2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.06.10(Tue)

【β版】ネオリベくん撃退法を考えてみました 

  先だって、「たか」さんよりコメント欄で寄せられた質問の回答です。長くなったので、記事にしてしまいました。
  なお、見やすくするため、オリジナルのご質問を加工して(文頭にスペースを入れて)あります。

 いつも興味深く拝見し、勉強させていただいてます。
 私も、新自由主義には大反対ですし、とにかく自公政権を倒したい気持ちでいます。
 新自由主義の人と議論する時も、誰かに新自由主義を説明する時も、いつも困るのが「国際競争力」という言葉なんです。
 この言葉が騙すための言葉だとは直感でしか分からなくて、明解に反論出来ないでいます。

 本文に、主様はこう書かれていますね。

 >私は日経新聞や報道ステーションとかいう番組が、「日本は国際競争力が足りない」と言ってきても、動じない自信があります。そんなものを崇拝する必要がない根拠も、胸を張って言うことができます。

 ↑「国際競争力を崇拝する必要がない根拠」とありますね。  
 もし、よろしければ、その根拠をお教えいただけないでしょうか?

 今のところ、「人件費を抑制すれば製品の質が落ち、国際競争力も落ちる」くらいしか言えなくて。 「日本は資源がない国だから、これからはアジア各国と共同体を作り、そのアジア共同体の中で日本の生き方を決めるべき」というような論もありましたが、反論出来ないんです。
 いきなりのお願い、すみません。


  以下は、私なりの答えです。

  まず、大事なのは相手の土俵に簡単に乗らないことです。残念ながら、たかさんの最初のご返答は完全に相手のペースに乗せられています。
  そこで、攻め方を変えてみましょう。

  ネオリベラルというのは、マスコミで流布されている「政治・経済用語」(たとえばグローバル化、国際競争力)を自明の理として使ってきます。本人も分かっていないで使っている場合がほとんどです。
  まず、そこを相手に逆に問いただしてみるといいでしょう。「そもそも国際競争力とは何なのか。意味がよくわからないので、教えて欲しい(←この言い方が重要)」と。多分、そこで向こうは勢いが止まります。そんなのも知らないの?という顔をされても、めげることはありません。
  そうすると、相手はおそらく「輸出競争力」という言葉を出してきます。つまり、相手国に1ドルでも安く売ることができるのが競争力の強さだというわけです。
  そうしたら、「日本の貿易依存率はどれくらいか知っているか」と質問すると良いです。貿易依存率って何だと聞かれたら(こんな言葉も知らないで国際競争力だのグローバル化だの論じている時点でお笑いだが)「GDPの中で貿易に頼る割合」だと教えてやりましょう。
  日本の貿易依存率はたった2割。しかも、小泉政権が始まる前までは10%前後でした。韓国7割、中国8割と比べると歴然です。要するに、日本の豊かさを成り立たせいてるのは強固な内需だということです。
  内需が強いと、貿易相手国の経済状況に悩まされずに安定した経済運営ができます。「輸出に頼ると、外国になんかある度に振り回されることになるが、それでもいいのか」と言ってやるといいでしょう。まさか、トヨタの会長でも、内需は不要です、日本は捨てますなどとは言えません。
  韓国を見てください。サブプライムローンや、四川大地震で、もう限界まで来ています。狂牛病の問題で大規模なデモが起こり、首相以下閣僚が全員辞意表明しましたね。あれが、貿易依存国の不幸です。ちなみに、韓国はアメリカとの間でFTAを締結しています。
  「でも、日本は債務超過で今後財政破綻するから」(どうもこの手の論者には日本を滅ぼしたくてたまらない破滅願望の人間が多い)とか訳の分からないことを言い始めたら、「10兆円の経常収支黒字があることはどう思うのか」「2011年で経常収支を借り入れ抜きでとんとん(プライマリーバランス回復)にしなければいけないほど追い詰められているはずなのに、なぜいまだに6年もの国債の金利が1%くらいなのか」きいてみてください。
  多分、反論できません。だって、そんなこと考えていないんだもの(笑)。

