認識している」と語った。

 総合経済対策は、特別減税の2008年度内の実施を盛り込んだ。物価高対応のため家計への緊急支援として単年度の措置と明記し「規模・実施方式などについては、財源を勘案しつつ、年末の税制抜本改革の議論に併せて引き続き検討する」としている。

 また、杉本財務次官は総合経済対策に伴って編成される1兆8000億円の補正予算の財源について「既存の歳出を見直す中で、ギリギリの財源捻出の努力をすることになるが、具体的な内容については早急に検討したい」と述べるにとどめた。
--------引用以上--------
  
  細かくてどうでもいいことをグダグダグダグダしゃべっていますが、要するに財務省が言いたいことは、「この減税は緊急措置だ。増税という我々の方針は変わりがない」ということです。引用記事中で、

>年末の税制抜本改革の議論

  などと、きかれもしないのに述べていることからも、それがよく分かります。
  この財務省というのは、もう自民党政府にはコントロールできない怪物になってしまっているようです。「財政均衡」「増税と支出削減によるプライマリーバランス回復」以外のデータ入力やプログラムのインストールに応じない、欠陥コンピュータと言っても過言ではありません。
  構造カイカクで支出を削減しろと喚いていた小泉や竹中は、このコンピュータの外部出力端子に過ぎなかったのかも知れません。
  そして、その欠陥コンピュータには、アメリカやイギリスで財政学や経済学と名の付いた机上の空論を頭に詰め込んできた留学組の財務官僚が部品として入っているわけです。こんなに役に立たない(むしろ有害な)道具は、おそらく世界中探しても二つと見あたらないでしょう。
  福田首相の苦し紛れの辞任は、公明党(選挙対策)と財務省(財政均衡)との軋轢に悩まされた結果だったのでしょう。しかも、後者は日本を動かしているのは自分たちだという、意味不明のプライドに凝り固まった連中で、今更考え方を変えるとは思えません。そう思うと、いくばくか同情の余地があります。
  
  今後の動きを簡単に予想します。

  まず、福田がここ最近で敷こうとしていた路線=景気対策による政権浮揚をそのまま継続するとすれば、その旗振り役である麻生太郎・自民党幹事長が同党の総裁兼内閣総理大臣として就任するのが妥当なところです。
  しかし、自民党の最大勢力である「清和会」(町村派)と「小泉チルドレン」、言うなれば小泉純一郎派が黙っているとは思えません。麻生はかつて、安倍政権での自民党幹事長に就任した際、「小泉は自民党をぶっ壊した。自分はそれを立て直す」と発言した(●こちらのリンクを参照)人物であり、小泉の宿敵である平沼赳夫衆院議員の復党を図ったことで、小泉に潰された経験のある人物です。
  要するに、麻生は小泉や、そのバックにいる財務省、アメリカ政府のコントロールが利かない政治家なのです。こういう人間をトップに据えて、幼稚でつまらないプライドばかり大きい小泉が我慢できるわけがありません。
  考えられるケースとしては、「カイカクの継続」を掲げて、自分の子飼いの政治家、たとえば小池百合子や中川秀直を総裁候補としてぶつけてくることです。そうすれば、たとえ負けたとしても、小泉一派の勢力を見せつけることで、その後の政権運営に干渉しやすくなります。
  さらに、可能性は薄いのですが、自分の手下を連れて「小泉新党」を結成するかもしれません。メディアや外資、アメリカ政府などの応援を得て、さらに民主党から前原誠司、野田佳彦、岡田克也といった新自由主義シンパの協力を得れば、うまくすると選挙後第1党になれる可能性さえあります。
  (小泉新党が出来た場合の選挙の動向などは、●こちらのカテゴリの記事で予測しています。もしまだご覧でなければ、ご一読ください。)

