2009年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.09.22(Tue)

なぜ昔の家の庭には柿の木があったのか 

    柿の木

  秋らしい話題で一つ書いてみたいと思います。

  昔の家の庭には、よく柿の木が植わっていました。私が以前新宿区に住んでいた時、戦前からあると思われるお宅の庭に木が生えていて、カラスがつついていたのを見たことがあります。
  ああいった柿の木は、住人が実を取って食べるのだろうと長年思っていましたが、どうもそうとは限らないようです。
  そもそも、柿には、大きく分けて

  「甘柿」

  「渋柿」


  という種類があります。
  食用の柿というと甘柿ですが、初めて記録に出てくるのは鎌倉時代で、突然変異した柿であると考えられています。
  普通日本で見かけられるのは渋柿です。渋い柿というくらいですから、苦み成分のタンニンが多く含まれています。この柿は、よほど熟さないと食用にすることはできません。

  では、なんでそんなものをわざわざ育てているかというと、渋柿には食用以外の役割があったからです。それは、「柿渋」の原料になるということです。
  この「柿渋」という言葉を初めて聞いた方も多いと思います。私もそうでした。初めて聞いた時は「渋柿の間違いだろうこれは」などと思ったほどです。
  柿渋は、渋柿から絞って漉し取った液体です。通常は、2~3年程度発酵させて使います。当たり前ですが、非常にタンニン分の多い液体です。銀杏(ぎんなん)とよく似た匂いがしますが、これを聞いただけで、ウッとなる人も多いかもしれません(笑)。
  主な柿渋の用途を挙げてみます。

★天然の防水剤

  昔は漁網に多く用いられていました。また、木綿の糸に柿渋を塗ると、それだけで釣り糸として十分なほどの防水効果、補強効果があるようです。

★天然の防腐剤

  建物の壁などに塗られていたそうです。防かび・防虫効果もあるそうです。

★天然の染料

  いわゆる「柿渋染め」です。●こちらのリンクで、色合いなどご確認いただくとよいでしょう。防虫防腐効果もあります。  

★和紙の補強

  繰り返し塗ると、「渋紙」と言われる紙になります。非常に腐食に強く、保存用の書類などに用いられてきました。
  渋紙は、「紙衣」(かみこ)という、和紙で作った衣服にもなります。何に使われていたかというと、雨ガッパです。かなり強力な撥水効果があることがうかがえます。
  この渋紙は、伝統工芸としていまでも残っています。佐賀県の●名尾和紙などです。

★醸造用の絞り袋

  柿渋で木綿を染めた生地が、日本酒や醤油の圧搾用の袋に用いられてきました。●こちらのリンクを見ていただくと、昔ながらの酒袋を使ったもろみの圧搾がどんな感じかお分かりかと思います。
  現在は、機械でやるのが主流なので、なかなか柿渋の酒袋は見ることはできません。しかし、柿渋にはタンパク質を分離する作用があるので、今でも日本酒の「清澄剤」として用いられています。

★民間医療の薬

  あかぎれや火傷に塗布するという形で用いられてきました。血圧降下剤としても用いることができるようですが、タンニンが鉄分と反応してしまう(つまり、血中の鉄分濃度が下がる)ので、お医者さんの指導がない限り用いるべきではなさそうです。

  こうやって挙げてみると、柿渋は「日本最古の工業原料」と言ってもいいほどの多様な用途を誇っているように思えます。

  しかし、今の我々の生活では、柿渋は全くと言っていいほど用いられていません。
  
  理由は簡単で、柿渋の役割は全て「あるもの」が代替しているからです。そのあるものというのは、化石燃料です。
  防水剤・防腐剤はコールタール(石炭をコークスにしたときの副産物)や安息香酸(石油から合成)によって作ることが出来ます。染料は合成インディゴなどの石油由来のものがあります。和紙は蛍光剤や漂白剤を用いた工業的な紙に駆逐され、医薬品は石油からできた化学物質で作るのが普通です。
  石油や石炭で作るメリットは、大量にしかも安価に作れるということです。要するに、工場で機械を使って作れるということです。熟成に2年もかかる柿渋を保管しておくと、倉庫代や地代がかかりますから、二重の意味で工業製品の方が有利です。
  このブログは何度となく、「石油文明には遠くない将来終わりが来る。その時を頭に置いて行動しなければいけない」ということを訴えています。しかし、だからといって渋柿の木を今から植えようとする人はほとんどいないでしょう。都会で生活している人たちにはそもそも木を植える場所がありませんし、田舎で暮らしていても、わざわざ柿渋を作るより、「島忠」や「カインズホーム」で工業製品を買ってくる方が楽ができます。
  そういう人たちをだらしがないとか弱いとか非難するつもりはありません。げんに、私も現代文明の恩恵を受けて暮らしている仲間だからです。

