2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08.17(Fri)

【当事者には】たのしい 中 国 食 事 情【なりたくない】 

  こういう話はネット右翼受けを狙っているようで嫌なのですが、旅行記の執筆が結構きついので、息抜きにいいかなと思い、書くことにしました。

  私が注目しているのは「中国東北部」なので、当地のニュースをいくつか見てみます。

延新小学校付近のスーパーに期限切れ食品が95%
http://www.searchnavi.com/~hp/chosenzoku/news4/070816.htm

--------以下引用--------
先日、延吉市工商行政管理局河南分局の執法関係者たちは、スーパーマーケット巡察検査の際、延新小学校付近の雪原小型スーパーマーケットで販売する食品のうち95%以上が品質保証期日が過ぎていることを発見した。

このスーパーマーケットは 100平米ほどで、延新小学校から100mほど離れている。執法関係者たちはえびせん、お菓子、ソーセージ、インスタント麺など小学生たちが好んで食べる食品のうち、一部は品質保証期日が半年も過ぎており、パン、落花生、ひまわり種は大部分 3級製品であることを発見した。品質保証期日が過ぎて久しい一部の飲み物は、色が変わり、包装がしっかりしているある月餅は覆いを開くと悪臭が鼻を突き、表面には緑色のカビに覆われていた。

執法関係者たちは商品陳列台の学生用品、生活用品と酒類商品以外、スーパーマーケット内の品質保証期日が過ぎた食品を全て陳列台から下ろした。

スーパーマーケットの主人は、自分は外地人であり、店は賃貸しており既に 1年ほど経営しているが、 8月末には期日になると述べた。彼は食品が品質保証期日が過ぎてしまったのは、店の効率が悪いからだとして、引き続き経営するつもりはないと述べた。

河南工商分局の関連責任者は、学生たちが一たん品質保証期日を過ぎた食品を食べれば、食中毒にかかる可能性があると指摘した。 執法関係者たちは、ただちに期日が過ぎた食品を差し押え、《延吉市工商行政管理局違法偽装経営行為警告書》を送り届け、該当法規に従ってスーパーマーケットの責任者を処罰した
--------引用以上--------

>陳列台から下ろした。

>差し押え、

  どこにも、「廃棄した」という事実の報告がありません。絶対再利用しています。
  オリンピック前や開催中の北京では、こういう光景がそれこそ至る所で繰り広げられるのでしょう。そのような「トムとジェリー」よろしくの茶番劇を生で目撃したいところですが、命が惜しいなら絶対にやめるべきです。

  また、店主の釈明が「中国らしく」ていいです。

>食品が品質保証期日が過ぎてしまったのは、
>店の効率が悪いからだ

  陳列している自分は悪くない。利益は全て自分に、責任は全て他人に。これでこそ中国人です。●ミートホープの社長が善人に見えてしまうほどの開き直りようです。
  近所で生活している人間にすら、このような姿勢なのですから、ましてや外国に輸出する製品にまともな配慮をすると考える方がどうかしています。
 
  最近中国に関してはこんなニュースばかりですね。オリンピックが近いからか、面子には異常にこだわる見栄っ張りの民族性からか、当局も動く「素振り」は見せています。

吉林省、各郷鎮に食品監督管理員1人を配置へ
http://www.searchnavi.com/~hp/chosenzoku/news4/070817.htm

--------以下引用--------
今年上半期、我が省では 1000ヶ所の公益性職場を設置し、農村食品安全監督管理を強化する事とした。 最近、関連文件を各地に通達、原則的に省全体の各郷(鎮)に 1人の食品安全監督管理員を置くとになる。 14日、我が省では食品安全監督管理事業委員会弁公室主任拡大会議を召集した。

会議では同時に、下半期の食品事業について議論し、我が省の市・県 2級食品安全総合監督管理部門に重大な食品安全事故応急予備案操作手帳を制定し、また専門家バンクを設けることを要求した。

上半期、我が省では既に関連部処と交渉して再就職基金で一部の経費を出し、公益性の職場1000ヶ所を設けて農村食品安全監督管理を強化することで、郷鎮の一級の食品安全を監督管理する人がいない問題を効果的に解決する事とした。
--------引用以上--------

>公益性の職場1000ヶ所

  「一級の食品安全を監督管理する人がいない問題を効果的に解決」しようとして、どうしてこんな切りがいい数字が出てくるのか、謎です。中国の役人の考えていることですから、安全性に配慮していることをアピールしよう→監督員を増やせばいい→どうせなら多い方がいいだろう→じゃあ、1000人にしよう程度の考えなのでしょう。

>重大な食品安全事故応急予備案操作手帳

  「応急」に注目です。根本対策などするつもりがないのがバレバレです。内容がどんなものか興味深いですが、どうせ、「違反食品を見つけたら責任者を処罰しろ」「品物は棚から下げさせろ」程度のことしか書いていないに決まっています。

>専門家バンク

  省政府や共産党幹部が責任を取らなくて済むように、予め切り離すトカゲのしっぽを作っておくということです。なんといっても●中国産の信頼回復のため前薬品監督局長をいとも簡単に死刑にするくらいですから、1週間スピード死刑くらいは序の口でしょう。(もちろん、その後安全性確保のために何を行うかは一切表明せず)。
  
  もはや、人間の住む世界ではありません。まさに魔界そのものです。

  「中国は 行かない 買わない 関わらない」

  みなさんも、鉄則にしましょう。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

EDIT  |  20:17 |  中国・朝鮮  | TB(2)  | CM(7) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。