2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.08.19(Tue)

シャッター商店街に若者を呼ぶには(福井・敦賀) 

  ●前回の記事の続きです。三方五湖から宿を取っている金沢までの帰り道にあたる敦賀(つるが)という町に立ち寄りました。
  敦賀の位置を確認しておきましょう。

       
大きな地図で見る

  北陸地方と近畿地方、日本海と琵琶湖をつなぐほんの僅かな平野に開けた町だということがお分かり頂けるでしょうか。昔から敦賀は交通の要衝として栄えてきた場所で、江戸時代の初期までは京都や大阪から、琵琶湖を経由して日本海に出る時必ず用いられた港でした。そして今も、北海道の苫小牧や、韓国の釜山(プサン)、ロシアのウラジオストクとの間に定期航路があり、重要な港であることに違いはありません。
  港町敦賀の風景をいくつかご覧下さい。

          気比神宮

  気比神宮(けひじんぐう)です。越前国一の宮(その国で一番格の高い神社)です。社務所が耐震診断にひっかかって、利用できなくなっているのが痛いところです。

               敦賀の町並み

  いかにも港町という感じの通りですね。ちなみに、カモメよりも、前回の記事でも触れた「トンビ」の姿が目立ちました。油揚げ、弁当と来て、今度は魚でも狙うのでしょうか。トンビが多いというのは、敦賀が三方を山に囲まれた地形だということと無縁ではないと思います。

          敦賀港付近

  こういうところは、いかにも港町という感じです。まだお盆というには少し早い時期でしたが、もう車はまばらでした。

          気比の松原

  日本三大松原の一つである「気比の松原」の一角です。公園になっていて、海水浴を楽しむことが出来ます。京都や大阪ナンバーの車がたくさん泊まっていました。

  敦賀駅の周辺も見てみましょう。駅前のロータリー(出口が一カ所しかない)から気比神宮の前を通り、フェリーターミナルまで至るのがこの町のメインストリートです。

          某若狭高校OBのお店

   関西在住の阪神ファンの方なら、●この人のご実家だとすぐにお分かりでしょう。ちなみに、彼が生まれたのは隣の美浜町です。

          空テナント1

          空テナント2

  地方都市の商店街でもうおなじみの光景になってしまった光景です。目抜き通りだというのに、テナントが入っていません。
  その代わり、人が来ているのはこういう場所です。

          平和堂敦賀店

  滋賀に本社を置き、関西や福井では有名な「平和堂」です。いわゆる大規模小売店舗で、1階にマクドナルドなど全国チェーンのテナントも入っています。結構な賑わいです。
  このブログのいつもの論調だと、「大店法を改正して、こういうでかい店をたたき出せ!」という感じになるのでしょうが、いろいろな町を回るにつれて、どうもそういう問題ではないという気もしてきました。
  私が明日から敦賀に住んだとして、駅前通の商店街に買い物に行くかというと、胸を張って「はい」と言える自信がありません。商店街にあるもので、平和堂にないものはほとんどないからです。ここに行けばとりあえず全て揃う、という店の存在は、やはり便利です。爪切りや縫い物の糸が欲しいというとき、商店街の中でそういう店を見つけるのは簡単ではありませんが、平和堂に行けば、ちゃんと案内表示があり、それでもダメなら店員さんに聞けば必ず見つかります。
  私は首都圏に住んでいて、世界の平均からすれば便利すぎる生活をしているからそう感じるのかも知れませんが、ならば地方に生まれたなら不便を享受しろ、などと言うこともできません。それこそ差別です。
  だからといって、どっかの馬鹿なブログのように、「シャッター商店街なんて潰れればいい」と言い切る気もありません。やはり、そこに生活している人がいるわけですし、駅や店舗というインフラがあるのですから、精一杯活用した方が経済的にもよいでしょう。

  そういうことは一応我が国の政府も考えているようで、●中心市街地活性化法(中活法)という法律が出来ています。
  しかし、冒頭にあるこの文言に、私はどうも違和感を禁じ得ません。

「この法律は、中心市街地が地域の経済及び社会の発展に果たす役割の重要性にかんがみ、近年における急速な少子高齢化の進展、消費生活の変化等の社会経済情勢の変化に対応して、中心市街地における都市機能の増進及び経済活力の向上(以下「中心市街地の活性化」という。)を総合的かつ一体的に推進するため、中心市街地の活性化に関し、基本理念、政府による基本方針の策定、市町村による基本計画の作成及びその内閣総理大臣による認定、当該認定を受けた基本計画に基づく事業に対する特別の措置、中心市街地活性化本部の設置等について定め、もって地域の振興及び秩序ある整備を図り、国民生活の向上及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。 」(第1条)

