2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.08.21(Thu)

派遣労働者の労災を「自己責任だ」とぬかすバカを撃退する方法(1) 

派遣の労災、3年で9倍=昨年5885人-厚労省まとめ 
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008082102477
--------以下引用--------
厚生労働省が21日までにまとめた調査によると、2007年に労災被害にあった派遣労働者の数は5885人と、製造業への派遣が解禁された04年(667人)の約9倍に膨らんでいることが分かった。派遣元企業からの報告を集計した。派遣を活用する企業が増える一方で、経験の浅い派遣労働者が十分な安全教育を受けないまま、危険業務に従事している実態が浮き彫りになった。
--------引用以上--------

>製造業への派遣が解禁された04年

  ●こちらのリンクにその概要が出ています。

>日々変動する業務量に応じ、労働力需要に迅速・的確に対応することへの
>ニーズがより一層高まっていることなどから、派遣法が改正され、

  要するに、「仕事が少ない時に人間を雇いたくない。都合のいい労働力がほしい」という要求をしている連中がいるということです。言うまでもなく企業です。
  もっとも、企業は利潤を追求するのが目的であるわけですから、ある意味当然のことを要求しているまでとも言えるでしょう。
  そういう場合、誰が一体歯止めを掛けるのか?行政や公権力以外にはありえません。公的な機関であれば、利潤の追求とは違う目的(労働者の安全の保護、大きく言えば社会全体の公平な発展)を追及することができます。その公的機関が、企業の論理にすり寄ってしまっては、どんどんおかしなことになってくるのは当然です。
  
  こういうことを言うと、すぐにムキになっていいかえしてくる人間がいます。

  「派遣労働者などという不安定な労働をしているのがかわいそうだって?そんな仕事についた本人が悪いんじゃないか?」

  「派遣に甘んじているのは、努力が足りないからだ!」


  とかいう感じです。

  まあ、少し前に私が述べた「企業には利潤追求という目的しかない」という原理をきちんと理解して、あとはまともな想像力があれば、こんなことは言い出さないはずなのですが、こういう「自己責任」の話を持ち出されて、うまく反論できなかった人も多いのではないでしょうか?

  そこで、この「自己責任カルト」「自助努力真理教」の信者をどう撃退するか考えてみたいと思います。
  なお、●「ネオリベくん撃退法」同様、ベータ版ですので、みなさんのご意見をいただいてさらに改善していきたいと思っています。

  まず、絶対に気をつけてもらいたいことは、「自己責任カルト」の信者を一発でノックアウトしようなどと考えないことです。
  ネオリベくんのところでも述べましたが、国際競争力だのグローバル化だのという言葉がマスコミで喧伝されているのは、なんとなく分かったつもりになるような言葉だからです。「競争しなくちゃ乗り遅れる」「世界の流れについていけなくなる」というイメージを与えるからです。裏を返せば、それだけイメージを与える力が強いと言うことになり、それを一発で覆すのは難しいからです(できたとしても、それもそれでまた一つの「強弁」でしかない)。
  
  だから、まず相手に尋ねてみることです。「その自己責任というのは、要するにどういうことなんだろう?よく分からないから、教えてほしい(←相手を興奮させないためにはこういう切り出し方が大事)」と、質問するのです。
  そうすると、おそらく相手は「安定した職業についている人はたくさんいるのに、そういう仕事を探そうとしない、必要なスキルを身につけようと努力しないのが悪いということを言ってくるはずです。
  まあ、言ってみれば、「成績が伸びないのは勉強しないからだ」という、言い古されたフレーズと同じ論理です。受験勉強では、こういう論理が結構力を持っています。ただ単に問題さえ解ければいいという、単純な世界だからです。
  その単純な世界と、現実社会のような変数が多く複雑なシステムを同視している時点でもうアウトなのですが、それを言ったら「激怒」させることはできても、「撃退」にはなりません。憲法9条真理教信者とこの辺は同じで、感情的な言い合いに持ち込まれたら、宗教的情熱がある向こうに分があります。
  では、どうするのかというと、ここでもまた一つ質問をしてみるわけです。

