2007年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09.02(Sun)

米沢から「東京」を想う 

  引き続き米沢から更新しています。

  のっけから不吉な言い方ですが、今日は出だしから大きく躓きました。

  私の計画では、今日はレンタカーを借りて喜多方まで足を伸ばすことになっていました。米沢と喜多方は県こそ違いますが、峠を一つ越えればあっという間です。●こういうバスも走っています。目当てはもちろん「喜多方ラーメン」でした。
  しかし、レンタカー屋に2軒あたったのですが、撃沈しました。1日5000円程度で利用できる軽自動車やコンパクトカーは全て出払っていたのです。唯一の残っていたのは8000円もするボロいセダン。
  ガソリン代とあわせたら1万円を超えると思うと、馬鹿馬鹿しくてやめました。
  私は、●青春18きっぷという乗り放題の乗車券を持っているので、まあ当てのない旅もいいだろうと、県庁所在地の山形市をたずねることにしました。

  そうしたら、なんと・・・幸運にも、全国的にも有名な●芋煮フェスティバルをやっているというポスターが。
  早速会場に駆けつけ、しばらく待ちましたが、美味しくいただきました。(様子は後日の記事で詳報)

  その後、途中下車して、「上山(かみのやま)温泉」という場所を尋ねました。実はこのとき、ちょっとした事件があり、そのおかげで、「地方」や「田舎」とは何なのか、深く考えることができました。(これも後日の記事で詳報)

  さて、これから夕食です。米沢というのは、ラーメンが大変おいしいということで有名です。
  昨日出かけた●「熊文」というお店は最高でした。ネットでこの店のことを調べると必ず「あっさりしていて懐かしい味」という評価が出てきますが、間違いありませんでした。
  どうも、私は東京でラーメンを食べるとなると「激辛」だの「濃厚とんこつ」だの、何か食べ物本来のあり方と違った方向へ走ってしまいます。そして、たまに、あっさりした昔風のラーメンを食べようと思うと、●このお店●このお店のように、なぜか高価になってしまうのです。要するに、東京では「あっさり」も「自然派」も「昔ながら」も、全て消費を促すブランドに過ぎないというわけです。

  東京でのあわただしい生活に慣れている私にとって、この米沢のお店の味は、何かほっとするものでした。

  熊文のラーメンというのは、米沢という土地そのものなのかも知れません。穏やかではあるけれども、刺激がない。だから、若い人は激辛や濃厚ギトギトや豚骨のラーメンがあふれる東京を目指したがるのでしょう。
  しかし、プロデューサーなる怪しい人種が店舗の設立やメニュー決定に絡み、妙にブランド化してカップラーメンまで発売するような東京のラーメンに、私は「狂奔」という言葉を想起せざるをえません。
  たまにこうして地方に来ると、東京の狂ったような時や物の流れを、相対化できる気がします。それだけでも、意味があるのかもしれません。

  もう少し旅は続きますが、取り急ぎ報告までに。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  20:03 |  日本探訪  | TB(1)  | CM(7) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。