2017年03月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.07.12(Sat)

左右の分類ほど無意味なものはないと思いますが… 

  ※自宅のPCから多少付け加えました。(本文は出先の携帯電話から更新したままです)

  たまに時間があると、私のブログが他所でどのように取り上げられているか、GoogleやYAHOOなどで検索して遊ぶことがあります(笑)。
  そうすると、意外なほど多いのが、『日々是勉強』を、「右派」だとか「右」のブログであると評価されている方が意外なほど多いことです。最近、小泉カイカクや自民党清和会を非難する記事が多いため、いわゆる「左」「平和主義」「反自民党」のブログやサイトでそう評価されることが多いようです。中国を盛んに非難しているからかもしれません。あるいは、「話し言葉で歴史を語る」などで、フランス革命を批判し、年中行事や地方の共同体を尊重しているからかも知れません。
  また、私を「経済左派」と呼んでいる方もいました。どうも、共産党の労働政策を評価したり、グローバリスト企業の活動を問題視しているからのようです。

  どうも、我が国では、以下のような二分法に従って、イデオロギー的な棲み分けが行われているようです。

【右派】
・親米=反中国朝鮮
・軍備肯定(9条蔑視)
・体制寄り=自民党支持
・「文化伝統」の尊重
・自己責任=政府の役割は小さい方がいい


【左派】
・親中国=反米
・軍備否定(9条崇拝)
・反体制=社民党や共産党など野党を支持
・外国の制度や文化(特に北欧)を日本のそれより評価
・福祉国家=政府による国民丸抱えを肯定


  多くのブログやサイト、掲示板の意見が、このどちらかに属しています。
  しかし、彼らには意外なほど共通点があったりします。それは、

▲基本的に自分と同じ陣営の人間としか意見交流しない
▲反対陣営の発信する情報というだけで拒絶する
▲情報発信者をどういうスタンスか分類・カテゴライズするのが好き
▲その割に、自分は対立意見を理解する用意があることを表明したがる
▲歴史と国際関係を自分の立場から強引に解釈する。ご都合主義の傾向が強い
▲はっきり言って経済や法制度への具体的理解が乏しい
▲意外なほどグローバルなものに対する警戒感が少ない。あったとしても、表面的な現象しか見えていない
▲政治的スタンスの無い一般人を蔑視している


  まあ、そういう宗教戦争をやめろとはいいませんから、私をこういう宗派のどちらかの信者名簿(笑)に無理やり登録しないでほしいものです。
  当ブログは、「無宗派」なので、是非その内容を何でもいいのでみなさんの人生に役立てて下さい。

【参照記事】

刑法39条の話~「理念バカ」に陥ることの危険性とは
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-38.html

  「理念バカ」については、●こちらの用語集もご覧下さい。

【右も左も】茶番劇にはもう飽き飽きなんですが【お腹一杯】
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-101.html

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  00:38 |  当ブログについて  | TB(1)  | CM(4) | Top↑

Comment

●左右では語れない話

愚民太郎です。

とりわけ最近は、左右の分類の意味が小さくなったというか、そういうところで議論していると、支配者層の都合の良い政策がどんどんまかり通っていくような気がしてなりません。

今の自民党でもまずい政策はまずいし、今の社民党や共産党でも良いところは良いというのが正直なところです。

冷戦構造が崩壊してから共産主義とは違う危機(主に、グローバリズム)が迫っているようです。

要は、大事なのは、この国をよくするための思想・理論・政策だと思います。
愚民太郎 | 2008年07月11日(金) 15:08 | URL | コメント編集

●おせわになっています

こんなコメントを見つけました。

------------
>そう考えると、レイシズムや歴史修正主義の主張とともに経済左派的な主張をしているブログなら彼らにも受け入れやすく、変わるきっかけになりうるのかもしれません。

経済左派的な馬鹿ウヨと言いたいようですね。

経済コラムマガジン・晴耕雨読(早雲氏)・三輪のレッドアラート! ・日々是勉強(ろろ氏)・経済を知らずして愛国を語るなかれ(ケーキ屋氏)、といった一連のブログ群のことを指しているのでしょうか?。

彼らはネット上の経済左派の中では最も優秀なグループでしょう。そして、経済左派のシンクタンクとなっています。いわゆる「リベラル」も彼らの考察や思想を利用しています。

