2008年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.08.14(Thu)

株式投資なんてやめておきなさい!! 

  チンパンジーが「ぼくって結構オツムがかしこいんだよ」と言わんばかりに、新しい芸を披露しているようです。

首相、株投資促す税制改正を 金融相に検討指示
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080813AT2C1301613082008.html
--------以下引用--------
 福田康夫首相は13日、首相公邸で茂木敏充金融担当相と会い、「貯蓄から投資への流れをつくるにはどうしたらいいか、税制も含めて金融庁も早急に検討してほしい」と述べ、株式投資の活性化に向けた証券税制の見直し案を検討するよう指示した。

 首相は「まずは一般の国民に株式市場を信頼してもらう土壌づくりが何よりも重要だ」とも指摘した。

 茂木金融相は会談後、記者団に「金融庁としてできることはすべてやる」と話し、今夏の税制改正要望への明記を目指し、具体的な検討を進める考えを強調した。
--------引用以上--------

>貯蓄から投資への流れをつくるにはどうしたらいいか

  貯蓄が悪くて投資が駄目、という考えの根拠は何なのでしょうか?意味がわかりません。

>株式投資の活性化に向けた証券税制の見直し

  結局、大量に株式取引をする金持ちや機関投資家に利益供与をしたいというのが本音のようです。
  このように、昨今の自民党が打ち出している政策というのは、ほとんどが金持ち優遇です。金持ち(年収1000万円以上)でもないのに、自民党を支持しているとしたら、大馬鹿です。
  そういえば、今の政府はことあるごとに「税収不足だ」「財源がない」などと言っていたはずです。税制優遇をするということは、株式投資家から取る税金を減らすことを意味しています。

  そうなると、その帳尻あわせをどこでしてくるか・・・もうおわかりですね。消費税のアップしかありません。

  この影響は、収入の少ない人間ほど重大です。たとえば、JAの貯金やゆうちょ銀行の預金くらいしか「金融」:に対するアクセスがない地方の高齢者は、消費税アップの影響をもろに受けます。食料品や交通費が、収入に占める割合(消費性向)が高く、その割に金融的な利益(銀行等の利息)は少ないからです。
  一方、株式投資をやるような金持ちや企業は消費性向が低いですから、消費税アップの影響はそれほど受けません(高級車のような贅沢品を買わなければいいだけである)し、受けたとしても、自民党・公明党政権はちゃーんと投資やらキャピタルゲインやらの優遇税制というものを用意して、お金持ちが損をしないようにしているのです。

  悔しかったら金持ちになればいい!とか言ってるそこのあなた!!

  みんなが金持ちになるために努力をしても、限られたパイを奪い合うだけだということにまだ気づかないんですか?

  ミニ株とかFXなんかやって、小金持ちになったつもりのあなた!!

  あなたみたいなカモをたくさんおびきよせるために、FXやら株式投資の本が平積みにされていることにまだ気づかないんですか?世界的なレベルで見て「投資家」なんていうのは、プライベートファンドを作れるような大金持ちか、銀行のカネを借りて博打を打てる機関投資家だけですよ?

  しかし、株みたいに、いつ紙っきれ(最近は電子化されているので、ただのコンピュータ上のデータか?)になるか分からないようなものを買いなさい!と勧める政府の異常さは際だっています。「おまえら、貯金なんかしないでパチンコや競馬に行け!」と言っているのと論理的には全く変わらないわけです。空恐ろしいことです。
  
  ウワッ!!そこの「株はパチンコと違って勝つ方法がある。理論化されてもいる」とか言ってるあなた!!

  たかだか200万とか500万とかの資産で、まともな●ポートフォリオなんて組めると思ってるんですか?相場の世界で、どちらかが上がればどちらかが下がるという関係が純然と成立している投資対象が、どれだけあるのかちゃんと自分で研究したんですか?

  長期保有するって?どれだけの配当が入ってくるか、ちゃんと利回りは計算しましたか?

  はっきり言っておきますが、株で常に儲かるのは本当のインサイダーだけです。相場さえ作り出してしまうほどの強力な投資家(たとえば●こういう連中以外は、みんな振り回される運命でしかありません。投資の世界は、勝つのは1割だと言われているような世界であり、その1割は間違いなく各国の政府高官や経済界の上層部にコネクションのある、国際金融資本が持っていくのです。
  こんなゲームに参加する義務はないのですから、さっさと降りた方が得です。チンパンジーやその手下の猿どもが「投資しようよウッキッキー」などとバナナを差し出してきても、無視しましょう(笑)。

  しかし、油断しないでください。あなたの会社の厚生年金が、こういうものに差し出されているかもしれません。

じわじわ目減り「日本版401k」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw08032301.htm
--------以下引用--------
401kは会社が導入し、月々の掛け金を払う企業年金の一種。導入企業は年々拡大、その中にはキヤノン、ヤマト運輸などの大企業もある。従来の確定給付年金とは違い、年金支給額が運用次第で変わる確定拠出年金で、社員は安全性商品から投資性商品まで、会社が用意したラインアップの中から自ら選んで運用する。

