2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.03.26(Wed)

【世界激変】米中ダブル崩壊の日は来るか(3)~吸血鬼アメリカ 

  ●前回の記事ではアメリカの製造業が70年代から衰退し、今日では自国の生産をまかなう能力もなくなってしまったという話をしました。
  しかし、アメリカのGDP(国内総生産)は相変わらず世界一です。そのアメリカの経済を支えているのが、「金融」という特殊な業種なのです。

  金融とは何か、誤解を恐れずに断言すれば「吸血鬼」です。

  吸血鬼というのは、●ドラキュラのように、他人の生き血を吸って生きていく魔物です。その生き血は、「金利」と呼ばれています。たとえば、弁済期が1年後の借入金に年利5%という金利がついていたら、1年後には借りたお金に5%上乗せして返さなくてはなりません。
  この5%には大きな意味があります。貸した人間に金利を支払うために、5%余計に働かなくてはいけない人間がいるということです。
  では、貸した人間が何か特別なことをしたのかというと、ただ貸しただけです。札束をヒョイと渡す、あるいは銀行口座の数字をちょっといじるだけで済んでしまいます。実質的に見たら、何もしていないのと同じです。
  つまり、金利を取るという行為は、余っているお金のある人間だけに許される行為であり、本来的に差別や格差を前提としているのです。放っておくと、貸し手は金利という生き血を吸ってどんどん大きくなり、逆に借り手は一生懸命働いても、稼いだ利益が金利を下回っていれば何も手にすることができません。
  だからこそ、昔は金利が邪悪なものと考えられていました。中世まで、キリスト教は利子を付けた金の貸し借りを禁じていました(だから、ヨーロッパで金融業をやっていたのはユダヤ人だけだった)。イスラム教は今でも禁止しています。金利という仕組みを許すと、金持ちが一人勝ちしてしまうということを、昔の人は経験的に知っていたのかもしれません。

  アメリカが吸血鬼、すなわち金融中心主義の国になるまでにはいくつか段階があるのですが、主なポイントを上げてみます。

1.1978年 確定拠出型年金(いわゆる401K)制度の創設
2.1980年 金融制度改革法で、預金金利の自由化
3.1987年 銀行子会社による証券業務取り扱いを開放


  1.によって企業年金(アメリカは公的年金が弱いので、これが年金の主力)の多くが証券市場に流れ込むことになりました。これによって、アメリカの株価は一時期をのぞいて逐次高値を更新していくことになります。この上がり続ける証券市場と、日本やヨーロッパよりも高めに設定した金利で、アメリカは世界中から投機マネーを呼び込むことに成功します。
  一方、2.によって、預金を扱う銀行間の競争が激化します。経営基盤の大きな銀行が客寄せのために金利をつり上げると、中小銀行はついていけなくなり、廃業したり、大手銀行に経営権を譲ってしまうこともしばしばでした。
  そして、これによって規模を大きくした銀行が、証券取引という形で資金を積極的に運用するようできるようになったのが3.です。
  こうして、アメリカの金融制度改革は、中小の銀行を「間引き」して、巨大な資金を動かす大金融資本を形成する結果を生みました。おそらく、それが狙いだったのでしょう。
 
 こうなると、地元の製造業の運転資金を貸し付けるなど、ばかばかしくてやっていられなくなるわけです。もともと日本や西ドイツの産業競争力の向上と、それにともなう産業の空洞化でうまみがなくなっている製造業は、これで決定的にとどめを刺されました。
  ゼネラル・エレクトリック(GE)という企業をご存じでしょうか。この企業は「ダウ・ジョーンズ工業平均」というニューヨーク株式市場のインデックス(株価指標)が創設された当時のメンバーとしては唯一の生き残りです。名前の通り、電気機器を作っていたのですが、1970年代から事業を縮小し、いつの間にかテレビ放送局を買収したり、保険や証券取引を扱ったりする会社になってしまいました。今は、中心は企業向け融資(GEキャピタル)や個人向け金融(GEマネー)です。
  このGEの変身ぶりこそが、アメリカの縮図だといっても差し支えないでしょう。それくらい、アメリカは変わってしまったのです。

