FC2ブログ
2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2009.05.14(Thu)

【どうした】 独裁者・小泉純一郎の断末魔 【錯乱中か】 

  最強の敵が白旗を揚げてくれたということで、「カイカクの天照大神」である御仁が、陽気になって天の岩戸から這い出てきたようです。

行財政改革の断行を=小泉元首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009051301062

 自民党の小泉純一郎元首相は13日、党本部で講演し、麻生政権が進める経済対策に関連、「選挙が近いからどの(政策)分野も痛みを与えず、(国民に)利益だけ与えるという状況だが、長くは続かない。今の痛みを耐えて、明日をよくするのが政治の原則だ」と述べ、歳出削減を含めた行財政改革をあくまで断行すべきだと指摘した。
 また、日本郵政の保養・宿泊施設「かんぽの宿」譲渡問題について、「投資額に対して売却額が安すぎるという報道ばかりされているが、(問題の)本質は役所がなんで、こんな無駄な必要のない施設をつくったのかということだ。そこを突かないといけない」と語り、売却見直しを主導する鳩山邦夫総務相を暗にけん制した。


  これだけだとあまりにも「あからさま」だと思ったのか、純チャン(笑)は余計なことまで口にしてしまいました。あまりにも滑稽なので取り上げておきます。

「漢字読めなくても首相になれる」=小泉氏が麻生首相を揶揄
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009051301129

 「漢字を多少読めなくても首相になれる。すべて優秀でなくてもいい」-。小泉純一郎元首相は13日の自民党本部での講演で、漢字を読み間違えることが多い麻生太郎首相を冷やかしながら、集まった大学生ら約500人を励ました。
 小泉氏は自らの学業にも触れ、「社会に出て微分積分を使ったこともない。政党の連立なら分かるが、(今は)連立方程式も分からない」と白状。「読み書きそろばんができれば、頑張る気持ちがあれば、何とかやっていける。(勉強が)できなくても、わたしでも変人と言われても首相をやれた」と語り、会場の笑いを誘っていた。


  まあ、この人のことなので、多分自分好みの女子大生が前列に座っていてチョーシこいてしまったんでしょうが(笑)、こういう人は結構よくいます。
  具体的には、「俺が大学にいた頃は雀荘で社会勉強をしたもんだ」とか「キャンパスより自治会のオルグやってる時間が方が長かったぞ」とか、自分がいかに勉強しなかったか自慢しているバカな大人のことですが、若い人の悪影響になるので、(自分だけがカッコイイと思っている)本音語りは居酒屋の中くらいにしてもらいたいものです。

>変人と言われても首相をやれた

  一部では、●「変質者」とか「犯罪者」とかいう噂もあるそうなので、その辺も率直に話していただけたらよかったんですが・・・。
  麻生首相は9月以降も政権を担いたいなら、そろそろこういう人に対して毅然とした態度を取った方がいいかもしれません。

  さて、問題はなぜここまで純チャン(笑)が生き急いでいるのかということです。どうも前日に出てきたこのニュースのせいで、動揺しているのかもしれません。

日本郵政を刑事告発へ=「かんぽの宿」売却問題-野党3党
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2009051300948

 日本郵政が保養・宿泊施設「かんぽの宿」をオリックス不動産に一括売却する契約を結び、総務省から業務改善命令を受けた問題で、国民新党と社民党は13日、民主党を加えた3党で、同社経営陣を特別背任罪で東京地検に刑事告発する方針を固めた。長谷川憲正参院議員(国民新)、保坂展人衆院議員(社民)の両氏が記者会見し明らかにした。
 3党は、日本郵政経営陣がかんぽの宿など79施設を、当初想定した金額より格段に安い約109億円で譲渡する契約を結び、同社に損害を与えようとしたとしている。鳩山邦夫総務相の反対で売却は白紙撤回されたが、3党は未遂でも特別背任に当たるとしている。 
 3党は2月、この問題を調査する合同プロジェクトチームを設置。同チームの聞き取り調査や、総務省が日本郵政の提出資料を分析した報告書に基づき、西川善文社長の責任を追及する。


  オリックスグループの総帥である宮内義彦は、小泉政権下で「規制改革・民間開放推進会議議」議長を長年勤め、キセーカンワやミンエーカをどんどん進めさせた張本人です。そのミンエーカの推進者が、自分たちがミンエーカした日本郵政から、不動産を不当な廉価で取得している。これを汚職と言わないで、なんと呼ぶのでしょうか。
  「そういう無駄な組織を持っているのがそもそも問題なんだ」と、自称変質者、違った、変人純チャンは語っているわけですが、そんな無駄な組織ならなぜ譲渡なんかせずに在任中にさっさと潰してしまわなかったのか疑問です。資産価値が十分にあるから、身内の宮内に売り払うよう便宜を図ったのではないかと邪推したくもなります。

  ともかくも、この事件が立件された暁には、ぜひ純チャンには東京地裁に来所願いたいものです。証人席でも、被告人席でも構いませんので・・・。ああ、今度はロンドン留学なんかで逃げないようにね。

  東京地検特捜部のとても優秀な、(アメリカ帰りの)検事のみなさん。野党の党首が政治資金管理団体を通じて西松建設から受け取った金額と、政権内部の人間が国有財産をちょろまかして上げよう利益の額、どっちが大きいのか、もちろん理解できますよね?
  まさか、●ダグラス・グラマン事件みたいに、民間側の人間だけ起訴して、「時効の壁がぁー」とか言い出すんじゃないでしょうね?
  そういえば、この事件で名前が挙がった「岸信介」は民政党時代から純チャンのお父さんである小泉純也さんと仲良しで、「福田赳夫」は純チャンが秘書をやってた政治家ですが、これって偶然なんでしょうか?
  「開かれた司法」を目指して導入した裁判員制度をきちんと機能させたいなら、まず検察自身が後ろ暗いことをしないことが先決だと思いますよ。かつて司法試験を受けていた人間として、国民に胸を張って仕事の出来る検察であってほしいと、切に願っています。

  あと、純チャンや竹中さんへ言っておきたいのですが、鳩山大臣には感謝した方がいいと思いますよ。彼が売却をストップしなかったら、背任が「既遂」になって、さすがの検察も動かざるを得ないと思います。
  もっとも、冒頭の記事は純チャンの「ツンデレ」(爆)なのかもしれません。そうだとしたら、今度は鳩山大臣にがっかりですねぇ。

  ともかくも、純チャンの末路と、かんぽの宿の問題、どちらも、今後の展開を注意深く見守りましょう。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。


スポンサーサイト



EDIT  |  12:15 |  自END(自民党追放キャンペーン)  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
 | BLOGTOP |