  まあ、私の予想では、麻生総裁の誕生でほぼ間違いないと踏んでいますが、だからといって期待して良いとは思っていません。
  現在の自民党政権の最大の問題は、個々の自民党の国会議員が、国民のための意思決定を出来ない状況に置かれていることです。理由は簡単で、彼らにはちゃんと雇い主がいるからです。「アメリカ政府」「外資」「経団連」そして、「財務省」です。カイカク派などと言われている連中は、ほぼ100%上に挙げたどこかの紐が付いているといっても過言ではありません。
  これらの勢力による縛りが切れない限り、自民党に本当の意味での国民経済再生策など打ち出せるわけがありません。
  私や、私が好意を寄せるブロガーの方々が、「自エンド」を主張しているのは、こういう連中とのしがらみを断つには、政権を変えるのが現状では一番有効な手段だと考えているからです。あまのじゃくに自民党を憎悪していたり、表面的なイメージで政治家を叩きたがったりする左翼的思想の持ち主とは全く基軸が違います。

  最後に、一言。
  
  自民党よ、小手先の弥縫策で国民を幻惑するな!!
  悔しかったら、カイカクを否定してみろ!!高度成長の頃に戻ってみろ!!


★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

当ブログは「自エンド」(自民党壊滅キャンペーン)を提唱中です
「自エンド」バナー「自エンド」バナー「自エンド」バナー


スポンサーサイト
EDIT  |  22:49 |  自END(自民党追放キャンペーン)  | TB(4)  | CM(10) | Top↑

Comment

●プロフィール欄の変化に驚いたのもきっかけですが

 初めてコメントをお付けします。変なことを書いてしまうかもしれませんが、あまり怖くしないで下さい(笑)

>こういう連中とのしがらみを断つには、政権を変えるのが現状では一番有効な手段だと考えているからです。
 であるからこそ、ケーキ屋さんのところにも書きましたが、民主党にも問題が多いのにも関わらずそれしか思いつかないのです。万全とは限りませんが。民主党も、いつでもカイカク政党になってしまう可能性がありますので。
 カイカク派が自発的に自民党から出て行ってくれれば、楽なんですけどね。

>左翼的思想の持ち主とは全く基軸が違います。
 私が反カイカク派になってからも、左翼との付き合いはなく、違和感を抱いています。最近その原因が分かったんですが、多くの左翼・リベラルを主張する者は、過去自民党がやってきたことを、全否定しています。豊かで平穏で治安も良かったことが、この国の何よりの誇りであったんですけどね。それさえ自民党の功績を認めないと言うのでしょうか?(国民新党を無視するのもそのためでしょう)ルサンチマンのような感情もかなりあるんでしょうね。
 それに対して、
>高度成長の頃に戻ってみろ!!
という記載からも分かりますが、私が信頼している方は、自民党が過去にやってきたことを認めるべき部分は認めていると思います。
北之 茂良助 | 2008年09月02日(火) 00:47 | URL | コメント編集

●福田首相の辞任

お久しぶりです。
今回の辞任は驚きました。でも、やるだけやった後の辞任ってより、誰かに辞めろっていわれて辞めざるをえなくなったって感じがやはりするんですよね。
誰が辞めろって言ったのか?
先にあげてらした財務省これは怪しいです。減税を嫌がってっていうのはあり得る話です。
二番目はアメリカの大統領選挙で共和党の女性副大統領候補が人気?なのか金を稼いだとかいわれてるので今なら清和会に有利な選挙資金を貰えるかもということで福田首相を辞任させ、新しい首相をたてて、早い内に選挙するとかでしょうか。
財務省とアメリカ、清和会の利害が福田首相辞任に一致したということでしょうかね。
清和会の首相としては福田首相は良くやったほうでしょう。森、小泉、安倍と本当に困った首相が長かったので多少良く見えてました。減税するって言った首相は小渕総理以来でしたから。間の首相はみんな増税一直線だったので。
福田首相にはお疲れ様と言いたいですね。ただ、今回の辞任を見て、福田首相的には内閣改造じゃなく選挙するって言って今くらいに選挙して、負けて辞任したほうが格好がついたんではと思いました。
どちらにしても今の自民党は膿が色々ありそうなので下野してもらいたいです。
そして問題の深い財務省ですね。増税ばかり押しつけて、一体何に税金を使ってるんだって思います。どこの国の官僚なのか、彼等を見てると大臣に人事権を与えるって言うのに考えてしまうところがあります。
そしてアメリカ。彼等は自分達に忠実に従う人間を首相なり大臣につけるのがお好きみたいです。でもこれってデメリットが大きいんです。アメリカにばかり忠実で自国を返りみない政治家をその国の国民は支持するでしょうか?その政治家と共にアメリカも嫌いになる方が多いのでは?世界中で反米が増えたのはそれが原因でしょう。
ロシアが力をつけたのも、アメリカの周辺の国々にアメリカと距離を置く人々が増えたのもそれが原因でしょうね。
アメリカと協力しても国民に旨味がないですから。
ある程度豊かな国民生活ができる国民と彼等に支持されてる首相や大統領と手を組むが、あまり内政には携わらないで多少の貢ぎ物だけ貰う外交の方がアメリカには得だと思います。江戸幕府と藩みたいな感じでしょう。
幸未来願 | 2008年09月02日(火) 01:27 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>北之茂良助さん