 幸一さんが401kに加入したのは2002年。会社で半日にわたる説明を受けたが、当時は日経平均株価が1万円台を割り込むなど、投資性のファンドに預けるには不安があった。そこで、幸一さんは、銀行の自由期間定期預金を選び、従来の適格年金に蓄えられていた資金全額を移した。

 会社員の幸一さんの場合、基礎年金に厚生年金を加えたものが、公的年金としていずれ支給されるが、これとは別に雇用先企業が独自に制度化した 401kが上乗せされる。幸一さんは、仕事が忙しく、自分の企業年金の運用などに関心を払っていられないと、安全策を選んだつもりだった。

 ところが、最近になって、安全確実と思っていた企業年金の残高が、減っていることに気づいた。0・05%固定の超低金利と分かっていたが、ここから月額563円の手数料が引かれているのだ。400万円運用しても利息は年2000円で、手数料によって残高が目減りし続けていた。それでも、制度上、満 60歳までは資金を引き出すこともできない。幸一さんの年金はいつか約2万円の損失を被っていた。

 「目減りし続けて、60歳を迎えなければならないのか。どうしたらいいか分かりません」

 と幸一さんは嘆く。

 幸一さんのように401kで年金が目減りしているケースについて、社会保険労務士の吉本俊樹さんは、

 「現実に多いはず。預金型や保険型の安全性の高い商品を選ぶ人がほとんどですから。しかし、今の低金利では、いくら積み立てても、運用益はほとんど得られていない」

 と言う。多くの人が、幸一さんと同じ「手数料負け」をしているようだ。

 公的年金不信が広がり、少しでも多くの老後資金を作りたいのは誰しも同じ。手数料負けを避け、運用益を期待するには、株式等に投資するハイリターン型のファンドに挑戦するしかないが、UFPFフィナンシャル・サービス(東京・中央区)代表の市川雄一郎さんは、

 「運用するのは老後資金ですから、リスクはとれないと感じる人が多い。会社側の都合で、半ば強制的に加入させられている人が多く、商品のリストを渡されても選べない。自分が分からないものに、投資したくないのは自然でしょう」

 と話す。
--------引用以上--------

  この確定拠出型年金を先んじて導入したアメリカでも、結局株価指数が上がっただけで、今となっては元本割れは当たり前の状態になっているようですね。進んで導入している企業は、一体何を考えているのでしょうか?証券会社にそそのかされてその気になったのではありませんか?

  しかし、401Kに手を出す方も問題があります。

  リスクは取りたくない!!でも老後の資金は増やしたい!!

  そんなうまい話があるわけがありません。こつこつ貯金して、あとは公的年金制度をきちんとすること、金持ちもビンボー人も、こうすれば安心して暮らすことができます。
  そういう年金の問題を小さいことだと断言するバカが時たまいますが、そういうバカはどうぞ有り余るご自分の才能で401Kでも株でもパチンコでもおやりになって、勝手に(マイナスの)資産形成してください。あなたみたいな人がいるから、モルガンとかゴールドマンとか朝鮮人のパチンコ屋とかが儲かるように世の中はできています。どんどん損してください。ただし、間違っても、こういうことをしないようにしてくださいね。

ブログに「射殺します」 サイバーエージェント社長脅迫男を逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080221/crm0802211245028-n1.htm
--------以下引用--------
 インターネット広告大手「サイバーエージェント」の株価下落で損をしたことに腹を立て、藤田晋社長(34)を脅迫したとして、警視庁捜査1課と渋谷署は脅迫の疑いで、静岡市駿河区高松、無職、瀧井啓有容疑者(32)を逮捕した。

 瀧井容疑者は母親と2人暮らしで、父親の遺産を原資に同社株100株を約1500万円で購入したが、値下がりで犯行当時は時価約650万円まで目減りしていたという。「株価が下落したのに社長が責任を取らないので、懲らしめようと思った。ブログに宴会の写真を掲載するなど反省の色が見られないことに腹が立った」と供述している。

 調べでは、瀧井容疑者は1月2日未明に4回にわたり、自宅パソコンで藤田社長のブログに「お前、殺していいですか」「藤田社長を射殺します」「本気です」などと書き込み脅迫した疑い。ほかの同社関係者のブログにも同様の書き込みが残っており、警視庁で余罪を追及している。
--------引用以上--------

  株の買い方が1点買いだったとか、そういうことはどうでもいいことです。みんなが株式投資というギャンブルに参加させられることになれば、その中に混じっている「不適格者」の数も増えるので、今よりもたくさんの人が没落することになるのは、確率論的に見て間違いのないことです。
  自己責任の世界が許されるのは、プロの博打打ちだけです。我々庶民は、こつこつ真面目にできる範囲の努力をして、あとは我々をきちんと保護してくれるような政治家を選挙のときに選ぶしかありません。
  サイバーエージェントの株で大損こいて最後は犯罪をしてしまったオッサンみたいな人間をもっとたくさん生み出そうとしている福田類人猿政権(笑)に、さっさと引導を渡してやりたいものです。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

当ブログは「自エンド」(自民党壊滅キャンペーン)を提唱中です
「自エンド」バナー「自エンド」バナー「自エンド」バナー
スポンサーサイト
EDIT  |  20:28 |  自END(自民党追放キャンペーン)  | TB(0)  | CM(8) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。