  そうなると、ネオリベラルくんは「技術革新がないと生き残っていけない」とか言い出すかも知れません。
  そう言われたら「その技術革新が必要な二次産業の世界で、日本を脅かす国はどこなのか」聞いてみてください。絶対に「中国」という答えが返ってきます。
  もうこの時点で馬鹿確定なのですが、中国という国自体は何の技術もありません。先進国の企業が中国に生産ラインを持って行っているだけです。中国の強みは、安い労働力があり、環境対策をやらずにすむのでコストが安く済むというただ一点だけです。技術革新なんて関係ありません。
  ていうか、二次産業の世界で、日本に追いつく技術を持っている国なんてありません。アメリカは製造業自体崩壊しています。MITとかなんとか言うかもしれませんが、超最先端技術なんてそもそも産業に使う必要ありません。ドイツもパットしません。韓国なんて言い出す奴は頭に虫でも湧いています。
  ところで、人類を救うかも知れない「iPS細胞」って、どこの国が発見したんでしたっけ?

  最後の手として、ネオリベくんはイギリスやスイスの例を挙げてきて、「日本も金融中心経済に移行しないとダメだ」とかわけの分からないことを言ってくるかも知れません。
  このブログの「米中ダブル崩壊」でも見せてやればいいのですが、そうも行きませんね。しょうがないので、そうしたら逆に質問してあげましょう。「日本で一番外貨を稼いでいるのは何業か」と。はい。「製造業」ですね。
  資本収支が多くなっているっていっても、それは外国(たとえば中国)につくった子会社の収益を配当などの形で吸い上げているからであって、その国でやっているのは製造業です。だから、金融なんていう「競争力の弱い産業」にシフトするなんていうのは、非効率的です。
  あと、「金融で稼ぐというが、英語のネイティブでもない日本が、いまさら米英のような国際金融資本を形成できると思うか」と聞いてみてください。本当に頭がいかれている人だったら「そのために英語を小学生からやるんじゃないか!」とか「だから日本はダメなんだ!」とか、訳の分からないことを言い始めると思います。もうお笑いですね。
  テレビに出ている竹中平蔵さんなんかもそうですが、彼らは何を置いてもデマから入るので、都合の悪いことには答えられないんです。だからメディアを使って、イエスマンや相づち役を置いて、一方的に垂れ流すしかやりようがないんですよね。
  まあ、現実の世界ではそういうコミュニケーションが一番力を持っているわけですし、「マスゴミ」などと言われて憎まれる要因でもあると思うのですが。

  焦らずに、相手の反応を探るように質問していくといいんじゃないでしょうか。あと、不要な喧嘩は買う必要ありません(笑)。

  なお、「資源の少ない国だから」関係の話ですが、別に鉄鉱石や石炭を輸入するななどという立場は私も取っていません。
  必要なものを必要なだけ取り入れればいいということです。その購入資金は、内需では回しきれなくなったものを「おすそわけ」する程度で十分まかなえます。というか、そうでなくてはいけません。
  「資源の少ない国だから、ドンドン貿易して、周りの国と一体化していこうよ」とかいう考えは不健全です。入れた分たくさん出せばいいということなのでしょうが、単純化しすぎです。人間だって、一日6000キロカロリー摂取し、その代わりに強烈なダイエットをするような生活をしたら身体が壊れます。その身体というのが「社会秩序」だったり「文化」だったりするわけです。
  アジア共同体ですか・・・こういうこと言う人って、中国がどんな国か何も知らないんでしょうか?当てにする必要ありません。

----------------

  たかさん、こんなところでよろしいでしょうか?

  お知恵を分けていただける方は、どうかコメント欄でご意見よろしくお願いします。

↓これを入れ忘れていました(笑)。
★人気blogランキングへ←今からでも(笑)クリックして応援よろしくお願いします。

当ブログは「自エンド」(自民党壊滅キャンペーン)を提唱中です
「自エンド」バナー「自エンド」バナー「自エンド」バナー

スポンサーサイト
EDIT  |  10:03 |  経済とグローバリゼーション  | TB(1)  | CM(17) | Top↑

Comment

●今携帯から確認したら

冒頭で「しまいました」を「島真下」とか、わけわからん入力ミスをしてますね。

帰宅したら直します…すみません。今携帯から直すと、容量不足で記事が切れてしまうんです。
ろろ | 2008年06月10日(火) 10:40 | URL | コメント編集