  馬鹿な役人や識者が国民を脅すときの定番の殺し文句になりつつある「少子高齢化」がここでも使われています(少子高齢化という概念のいかがわしさは●こちらのリンクを見るとよくわかる)が、そういう問題なのかなという気がします。
  敦賀市もこの中心市街地活性化法の適用を受けてはいますが、人口が減っているわけではありませんし、世帯数は増え続けています。また、市内就業比率が91.4%とかなり高く、他の町に人を取られているわけでもありません(むしろ、周辺の郡部から人間を受け入れていると思われる)。町中を自転車で回った感じからしても、子供の数が少ないわけでもなさそうです。
  それにも関わらずシャッターの下りたままの店舗が多数見受けられるというのは、正直言って、消費者のニーズjに応えることができる店が少ないのではないか、ということです。
  では、そういうニーズに耐えることが出来るのは誰かといえば、やはり既存の店舗には難しいのではないかと思います。旧来からの商店主の方々は、比較的恒例の方が多いのが普通なので、今から昔ながらのやり方を変えろと言うのも難しいです。だから、活性化をしたいなら若い人(20代から、せめて40代まで)を集め、定着させるしかないでしょう。
  そういうとき、いつも思うのですが、若者が気軽に何かをスタートできる環境が、地方には非常に少ないのです。たとえば、若者が、敦賀の中心街に店を出したいとします。この場合、重要なのは住居と店舗の賃料です。自分の土地や建物を持っている若者などほとんどいるはずがありません。
  家賃の場合は、●敦賀市まちなか住居(すまい)る事業というもので補助が出ます。しかし、店舗はどうでしょう?店舗の敷金は一般にかなり高額です。売り上げがいくらになるかわからないまま権利金を取られる、高額の賃料も出す、こんな条件が重なれば、敦賀で店を開こうなどという若者が出てくるとはとても思えません。それならば、失敗してもアルバイトの口がたくさんある大阪や京都に出るというのが自然な流れです。
  どうせ中途半端な施策では人が集まらないのですから、思い切ってシャター商店街の店舗は権利金も賃料もタダにしてしまったらどうでしょう?そうすれば、失敗しても痛手がそれほどでもないので、とりあえずやってみようという若者や、新しい事業をやってみたいという脱サラ組が来る可能性が高くなります。それが、店舗兼住宅であればなおのこといいでしょう。
  家賃については行政が補助し、売り上げが出たらその何%かを徴収して建物のオーナーに還元すればいいのです。それでもダメなら、近くの農家(敦賀周辺にはコメ農家がたくさんある)で労務をする代わりに、コメや野菜をお駄賃としてもらえるような仕組みを作るのです。こうすれば、とりあえず生きてはいけます。●こちらのブログで書かれているような、現代のタコ部屋よりはずっと人間的でしょう。
  こうすれば、とにかく人がその場所で活動することになるので、ものやカネも少しは流れはじめます。人間は活気があるところに引きつけられますから、人がいることでますます客や住人も増えていくでしょう。
  最近、●民主党が農家への個別所得補償を打ち出しています。食糧自給率を上げて国家意思決定の自律性を高めるという点から、有効な政策だと思いますが、シャッター商店街で活動する人にもそういう仕組みができないものでしょうか?
  カネを配るのは無理にしても、農協で地元の農産物を購入できるクーポンを配るくらいはやってもいいのではないかと思います。そうすれば、東北や北陸なら、食うに困るということはなくなります。
  
  若者を呼びたいなら、せめてこのくらいはしてもらいたいものです。おためごかしでは何も変わりません。

  次回は、富山市内を回ったときの体験から記事を書きたいと思います。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。


スポンサーサイト
EDIT  |  22:33 |  日本探訪  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●個人商店と中卸

 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。

>シャッターの下りたままの店舗が多数見受けられるというのは、正直言って、消費者のニーズjに応えることができる店が少ないのではないか、ということです。

 いわゆるシャッター通りについては、大規模小売店舗の存在だけが問題なのではないという指摘には、私も同意いたします。

 商店街の問題が論じられるたびに私が思うことは、メーカーから大量に商品を仕入れ、個人商店に商品を供給してきた中卸のことです。
 私は、中卸の件は、黒井尚志氏の『信じる者は救われない 官僚のホンネとマスメディアの嘘』(フォレスト出版、1998年)という本で初めて知りました。この本では、中卸が大量に仕入れることで薄い利幅で商売ができ、個人商店の間接費の少なさも相まって、個人商店はスーパーより安い価格で販売できたということが書かれています。また、中卸の廃業によって個人商店がメーカーから商品を仕入れる経路が少なくなり、スーパーに比べて品揃えが少なくなったことが、個人商店がスーパーマーケットに駆逐された原因の一つでもあると書かれています。
 私は、商店街再興には中卸の復活も不可欠だと思っています。ろろさんをはじめとする皆さんは、中卸についていかがお考えでしょうか。
国道134号鎌倉 | 2008年08月19日(火) 23:22 | URL | コメント編集

●>>国道134号鎌倉さん

>中卸の復活も不可欠

  なるほど、価格競争で勝てなくなった理由も、その辺にあるのですね。
  大きな港湾のある町に、一つくらいそういうものを近隣の自治体や商工会がお金を出し合って作ってもいいですね。近頃は、合同会社という便利な会社形態もできました。
  敦賀と舞鶴に仲卸合同会社を作れば、若狭湾一帯はほぼカバーできますね。極端な話、敦賀一つでもいいかもしれません。特に、価格競争力が問われる繊維類が鍵ですね。これができれば、地元の洋品店も復活するでしょう。
  もし日本が安価な繊維製品を輸入できなくなれば、衣服も直して使わざるを得なくなってきます。裁縫と組み合わせて、息の長い商品にするには、地域の服屋さんが不可欠です。
ろろ | 2008年08月19日(火) 23:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。