2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08.28(Tue)

「日々是勉強」おすすめの閣僚リスト 

  安倍政権が「内閣改造」を行ったようです。

首相官邸HP・閣僚名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/abedaijin/070827/index.html

  私の結論は、「引き続き安倍内閣を不支持」です。

  理由は、ここだけを見れば十分です。

>国土交通大臣  観光立国担当  海洋政策担当

>冬柴 鐵三 (ふゆしば てつぞう) 衆院  


  以前から、私は安倍政権の方向性がグローバリスト政権であると言い続けてきました。
  グローバリスト(利益の極大化のため、国内への影響を顧みることなく国家間の垣根を取り払おうとする勢力。商社や金融資本、輸出企業が代表例)の狙いは、「日本と中国を一体化させて利益の極大化を図る」ことです。そのために、「東アジア共同体」の実現を目指しています。安倍政権は、●アジア・ゲートウェイ構想を打ち出して、この流れを強化することを公式に宣言している政権です(詳しくは●こちらの記事を参照)。
  冬柴大臣がどんな仕事をしているか、以下にいくつか例を挙げます。

日中韓「三角運航」中国当局と合意…冬柴国交相
http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_07030922.cfm
--------以下引用--------
 冬柴国土交通相は9日の閣議後の記者会見で、日本、中国、韓国を貨物航空便で結ぶ「三角運航」の実現について中国当局と合意したことを明らかにした。

 日本国内2地点と中国2地点を韓国・ソウル経由で結ぶ航空貨物便を、週4便まで運航できるようにする。

 7日から中国・武漢で行われていた日中航空交渉で日本が中国に提案し、合意した。日本と韓国の間では、すでに三角運航を認める協定があり、日本貨物航空が就航を検討している。日中韓の効率的な航空輸送が可能になる。
--------引用以上--------

冬柴国交相が中国国家旅遊局長と会談、訪日観光の制約要件解消への取り組みを報告
http://www.kankokeizai.com/backnumber/07/03_31/kanko_gyosei.html#01
--------以下引用--------
 冬柴鐵三国土交通・観光立国担当相は3月17日、広州市内のホテルで邵偉国家旅游局長と会談した。冬柴大臣は、検討課題となっている少人数グループへの査証(ビザ)発給をはじめ、訪日観光の制約要件解消への取り組みなどを報告。邵局長は日本側の調整に期待したほか、「4月の温家宝首相の訪日を観光交流拡大の契機にしたい」と述べた。 

 中国からの訪日観光査証では、一定規模の団体に制限されている発給要件を少人数グループにも認めようと関係省庁が検討を進めている。冬柴大臣は、実現に向けた調整に意欲を示す一方、失踪者対策などの課題があることも指摘した。

 これに対し邵局長は「査証発給の要件が緩和されれば、訪日客はさらに増えるはず。失踪者対策は、中国側も十分に配慮している。両国が協力して課題の解決にあたりたい」と語った
--------引用以上--------

共通の交通ICカード検討 日中韓、外国客も共同誘致
http://mediajam.info/topic/142165
--------以下引用--------
 日本と中国、韓国の観光交流拡大を話し合う第2回観光担当相会合が26日、中国・青島で開かれ、旅行者の利便性向上に向け、3カ国で公共交通用のICカード共通化を検討する方向で一致した。

 来夏の北京五輪など、3カ国で行われるイベントに合わせて、歴史遺産を周遊する旅行商品の開発や、外国からの観光客誘致に共同で取り組むことでも合意。観光統計改善や観光分野での環境保護も推進する。

 冬柴鉄三・国土交通相、中国の邵●偉・国家観光局長、韓国の金鐘民・文化観光相が出席。北海道釧路市で昨年開いた第1回会合では3国間の観光交流規模を2010年に1700万人以上にすることなどで一致したが、今回はより具体的な協力案を協議した。