>あまり怖くしないで下さい(笑)

  頑張ってみますが、保証はできません(笑)。

>多くの左翼・リベラルを主張する者は、過去自民党がやってきたことを、
>全否定しています。豊かで平穏で治安も良かったことが、
>この国の何よりの誇りであったんですけどね。
>それさえ自民党の功績を認めないと言うのでしょうか?
>(国民新党を無視するのもそのためでしょう)
>ルサンチマンのような感情もかなりあるんでしょうね。

  基本的に左翼はルサンチマンの塊です。
  自分の今の不満や、自己実現がうまく行かないのを、「社会」「固有の文化伝統」「国家」「天皇」「アメリカ」のせいにしているわけです。そして、その枠組みが壊れれば自分も幸福になれると思っているわけです。この世(=現実社会)では救われないから、あの世(=ありえない理想社会)で救われようとする。典型的な「終末論カルト」ですね。
  これに対して、「社会」や「国家」を、「在日朝鮮人」や「反日国家」に置き換えると、右翼といわれる人びとになります。
  近代国家の理念というのが、そもそもそういう理念先行・観念論優先なので、社会のうちの一定数は必ずそういうおかしいのが湧いてくることになります。ただ、昭和40年代と今とでは、絶対数が違います。後者の方が圧倒的に多いです。
  そういう方々とお付き合いしたくないというのは、全く同感です。

>私が信頼している方は、自民党が過去にやってきたことを
>認めるべき部分は認めていると思います。

  昔の自民党は、少なくとも公に「競争に敗れるような弱者は死ね」などと言っていませんでしたからね。
  私最近分かったんですが、そういう時期の自民党も嫌っている人(右にも左にもいる)って、誰かに導いてもらいたがっている人なのではないかなと思います。それも、自分から高いレベルの人物に近づこうというのではなく、自分たちにも分かりやすい、楽できるような誰かにです。
  小泉や安倍がそうでしたし、マンガやオタク文化への理解を売りにしているあの人もそうです。左側でいうと、辻本清美とか川田龍平辺りを信奉している人なんてそういう感じがしますね。
  国家やリーダーに導いてもらおうなんていう発想が、私からしてみたら不健全です。どうも、世の中が便利になると、そういうカルトに盲従する貧困な精神の持ち主が増えるようです。

>>幸未来願さん

  おひさしぶりです。お帰りなさい。

>清和会の首相としては福田首相は良くやったほうでしょう。

  麻生の起用は安倍もやったことなので、まあ人気取りなのかなぁと思いますが、カイカクを引っ込めて、景気対策ということを
  それに、よく考えると、この人の元で新しいカイカクって何にも進んでいないんですよ。移民1000万人とかいうのも、元幹事長が言ってるだけで、福田自身は何も関与していないわけですからね。
  文藝春秋で、経団連会長の御手洗と、経済財政諮問会議の丹羽隆一郎という財界の腐敗ツートップが、福田に対して「カイカクを止めるな」と脅迫する記事を載せていたのを覚えています。SMクラブ通いが趣味のサディストや、誰かの言いなりになって次々と強行採決をやろうとした国家主義者オボッチャマに比べると、福田は慎重に物事を進めていましたね。

