2007年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09.08(Sat)

なぜ「日本は日本だ」で満足できないのか 

  公共料金を支払いに入ったコンビニエンスストアーで、こんな雑誌が売られているのを見つけました。

雑誌の表紙


  この画像を見て、何か感じ取れることはないでしょうか?

  私が思ったことは二つあります。

  まず、一つは「中国、韓国なんて目じゃない!」というキャッチコピーの奇妙さです。
  日本の持っている工業技術は、正直なところ追随できる国が全く見あたらないという状況です。突出しているのは工業生産に必要な「中間財」で、工作機械だけでも世界の30%のシェアを持っています。
  中国や韓国の工業は、日本から輸出される中間財がなければ成り立ちません。韓国はサムスンやLGが物を作れば作るほど日本からの輸入が増えて貿易赤字になるという図式になっています。中国に至っては、日本企業の委託加工により中国製といえるのかすら怪しい工業製品が多くあります。
  こういう国々と、日本を比較すること自体がおかしいのです。中国の工業は発展している!などと能天気な礼賛をしてしまうひとは、最終財という目に見える結果しか見ていないのです。

  それなのに、「中国、韓国なんて目じゃない」です。私が日本工業の神様だったら「あの連中とそもそも比較の土台に乗せるなよ」と、ため息をつくことでしょう。そのくらい、日本と中国朝鮮とは工業力が隔絶しています。
  どうせ比較するなら「ドイツ」「アメリカ」のように、自力で中間財を作れる工業大国でなければ意味がありません(アメリカもロボットのような高度な中間財は日本に依存している)。この雑誌の比較は、オタマジャクシと蛙を比較しても無意味なのと同じくらい無意味です。

  どうも、日本を「アジアの友人」と強引にでも仲良くさせておきたい人々がマスコミの中に巣くっているような気がします。

  雑誌の見出しというのは一番訴求力があるわけですから、当然広告代理店(多くの場合は●この会社)のチェックが入っています。そういえば、●彼らが演出した「ブーム」がありました。
  「アジアの友人」を強調する勢力は、どうもこのへんに生息しているのではないか・・・と思うのは私だけでしょうか。

  もうひとつ違和感を感じたのは、「とてつもない日本」という日常的ではない用語法のフレーズです。
  まあ、このブログをご覧になった方はすぐにお気づきかと思いますが、こういうタイトルの本が発売されているわけです。

とてつもない日本 とてつもない日本
麻生 太郎 (2007/06/06)
新潮社
この商品の詳細を見る


  麻生さんについては、●以前の記事で麻生ファンの期待を裏切ること(笑)を散々書いてしまいました。もちろん、私が上のような紹介リンクを出したからといって、「この本を買え」などというつもりは全くありません。私が言いたいのは、この本のメッセージに込められた「危うさ」です。
  確かに、インドで地下鉄を作るとき日本人技術者が大活躍しただとか、「ああ、日本人でよかった」的な話がたくさん入っている本ではあります。
  しかし、それがそもそも余計なのです。麻生氏の取り上げている話は、海外に行って日本人がこういう業績を上げたとか、日本の文化は海外でこんなに受けているとかいう、日本人の海外進出成功譚が中心になっています。
  ここがうまいところです。このような外での成功話に、日本人は非常に弱いです。麻生氏の狙いは、その後に

 「じゃあ、海外に進出しようよ!」

  と、我々に暗に呼びかけることなのです。

  つまり、麻生氏が日本の技術の素晴らしさ、コミック文化の豊かさを語るとき、その後には必ず「そういうものでアジアや世界のシェアを取りに行こう」というメッセージがくっついているということです。
  確かに、こういう話というのは、「美しい国」だの「主張する外交」だの、聞いた人間も言っている本人も何を言っているのかさっぱりわからないキャッチフレーズよりも、政治家のメッセージとしては数倍ましではあります。
  しかし、その本質は「日本の対外進出」を煽るものであり、グローバリスト(利益の極大化のために、自国に与える影響をかえりみず、国家間の垣根を取り払おうとする勢力)のPR手段に他ならないのです。
  しかも、この人もやはり、アジア・ゲートウェイ構想の安倍内閣と同じ、「大アジア主義」なところがあるわけです。上の麻生氏の著書の項目を見るだけでも、

>アジアの実践的先駆者
>アジアの幸福
>中国の台頭を喜ぶ
>北朝鮮が忘れてはならないこと
>新たなアジア主義
>アジアとのしなやかなネットワーク


  と、いう感じです。

  おそらく、今の日本では、グローバリスト(輸出企業や商社、外資金融資本)がかなり政治に介入しているために、こうやってアジアとの一体化を煽るようなことを言わないと首相になれないのでしょう。だから、何度閣僚を経験しても●この人は首相になれません。あくまで、今の情勢では、ですが・・・。

  私は、外国への進出度合いや「貢献度」だけで日本の素晴らしさを語ろうとすることには反対です。なぜなら、それが本当だとすれば、経済的に小さな国の国民は自国に誇りを持てないことになるからです。
  「なぜ日本が好きなのか」と言われたら、「私が日本人だから」でなぜいけないのでしょうか。あれやこれやと理屈をつけなければ好きになれないというのは、自分の親や子供に対して「~だから好き」と、愛情に理由を付けてしまうことと同じです。
  ましてやそれが、他国に人気があったり、外国で金儲けするのがうまかったりというのでは、かなりずれているような気がしてなりません。

  日教組がやっているような自虐教育と、麻生氏が吹聴するような自尊PRと、どちらかを選ばせるような風潮には断固としてダメ出しをしたいものです。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

★参考記事★
どうすれば日本は戦争せずに済むか(1)
【破滅への】東アジア共同体とアジア・ゲートウェイ構想【片道切符】


スポンサーサイト

テーマ : 特定アジアと日本 - ジャンル : 政治・経済

EDIT  |  10:01 |  中国・朝鮮  | TB(1)  | CM(11) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。