※●は、王ヘンに其
--------引用以上--------

  この人は、●こういう人々を日本に招きたくてしょうがないのでしょう。

  冬柴氏の所属している政党については、もう多くを申し上げません。少しネットで検索すれば、実態と思しきものはつかめるでしょう。そういう政党です。
  
  こういう人物を二期連続(政党としては三期連続)で、観光や運輸を司り、不法入国を防ぐ海上保安庁を所轄する省庁のトップにつける・・・安倍首相は、中国朝鮮との一体化を止めるつもりがないということです。愛国心教育だの日教組潰しだのをやっても無意味です。流入する毒が大きすぎます。
  冬柴氏の政党(というかそのバックにいる宗教団体)の選挙協力に対する返礼だとしても、こんな危ないことをしているのを放置していれば、安倍首相も同罪です。
  今度の組閣でこの盲腸のような連中を安倍氏がどう扱うか見ていたのですが、まあ、従来通りで行くということです。安倍政権のアジア(中国)重視は変わらずということです。

  言いっぱなしではダメだと思うので、閣僚ポストについて対案を出しておきます。与党野党は考慮しません。一部落選中の政治家の方もいらっしゃいます。

 ◇総務相 堀内光男(自民党)

  石油公団を解体した真の改革者。NHKを解体してもらう。
  郵政民営化反対組。

 ◇法相 瀬戸弘幸(新風)

  維新政党新風の広報委員。外国人の不法就労に詳しい。

 ◇外相 城内実(所属無し)

  外務官僚出身者に珍しい郷土愛のある人。
  郵政民営化に森派(現町村派)でただ一人反対。落選。

 ◇財務相 亀井静香(国民新党)

  国民新党の公約である「累進課税の強化」を実現してもらう。

 ◇文部科学相 伊吹文明(自民党)

  教員の数を増やすと言っているのは良い。考え方も悪くない。
  後に出ている古屋氏でもよい。

 ◇厚生労働相 自見庄三郎(国民新党)

  混合診療など医療改悪反対派。参院選で復帰。外資の天敵。

 ◇農相 中川昭一(自民党)

  自由化反対派。ただし、今すぐ自民党を離党せよ。
  本当は故・松岡氏にやってもらった方がいい。

 ◇経済産業相 古屋圭司(自民党)

  副大臣経験有り。外資ともやり合える。郵政民営化反対組。
  文部科学大臣なら、ここは小林興起(国民新党)で。

 ◇国土交通相 綿貫民輔(国民新党)

  土建屋を多少食わせるため。今の大臣よりは誰がやってもまし。

 ◇防衛相 亀井久興(国民新党)

  ここは難しい。人権擁護法案反対派+郵政民営化反対組から。

 ◇官房長官 後藤田正純(自民党)

  サラ金規制で頑張った。マスクもいい。将来の首相候補。 

 ◇沖縄・北方担当相 鈴木宗男(新党大地)

  →やっぱり廃止。宗男氏には「つつき役」の方が似合う。

 ◇経済財政担当相 志位和夫(共産党)

  売国のできないポジションで、グローバリスト叩きをやらせる。

 ◇金融・行政改革担当相 ポスト廃止

 ◇少子化担当相 ポスト廃止

 ◇拉致問題担当大臣 安倍晋三

  ライフワークを心おきなくやらせてあげたい

  ・・・あれ?首相はどうしたんだ?とお思いの方へ。

  私が推すのは誰か、是非当ててみてください。しばらくしたら追記に入れます。まあ、だいたいこの流れからすれば想像が出来ると思います。ご意見はコメント欄にどうぞ。

  歴史上の人物もいろいろ考えたんですが、いちおう現存する国会議員にしました。もちろん、安倍晋三さんではありません(笑)。

※現内閣、首相の熱烈な支持者、単なる反特定アジアの方、うすっぺらい愛国心を振りかざす方、ユーモアのない方はコメントしないで下さい。見つけ次第削除します。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

EDIT  |  00:00 |  新党二十一世紀  | TB(1)  | CM(19) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。