2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08.14(Tue)

ロシア旅行記(1)~出発から入国 

  ご存じのことと思いますが、私は夏季休暇を利用してロシアを旅行して参りました。

  なぜロシアなのか?ということを、周りの人にもよくきかれるのですが、以前から行ってみたかったというだけです。去年までは(旧)司法試験という不毛な努力をしており、10月に論文試験が合格していることを夢見て、この時期は口述試験の勉強をしていることが多かったものです。
  そして今年やっと、機会ができたというわけで、今回はサンクトペテルブルクとモスクワを5泊7日で回る旅行(個人向けツアー)にでかけることにしました。
  
  ロシアというのは、正直に言って結構ハードルの高い旅行先です。その一番の理由は「バウチャー制度」という仕組みにあります。
  ロシアは、ソ連の時代から自由旅行ができない国です。自由に旅行できないというのは、予め滞在先を決めて、ホテルや移動手段の予約・支払を現地の旅行会社にやってもらわなくてはならないということです。そのとき、移動手段や滞在先を記した金券(バウチャー、ロシア語だとバーウチル)を発行してもらうので、バウチャー制度というのです。このバウチャーがないと、ビザが下りないので仕方がありません。
  隣国のウクライナグルジアは、日本人向けのビザを廃止しているのと比べて、えらく不自由です。ちなみに、この2カ国もバウチャー制度を採用していましたが、どちらかというとアメリカ寄りの政治姿勢をとっている関係から、旅行も自由化しているというわけです。

  そういうわけで、ロシアを旅行したいのならば、ロシアを専門に扱っている旅行会社に手配を頼む方がいいでしょうね。ちなみに、今回私が利用したのは、●ロシア旅行社という旅行会社です。

  まあ、そういう会社に委せておけばビザは簡単に下ります。私も全く問題なく下りました。ちなみに、8月8日出発の5泊7日で、合計費用は34万円でした。私は(不本意ながら)単独行動が多いので、1人部屋追加料金が発生してしまうのが腹が立つところです。

  では、出発のところから話を始めましょう。

  利用した航空会社は●アエロフロートです。ソ連時代からの航空会社ですが、成田からモスクワまで毎日直通便を運行しています。当たり前ですが、日本からの直通便というのはチケット代が高いです。往復の航空機代のみで、8月は16~17万円かかります(その割に設備やら機内食がヘボい)。
  ちなみに、ベトナムやアラブ首長国連邦で乗り継ぎをすると10万円くらいで済みます。時間に余裕がある方は試すといいでしょう(もっとも、ホテルを手配しないとビザは下りない)。
  直通といっても、1万キロ離れたモスクワまで行くわけですから、長い旅です。9時間半かかります。私は携帯ゲーム機やポータブルオーディオ(ロシア語の復習に利用)を持っていきましたが、それでも退屈しました。
  あと、アエロフロートに限らず、国際線の機内はエアコンが利きすぎることが多いので、上に羽織るものを忘れないようにすべきです。私は、バゲッジの方に長袖を入れてしまっていたので、危うく風邪を引きかけました。

  さて、なんとかかんとか、モスクワに到着です。シェレメーチェヴォ第2空港です。第一の目的地はサンクトペテルブルクなので、国内線用の第1空港に乗り換えます。

シェレメーチェヴォ空港8月8日


  こんな感じの空港ですが、これ実は夜の9時30分頃です。モスクワは北緯50度よりも北にあるので、夏はかなり日が長いのです。

  この乗り継ぎで、初めて生のロシア人(空港職員)とも接触することになったわけですが、噂通り無愛想です。質問は「積み荷、あんの?」という感じ、パスポートも「はい、これ(Вот он.)などと言わず、無言で投げるように返してきます。
  ロシアの空港では手続はロシア語で進むことが多いので、全く勉強したことがない人はさぞかしびっくりするでしょう。言っていることの中身はたいしたことはないので予測はつくのですが、係員の無愛想ぶりや手続の面倒くささを考えると、あまり旅行慣れしていない人や、繊細な(笑)人は、ちゃんとした添乗員付きツアーに参加した方がいいかもしれません。私は、ガイドさんがいる時間以外は一人だったので、正直なところ大変でした。

  国内便に乗ってサンクトペテルブルクに着いたときは、10時半を過ぎていましたがまだ日が出ていました。さすが北緯60度の町です。
  旅行会社が手配してくれた運転手さんが、私の名前を書いたカードを持ってロビーで待っていました。車に乗って、ホテルに向かいます。夜が遅いときなど、外国人が自力でホテルにたどり着くのは難しいので、できたら車を手配して置いた方がいいでしょうね。
  運転手の人は、ロシア人らしくない気さくな人物で、「疲れましたか?」とか、車の話とか、いろいろ話しかけてくれました。しかし、私は愕然としました。あれだけ勉強したのに、全然話が分かりません。やはり、独学では限界なのか・・・と、二日間くらいショックをひきずりました。
  ホテルに着いた頃には、もう日が暮れていました。サンクトペテルブルクには、ネヴァ川という大きな川が流れているのですが、そのほとりのホテルです。