  面白いことに、アメリカが金融中心経済に切り替わっていくのと比例して、徐々に資本主義経済を取り入れていった国があります。それが中国です。
  中国が市場経済を導入する構えを見せたのは、1978年以降です。いわゆる「改革開放」が唱えられ、市場経済への移行をにらんだ様々な政策(たとえば、生産責任制度)を導入していきます。外国企業に進出場所を開放し始めたのもこの時期です。
  これによって生じた国民の反発が形になったのが「天安門事件」だったのですが、中国は民主化の声を弾圧して改革を断行します。そして、1992年にはついに市場経済を導入しました。
  その結果として、中国には外国からの投資がなだれ込みました。そして、いつしか世界の工場などと言われるようになったのです。日本や、他の先進国の工業製品や食料品の需要を食い荒らしながら・・・。
  もうおわかりですね。そのとき、外国企業が中国で行う設備投資のお金を融通したのは・・・金融中心経済に移行していたアメリカの金融機関だったのです。
  中華人民共和国の生みの父・毛沢東が死去したのが1976年でした。小平たちが市場経済導入をスタートさせているのはその2年後です。これは全くの想像ですが、もしかしたら、米中国交回復と同時か、その少し後ぐらいに、アメリカ側と小平が「中国に市場経済を導入して、アメリカと中国で世界を制覇しよう」というような密約を交したのかも知れません。そうでも考えなければ、両国の、まるでコインの裏表のような変貌を説明することが出来ません。

  アメリカと中国が衝突する、という主張をよく見かけますが、ちゃんちゃらおかしい。冷戦前後の混乱期の米中の動きを見れば、アメリカにとって最大の友好国は中国であるというのは歴然とした事実なのです。

  次回は、このアメリカと中国の関係を詳しく見ていきます。ここにこそ、将来の世界の変化を読み解く鍵が隠れているからです。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

EDIT  |  23:16 |  米中ダブル崩壊  | TB(1)  | CM(14) | Top↑

Comment

●TBありがとうございます。

米国の「デフォルト宣言」→新世界通貨体制
http://sun.ap.teacup.com/souun/431.html
早雲 | 2008年03月27日(木) 00:11 | URL | コメント編集

この記事、楽しみにさせてもらってます。
アメリカを吸血鬼に例えるのは、上手いと思います。アメリカのイメージを私はブラックホールを想像してました。沢山の国に不幸?をばらまいているイメージがありましたので。
アメリカは自分達より優れている存在は、許せなくて足を引っ張るところがあります。だから、それを改めない限り、地球の技術は進歩しないのではと危惧してます。
大気に悪かろうが、人に悪影響を与えようが、アメリカの為、他国より上でいるためには、どんな技術も普及させないと考えてる気がするのです。そもそも、アメリカの宇宙感が心配なところがあります。世界各国で競争して宇宙を目指せば、技術に磨きがかかるのに、他国が余り宇宙に関われないように邪魔したりします。未来の漫画をイメージした話で、小惑星を開拓してっていうのがありますが、これは悪用すれば、地球の土地で作物が採れなくなっても、小惑星で採ればいいというように考えてるのではと思ってしまいました。
まさしくイナゴの群れで、全て食いつくし食べ物がなくなったら次に行く。そこがなくなったらまた新しいところへってグローバリストは考えてるかもしれない。
これをアメリカが考えて行動してたら覇権を失うのも道理かもしれません。ギリシア神話に人間の苦しみの感情は嫉妬というのがありますが、神話では嫉妬して何かをはじめると必ず自らに帰ってきて、不幸になってる話があります。
アメリカは嫉妬の心で実行して、足を引っ張ったせいで自ら駄目にしたのかもしれません。他国が順調なら、自らも順調にし、他国も順調にするようにしたらアメリカの名声が得られたかもしれないのに嫉妬の感情が覇権を危うくしましたね。
幸未来願 | 2008年03月27日(木) 01:17 | URL | コメント編集