●TBです

貿易収支の新しい理解:日本経済は輸出に15%も支えられている!
http://sun.ap.teacup.com/souun/682.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/683.html
国際競争力及び海外への製造拠点移転問題
http://sun.ap.teacup.com/souun/787.html
早雲 | 2008年06月10日(火) 14:11 | URL | コメント編集

●参考まで

いつも拝見しています、もうご覧になっているかもしれませんが、http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2008/05/post_7991.html
こう言うことも、おもしろいと思います。
satoshi | 2008年06月10日(火) 14:32 | URL | コメント編集

●感服しました

“ネオリベ君撃退法を考えてみました”は、ほんとうに的確な内容だと思いました。
今後、参考にさせていただきます。

>「でも、日本は債務超過で今後財政破綻するから」(どうもこの手の論者には
>日本を滅ぼしたくてたまらない破滅願望の人間が多い)とか訳の分からない
>ことを言い始めたら、「10兆円の経常収支黒字があることはどう思うのか」
>「2011年で経常収支を借り入れ抜きでとんとん(プライマリーバランス回復)
>にしなければいけないほど追い詰められているはずなのに、なぜいまだに6年
>もの国債の金利が1%くらいなのか」きいてみてください。

 おっしゃるとおりです。財政均衡派の迷言の一つである債務超過論は度し難い
ですね。まさに富国政策の真逆で、日本を貧国化したいと願っているようにしか
見えません。
高橋博彦(ブログ神州の泉) | 2008年06月10日(火) 16:56 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>早雲さん

  どうもありがとうございます。実は、すでに三つとも読みました(笑)。三つ目のリンクに触発されたのが、今回の記事かもしれません。

>>satoshiさん

  「神州の泉」は、結構頻繁に目を通していますよ。

  ・・・と思ったら、

>>高橋博彦さん

  ようこそいらっしゃいました!まさか、私が尊敬するブログ執筆者の方から直接お褒めの言葉を頂けるとは思いませんでした。

>日本を貧国化したいと願っているようにしか見えません。

  簡単に言えば、「アメリカ-(基軸通貨+軍需産業)」というのが彼らの目指す日本のあり方ですからね。この世の地獄と変わりません。
  日本をアメリカのような国にしてはいけない、と先の衆院選で唯一口にしていた政治家が、城内実氏でした。彼に注目しておいて、間違いではなかったと確信しています。
  また、是非こちらにいらっしゃってください。それでは。
ろろ | 2008年06月11日(水) 00:44 | URL | コメント編集

●前からずっと思っていたこと

「法人税率引き上げると企業が海外へ逃げ出す」という「風説」がありますが、

「日本がオイシイ」から日本市場へ参入してきた外資はいざ知らず、もともと国内で成長してきた産業分野の企業がブラフでもそんなことを言い出したなら、政府与党は、

「当該企業の役員は九族に至るまで日本国籍をはく奪、外国人として指紋押捺させる」

ぐらいのことを言ったらどうなのでしょう。

さらに、

「著名財界人(筆頭は日本経団連会長)で海外脱出企業の代表(ひらたく言えば社長、会長)には、指紋押捺の実況中継させる」と畳みかける。

え、人権侵害?

だって、2月16日にはマスゴミが毎年何をしてます?

確定申告に所轄税務署を訪れる地元著名人を放映しまくっているではないですか(そのわりにナベツネやウジイエが所轄税務署を訪れるのを見たことがないのは不思議だが)。自らの信念にもとづいて日本脱出(より正確には「日本切り捨て」)する企業の代表者に対して、日本政府が外国人扱いを覚醒させる儀式を全国放映したって、なにも悪いことはないですよ。少なくとも、あの加藤容疑者の両親をカメラ砲列の前に引きずり出すより余程マシです。ベンジャミン・フルフォードだって、日本国籍取得前は、間違いなく指紋押捺させられていたはずなのです(いまは日本国籍取得済み、すなわちネイティブのカナダ国籍は放棄している。彼の著書でそう言い切っている)。

ろろさんがあまり好きではなさそうな、東大の野口悠紀夫教授ですが、税関係の著書のなかで、「企業の海外移転の主な動機は法人税率ではなく低廉な人件費」と断言しています。

ろろさんの今回のエントリーももちろん秀逸ですが、一見「国士」ヅラして放言しまくっているような著名評論家たちのなかで、私の本コメントに類する発言をしていた者は、テレビは勿論新聞、ラジオでも見聞きしたことがないのですが。一例を出せばチャンネル桜とかね。
のらくろ | 2008年06月11日(水) 01:18 | URL | コメント編集