彼らが優秀なのは、「タブー」がないからです。彼らは(物事を冷静に判断した結果)反資本主義的・反政権になっています。それにも関わらず、右派ブログと見なされるのは、リベラル系のタブーも無視しているからです。リベラル特有の「歴史修正主義」タブーに抵触することも多いでしょう。

Posted by ねこ@化ける人 at 2007年12月19日 00:17
------------

右、左を含めあらゆるタブーを(意識的に)無視しているのは確かですからね。
早雲 | 2008年07月11日(金) 18:53 | URL | コメント編集

●左右は思想分類としては無意味だけど、

左とか右は、レッテルとしてはまだまだ使われ続けるでしょうね。
強いて言えば、「左」というレッテルを貼りたがる人が「右翼」で、
「右」というレッテルを貼りたがる人が「左翼」ってところでしょうか?。

私は、「左」とか「右」を、補足説明付きであえて皮肉を込めて使うことがあります。
しかし、うっかり補足説明なしに使うことがあります。
気をつけようとは思っているのですが・・。

反日・愛国・売国、これら「左」や「右」と同様に、「何に対して反対するのか?」
「何を擁護するのか?」不明確な言葉です。人によって指している範囲が異なる、
曖昧で厄介な「プロパガンダ語」です。
もしこれらの言葉を使用するとすれば補足説明を付けるべきだと思うのですが、
うっかり補足説明なしで使うことがあります。

ねこ | 2008年07月11日(金) 23:20 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>愚民太郎さん

>そういうところで議論していると、支配者層の都合の良い政策が
>どんどんまかり通っていくような気がしてなりません。

  間違いなくそうですよ。ヤスクニ論争なんて、経団連や外資はせせら笑っているでしょう。なんだ、簡単じゃないか。伝統だとか日本は最高だとか、英霊だとか、そういうことだけ言ってりゃあ勝手に乱痴気騒ぎが始まって、経済政策に目がいかなくなるのか。こりゃいいや、とね。
  ただ、調子に乗って安倍チャン(笑)を投入したのは、いくら何でもやりすぎでしたね。勝手に理念バカの間の騒ぎを大きくして、空中分解してしまいましたから。

>今の自民党でもまずい政策はまずいし、今の社民党や共産党でも
>良いところは良いというのが正直なところです。

  これを分かってくれない人が多くて困りますね。

>>早雲さん

>右、左を含めあらゆるタブーを(意識的に)無視しているのは確かですからね。

  自分では意識していなかったんですが、私はタブーを無視しちゃってるんですね(笑)。

  「話し言葉で・・・」の中で明治維新を批判するのはさすがに勇気が要りました(某所では猛反発を食らいました)し、小泉を朝鮮シンパだと断言するのも、要らぬ騒ぎに発展するかなとハラハラしていました(笑)。
  しかし、事実を拾い上げて判断すると、それ以外に行き着く先がないのだから仕方がありません。
  お世話になっているのは、私の方です。私が理念バカ路線から完全に解放されたのは、晴耕雨読のいろいろな記事のおかげです。本当にありがとうございます。

>>ねこさん

  気づかない所で、私を弁護していただけていたのですね。どうもありがとうございます。

>「左」というレッテルを貼りたがる人が「右翼」で、
>「右」というレッテルを貼りたがる人が「左翼」

  なるほど、そう考えてみるとすっきりしますね。
  そうなると、一体理念やら思想はどこへ行くのだろうと思いますが、大部分の人は、欲求不満を宗教戦争で解消しているんでしょうね。あるいは、故意に扇動して、なにがしかの利益を得ているのか・・・。

>うっかり補足説明なしに使うことがあります。

  その方が「楽」ですからね。gooブログの頃の私もそうでした。
  ただ、あのとき感じていた日教組的なものへの違和感は、今でも間違っていないと思いますね。ただ、同じくらい頭の狂った人びとが逆サイドにもいたというだけで(笑)。

ろろ | 2008年07月12日(土) 01:07 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

日々是勉強様 -リンク

日々是勉強というブログで、平和の絵本へリンクをしてくださいました。 どうもありがとうございます。M(--)M ちらっと見てみると、...
2008/07/22(火) 01:13:01 | 「平和の絵本」から、ありがとう
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。