  しかし、それでも私は、なぜ昔の家には必ず柿の木が植えられていたかを知ることには意味があると思っています。
  石油や石炭で作られた製品には絶対的に不利な点が一つだけあります。それは、「一般庶民が手に入れたくてもダメなときはダメ」だということです。
  原料の石油は、そもそも国産はほとんどありません。石炭はあるにはありますが、炭鉱をろくに保全していないので、もう採掘はできないでしょう。そうなると、結局輸入に頼らなければならないわけです。
  また、もし運良く自分の家の庭に石油が自噴したり(笑)、庭を掘っていたら石炭が出てきたり(笑)したとしても、それを自分の家の納屋やガレージでコールタールとか合成インディゴに加工できるという人はいないはずです。
  つまり、石油や石炭由来の工業製品は、輸入に依存している点、そして、自前で製造が不可能であるという点、二つの点で他人に依存してしまっているわけです。
  それでも我々がそういうものに頼って不便を感じないのは、カネさえあればそういった製品を買うことができるからです。今思えば、柿渋が見捨てられたのも、石炭が掘られなくなっていったのも、代わりのものを作ったり買ったりした方がカネになるからでした。
  しかし、今の日本ではカネを庶民に分配する仕組みはかなりの程度破壊されています。よく時代の流れだと言われますが、人為的に収奪が可能な制度改革が推し進められてきたというのは間違いありません(たとえば、労働者派遣は昭和61年まで原則禁止だった)。
  いまさらこれを完全に元に、すなわち、一連の「構造カイカク」の端緒となる中曽根政権以前の仕組みに戻すことはおそらく無理です。一部の政治家(たとえば亀井静香や小泉龍司)はそういう流れに必死で抵抗していますが、「自己責任」:だとか「企業の論理」といったものは、シンプルで素朴な実感に訴えやすいため、なかなか覆すことはできません。だから、政府が弱者を助けるという方向性も、だんだんと悪い方へ修正されているわけです。
  つまり、普通の人びとが「努力してカネを稼ぐ」という希望が持てなくなってきているのが、今の日本だということができます。そういう意味では、日本も、かつてのような分厚い中産階級がいる希有な国ではなく、アメリカやヨーロッパによくある国、要するに●誰かさんがいうような「普通の国」になってきているわけです。
  そこにきて石油減耗が進んだり、国際情勢が悪化(たとえば中国が崩壊したり、中東でイスラエルが暴発)したりすれば、今より数倍も輪を掛けてひどい状況に置かれることは目に見えています。
  そもそも、私たちは、自分たちが生きるということを、他者に依存しすぎてきたのです。
  戦前は、確かに今よりも数倍不自由な時代でしたが、庭がある家には柿の木があって、そこから柿渋の原料を取ることができました。その柿渋を使って家の壁を塗り、投網を補強し、雨ガッパを作り、火傷やしもやけを自分たちの手で直すことが出来ていたのです。
  どうせこういうことを書くと「戦前にもアパートや長屋住まいの連中がいたじゃないか」ということを言う人がいますが、そのような人たちが少数だったか、今のようにごく普通なのかによって、その社会がどれだけ自律的かは全く変わってくるでしょう。当たり前ですが、そういう時代はたとえ長屋住まいでもラッシュの通勤地獄はほとんどなく、近所で世話を焼き合い、口に入れるものはほとんどが近くで作られた(最悪でも日本生まれの)食品でした。今の便利な社会の方が絶対に良いと手放しでいうことが果たしてできるでしょうか。
  今の我々にせめて出来ることは、この便利な生活が国際分業やグローバル貿易システムという、非常に脆弱で依存性の強い仕組みで出来ていることを知ること、そして、そこから少しでも抜け出すための物的条件を整えていくことです。それが、以前の記事で書いた●入会地(いりあいち)の考えであり、●「半農半X」を勧める理由なのです。
  どうも、今の世の中で「自立」だとか「人に依存しない」という考えの持ち主の主張を見てみると、いかに自分をうまく商品化して金を稼ぐかという観点しかないような気がします。
  そして、それ以上に首を傾げたくなるのは、そういう自己商品化に失敗している人びと、たとえば「ハケン切り」にあった人や、「ワーキングプア」といった人びとでさえ、そういう観点を何の疑いも無く受け入れて、自分で自分を苦しめていることです。

  柿渋がごく普通に用いられていた社会は、一見不便に見えるかもしれませんが、根本的なところで自由だったのかもしれません。少なくとも、現代とは全く違う文脈で、自立(というより「自律」)した生活ができていた社会だったのではないでしょうか。
  この季節になってもまだ青みの残った柿をどこかでみかけたら、ほんの少し立ち止まってこの記事のことを思い出していただけると幸いです。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
EDIT  |  21:31 |  生活(環境・エネルギー・衣食住)  | TB(0)  | CM(11) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。