●>>のらくろさん

>政府与党は、「当該企業の役員は九族に至るまで日本国籍をはく奪、
>外国人として指紋押捺させる」 ぐらいのことを言ったらどうなのでしょう。

  与党としてはいささか過激すぎますが(笑)、こういうことを言う奴が何人か政府部内にいると面白いと思います。
  国定忠治にたとえると(古いな)、浅太郎に「てめえわ、日本人じゃねえのか?誰のおかげで商売やれてるとおもってやがンだ?」とか噛みつかせておいて、悠々と後から忠治が登場。浅太郎を(事前の相談通り)ひっぱたいて黙らせた後、「うちの連中の突き上げがうるさいもんでね・・・ここは一つ、日本で頑張ってもらえねえだろうか?」と、ドスを利かせた声で泣きを入れるわけです。
  「俺だからまだこの程度で済んでるんだぜ?」と言えるような立場が、一番物事を勧めやすいのです。そのためには、急進派とグルになって芝居を打つのが効果的です。私は、浅太郎役を共産党に期待しているんですが(笑)。

>ろろさんがあまり好きではなさそうな、東大の野口悠紀夫教授ですが

  嫌いですが(笑)、言っていることは面白いと思いますよ。
  ただ、榊原英資氏と同じで、視点や分析は素晴らしいのですが、着地点(結論)が「グローバル化万歳」「大事なのはやっぱり財務省なんだよね」という風に、あらかじめ決まってるから変な感じがするのです。
  竹中なんとかという大学教授は、前提から何から全て狂っているので、嫌うと言うより呆れています。彼は柔道着に着替えて、あの大選手の物まねをしている方が無害でいいと思っているくらいです(笑)。

>一例を出せばチャンネル桜とかね。

  郵政選挙の時も、ネオリベラルに染まった人間だらけだったと、三輪さんが言ってましたね。メディアの影響もあるんでしょうが、自己責任で弱者を見捨てるというのが、気持ちいいというのもあったんじゃないでしょうか。
  私は「聞きたいものだけを聞いて、見たいものだけを見たい」とか「経済なんてめんどくさいから知らない、テキトーにエラソーなことが言える政治や教育の方が楽しい」とかいう行動様式の人間が本当に嫌なんです。発展性がないからです。
  別にチャンネル桜がそういう場所だというつもりはありませんが、あそこや「正論」を人に勧めたがる人間には、そういう発展性のない人間が多かったような気がします。あくまで主観ですが。
ろろ | 2008年06月11日(水) 01:52 | URL | コメント編集

●ありがとうございます!!

突然の質問に、細かく丁寧にお答え下さって、ありがとうございました!
一つの記事にしてくださるなんて思わず、今、感激しております。
感謝の気持ちでいっぱいです。
撃退法、私の頭では使いこなせない部分も半分くらいありますが、今回の記事はコピーして繰り返し読ませていただきます。
教えていただいた撃退法をベースに、いつか、自分流の撃退法を考えたいと思います。
コメント欄も毎回、ハイレベルですから、読むだけで精いっぱいですね。
主様はじめ、皆さんの勉強量が並々ならぬものだと伝わってきます。

これからも、お邪魔させてください。
よろしくお願いします。

たか | 2008年06月11日(水) 03:45 | URL | コメント編集

●素晴らしい!

ろろさん、こんにちは。
素晴らしい、きわめて実用的な記事ですね。
対「ネオリベクソ」戦略において、私も「応用」させていただきます~。
喜八 | 2008年06月11日(水) 14:50 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>たかさん

  こちらこそ、良いきっかけを頂きありがとうございました。

>>喜八さん

  実用的と言っていただけるのが一番嬉しいです。このブログはやる気のある一般人のためのブログですから。
  思想とか哲学というのはグローバリストに対抗するために必要なんですが、庶民にはどうしても敬遠されます。また、思想哲学をものしている人達も、どうもフツーの人を馬鹿にしているところがあります。
  そのギャップを埋めるのが私の役割だと思っております。まあ、保守とか革新とか、ホントはどうでもいいんですけどね。
ろろ | 2008年06月12日(木) 19:10 | URL | コメント編集

初めまして、いつも勉強させていただいてます、初書き込みでこんなことをお願いするのも恐縮ですが、「ワーキングプアは自己責任」などと言うのネオリベ君撃退法も教えて欲しいです
トリカイ | 2008年06月13日(金) 19:52 | URL | コメント編集

●ハケンの合法化が日本を夢も希望もない国にしているのでは!?