  ペテルブルクホテルからの夜景


  これを見て、疲れが吹っ飛びました。翌日は、エルミタージュ美術館などを見学です。(つづく)

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:29 |  ロシア  | TB(1)  | CM(2) | Top↑
2007.08.14(Tue)

テストで点数を付けてもらうための最低限の約束 

  帰国早々、何を訳のわからないタイトルの記事を書いているんだ?とお思いでしょうが、まあ、私も塾講師なのでたまにはこういうのもいいでしょう。

  みなさんは、テストで点数を付けてもらうための最低限の約束は、何だと思いますか?

  簡単です。

  「聞かれたことにだけ、きちんと答える」

  これだけです。

  面接のとき、「今日の朝食は何でしたか?」ときかれた場合、「尊敬しているのは母です」などと答えたら、一発で不合格になること間違い無しです。
  それと同じで、「~なのはなぜか」と質問されたら、「~から」と答えるべきです。同様に、「どんな意味を持っていたか」と聞かれたら、「これこれこういう意味」と返すのが、正しい答案の書き方です。

  ところが、受験生は追いつめられるとなかなかそれを守れないようです。今、袋小路に追いつめられている人物が、見事な誤答例を見せてくれました。笑ってあげて下さい。

続投批判に配慮?首相、今年は夏休みも取らず執務
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070813ia21.htm

--------以下引用--------
 安倍首相はお盆期間中の13日、首相官邸に出勤し執務にあたった。

 首相周辺によると、首相は夏休みを取らない予定だ。

 参院選の自民党惨敗で首相の続投に党内外から厳しい批判が出ていることに配慮し、夏休み返上で政権の立て直しに専念する姿勢を示しているようだ

 13日の首相官邸には首相のほか、塩崎官房長官、下村、的場両官房副長官、根本匠衆院議員ら4人の首相補佐官ら「チーム安倍」のメンバーが顔をそろえた。首相は小池防衛相や自民党議員らと面会し、報道各社の記者の質問に立ちながら答える「ぶら下がり取材」にも2回応じるなど通常通りの勤務をこなした。

 首相の今週の公務は、終戦記念日の15日に閣議と全国戦没者追悼式への出席が予定されている程度だ。それでも、19日から25日までのインドなど3か国歴訪や、9月に召集する臨時国会での所信表明演説の準備なども進めており「非常に多忙な状態だ」(首相周辺)という。

 特に27日に党役員・内閣改造人事を控え、官邸で過ごす時間の大半を人事構想に充てていると見られる。

 安倍首相は山梨県鳴沢村に別荘を持ち、5月の連休中には別荘で静養しながら就任後初めてゴルフを楽しんだ。昨年9月の組閣前の人事構想もこの別荘で練っており、政府内には「首相には気分転換も必要だ」との声もある。

 しかし、「今、首相が遊びに出かけるのは、さすがにまずい」(首相周辺)と、自民党内や国民からの続投批判を強く意識する声も漏れており、こうした声に配慮せざるを得なかったようだ。
--------引用以上--------

 「あなたの政治の方針を考え直した方がいいのではないか?」

  と、質問された答えが、

 「夏休みも返上で働きます!!」 

  わけがわかりません。いまさら、2~3日休みを取った取らないで、挽回できるような失点では無いと思うのですが・・・。

  しかも、経済政策の見直しとか、弱気一辺倒の外交姿勢の建て直しでも考えているのかと思えば、やってることは組閣人事構想(抗争?)。別に、そんなの別荘でだってやれます。

  私は、彼がグローバリストの意向を受けて積極的に日本破壊に邁進している人物なのかと思っていましたが、買いかぶりすぎていたようです。多分この人は、ただ頭の回転が常人より数倍遅いだけなんですね。

  格差が広がっていると言われれば、税収はアップしていると答える。地方を切り捨てているのではないかと言われれば、カイカクを進めることが私の使命だと答える。
  ●この人の出た中学校は、国語も社会も大量の記述問題(文章で答える形式)を出しますが、合格した小学生と、学力で勝負したら面白いことになりそうですね・・・(笑)。

★人気blogランキングへ←クリックして応援よろしくお願いします。

テーマ : 美しい国へ - ジャンル : 政治・経済

EDIT  |  20:43 |  教育や勉強の話題  | TB(1)  | CM(4) | Top↑
2007.08.14(Tue)

無事帰国しました 

夜から怒濤の新記事投稿に入ります。
EDIT  |  11:43 |  お知らせ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。