ソ連がKGBによる偽装倒産で覇権を自ら放棄して米ソ冷戦が終結している現在、米連邦政府は深層心理では単独で覇権を握ってもペイせず、割に合わないと思っているのではと私は推測しています。
米中双方を裏で操作し新自由主義を推進し金利によって利益を得る国際金融資本の手口を今回の記事はかなり正確に表現していると思います。
現在、国際金融資本は金融と軍産複合体の二本立てで米で利益を上げていますが、最近は民間軍事会社という新種が現れましたね。
私はこの民間軍事会社こそ、これから最も警戒せねばならない存在であると思います。
これまで国際金融資本が行ってきた「戦争に頼った需要の強制創出」を「宇宙開発による需要創出」へとパラダイム変換する事が必要だと思います。(といっても宇宙技術も軍産複合体が独占してしまっているわけですが)
地球という人類の揺りかごの内部はかなり荒廃してきています、もう人類は宇宙へ飛び出さねばならない時が迫っていると思います。
WIZARD03 | 2008年03月27日(木) 08:13 | URL | コメント編集

私も米中の経済的な結び付きの深さから考えれば米中の対立は絶対にないと思いますね。
また米中による世界支配の為には、日本や台湾が邪魔になって来ます。
それが冷戦後の露骨な対日要望書や構造改革に反映していると思いますね。
日本を抑え付ける為、日本から搾り取る為の仕組み作りこそ構造改革の本質だと思います。
日本国民はその事を早く認識すべきですね。
彼らの手先に過ぎないマスコミや知識人、政治家に惑わされちゃいけません。
米中が日本封じ込めを謀るんなら日本の選択肢は限られてきます。
幸い一時的とは言え、米英の金融資本の力が弱まってる今がチャンスでしょうね。
反米英的、反金融資本的に見えるロシアや南米との関係を深めるべきでしょうね。
エネルギー供給や食糧供給、市場確保においてリスク分散を図る意味でも。
希望的観測に過ぎませんが、そうする事によって冷戦後の米国の対日戦略が変わるかも知れませんしね。
今のような対米従属一本槍では日本を舐めて掛かるのは当然ですよ。
逆に米国が中国や北朝鮮を日本にけしかけるかも知れませんが・・・
そうなった場合でも自立を促す良い機会になると思いますがね。
いずれにしろこのまんまおとなしく植民地化、奴隷化されるよりはマシでしょう。
ななし | 2008年03月27日(木) 10:36 | URL | コメント編集

●TBです

産業資本的利益成育から金融資本的利益収穫へ 
http://sun.ap.teacup.com/souun/361.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/362.html
早雲 | 2008年03月27日(木) 17:14 | URL | コメント編集

●ご参考

世界経済にとって70年代はどういう時代だったのか
http://sun.ap.teacup.com/souun/358.html
経済支配層は70年代に何を考えたのか
http://sun.ap.teacup.com/souun/359.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/360.html
早雲 | 2008年03月27日(木) 17:16 | URL | コメント編集

●続きが楽しみ。

ところで米国と支那の蜜月を欧州諸国はどうみているのでしょうか。
どうせかつての植民地程度にしか思ってないでしょうけど。
おしゃか | 2008年03月27日(木) 19:52 | URL | コメント編集

●支配のための経済

アメリカという国は、知れば知るほどえげつないといいますか、とんでもないヤクザ国家です。

現在アメリカで盛んな産業...と考えて見ますと、まず、ろろさんが取り上げた金融。それから、金融と同じく形のないものとしては知的所有権ビジネスがありますね。形のあるものとしては、軍需。農業。石油等の鉱産物資源。