今回のエントリー、初心者にもしっかり分かるよう順々に積み上げていっていただき、頭の中を整理することができ非常に有りがたかったです。
次回はトリカイさんのおっしゃるように、ハケンを端緒としたワーキングプア問題を是非とも取り上げていただけるようお願いしたいと思います!!

最近は秋葉原の事件のような、自暴自棄的な犯罪・事件が目立つように思います。マスコミ報道では犯人の異常性を強調したりしていますが、遠因にいつも見え隠れしているのが、この問題じゃないかと考えているんですが・・・。仕事上でのトラブルやストレスをため込んで、自分だけで抱えきれなくなると、やけっぱちに人のせいにして誰でもいいからと凶行に及ぶ!?この手の事件に接するたびに、自分はいつも被害者同様に、犯人にも同情の気持ちを抱いてしまうんですよ!?・・・独りで思い悩み、相談できる友人もいなかったんだろうか?と。人を人として扱わず、企業の勝手な都合だけで要る時だけ働かす・・・ストレスをどんどん蓄積している若者が水面下にどれだけいるだろうか?と。

彼らから夢も希望も奪って、企業に巧みに入り込み景気の調整弁として日雇い労働者をハケンして大金を搾取している折田だか?曲口だか?のような人身売買企業が、存在していることが、そもそも悪に思えるんですが・・・。それも小泉カイカクのセイカなんですよね!?
ろろさまのご見解をいただけましたら。
Caaccyo | 2008年06月13日(金) 23:45 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>トリカイさん
>>Caccyoさん

  「ワーキングプアは自己責任」というのも、飛躍した論理なので、段階を踏めば必ず崩せる主張です。
  しかし、問題は、マスメディアの編集があると、じっくり相手と渡りあう時間がないのです。だから、竹中さんみたいなのが出てきてブァーッと喋っておしまいになってしまいます。亀井久興(国民新党幹事長)氏のような的確な意見を言える人間がいても、タハラとかフルタチとかシンボーとかいう馬鹿司会者が話を振らなかったり、ミヤザキだとかなんとかいうゲストに遮られたりしてしまうんですね(笑)。
  ひどい話ですが、そういうところを迂回していくしかないんじゃないでしょうか。

  「自己責任馬鹿」と渡り合う方法も、こんど記事にしますね。近いうちに・・・。
ろろ | 2008年06月16日(月) 00:57 | URL | コメント編集

●国際競争力を維持しつつ人々の暮らしを向上させる秘策

規制緩和&減税で水道光熱費、交通費を下げれば実質的に時給は上がりますね。
これ以外に方法はないと思っているんですが。
ちなみに人件費の額面を下げると、人々の消費マインドや労働意欲に響くということは事実らしいので、額面は下げない方がいいでしょうね。これは経験的にというか、自分の気持ちを考えても納得できる話です。
takeyan | 2008年09月03日(水) 18:53 | URL | コメント編集

●>>takeyanさん

>規制緩和&減税で水道光熱費、交通費を下げれば実質的に時給は上がりますね。

  規制緩和を進めたここ9年間、日本人の平均給与が一貫してダウンしていることを、どうご説明になりますか?価格競争力を高めても、デフレの解消にはなりません。転職前のtakeyanさんのように、給与の面で恵まれている職種についている人は、あまりいないと思いますね。
  水道光熱費は、消費性向の高い年収400万円までの層でも、せいぜい月に1~2万円程度です。交通費は、サラリーマンなら会社が全額支給になっているところが多いです。それに、JRも私鉄も、基本的には営利企業なのですから、「運賃を下げろ」と命令しても言うことをきくか疑問です。
  どっかの宗教政党がPRしている減税も、そもそも課税標準の低い上記の層については、たいした効果がありません。もちろん、やらないよりはましです。ただ、それだけのものでしかありません。あの党は、いつもそうなんだな。商品券構想にしても、やっていることが中途半端。
  財政均衡を口やかましく叫ぶくせに、法人税は減税するという馬鹿なことをしている財務省と、そのロボットである自民党が消えない限り、物事はまず前進しません。今財務省を潰すのは、本体であるアメリカとの戦争を意味します。だから、財務省より選挙民のことを考えている政治家を応援したいと思っています。

