2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.03.21(Fri)

【世界激変】米中ダブル崩壊の日は来るか(1)~アメリカは世界の中心 

  ●年頭の記事で、2008年は動乱の年になるのではないか、ということを述べましたが、主に「自民党による売国の加速化」と「日本の周辺国の情勢の不安定化(中国と朝鮮の冷戦)」にしか触れませんでした。
  しかし、ここのところ「もう、戦後体制が完全に終わりを告げるのではないか?」という予感がしてきました。それほど、決定的な出来事が立て続けに起こったからです。

  その出来事とは、「アメリカのドル暴落」「チベット紛争の勃発」です。

  一見別の国で起こった、ジャンルの違う現象(前者は経済、後者は民族問題)なのですが、この二つの現象は相互にリンクしています。そして、これらの出来事をきっかけにして、最終的には、アメリカと中国という両大国が揃って壊滅的打撃を受け、世界の勢力図が一変する可能性が出てきたように思えるのです。
  そこで、「米中ダブル崩壊の日に備えて」と銘打って、続き物で記事を書いてみたいと思っています。今回は初回なので、そもそもなぜ「米中がダブルで崩壊する」といえるのか、その前提条件から話しておきたいと思います。経済に強い人にはまだるっこしい話になるかも知れませんが、お付き合い下さい。

  まず、知っておかなければならないのは、戦後の国際経済は、アメリカが世界的な需要を創出することで国際貿易が成立してきたということです。

  「アメリカが需要を創出する」というのは、世界で作られた品物(特に工業製品)の買い手は何を置いてもまずアメリカだったということです。すでに日本とドイツが連合国に敗北する前から、「今後は国際貿易はドルを共通通貨にして行う」ということが既定事実になっていたからです。
  国際的な決済通貨として、第二次大戦前はイギリスのポンドとアメリカのドルが並立していましたが、結局英仏がブロック経済を実施してドイツやイタリアを国際貿易から締め出し、大戦に至ってしまいました。そのような事態を招かないように・・・という建前で開かれたのが「ブレトン・ウッズ会議」です。しかし、実際は戦後の世界経済を牛耳るのはイギリスかアメリカかという一大決戦の場だったと考えた方がいいようです。
  すでにイギリスに世界をリードする力はないと知っていたイギリス代表の経済学者ケインズは「バンコール」という新しい国際決済通貨の創設を提案したのですが、会議をリードしたのは連合軍の主力であったアメリカでした。そして、「国際通貨基金(IMF)」と「世界銀行」という二つの国際機関が、アメリカドルで貸し付けや援助を行うことが決まったのです。それだけでなく、国際決済通貨となるアメリカドルには、金(ゴールド)との交換券としての役割を与え、誰でもアメリカ政府に35ドルを出せば1オンスの金と交換できるという決まりを設けました。いわゆる「ブレトン・ウッズ体制」というものです。
  それ以降、ブレトン・ウッズ体制の理念に乗っ取って、戦争で傷ついた国々にドルでの援助が行われました。ヨーロッパ(特に西ドイツ)復興プランである「マーシャル・プラン」などがそうです。日本もこの恩恵を受けました。
  その後の貿易システムは、戦前とはかなり違ったものになりました。それは、日本の首都圏の鉄道が、東京の都心から放射線状に広がっているのと同じだとイメージするとわかりやすいかもしれません。要するに、各国はアメリカに物を売ってドルを稼ぎ、それを使って他国(もちろんアメリカを含む。というかそれがメイン)から物を買うというように、アメリカ中心の貿易をするようになったのです。
  もちろん、ドルには金という裏付けがありましたし、何よりアメリカはソ連という競争相手がいたせいで、各国には「ややアメリカが損するくらいのギブ・アンド・テイク」という姿勢で臨んでいた気がします。日本や西ドイツに最恵国待遇を与えて、どんどん物を買ってくれていたというのもその現れだったでしょう。
  また、ありがたいことに、どう考えてもアメリカにとって採算が取れなさそうな地域は、共産圏(東欧や北朝鮮、中国など)という形でソ連が管理してくれていました。この辺を見ると、冷戦というのは、アメリカとソ連が一種の共犯関係になっていたのかもしれません。