  「その努力というのは、誰にでも出来るのか?」

  この質問は重要です。これに対してどう答えるかで、攻め方が変わってくるからです。

  まず、自己実現カルト信者が上記の質問に、「その通りだ」と応えた場合です。
  多くの場合、この答えが返ってくるでしょう。誰にでもできそうだからこそ、その努力をしないことが非難に値すると彼らは考えているはずです。
  そうしたら、次の質問はこれです。

  「では、今の日本で、比較的安定している『正規雇用』に就いている人間がどれくらいいるか知ってるのか?」

  そういうことをきちんと知ろうとしている人間なら、自己実現カルトを信仰するはずがありませんから、答えられないでしょう。答えは約65%です。つまり、35%の人間が非正規雇用に就かざるを得ない形になっています。これを使って最後の仕上げです。

  「全員が努力をしても20人中7人は必ずはじき出されることになるのだが、努力しようと必ずはじき出されることになる人たちを非難するのは間違いではないか?」

  「正規雇用の人間を追い越すくらいの努力をすればいいんだ!」などと言ってきたら、「そういう努力は、あなたが言っている誰にでもできる努力というやつなのか?」と切り返せば済むだけの話です。自分で努力は誰にでも出来ると認めた以上、それを撤回すれば相手は間違いを認めたことになります。
  自己責任カルトの信仰(笑)を支えているのは、「やればできるのに、やらないのが悪い」という論理です。その「やればできる」という部分を徹底的に突くのが賢い戦術です。くれぐれも論理で相手を説得しようと思ってはダメです。質問攻めが基本です。そもそも、相手はカルト信者なのですから、立場の違う人間の理屈を理解する気などさらさらないのです。
  
  すみません。まだ続くのですが、明日は仕事が早いので、このくらいにしておきます。次回も引き続きこの話題を扱います。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
  
スポンサーサイト
EDIT  |  20:17 |  経済とグローバリゼーション  | TB(3)  | CM(10) | Top↑

Comment

●自己責任厨一考

おつかれさまです。
この件については自分も少し考えたことはあります。

問題の前提条件を無視して努力が足りないのがいけないとかいう自己責任論を一辺倒にしか言わない人たちって、自分が努力してきたから今の地位があるってうぬぼれているから、人を馬鹿にできるのでしょう。
運がよかった部分とか周りの人のサポートとかそういったものに対する感謝の気持ちもないのでしょう。

努力の大切さというのは認めますけどね。だからこそ反論しにくい部分もあるのでしょうが。
この種の詭弁というのはそれ自体は正しいのだけど、どんなものごとでも成立するには前提条件や文脈が必要であるということがわかっていないようです。

>>>国際競争力だのグローバル化だのという言葉がマスコミで喧伝されているのは、なんとなく分かったつもりになるような言葉だからです<<<

わかったつもりになるというのは仰るとおりですね。
だからこそ声だけでかい馬鹿がこの手のセリフを恥ずかしげも無く連発して人を不愉快にさせる現象がおきるのでしょう。
本人はアタマイイつもりなのでしょうけれども。
問題はDQNがネットでわめいているだけならまだしも政治家や財界のトップがこういうことを平気で口にすることですね。
そしてその戯言にたいして反論する明確な言葉あるいは勇気が日本になかったことでしょうね。その裏側にはお金を稼ぐ力がある=能力が優れているという思い込みの部分もあるのでしょうけれども。
またその”能力”という概念が曲者なのですが・・・。
とりあえずいえるのは本当に世の中に必要なことをしている人たちが必ずしもお金を稼ぐわけではないということが大事な点だと思うのですがね。
金持ちのなかには、特に今のような時代は寄生産業というか”中間搾取層”のような連中が多いいでしょうし、頑張って何かをつくって付加価値つけるより、誰かの所得を自分に移転する仕組みをつくるほうが金は効率的に稼げるでしょうから。