ろろ | 2008年09月04日(木) 09:54 | URL | コメント編集

小泉改革ってのは、規制緩和というか規制の付け替えと既得権益層から新たな権益層への権益の流出なんですよ。規制がなくなってその分消費者とか働く人が得をする、というより、単に給与ダウン分を間を抜く人が持って行ったとか。典型例は派遣会社ですが。
労働の流動化だって、本当は同一賃金同一労働で、人々が正社員として会社を選べるようになるかと思ったら、単に派遣化が進んだだけですし。
パソナの南部さんは昔は「人々が自由に会社を選べるようになる」というようなことを言っていましたが、今は港湾労働者のピンはねをしていたヤ~さんをシステム化したような仕事をしていて本当に情けなくなります。

法人税については外形標準課税の推進しかないですね。税金を払うなら無駄遣いでいいや、という企業経営者の多いこと多いこと。
あとは、税の簡素化による税務署自体のスリム化とかですかね。

方策は山のようにありますが、既得権益と関係している人とか、過去にどこかの権益を囲っている人に金銭的にお世話になった政治家には何もできませんよ。
民主を含むほぼすべての国会議員とかね。
takeyan | 2008年09月05日(金) 09:46 | URL | コメント編集

●>>takeyanさん

>小泉改革ってのは、規制緩和というか規制の付け替えと
>既得権益層から新たな権益層への権益の流出なんですよ。

  こういうことを言っていただける現役の政治家の方がいることを、何より嬉しく思いkます。

>労働の流動化だって、本当は同一賃金同一労働で、人々が正社員として
>会社を選べるようになるかと思ったら、単に派遣化が進んだだけですし。

  法律で規制をせず、企業の論理を貫けばそういう結論になると思います。
  一足先に「労働市場の流動化」を経験した英米が、現に頭脳の役割をするフルタイムワーカーとその他大勢のパートタイマーという風に、きれいに分化していましたしね。
  そもそも、派遣業をネガティブリスト制にした辺りから間違いが始まっているのです。そこらへんから反省が必要でしょう。

>法人税については外形標準課税の推進しかないですね。

  望ましい形だと思いますが、政治的にはかなり難しいでしょう。全国の自営業者全てを敵に回すことになりますからね(笑)。
  また、経費と言うことで消費が促進されている業界(たとえば交際費と銀座や赤坂のクラブの関係)の雇用もなくなるので、雇用の調整がうまく行かなかった場合、非常に過酷な事態が予想されます。
  まず経費の枠にキャップをつけて、徐々に変えていくべきだと思います。当たり前ですが、そこで税収を確保できれば、消費税は廃止です。

>税の簡素化による税務署自体のスリム化

  消費税をなくせば全て実現できますが、そのためには財務省の官僚全てを敵に回す覚悟が必要です。しかし、だからこそ是非ともやってほしい(笑)。

>既得権益と関係している人とか、過去にどこかの権益を囲っている人に
>金銭的にお世話になった政治家には何もできませんよ。
>民主を含むほぼすべての国会議員とかね。

  確かに理屈はそうだと思うのですが、それならばまず中選挙区制を復活させて、立候補の時の供託金を引き下げるべきです。そうでなければ、弱小政党は絶対に議席が取れません。
  あと、勘違いしていただきたくないのですが、私は別に民主党を「支持」などしていません。もっと言えば、本当なら中央政府が金で地方を支配するような仕組み自体にも反対です。ただ、今このタイミングで、地域通貨のことを訴えても、きっと誰も見向きもしないでしょうから、仕方なく次善の手を考えているだけです。
  自民党にあれだけ財務省や経団連の意向通りに動いている人間が多くては、権力を適当にバランスさせて、国民の声を聞かざるを得ない状況を作るしかないと思うのです・・・。
ろろ | 2008年09月06日(土) 01:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

バカボン出撃す

移民、1000万人受け入れ提言…自民議連案  自民党の「外国人材交流推進議員連盟」(会長=中川秀直・元幹事長)がまとめた日本の移民...
2008/06/14(土) 16:57:08 | 或る浪人の手記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。