  しかし、アメリカにとって誤算だったのは、さんざん痛めつけておいた敗戦国、特に日本と西ドイツの産業がどんどん発展したということです。この二カ国は輸出で稼いだアメリカドルを外貨準備という形で積み上げていきました。
  また、各国の石油の決済もドルで行われていたため、産油国を中心にオイル・ダラーと言われるドルが貯め込まれました。本来、ブレトン・ウッズ体制のもとでは、アメリカが発行したドルが国際貿易を通じてアメリカに帰ってくる(いわゆる「ドル還流」)ことが原則だったのですが、それがうまく働かなくなってきたのです。
  それにも関わらず、アメリカは国債発行という形でドルを発行し続けました。そうでもしなければ、世界中に展開するアメリカ軍の維持ができないからです。
  それが限界に達したのが、1971年のドルと金の交換停止、いわゆる「ニクソン・ショック」です。これによって、アメリカドルは裏付けの全くない通貨になってしまったわけです。

  このニクソン・ショックのあたりで、もうすでにアメリカの上層部(たとえば、●連邦準備制度委員会を構成している銀行や証券会社)は、次の方向を向いて走り始めていたのだと思います。

  次回は、その方向転換について触れて、冷戦後の世界経済の仕組みについて説明しておきたいと思います。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  00:10 |  米中ダブル崩壊  | TB(1)  | CM(4) | Top↑

Comment

浅い読みかも知れませんが、最近思うのですが実際の所、外国人参政権や人権擁護法案は恐らく自民党は通す無いですよね?
反対派が多いとかの理由ではなく、グローバリストが日本に来たいと思っているのなら邪魔ではないですか、この法案は
むしろ軍事国家化の為の囮の様な役割なのかな、と思う様になってきました。

支那の崩壊が偏向TVからも滲み出ている今、通すのは無理な様にも感じますし…
む~ | 2008年03月21日(金) 22:15 | URL | コメント編集

●ご参考

ブレトンウッズ会議
http://sun.ap.teacup.com/souun/1321.html
米国経済の国際的機能:米国経済のゆくえ 上
http://sun.ap.teacup.com/souun/414.html
早雲 | 2008年03月21日(金) 23:53 | URL | コメント編集

タイムリーな記事ですね。アメリカと中国、そして世界はどうなるんでしょうね。
アメリカのドルの変わりになりそうな通貨といえば、ユーロをイメージし易いですが。ドルが暴落したときユーロが代替として使用されるのか?原油の取引では中東に人気ないアメリカだから、他通貨にっていってもおかしくないような気もします。
でもガスの産出国ならロシアもあります。ロシアのガスの取引はロシアの通貨でってことはありえますかね?
もしくは、それぞれの通貨での取引する社会には・・・難しいですかね。
どちらにせよ、クリーンなエネルギーになるように前進してもらいたいです。
食べ物については、チャイナフリーはいいのですが、中国でなくタイとかフィリピンで輸入すればOKって流れになるのではと少し心配です。自給率を上げるようにするのでなく、中国以外から輸入すればいいという考えでは問題だと思うんです。自給率を上げることと、ガソリン税の暫定税率廃止については民主党応援します(笑)
因みに前記事にあった教育援助等については、国民新党応援します(笑)
消費税廃止を唱う政党があれば、そこを応援してもいいのですが。
やはり食料とエネルギーと水と教育が大切だと思いますので。
しかし、バブルだったんですね。
これから色々とアメリカドル以外にも暴落するのは多そうです。
幸未来願 | 2008年03月22日(土) 01:11 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>>む~さん