話がずれましたが努力しさえすればなんとかなるはずだというのはある種、美徳ではあるものの裏返せばルサンチマンにもなるのでしょう。
「私は努力して今の地位を手に入れたんだ。にもかかわらず努力しなかった連中を国が救う、税金を使うなんて許せない。キx-!」というところなんでしょう。
実際その当人の地位だって本当に努力の結果かなんてわかりゃしないのに。
まぁそういうことにしておけばある意味、優秀さの証明になるのだろうけど。
そしてその位置から恵まれていない環境で苦しんでいるひと(あえて弱者とは言わない)に唾を吐きかけることで自らを慰めるという醜悪な構図がでてくるわけですね。
そしてこの手の連中が”いわゆる勝ち組”でもないくせネオリベ的なものを崇拝して最終的には自分が転落するのでしょう。
まぁ勇ましいだけで他者に対する憐憫の情がないから敗北するのでしょうけれどもね。


私の感想としては「努力しさえすればなんとかなる」なんて逆に「おまえ世の中なめてるだろ?」とおもってしまうのですけど。
努力しさえすればなんとかなるなら一定の学力の基準を超えれば受験者が全員東大生になったり公務員になれてしまうのですがね。
(赤木智弘氏が媒体は忘れましたが資格をとったり技能を身につけても今のような社会的な現状が変わらなければ”優秀なフリーター”ができておしまいだといっていました・・・確か・・・。)
パイの数は限られており、そこから必ずあぶれる人が優秀かそうでないかに関わらず必ずいるということくらい”優秀な””努力のできる”人なら分かるはずなのですが・・・実際はそうではないようです。
某SNSで本気でそういっている人がいましたから。
醜悪なことこの上ない。


「自己責任カルト」「自助努力真理教」の信者かつ冷血動物の似非保守ネトウヨには反日在日韓国人がパチンコで儲けて日本社会に食い込んでいるのも彼らがどんな方向のものであれ”努力をしたから”だと言ってやればいいのではないでしょうか。
「彼らはジャパニーズドリームを努力によって成功させた!」
「成功者を妬んではいけない!足を引っ張ってはいけない!感動した!」っていってやれば納得してくれるでしょう(笑)

こういった経済や貧困の問題に対して政治が対処するべきだという意見に対して、自己責任の問題を政治のせいにしてはいけないとなどとホザク連中(政治ブロガーに意外といたりするかも)はそこまで政治の力を過小評価するなら政治を語る資格はないといってやりたいですね。

以上とりとめも無い長文を失礼いたしました。
憂国皇子 | 2008年08月21日(木) 23:08 | URL | コメント編集

勉強とか学校での評価意外に努力は無いとか洗脳されてる部分もあるんでしょうね、今の競争社会の根本には

それが学歴から大企業やベンチャー企業に繋がり、選民思考に変わって行く、というのもあると思います。
でも幾ら優秀でも限界はあるだから、使う使われるのはイーブンでは無くてはならないはずです、そう考えると連中の考えこそ実は古いんだなぁ、思ったりもしますね。

弱肉強食が自然だとか抜かすアホは、じゃあ何故人間が長い時間をかけて道徳や倫理を育ん出来たのか説明できるんですかね、「人間の本性を隠すためだ」なんて説明にもなってない反論は小学生にも通じません。
む~ | 2008年08月22日(金) 07:52 | URL | コメント編集

●私の場合はもうサジを投げています

宗教を信じている人間に何を言っても無駄という視点で議論いたします。
科学的思考が一切持たない人間は間違いを指摘してもそう思わないのですからね。
第三者がこいつはおかしいぞと思っていただけるだけで良いという書き方で終えます。」
ケーキ屋 | 2008年08月22日(金) 13:25 | URL | コメント編集