形のあるところでは経済の根っこを押さえ、その上で形のない虚業で稼ぐ。どう見ても国際分業、・共存共栄のための経済ではなく、支配のための経済です。

現在の日本は明らかにアメリカの経済支配下に置かれてしまっています。ここから逃れるには、経済のグローバル化から背を向けて、日本は日本独自の経済を確立しなければならないのでしょうね。
愚樵 | 2008年03月27日(木) 21:54 | URL | コメント編集

●ご参考

80年代以降の金融資本的収穫を支える価値観と経済政策
http://sun.ap.teacup.com/souun/363.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/364.html
早雲 | 2008年03月28日(金) 01:40 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年03月28日(金) 13:39 |  | コメント編集

米中国交回復の立役者はキッシンジャーですね。
キッシンジャーはご存知の通り事実上米国の支配者
一族であるロックフェラーの側近と言われています。
中国共産党の中国大陸支配を助けたのはCIAとイスラエル
のモサドだと聞いています。とすれば、その頃にはすでに
グローバルスタンダードによる中国の世界工場化の見通しを
立てていたのかもしれません。恐ろしい人たちですねー。
I-R | 2008年03月28日(金) 20:02 | URL | コメント編集

●「昔の人は賢かった」に同感です

オカルト方面で恐縮ですが、獣の数字で有名な【ヨハネの黙示録・13章】にも今の情勢を言い当ててるような記述があります。

「獣」=グローバル金融経済ととれば、これから起きる可能性のあることを言い当てているようで不気味です。「獣の数字」=666はソロモンの黄金で有名なので、多分「黄金経済」、金本位制かも知れません。

「一方が死ぬほどの傷を受けたが治ってしまった」=サブプライム騒動関連でアメリカ又はEUが崩壊寸前となるが、「龍(=中国?)」が力を与えるので立ち直ってしまった

「とりこになるべき者は、とりこになっていく」=醜い拝金主義が蔓延する

「この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした」=権威を与えられた市場の刻印の無い黄金、ないしは通貨は、すべて禁じられ、商売は出来ない。つまり恐ろしいほどの全体統制経済。

日本はこれから、壮絶なまでの飢餓と困窮という、苦難の時代を生きなければならないのかも知れませんね。(死ぬまでは頑張って、耐え切ってみせる覚悟ですが)
くろねこ | 2008年03月29日(土) 10:19 | URL | コメント編集

米中蜜月は事実として、支那を発展させれば(国民無視として)必ず敵になる、その辺はアメリカはどう考えているのでしょう?
支那はどう考えても侵略拡大主義でしょうし…
現状を維持するなら日本・台湾、韓国を完全に無視というのもあり得ない気がします。

それ以前に米中ともに国力が下がって来ているでしょうし、米軍主導の米国再編で鎖国体制になるなら日台韓の切り捨てもやれるのでしょうが、その時国際金融資本主義者の墓場にされるのでしょうか…、国際金融資本主義者自体が日本を目指しているそうですし…

どちらにしても国際金融資本主義者に道はほとんど残されてはいないのでしょうね。
長々すみません、頭の整理ができません。
む~ | 2008年03月30日(日) 11:49 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>早雲さん

  こちらこそ、毎度ありがとうございます。

>>幸未来願さん

>まさしくイナゴの群れで、全て食いつくし食べ物がなくなったら次に行く。そこがなくなったらまた新しいところへってグローバリストは考えてるかもしれない。

  もう食べ尽くせる場所は日本くらいしか残っていませんからね。これから激しい攻撃が来るでしょう。左右両翼の考え方に囚われている人間には、それが見えてきません。

>>WIZARD03さん

>これまで国際金融資本が行ってきた「戦争に頼った需要の強制創出」を「宇宙開発による需要創出」へとパラダイム変換する事が必要だと思います。(といっても宇宙技術も軍産複合体が独占してしまっているわけですが)

