2008年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.07.17(Thu)

右手をケガしてしまいました 

  右手の骨を骨折してしまいました。全治3週間だそうです。当たり前ですが、ワープロを叩けません。
  それでも何とかブログの記事を書きたいと思い、携帯電話を使って更新しております。つきましては、しばらくの間ニュース等のコピペが減ること、分量が相当少なくなることをご容赦ください。(前回の記事みたいな感じになります)

  ちなみにこれ↓は、パソコンでコピペしてメールに貼り付け、携帯に送った後定型文に保存しました(笑)。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  17:22 |  お知らせ  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
2008.07.17(Thu)

「発信元=国際機関」だから良いことを言っているわけではない 

OECD:多様なバイオ燃料支援策を 食料価格抑制で
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20080717k0000m030121000c.html
--------以下引用--------
 経済協力開発機構(OECD)は16日、エタノールなどのバイオ燃料の増産は食料価格高騰を招く恐れがあるため、各国は食料と競合しない次世代バイオ燃料の開発促進など、多様な政策を実施する必要があるとする報告を発表した。

 報告は、各国が現在のバイオ燃料支援策を維持した場合、13~17年にバイオ燃料生産に利用される世界の植物油や、トウモロコシなど粗粒穀物の割合はそれぞれ14%、12%に増え、それに伴い、植物油価格が19%、トウモロコシが7%、小麦が5%上昇すると予想した。

 報告は、バイオ燃料の普及による温室効果ガス削減効果を強調する一方で、ガソリンなど既存燃料と比べて生産コストが高い点や、途上国でのバイオ燃料の原料栽培の拡大が環境破壊につながる恐れなどの問題点も指摘。生産者への税制優遇措置や次世代燃料の開発加速、環境を考慮した農地利用など、多様な支援策を実施するよう求めた。
--------引用以上--------

  バイオ燃料高騰を憂慮しながら、温室効果ガス削減効果を強調してしまっています。要するに、物価高につながろうとなんだろうと、OECDはバイオ燃料を推進しますということです。
  最近私も気付いたのですが、こういう国際機関のメッセージというものは、「結局何がやりたいのか」だけが重要であって、それに伴う「懸念」や「対策」などは誤魔化しにすぎないということです。今回のOECDのそれは、中でも魂胆が分かりやすい分「良心的」かも知れません。
  日本人は特にこのような世界なんとかやら国際なんとかやらの発信するメッセージに騙されやすいので、注意が必要です。自分にとって損や負担につながるものはとりあえず疑うという姿勢でいるべきだと考えます。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
EDIT  |  17:04 |  生活(環境・エネルギー・衣食住)  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。