●> 憂国皇子さん

憂国皇子さん、こんにちは。
「自己責任厨一考」拝読しました。
「う~む、なるほど!」と思いました。
ところで、赤木智弘氏に弊ブログ(喜八ログ)でエールを送ったところ、「自称左派」や「自称リベラル」ブロガーさんたちから「赤木智弘に揉み手をして擦り寄っている」とか「ロスジェネの代表として持ち上げている」とかヘンなご批判をいただきました。
おそらく、赤木氏が「自称左派・リベラル」ブロガーさんたちのイタイところをついたため、憎悪の対象にしているのでしょうね(笑)。

ところで、憂国皇子さんにお願いがあります。
城内実さんを応援するブログに応援メッセージをいただきたいのです。

メッセージの長さ・テーマ・締め切り等は憂国皇子さんにお任せします。
お時間があるときに私(喜八)のところまで送っていただければ幸いです。

admin@kihachin.net

ぜひ、熱いメッセージをお願いします。
宜しければお願いします~!
喜八 | 2008年08月22日(金) 21:02 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年08月22日(金) 22:35 |  | コメント編集

●こんにちは

自己責任カルトの信者さんですかー。言えて妙ですね。
結局、人の痛みが分からない人間ではないでしょうか。個人的にお付き合いしたくないですね。
ズバリと核心をついた記事を読ませて頂きまして、気分が良くなりました。
ハケン太郎 | 2008年08月22日(金) 23:17 | URL | コメント編集

●サプライサイダーとの議論は面白いよ

こういう不毛な議論を延々と続ける私はもの好きです。
MIXI加盟の方のみ見れます。多分。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=891184999&owner_id=534261
ケーキ屋 | 2008年08月23日(土) 02:02 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>憂国皇子さん

>努力の大切さというのは認めますけどね。だからこそ
>反論しにくい部分もあるのでしょうが。

  「彼ら」は、間違いなくそういうところを研究していますよ。
  「拉致問題」がそうですし、「カイカク」も「愛国心」も、「努力」もそうだと思うのです。そういうキーワードを使ってスピーチする話者に対して疑問を投げかけると、そのキーワード自体に対する非難であると話をすり替えて攻撃するのです。そうすれば、批判者はそれに対する弁解で手一杯になってしまって、ペースを乱されてしまいます。
  ある意味、真面目に物事を受け取るからそうなるのですが、それでは悪人や狂信者には太刀打ちできません。この記事が何かのヒントになればと思います。

>>む~さん

>何故人間が長い時間をかけて道徳や倫理を育ん出来たのか説明できるんですかね

  空気や水のありがたみがなかなか分からないように、秩序ある世の中にいると秩序の価値がわからないのでしょう。
  明日が我が身と少しでも思えれば、全てを自己責任で割り切る暴挙には出ないと思うのですが・・・。

>>ケーキ屋さん

  そういう視座が大切ですね。
  まともに向き合おうとすると、こちらも怪物になってしまいますから、あまり無理をしない方がいいでしょうね。

>>喜八さん

  右から左から、いろいろ言われて大変ですなぁ(笑)。
  私も右翼だの保守だの、心外なことを言われますよ、時折(笑)。  

>>ハケン太郎さん

>人の痛みが分からない人間

  ここに尽きますね。
  やっと自分がいじめる対象が社会の中に見つかってよかった!みたいな空気を感じます。ろくな連中じゃありません。しかし、フツーの人が意外とそういう論理に流されやすいのは怖いです。
  単純なものが持っている威力というのは、見くびってはならないと思います。
ろろ | 2008年08月23日(土) 23:05 | URL | コメント編集

●ありがとうございます

ろろさん

書き込みが長文になりすぎ失礼いたしました。

>>>「拉致問題」がそうですし、「カイカク」も「愛国心」も、「努力」もそうだと思うのです。・・・・・・そのキーワード自体に対する非難であると話をすり替えて攻撃するのです。<<<

例えば、拉致問題に尽力し愛国心あふれる?安倍晋三氏および彼の政策や手法を批判すると愛国心がない拉致問題解決を阻む朝鮮人乙!とか拉致問題が解決しなくてもよいのかなどと論点をすり替えて攻撃される・・・うまく表現できないですがこんな感じでしょうかね。