  しかし、その技術の「中身」である部品や基礎技術は、全て日本の企業が握っています。アメリカが日本を服従させている一番大きな理由はそこです。
  唯々諾々とそれに従うのではなく、自分の地位向上のために交渉する必要があります。それさえできれば、そんなに悲観する必要はないでしょうね(それが難しいのだが・・・)


>>ななしさん

>今のような対米従属一本槍では日本を舐めて掛かるのは当然ですよ。
>いずれにしろこのまんまおとなしく植民地化、奴隷化されるよりはマシでしょう。

  全くその通りです。今後のアメリカの大がかりな行動には、拒絶の意思をちらつかせながら、有利な条件を引き出すことが求められます。そのために、もう少し左翼系の政党が伸びてもいいと思います。
  今の政治が最悪なのは、自民党と民主党が革新勢力に乗っ取られてしまっていることです。総動員体制を期に、社会主義者である革新官僚が日本を乗っ取ったのに似ています。

>>愚樵さん

>現在の日本は明らかにアメリカの経済支配下に置かれてしまっています。ここから逃れるには、経済のグローバル化から背を向けて、日本は日本独自の経済を確立しなければならないのでしょうね。

  その通りです。私が1円の得にもならないのにこのブログを書いている目的は、そういう気持ちを感性の死んでいない人びとに持ってもらいたいからです。
  なぜ、憲法9条を信奉する人びとの中に、愚樵さんのような方がもっといないのでしょうか?それが、残念でなりません。まあ、そんなことを言ったら、自己責任だの努力だのすぐに言い出す右寄り連中の方がもっとひどいかもしれませんが・・・。

>>管理人のみ閲覧できますの方

  拝見しましたよ。意外なところで活躍されていたのですね(笑)。

>>I-RIASさん

  アメリカの上層部は、日本の敗戦直後はそこまで考えていなかったと思います。
  1968年に日本がGDP2位(西側のみ)になった頃から1971年の米中国交回復の辺りで、明らかに旧来の態度を変えたのです。理由は、このまま日本や西ドイツを太らせても、国際金融資本に利益がないということが分かってきたからです。

>>くろねこさん

  おそらく、規模の大小こそあれ、同じような歴史のパターンは繰り返されてきたのかもしれませんね。

>これから、壮絶なまでの飢餓と困窮という、苦難の時代を生きなければならないのかも知れませんね。

  そうだとしても、まずそれを味わうのは中国、ついでアメリカと日本ということになるでしょう。
  中国が分裂した時に、秩序維持のための多国籍軍みたいなものに参加しなければ、日本は生き延びられます。ダメなら日中戦争以後の歴史を繰り返すだけです。

>>む~さん

>米軍主導の米国再編で鎖国体制になるなら日台韓の切り捨てもやれるのでしょうが、
>その時国際金融資本主義者の墓場にされるのでしょうか

  対等の同盟を日米間で結べるかどうかにかかっているでしょうね。

  あと、アメリカは鎖国をしたら、大きく生活水準を落とすことになります。これを有権者が許容できるとは思えません。エネルギー供給源である中東への干渉は続けざるを得ないでしょう。そうなると、資源乞食の中国とは必然的に対立します。
  その状態を利用するのが日本にとっては一番いいです。私は鎖国論者ですが、いきなりというわけにはいきませんから、まずはシーレーン防衛を確立して、徐々にエネルギーや食糧の自給率を高めていくべきだと思っています。
ろろ | 2008年03月31日(月) 22:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

すごいゾ、天災チンパンジー

チベット論議 首相「必要ならば」 日中首脳会談 不干渉姿勢示す  福田康夫首相は24日の参院予算委員会で、5月に訪日する予定の中...
2008/03/28(金) 02:42:15 | 或る浪人の手記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。