2008年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.09.14(Sun)

【横文字乱発】美しい日本語を押しつけるより、役所の外国かぶれをなんとかした方がいい 

  人を殴ったり、ものを壊したりした人間が「ついカッとなって」という、愚にも付かない言い訳をすることがありますが、私の場合、カッとなるとブログの記事を書いてしまうようです(笑)。
  私がカッとなったのは、この記事のせいです。
  
ドア開いたまま2.7キロ走行=けが人なし、乗務員気付かず-JR高徳線
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008091300335
--------以下引用--------
 13日午前11時10分ごろ、徳島県藍住町のJR勝瑞駅に到着した鳴門発徳島行き高徳線普通列車(2両編成)に乗り込んだJR四国の社員が、2両目の右側後部ドアが約44センチ開いているのを発見した。ドアは約2.7キロ手前の池谷駅を出発した時から開いたままだったとみられるが、乗客約60人にけがはなかった。
 国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は、一歩間違えれば事故につながりかねない重大インシデントとして、調査官2人を現地に派遣した。
--------引用以上--------

>重大インシデント

  ●この人みたいなノリで書いてるのかな、と思ったら、本当に行政用語で存在するようです(詳しくは●こちら

  それにしても、なんで、「事故」と言わないのでしょうか?

  確かに、航空事故に関する科学的な研究が欧米で進んでいて、それを取り入れたので、incidentという英語をそのまま持ち込んだのだ、という説明はできます。
  しかし、今回の引用記事を見る限りでは、「インシデント」などという言葉を使わなくても十分に表現が可能であり、むしろ「事故」といった方が直接意味を理解することができます。

  そういえば、行政用語には、一見しただけで意味不明なカタカナ言葉がたくさん存在します。「インシデント」は国土交通省ですが、「パブリック・コメント」「アカウンタビリティ」(全省庁)、「ワーク・ライフ・バランス」「ハローワーク」(厚労省)、「プライマリー・バランス」(財務省)、「ミニマムアクセス」(農水省)、「ベター・レギュレーション」(金融庁)、「グローバルCOEプログラム」(文部科学省)・・・調べているだけで腹が立ってきました(笑)。
  国際化しているから、などというもっともらしいことを言う人がいますが、それならなぜちゃんと英語で書かないのでしょうか。日本語と英語を併記しても良いはずです。英語で表記しさえすれば国際化するわけではありませんし、そもそも国際化といえば何でも許されるわけではありません
  何か、一般人に分からないカタカナ言葉を並べて「どうです、すごいでしょう。僕たちは頭が良いんですよ」と、役人がニヤニヤ笑ってるように見えて仕方がありません。

  こういうことが起こってしまうのはなぜかと考えてみると、やはり「国家公務員に欧米かぶれがあふれている」ということなのでしょう。
  今の官僚制度は、明治時代に端を発したもので、その成り立ちからしてフランスやドイツの真似でした。戦後はアメリカの猿真似です。だから、今でも「日本の制度は優れていて、欧米の制度は素晴らしい」という意識が根本にあることは十分に推測が尽きます。国家公務員には、税金で外国に留学してくる「在外研究員制度」というものがあります。これまでに2000人を超える人数が派遣されており、その留学先の70%強がアメリカです。
  しかも、腹の立つことに、そうやって国民の金で留学したキャリア官僚の1割程度がすぐに退職してしまっていたそうです(●こちらを参照)。政治家の事務所費や、市役所の下っ端公務員の手当うんぬんで目くじらを立てるより、こういう事例を「税金泥棒」として告発すべきではないでしょうか。
  一応、2006年から退職したら費用を返す義務が生じるようになり(●こちらを参照)、留学即退職というふざけた事態は激減しましたが、昨今の行政のあり方を見ていて、制度自体が本当に役に立っているのだろうかと疑問が湧いてきます。
  それどころか、アメリカやイギリスで仕入れてきた言葉や概念を日本に当てはめようと必死で、何をしたら日本国や日本国民のためになるかという視点が根本的に欠けているのではないでしょうか。最近の行政用語にカタカナ言葉が異常に多いのは、その現れだと思えてなりません。
  もちろん、これとは別に律令制以降の伝統というものはあって、職務意識の高さや、文書管理の厳密さという形で今の日本にも受け継がれています。しかし、これはむしろ「武士の道徳」みたいなもので、別に欧米に習ったから良くなったというものでもありません。
  それを言ったら漢字だって中国の言葉じゃないか、などという人がいるでしょうが、的外れです。少なくとも、鎌倉時代以降の我が国の行政機構は、中国式の言葉や概念を、日本に合う形で改造して用いており、日本の風土や日本人の精神性と調和させようと努力をしてきました。今の官僚がやっていることは、欧米から輸入した制度や言葉を、そのまま日本に当てはめようとしているだけです。「牛鍋を食べるのがハイカラ」とか「ダンスパーティーをすれば不平等条約を改正できる」などといった考えと同じレベルの、幼稚な行為と言わざるを得ません。

  政治家に、ある種の人間たちの人気取りをしたいがために「美しい日本語を身につけよう」とか「我が国のことばの伝統を理解しよう」などと言っている人間がいます。ブログを書いている人間にも、日本文化や日本の伝統をご神体にして拝んでいる連中がいます。
  そういう人びとは、なぜ官僚が欧米文化に毒されて帰国し、向こうで習ったことを金科玉条にして行政を行っている現状を告発しようしないのか、私には理解できません。
  本当に日本が素晴らしいと思うなら、我々の祖先が築いてきた遺産を活用しながら生活を営むべきではないでしょうか?

  次回は「韓国崩壊」の続きを書きます。少々お待ち下さい。

【参考】

日本の役所は欧米に学ばなければ何も出来ないのか?
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-77.html

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  10:52 |  教育や勉強の話題  | TB(1)  | CM(6) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。