なにがともあれ狂信者に真正面から論理的に人の道をといても無駄であるということと、へんにまじめに相手にして泥沼にはまらないことがだいじなのですね。

>くれぐれも論理で相手を説得しようと思ってはダメです。質問攻めが基本です
こういった点を頭に入れて参考にさせていただきます。


喜八さん

ろろさんのコメントと同じ感想ですが、右から左から色々言われて大変ですね(笑)

>ところで、赤木智弘氏に弊ブログ(喜八ログ)でエールを送ったところ、

そのエントリーは拝見した覚えがあります。

赤木智弘氏にかんしては右派からも左派からも叩かれている部分があるでしょうね。
彼が訴える「希望は戦争」、表題はセンセーショナルですが(あれは釣りであり真意は別のところにあると思います)言わんとすることは分かる気がします。
その過激さゆえに非難を受けるのでしょうね。要は経済的な問題だけでなく人間の尊厳の問題なのですがね。いまいち無理解で見当違いの批評を繰り返すア保守の傲慢、弱者の味方であることを自らの正当性の御輿にしたいだけで実際には弱者救済に程遠いで不サヨの欺瞞を明るみにしたといったところでしょうか。

ところで”城内実さんを応援するブログに応援メッセージ”の件ですが、私なんぞに依頼いただき
恐縮でございます。少し時間をいただくかもしれませんが是非とも引き受けさせていただきたいと
思います。




憂国皇子 | 2008年08月25日(月) 00:13 | URL | コメント編集

●>>憂国皇子さん

>拉致問題に尽力し愛国心あふれる?安倍晋三氏および彼の政策や手法を
>批判すると愛国心がない拉致問題解決を阻む朝鮮人乙!とか拉致問題が
>解決しなくてもよいのかなどと論点をすり替えて攻撃される・・・
>うまく表現できないですがこんな感じでしょうかね。

  そういう感じです。
  安倍シンパというのは、ほとんどカルト信者です。個別の問題(たとえば経済政策)について文句をつけると、人格に対する非難だと認識して、批判者を異常な情熱で糾弾してきます。教祖様が無謬だと洗脳されているからです。
  また、保守を自認するならば、保守の防波堤たる安倍を支持しなければいけない、などという人間もいました。あれは、教祖の教えが素晴らしいのに、理解できない人間はおかしいというカルト信者の思考そのものです。教祖を信じるか、地獄に堕ちるか、どちらかしかないと思っている(思わされている)からそうなるのです。
  彼らに共通して言えることは、非常に自我が弱いということです。自我が確立されておらず、常に自分を投射する存在を求めているので、小泉や安倍や麻生のような、自分のアイドルが攻撃されると、あたかも自分が攻撃されたように感じるのです。子供に対する叱責を、自分に対する非難だと受け取ってしまうバカ親と相通ずるものを感じます。自己責任カルトに入信している人も、そういう人なのでしょう。
ろろ | 2008年08月25日(月) 04:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

城内実さんを応援する理由

某所で「郵政民営化反対なら、極右の城内実でも支持するブログ」というような表現を「たまたま」見てしまいました。 もしかしたら、この「ブログ」とは私の「喜八ログ」のことかも...
2008/08/22(金) 14:31:28 | がんばれ城内実(きうちみのる)

こんなにたくさん!グループ内派遣会社!!

資本系派遣会社の売り上げランキング(クリックで拡大します) 人材派遣業界では、おもにグループ内の派遣を業務の中心としてる会社を”資...
2008/08/22(金) 23:03:59 | 巨大派遣会社と戦うドンキホーテのブログ

健保崩壊

西濃運輸健保が解散、「高齢者」負担増に耐えきれず 5万7000人加入 「高齢者医療制度改革」負担耐え切れず  物流大手「セイノーホ...
2008/08/24(日) 18:26:06 | 或る浪人の手記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。