2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.08.19(Wed)

最近気づいたこと 

  更新が少なくてすみません。連日塾の方で夏期講習があり、お盆休みの間も東北に行ったり富山に行ったりで、あまり時間がありませんでした。
  明日から仕事なので、今日は家事や骨休めをいたします。あまり本格的な記事を書けなくて申し訳ありませんが、お盆休みの経験を通じて気づいたことを書いておきます。

  たいしたことではないのですが、ここのところで、わかり合える人間というか、多少の差異を無視して共にやっていける人の類型が明らかになりました。

  それは、男性ならば、

・農作業を嫌がらない
・大工仕事を厭わない


  このどちらかに当てはまる人で、女性であれば、これに加えて、

・家事、特に針仕事を厭わない

  という要素のどれかを満たす人です。これを抽象化すると、

・自分のことを他人に投げない人間
・手間のかかる作業をカネで解決しようとしない人間


  ということになるでしょうか。さらに、この論理を敷衍すると、

・すぐに面倒くさいと言い出す奴
・やらない言い訳ばかり口にする人間



  は、他の要素がどれだけ優れていてもNGということになります。

・物事をやるとき文句を言う人間

  というのは、二種類に分かれると思います。
  ひとつは、やり始めると真摯に取り組む人間で、もう一つは、二度目からその作業から逃げ出す人間です。前者は単なる食わず嫌いであり、一度口に入れると「結構うまいな」とか言い始める単純な人間といえるので、害はありません。しかし、後者は上に挙げたNGの人間です。

  ここで大事なのは、このような分け方は言語的な表現とは関係がないということです。たとえば、人にきかれて「家事は得意です」と答える人イコール好きな人というわけではないということです。そうやって「自分はこういう人間だ」ということを表出したがる人は、肝心の時に役に立たないタイプが多いのではないかとすら思います。
  なにしろ、肝心の場面になったとき、黙って仕事に取り組む人間であるかどうかが大切です。
  そのような人の特徴をもう一つ挙げておくと、

・独立している

  ということが言えます。何かに寄りかかっていないので、タブーだとか右翼左翼みたいなスタンスがない、あっても固執しないという傾向があるようです。
  裏を返せば、右翼だとか左翼だとか保守だとか地球市民だとかいう連中は、現実の問題を観念で解決しようとする人間であり、政府のカネや暴力装置(警察など)を当てにしているどうしようもない人間だということです。
  私自身、そういう人間だった時期があるわけですが、それでも今にいたってコメント欄で韓国や中国や左翼を感情的に貶し、あふれるメディアリテラシーで「消去法で自民党」とか言っていた人たちはこのブログから遠ざかっていきました。また、私自身もそういう人たちのブログや掲示板には足を向けなくなりました。お互い、何か感じるものがあってそうなったのでしょう。
  たまに政局のことを書くと「そういう感じ」の人が寄ってくるのは、まあなんというか、近代国家における政治が観念の現実化という不毛な作業であることに尽きるのではないかと思います。
  そういう余計なものに惑わされず、本質を俯瞰できるブログとして細々とやっていきたいと思います。みなさん、これからもどうぞよろしく。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
EDIT  |  09:10 |  日々の雑感  | TB(0)  | CM(7) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。