>外国人参政権や人権擁護法案は恐らく自民党は通す無いですよね?
>むしろ軍事国家化の為の囮の様な役割なのかな

  それに近いんじゃないですかね。 別のところのコメントでも書きましたが、共謀罪だの児童ポルノ法だの、自民党と公明党はなんとかネットの世界を潰したいようです。飼い主(=グローバリスト)の情報独占がうまく行かなくなるからじゃないでしょうか。

>支那の崩壊が偏向TVからも滲み出ている

  新聞記事でなんとか「日本は中国に文句言っちゃダメなんだよ」と釘を刺しているのが痛々しいですね。
  多分普通の日本国民は、「中国ってなんかおかしい」とずっと感じてきたと思うのです。それが、毒餃子とチベットで完全に表に出てきましたね。
  文化放送の午後3時のラジオで、伊東四朗が「(毒ギョーザ事件で)中国は努力しているっていう福田さんの発言はおかしい」「あんな空気の悪いところでマラソンなんてできるの?」「オリンピックを政治利用されるのは御免だ」などと発言していました。グローバリストの検閲が甘いところで、遂に本音が出てきてしまったという感じです。もう、この流れは止まらないでしょう。
  台湾総統選で親中国派が勝ちました。台湾を間接侵略で無血開城させる謀略を一気に加速化させるかもしれません。注意が必要です。まあ、それより中国は自分のところで手一杯か?

>>早雲さん

  非常に参考になりました。「供給=需要」原理やインフレ・デフレの考え方を晴耕雨読で学ばなかったら、こんな記事は書けませんでしたよ。感謝しております。

>>幸未来願さん

>ドルが暴落したときユーロが代替として使用されるのか?

  ユーロもダメでしょうね。こちらhttp://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-577.htmlで三輪耀山氏がおっしゃっている通りです。
  おそらく、石油の決済は複数の通貨のバスケット制になるんじゃないでしょうか。

>ロシアのガスの取引はロシアの通貨でってことはありえますかね?

  ロシアは、天然資源しかありませんし、工業を拡大するには資本財を外国から買わないといけませんから、やはりドルやユーロ決済になるでしょうね。ただ、ロシアがガスパイプラインでヨーロッパを「陥落」させればわかりません。今はチェコとポーランドが親米反露だからいいものの、この先はどうか・・・。

>チャイナフリーはいいのですが、中国でなくタイとかフィリピンで輸入すれば
>OKって流れになるのではと少し心配です。自給率を上げるようにする
>のでなく、中国以外から輸入すればいいという考えでは問題だと思うんです

  まさしくその通りです。中国でなければいい、というのは、単なるアホです。相互依存を深めること自体が「悪」なのだという認識が必要です。
  何も考えていないブログは、すぐにインドとかベトナムとか言い始めますよね。そういう問題じゃねえんだっつうの、と、机を叩いてしまうこともしばしばです。

>しかし、バブルだったんですね。
>これから色々とアメリカドル以外にも暴落するのは多そうです。

  金融的なものは全て価値が下がり、エネルギーと食糧が値上がりするかもしれませんね。
  真剣に、薪をくべて暖を取る練習をしておかないといけないかもしれません。あと、小麦を控えて粗食にするというのも・・・。
  もっとも、間違いなく円高にはなるので、資源の高騰も少しだけ楽にはなるでしょう。ドル独歩安のアメリカはどうするんでしょうかね?鎖国しかないように思うのですが、あの国に「節約」「工夫」なんてできるかどうか疑問です。
ろろ | 2008年03月23日(日) 01:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

チベット虐殺の北京紅帝、朝鮮カルトキングと会談へ

胡錦濤主席、池田大作氏と会談へ  5月の来日が予定される中国の胡錦濤国家主席が、来日時に創価学会の池田大作名誉会長と会談する方向と...
2008/03/21(金) 01:58:55 | 或る浪人の手記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。