>アメリカにばかり忠実で自国を返りみない政治家をその国の国民は
>支持するでしょうか?その政治家と共にアメリカも嫌いになる方が
>多いのでは?世界中で反米が増えたのはそれが原因でしょう。

  アメリカの間接支配の特徴は、「効率重視」です(笑)。アメリカのエージェントになる人間に「だけ」利益を分配しますから、その他大勢には不満がたまります。グルジアも、ミンエーカを連発して、失業率が鰻登りになっているみたいで、この前の南オセチアみたいに少数民族を殺すイベントでもやって目をそらさないと国家として保たなくなっているんでしょう。
(フォックスニュースで、南オセチア系のアメリカ人が「グルジア軍に殺されそうなのをロシア軍に守ってもらった」と発言して大騒ぎになりました)。
  昔から、アフリカや南米ではそういうことをやっていました。チリのピノチェト政権が典型例です。ピノチェトは敵対するジャーナリストを何百人と殺している独裁者ですが、共産主義のアジェンデ政権を倒すためにCIAが援助していました。個人的には、イギリスのサッチャーとかいうババアともつながりがあります。
  そういうことを、冷戦後は日本のような同盟国相手にも臆面無くやるようになったのです。良い例が、小泉政権です。もっとも、ドイツのように、うまく距離を保っている国もあるわけで、その辺は我々自身の責任もあります。ソ連をそのまま北朝鮮や中国に横滑りさせて、善悪二元論みたいにアメリカを支持している人が多いですから。

>あまり内政には携わらないで多少の貢ぎ物だけ貰う外交の方が
>アメリカには得だと思います。

  アメリカはマケイン政権が出来た辺りをきっかけに、同盟国との紐帯を重視し、内陸部に軍隊を置かないという、本来のシーパワー戦略に回帰するかもしれません。そのとき、奴隷になるのか、対等な同盟国になるのか、大きな分かれ目です。アメリカにとっては、前者が望ましいのはもちろんです。アジアは日本さえ押さえていれば安心できるというほど重要な場所なのですから、向こうも必死になって我々を押さえつけに来るでしょう。
  清和会に政権を取らせていたら、向こうは間違いなく日本の奴隷化に動くでしょう。だからこそ、政権交代が必要なのです。
ろろ | 2008年09月02日(火) 08:06 | URL | コメント編集

朝のニュースで気になるのが、自(笑)ジャーナリストの“公明党の圧力連呼”です、アレは嫌がらせじゃないですか?

連中からしたら大手メディアで名前出されるのは嫌でしょう、連中の支持母体がカルトなんて誰でも知ってますし。
む~ | 2008年09月02日(火) 17:29 | URL | コメント編集

●>>む~さん

私はテレビを見ない口なので詳細はわかりませんが、要するに今度は公明党が「抵抗勢力」になり始めたのだと思います。

大阪市長選では、公明党支持者の約6%が党推薦(当然自民党推薦でもある)の関氏ではない候補に投票しています。池田大作氏自ら大阪入りしたにもかかわらず、です。

もしかしたら、公明党は支持者から「カイカクはもう懲り懲りだ」という声を結構拾っているのかも知れません。そして、そこから、「このまま自民党と連立していても勝てない」という予測を立てたとしても不思議ではありません。

そうでもなければ、公明党があれほど減税にこだわる理由が分かりません。彼らは有権者のニーズをよく分かっています。

しかし…ネットを中心に氾濫している創価学会に対するネガティブな情報の渦が、彼らの行動を著しく制約しているのも事実です。彼らのカルト的体質による「身から出た錆」ということもできますが、やはり何か大きな力が働いている気がします。

ろろ | 2008年09月02日(火) 23:45 | URL | コメント編集

ろろさまお返事ありがとうございます。

う~ん、以前からの疑問で公明党が自民党との連立を解消しても、公明党と連立組む党ってあるのでしょうか?
大手メディアはひっきりなしに、民主党との連立という見方をしますが、民主党がやるというのは考えにくい気もします、他の野党は絶対やらないでしょう。

カイカク反対の声を聞いたのなら小泉新党も考えにくい…
公明党も追い詰められてるのでしょうかね、所詮油狸の妄想を叶えるための存在ですから、大義も志もあるわけでは無いですし。
む~ | 2008年09月03日(水) 07:35 | URL | コメント編集

●TBです

政治家や官僚の責任問題
http://sun.ap.teacup.com/souun/909.html
早雲 | 2008年09月03日(水) 14:59 | URL | コメント編集

●>>む~さん

  可能性があるとしたら、自民党が四分五裂したあと、旧宏池会(麻生・谷垣・加藤一派)と組むことです。彼らは基本的にハト派なので、平和を旗印に掲げる公明党も合流しやすいという利点があります。公明党の代表代行が、麻生を早速支持しているのも、その辺を見越した動きなのでしょう。
  ここと国民経済派(小沢、平沼、国民新党)が手を組む可能性はあります。グローバル経済派という外国の犬も、小泉・小池・前原を軸に合流するでしょう。アメリカと北朝鮮が、ちょっとした軍事的危機を演出して、小泉一派を手助けするかもしれません。

>>早雲さん

  どうもありがとうございます。非常に筋の通ったお話です。
ろろ | 2008年09月04日(木) 09:42 | URL | コメント編集

●不躾ながら・・・ご教授願いたいです

民主・国民新党の合併、そして総選挙後の再編で国民経済派の党ができれば・・・

小沢さんの腹の奥底は解かりませんが、”実力者”の中では一番期待しています。
これだけ遠回りしてきたのには彼なりの信念と理由があると考えます。
そして自分が刺客・・・面白いですね、東京12区ならば公明とは手を組まないという意思表示ですよね?

ろろさんは彼の思惑と戦略をどう見ますか?
経営者 | 2008年09月16日(火) 04:57 | URL | コメント編集

●>>経営者さん

>民主・国民新党の合併、そして総選挙後の再編で国民経済派の党ができれば・・

  これについては、結構本気で動いているようなので、私も記事を書かなければいけないと思っています。
  小沢氏の狙いなども含めて、近いうちに上げますので、是非ご感想をいただければなと思います。

>”実力者”の中では一番期待しています。

  「農家への所得補償」という一点だけでも、利用価値があると思っています。
  しかし、唯一の心配事は、彼の代で全て終わってしまうことです。その辺は、以下の記事にも書きましたので、お暇なら目を通されてください。

【小泉新党に】衆院選で、国民経済派を勝たせよう【天誅を!!】
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-131.html
ろろ | 2008年09月16日(火) 23:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

在任1年足らずで政権運営行き詰る

【福田首相辞任】頭のすげ替えだけで済むと思っているのか? 総理辞任 http://blog.goo.ne.jp/hazuki_1943/e/03c9d888182ed999da45ea686acfd03e 福田首相の散り際についつい思う http://poppo.aiden.main.jp/?eid=766986#trackback ,. -‐\'\'\'\'\'\"\"¨
2008/09/01(月) 23:16:11 | 福田康夫首相辞任ブログ

道化師の舞踏

福田首相が辞任表明=在任1年、政権運営行き詰まり-麻生氏が後継の軸に  福田康夫首相は1日午後9時半から首相官邸で緊急記者会見し「...
2008/09/02(火) 00:29:00 | 或る浪人の手記

城内実さんに訊く!(2)

城内実さんに色々訊いてしまいましょう!という企画の第二弾です(第一回)。 引き続き城内さんに硬軟とりまぜた質問をしていきたいと思います(今回は「軟」の質問です)。 質問:...
2008/09/02(火) 20:31:54 | がんばれ城内実(きうちみのる)

全国500万人のハケン仲間よ、あなたは年間120万円以上ピンハネされています。この現実をどう思う?

毎日、約5千円~9千円ピンハネされている事が厚生労働省発表のデータから分かりました。 登録型では、1日当り15,577-10,571=5,006円 常用型では...
2008/09/03(水) 22:11:46 | 巨大派遣会社と戦うドンキホーテのブログ
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。